タグ:岡山 ( 26 ) タグの人気記事

リサイクル着物の「伊と麻」@岡山表町

本日のバンクーバーは曇り、気温は11℃と昨日までよりほんの少しだけ上がりましたが、まだ例年より寒い気がするのは私だけでしょうか。
d0129786_1521148.jpg



**

今年の春、岡山へ帰国時に母に「日本で中古の着物を扱うお店が増えているらしいけど、岡山にもある?」と聞いてみたところ「確か高島屋さんの中と、あと表町にもあったような気がするけど?」との事。
ってことで表町方面に行った折、たまたま入ってみたのがリサイクル着物の「伊と麻」さん。
そこで使いやすそうな名古屋帯を見つけお店の人に聞いてみたら、その帯は正確には中古ではなくて、他所の在庫だったとか何だったか忘れましたが、お値段も手頃で気に入ったので購入。

d0129786_15412717.jpg


それをバンクーバーに持ち帰って着てみたら、着物初心者の私でもとても〆やすく、お茶のお稽古に重宝しました♪

ってことで今回の帰国時にもお店に伺って、着物のクリーニングや裄の直しや色々お世話になりました。さらに若い頃に誂えた雨用着物コートもオレンジ色で派手すぎて、今の私の年齢ではとても着れたものではないので、丸染めで暗い色に染めて欲しい由お願いしたら、快く引き受けて業者さんに問い合わせてくれました。あと夏にバンクーバーで着てシャンパンをこぼしてしまった絽の着物も洗いに出して貰いました。

d0129786_1571987.jpg

そんなこんなで短い期間ではありますが、お世話になったこの伊と麻さん。一昨日オーナーさんとメッセージのやりとりをしていたら、事情があって12月22日でお店を閉められる事を知り、とても残念でなりません(T_T) 次回帰国の折には着物の事で一体どこに行けばいいのか?あまりのショックに皆目検討が付かずちょっと本心状態です。

ここで岡山在住の着物好きな方に耳寄りな話。
この伊と麻さんがお店を閉められるにあたって在庫一掃のセールを行われるそう。
50%オフと伺いました。
期日は12月5・6・7日の午前10時からだそう。←この記載についてはお店のオーナーの方にメッセージで了解を得てあります^^詳しくはお店のほうへお問い合わせください。

ほんとは私が一番に駆けつけたいところですが、残念ながら太平洋を挟んでいては、こればっかりはどうにもならず(T_T)
皆さん素敵な着物と出会えますようにという思いを込めて、ここにお店のインフォを記載しておきますね。

d0129786_1530138.jpg

★伊と麻 (いとま)
住所:岡山市北区表町1丁目9-58
電話番号:086-225-3510

追記:春頃には伊と麻のスタッフの方が新たにお店を開く計画があるそうです♪


                   バンクーバー不動産やのカバン持ち

___________________________________________________________

※JALファミリークラブ北米協賛店の特典ご利用できます。→サットン不動産/村上丈二
※HPはこちらから→バンクーバーの不動産なら jmurakami.com

____________________________________________________________
by stessa2 | 2014-11-20 15:51 | 季節の着物・茶道・お習字

茶懐石「昇一楼」2014年秋

岡山帰国中に(当然の事ながら?)ここぞとばかりに日本料理のお店を食べ歩きました^^
その中の一軒、天神町にある「昇一楼」さん♪
友人に着物の着付けを教わったので、その授業料代わりにほんとは鉄板焼きをご馳走する筈だったのですが(勿論自分も食べたかったから)、残念ながらお昼開いてなくて、で、提案したのがこの昇一楼さん。鉄板焼きとは程遠いのですが、こちらもバンクーバーへ帰る前に必ず食べに行く店リストにばっちり入っておりましたー。

頂いたのはお昼の点心、海外一時帰国組の私がなにやら感想を云うのもおこがましいので、写真のみUPしてみました。一つ一つ頂くたびに友人と二人で「美味しい~~♡」と小さな声で叫びながら食べました(笑)

d0129786_1419524.jpg

d0129786_14202585.jpg

d0129786_14222886.jpg

d0129786_14252625.jpg

d0129786_1429372.jpg

d0129786_14292265.jpg

最後のピオーネを使ったデザートも手が込んでいて美味しく頂きました。
毎回そうなのですが、このたびも次回帰国の折にリピ有りと、大満足の笑顔と共に頭の中にメモってお店をあとにしました。

d0129786_14301815.jpg

★懐石 昇一楼
岡山県岡山市北区天神町2−10
電話/ 086-212-1022
営業時間/ 昼11:30~13:30 夜17:30~21:00
定休日/ 日曜日

★前回の様子はこちらから。

                       バンクーバー不動産やのカバン持ち
by stessa2 | 2014-11-19 14:50 | 懐かしの日本滞在記

JALとANA、私なりの比較考察

<追記の可能性大>

本日のバンクーバーは晴れ♪ が、気温は最高7℃、最低はなんとマイナス2℃(‐_‐;)
帰国した日は流石にこの寒さに驚いてしまいましたが、もう3日目ともなるとだんだんと慣れてきてすっかり着膨れ状態で頑張っています。

さてさて、今回の日本行き、初めてANAを利用して羽田で乗り継ぎ岡山へ帰りました。
そこでそのANAの羽田便とJALの成田便、あと以前使っていて廃止になったAir Canadaの関空便など交えて比較感想を綴っていきたいと思います。(でも今夜はもう遅いので出だしだけ..ごめんなさい <(._.)>)

d0129786_16152058.jpg


まず出発時間、成田行きのJALは午後12時頃の出発で、かたや羽田行きANAは夕方4時半出発(サマータイム時)。2時間前に空港に行くとしたら少しでも遅いほうがバンクーバー在住者の私にとっては便利です。とはいえお昼出発だとしても全然不便ではないので、出発時間に関してはどちらもOK♪

次にチェックインカウンターや搭乗口、これもどちらも何の遜色も無くサービスも良くて良好。只、JALのほうは乗客が多いぶんカウンター前は行列が出来てます。ANAは混んでません。

さて、問題の機体ですが、こちらも事前に聞いていたとおり。今年の春、昨年の秋とJALを利用しましたが、流石に最新の機体は乗り心地が違っていました。ANAに関しては皆さんが仰っているとおり、モニターのサイズ、映画の種類や本数、座席の具合など、聞いていた話がそのまま該当していました。只、私の場合は飛行機に乗ったら食事をして早々に寝てしまうので、モニターに関しての不満はあまりありませんでした。あと、これは女性ならかもしれませんが機内の湿度の問題がちょっと気になりました。これが確かJALの機体787では湿度、気圧とも従来の機体よりぐっと快適になっていて、その快適さに慣れていた私は今回ANAに乗ってその違いを改めて認識した次第です。が、これも近い将来ANAも機体を替えるという噂もあるので変則的ですし、実際のところ気にならない方も多いように思います。

その機内の湿度、気圧について検索してみたら興味深い説明がありましたので下に抜粋転写しておきます。

★主翼はじめ、機体に複合材料を使用しているが、これによって耐腐食性等の問題が解決され、ボーイング777ではコックピットのみへのオプション装備だった加湿器が、(787では)初めてキャビンに標準搭載される。また、「気体フィルター」と呼ばれる技術を使用した新型フィルターを搭載する事により、従来のHEPAフィルターでは除去できなかった気体分子も除去できるようになった。これにより、少なくとも乾燥が原因で発生する健康上の症状は半減するとしている。<Wikipediaより抜粋転写>

また他のサイトでも従来の機内湿度は一桁だったのが787では平均25%にもなっていて、その理由として機材が金属からカーボン素材に変わったため湿度を上げても大丈夫になった由挙げています。また気圧の問題もこのカーボン素材になった事により従来の機内では富士山の5合目の高さに相当する2,400m前後の気圧だったのが、787では3合目の1,800m前後の気圧になったそうです。これにより疲労感や耳詰まりが緩和されたという感想もあるそうです。さらに空気を綺麗にする空調システムも導入されているそうで、上記全てにおいて飛行中の心地良さが従来よりも高いという事です。

じつは羽田に着いて荷物受け渡しのレーンでスーツケースが出てくるのを待っていたら、たまたまお知り合いのご夫妻もいらっしゃって同じ飛行機に乗っていたことが判明。その時に奥様が「今回のフライトは何だかとても疲れちゃった」と仰っていらっしゃって、あ、そういえば自分もそうかも?と感じた次第です。

機体に関してはこのくらいにして、次はお食事に関してです♪

はい、こちらがANAバンクーバー→羽田の機内食です↓
d0129786_7111411.jpg
こちらも前評判どおり大変美味しく頂きました。
d0129786_95216.jpg
デザートはアイスクリーム♪

この数年、Air Canada、JAL、KLMオランダ航空、British Airways、ルフトハンザなどなど乗りましたが、たぶん(体調もあると思いますが)機内食を完食したのは本当に久しぶりでした。ANAの場合復路でも感じましたが、気圧乾燥などで地上よりも味や食感が分かりにくくなっている機内で、より食べやすいように出来る範囲内での努力がこの機内食に見られました。小さなことかもしれませんが、やはり狭い機内で食事がおいしく頂けるというのは嬉しいですよね。

こちらは着陸前の朝ごはん↓
d0129786_981879.jpg
写真では分かりにくいですが、内容はクロワッサンのハム&チーズサンド、右側はチョコレートの軽いムース、真ん中はフルーツミックスみたいなのだったかな?このクロワッサンのハムサンドが食べやすくておいしかったです。

d0129786_12181554.jpg

羽田到着が現地時間の午後7時頃。日本上空を飛ぶ頃には窓の外はもう夜のとばりが下りていました。

さて、帰りの羽田発バンクーバー行きの機内食はといいますとーー
d0129786_13464954.jpg

出発が羽田発午後9時45分の便。離陸してしばらくすると↑夕食が出されました。
目を引いたのがこのお豆腐。ショウガとお醤油が付いていて、それに横に添えられているお漬物っぽいのものせて頂きました。その右はごぼうと人参の白和えっぽいもの。お蕎麦は紫蘇かな?メインは「たらば蟹北の幸丼」で、これにお味噌汁が付いてます。あとアイスクリームも。

d0129786_13493413.jpg

朝ごはんはフィンガーサンドイッチ。まろやかヨーグルトは日本っぽいやさしい味でヨーグルトが苦手な私でも食べれました。長時間のフライトで疲れた体にこの日本っぽいサンドイッチは嬉しい♪

d0129786_13501629.jpg


では次にバンクーバーから岡山までの往復の行程比較をしてみます。
岡山からバンクーバーへの帰路は岡山を現地時間の午後5時10分に飛ぶ便で羽田まで。実家からはスーツケース2個ともタクシーに積んで直接空港へ。今までは伊丹経由成田発にしても関空発にしても一旦スーツケースを空港まで先に送っていました。(スーツケース2個+キャリー+バッグを持って岡山空港から伊丹や関空まで一人で移動は無理なので(‐_‐;))、なのでその分送り賃も掛かっていましたし、なにより遅くても出発2日前にはスーツケースを出してしまわなくてはいけなかったので、かなりバタバタしてました。さらに空港で国際線にスーツケースを積み替える時に残り2日間に使った化粧水やらこまごまとした身の回り品を飛行機に持って乗れないのでスーツケースに入れてしまう作業も空港でスーツケースを広げて行っていました(汗)この作業をしなくて良くなったのはと~~~ってもらくちん♪

そんなこんなで、岡山空港から羽田空港経由でバンクーバーまでの帰りの便は羽田での乗換えがたった3時間とスムーズなのですが、、が、バンクーバーから羽田に到着したその日、羽田到着時間が午後7時前後、それだと岡山行きの最終便出発までの乗り継ぎ時間が約1時間。これは万が一飛行機が遅れた場合アウト。ということでその夜は羽田に一泊して翌日の便で岡山まで飛ばなければなりません。ここで羽田到着後にスーツケース一個だけ岡山の実家に送りました。残りの一個のほうに日用品や着替えを詰めてあり、これをカートに積んだまま羽田空港国際線出発ロビーにオープンしたロイヤルパークホテル・ザ・羽田にチェックイン。
それとほぼ同時間に東京在住の友人がホテルのロビーまで来てくれて、二人で羽田国際線ターミナル内にある江戸小路で焼肉となりました♪

私のような単独帰国の場合、そして岡山のように成田からの直行便が無い場合はこの羽田便はとても便利で快適です。が、しかし、もし小さな子供が一緒だとホテルに一泊は環境の変化や時差ボケはもとより食事の事、その他さまざま想像しただけでもかなり大変。頑張ってそのままの勢いで乗り継いで帰ったほうがきっと楽だと思われます。さらにJALの機内でよく見かけるのは赤ちゃん連れのお客様に対する対応がそれはそれは丁寧。キャビンアテンダントさん達が時間さえあれば赤ちゃん連れの方の席に行って交代で抱っこしてお母さんがご飯を食べたり洗面所に行ったりするのを助けていました。

それぞれに出身地や家族構成などによって、成田、羽田、どちらとも云いがたいですよね。あとACの関空便が来年の5月に再就航するという話も出ています。
さてさて、どれで帰国するか、甲乙つけがたいのが結論のようですね^^

                    バンクーバー不動産やのカバン持ち
by stessa2 | 2014-11-15 16:31 | 懐かしの日本滞在記

バンクーバーから羽田経由で岡山へ

<加筆しました>

ながらくご無沙汰してました。昨日日本から帰って参りました。

本日のバンクーバーは最高気温7℃、最低はな、なんとマイナス2℃!でもお天気は晴天。今週はずっとこのお天気が続くようです、気温も(‐_‐;)

さてさてどこから話して良いやら.. 日本滞在中のこと、往復の飛行機のことなどポツポツとアップしていきたいと思っておりますので、本日から暫く日本の話にお付き合いくださいませ。

じつは今回この春から運行になったANAにて羽田経由で実家のある岡山へ帰ってみました。というのも羽田からなら岡山空港への直行便が一日何本も飛んでいるため。が、しかし、復路は大丈夫なのですが、往路のほうが岡山行きの最終便まで一時間の乗り換え時間しかなく、大事をとって羽田泊となりました。
でも大丈夫、この9月末、羽田の国際線出発ロビーと同じフロアにロイヤルパークホテル・ザ・羽田がオープンしたのでそちらに一泊してみました。

d0129786_1252996.jpg


ごめんなさい。時差ぼけと荷物の片づけでちょっとお疲れです。続きは後ほどアップしますねー。

――続く――

バンクーバー帰国二日目。
起きてみればお昼間近か、あちゃ、とばかりに飛び起きて、慌ててばたばたお片づけやら家のことやら仕事やら。汗
さてさて話の続きです。
そのロイヤルパークホテル・ザ・羽田ですが、オープンしたばかりなのでお部屋の中は全部新品、狭い室内ではありますが、予想ほど狭くもなく、部屋にへんな匂いも無くてとても快適に過ごすことが出来ました。
またシャワールームも最新のスタイルで今回初めて天井に付いている大きなシャワーヘッドからシャワーを浴びてみました。で、その快適さに仰天!もちろん普通の手に持って浴びることができるシャワーヘッドもあったので、両方とも使って快適なシャワータイムをエンジョイできました。もしも一日あの部屋に居たら、きっと何度もシャワーを浴びたと思います。じつは私シャワー好き♡

お部屋の話はそこそこにして、この羽田に到着した日はスーツケースは一つだけ岡山の実家に送り、もう一つはそのままカートに載せてホテルのロビーへ。(羽田空港内でのバス移動にも備え、一つだけ宅急便で送りました。理由は私が乗る国内線が翌日なので一旦スーツケースを2個ともピックアップしなければならず、その場合翌日スーツケース2個持ってキャリーもバッグも持って空港バスで国内線ターミナルへ移動する気力も体力も、どう考えても無いと予測しての対応策です。送らなかったスーツケースのほうに宿泊に必要なグッズを前もって荷作りの時に入れておきました。)

ホテルのチェックインを済ませて部屋まで荷物を運び、ふたたびロビーに下りれば、そこには友人のまどかさんが会いに来てくださっていました。
で、二人で羽田国際線出発ロビーにあるモール「江戸小路」へ食事に♪

d0129786_1804932.jpg

前もって予約しておいてくれた「焼肉チャンピオン」で二人でビール&焼肉♡ 

d0129786_17595569.jpg

ジュウジュウと目の前で焼ける美味しい日本のお肉をつまみながらビール片手に話に花が咲き楽しいひととき♪ 急に日本のOLになったような気がしてテンションも上がります。焼肉大臣はまどかさんが一手に引き受けてくれ、どんくさい私は只々食べるだけ(汗)
このあとラウンジに移動して女二人の夜は更けていったのでありました。
本当に楽しかったです。まどかさんありがとう~
※写真の冷麺は半分の量で注文しました。飛行機の長旅で疲れている体に熱々の焼肉が体中のこわばりを一気にほぐしてくれましたー。

ーーまだまだ続くーー

                    バンクーバー不動産やのカバン持ち
by stessa2 | 2014-11-13 12:54 | 懐かしの日本滞在記

日本料理あおい@岡山

岡山に帰省しています。
今日は同級生とランチしました。行ったのは「日本料理あおい」
d0129786_21000527.jpg

予約時にお願いしたのはお弁当。お刺身は鯛、自家製塩辛には小さな賽の目切りの長芋がシャリシャリとした歯ごたえを加えています。もみじ型の器には秋の味覚がいっぱい。目にも口にも味わい深いひと皿です。このお料理に椀物として蕪の鶏そぼろあんかけ、ご飯は自家製鯛でんぷがたっぷりとかかったもの、それに汁物と香の物、デザートには柿で作ったお羊羹が付いていました。それで二千円でお釣りが来ます。
お昼は料理人が一人で作って切り盛りしていますので急いでいる場合はお薦めではありませんが、一つ一つ丁寧に心のこもったお料理にいつも小さな感動と満足感を覚えます。

★日本料理あおい
岡山市中区中納言町5−9 LABLaCoRE中納言 1F
電話:086-272-5066
月曜定休
(岡山駅からタクシーで15分くらいかな?)

前回の記事はこちらから→今回の岡山滞在中も行きました♪ 日本料理 あおい

__カバン持ち
by stessa2 | 2014-11-07 21:18 | 懐かしの日本滞在記

芭蕉庵さんのお干菓子

母がお茶のお稽古に使いなさい、と、お干菓子を送ってくれました。
d0129786_5162998.jpg

明治42年創業、岡山の芭蕉庵さんのお干菓子です。
一つ一つ別売りになっているお干菓子を選んで、お店で箱に詰めて貰い、それを送ってくれました。EMS便で届いた袋から箱を出し蓋を開けた瞬間、昔、母と一緒にお干菓子を買いに行った頃の事が思い出されました。
その時々で菓子器に並べたところを思い描きながら、店頭のショーケースから時候のお菓子を選ぶのは、ゆったりとしてじつ楽しい作業です。そんなちょっとした行いが日本らしい文化のひとかけらなのかもしれません。

★芭蕉庵
岡山県岡山市北区表町1-9-62
Phone:086-222-5516 
月曜定休

お茶事で使われる練り切りの生菓子で有名なお店です。あとここの上用饅頭が大好きで、若い頃には一度に10個食べた記憶があります^^;

                                  バンクーバー不動産やのカバン持ち


___________________________________________________________

※JALファミリークラブ北米協賛店の特典ご利用できます。→サットン不動産/村上丈二
※HPはこちらから→バンクーバーの不動産なら jmurakami.com

____________________________________________________________
by stessa2 | 2014-09-14 05:34 | 季節の着物・茶道・お習字

母と一緒に柳川はむら@岡山

本日のバンクーバーは曇りときどき晴れ。ほんとは少し雨が降るという天気予報が出ていたので、庭の水撒きもいらない、とタカをくくっていたのは間違い、間違い(汗)この時期の庭には本当に気を遣います。


**
さてさて、、
この前の岡山滞在中のことですが、バンクーバーへ帰る前夜、母の日のプレゼントの代わりに柳川はむらさんへ。先日のお料理教室も楽しく勉強になりましたが、やはり帰国前に食事にも行っておきたくて母を誘って行きました。お料理の細かな説明はもう殆ど忘れてしまいましたが、備忘録も兼ねてせめて写真だけでもupしておこうと思います。

d0129786_125016100.jpg

頭からまるかじりできる小鮎♪

d0129786_12513218.jpg

d0129786_12534984.jpg

鱧と筍の吸い物椀。こんなに旨みのある新鮮な鱧の椀物は久しぶりでした。

d0129786_12564962.jpg

左は烏賊と雲丹♪ 見た目はしっかりしてない雲丹ですがお味のほうはそれはもう美味。確か瀬戸内海(淡路島?)の雲丹と伺ったように思います。

d0129786_12245447.jpg

さよりやアイナメなどをカツオのはらわたで作った酒盗で和えた一品。お酒が欲しくなりましたが、翌日の事も考えてこの日は諦めました。

d0129786_12594253.jpg

鰆の幽庵焼き、端午の節句も近いので菖蒲とよもぎをお膳に添えてくださいました。
端午の節句にはこれを軒下に吊るして邪気を祓うという風習があるそうです。

d0129786_1302699.jpg

穴子豆腐と連島で採れたごぼう。一度炊いてそれを揚げたもの。ほくほくと柔らかく、ごぼうの風味がより引き立つ一品でした。

d0129786_13233871.jpg

〆のご飯は筍で。香の物も山芋やきんかんなど珍しいものでした。


d0129786_13245482.jpg

こちらの赤出汁の輪島のお椀は椀の内側が二重構造になっていて、温度を保つようになっています。手前はお蕎麦の白和え。

d0129786_1327445.jpg

デザートはわらび餅の粒あん添えと小夏。器は冷たいものをより冷たくという考えのもと、外側は陶器、内側にはプラチナが貼ってあります。
ここの小豆はとても美味しくて、いつもデザートで頂くのを楽しみにしています。

d0129786_14291057.jpg

夜は殆ど出掛けない高齢の母との食事のため早めに食べて帰宅。このあとは実家で最後の機内持ち込み荷物詰めと、泊まっていた部屋をざっとあとかたづけ。気ぜわしく、そして名残惜しい夜でした。

★柳川はむら
住所:岡山県岡山市北区野田屋町1丁目11-20
電話番号:086-225-6364
営業時間:ランチ11:30~14:00 (月曜~金曜)11:30~15:00(土日)
       ディナー17:00~22:00  17:00~22:00
年中無休

                          バンクーバー不動産やのカバン持ち

___________________________________________________________

※JALファミリークラブ北米協賛店の特典ご利用できます。→サットン不動産/村上丈二
※HPはこちらから→バンクーバーの不動産なら jmurakami.com

____________________________________________________________
by stessa2 | 2014-05-20 15:21 | 懐かしの日本滞在記

今回の岡山滞在中も行きました♪ 日本料理 あおい

BC州観光局の現地レポート記事がupされました。
今回のテーマは飲み歩き♪
これからバンクーバーに遊びに来られる方にはかなり興味深い内容だと思われますので、よかったらご覧になってみてください。こちらから↓
★‎パブの飲み歩きツアーってご存知ですか?

***

本日のバンクーバーは日本から一日遅れの母の日。
お天気も晴天で最高気温は18℃♪ こんな日はカナディアンは必ずといっていいほど半袖を着てますが、私の場合はコットンのシャツに薄手のカーディガンで丁度良い体感気温となりました。

さてさて、
あと2軒岡山の飲食店のことを書きたい思っています。
その中の一軒、お店の名前は「日本料理あおい」です。
昨年岡山へ帰ったとき、昔、県立美術館でボランティアをしていた時の友人が誘ってくれたお店です。その時の印象がとても良かったので、是非再訪したいと思い、今回は小中学時代の同級生を誘ってこちらへ行きました。
前回訪れた時、確か若いご主人がお一人でお料理なさってる印象があったので、前もって予約の電話を入れた時に1900円のお弁当をお願いしておきました。

そのお料理はーー

d0129786_13431889.jpg

一つ一つの食材が丁寧に調理され、そのものの持つ本来の旨みがめいっぱい引き出されているように思いました。ご主人が丹精込めてお料理されているのがひと口食べるごとに伝わってくる、そんな心に充足感を与えてくれるお料理でした。

d0129786_13455480.jpg

d0129786_13461714.jpg

d0129786_13465865.jpg

こちらに伺ってからかなり時間が経ってしまったので、一つ一つの食材の説明はすっかり忘れてしまいましたが、ただ覚えているのはとても繊細で女性的なお味で美味しかったこと。以前うかがったとおりこのお料理を作られたご主人が加賀の旅館で修行なさったのだとしたら、これは加賀の味付けということになるのでしょうか?大阪、京都、東京とはまた違った、本当に繊細なお味です。私的にはとても好みの味なので、今回もまた次回帰国の折には再訪しようと確信したお店でした。ちなみに今度こそは夜こちらへ伺おうと思っています。今、岡山で一番気に入っているお店かもしれません。それにしてもこの内容で1900円とは、バンクーバーと比べてとてもリーズナブル♪ ←って、比べる対象が突飛ですが。

あ、一つだけ注意事項、このお店はご主人が一人で一生懸命なさっているお店なので、立て込んでくると少しお料理の間隔が空く場合もあります。ですので時間に余裕が無い場合は避けられたほうが良いように思います。折角のお料理なのでゆっくりと時間をみて行かれる事をお勧めします。

d0129786_14545358.jpg

★日本料理 あおい
住所:岡山市中区中納言町5−9 LABLaCoRE中納言 1F
電話:086-272-5066
営業時間:1:30~14:00、17:30~21:30 ※夜は予約のみ
月曜定休

**

さて、バンクーバーでは、このところ連ちゃんでこちらにランチに行ってます♪

d0129786_1554717.jpg

d0129786_15252646.jpg

W.4thにある「Tractor Everyday Healthy Foods
特筆すべきレストランではありませんが、このカフェテリアスタイルの気軽さ、さらにお店が角地にあるがゆえの店内一杯の明るい日差し、そしてなんといっても嬉しいのが、サンドイッチも半分から買えるというところです。ツナやサーモンも1ピース売りしています。なのでお腹の空き具合に合わせてサンドイッチ半分とサラダとスープとか、ツナ1ピースとサラダとホームメイドのレモネードとか。ちなみにサラダ($3.25)はいつも9種類ほど準備されててお味もなかなか。
年中無休で営業時間も11:00 amから9:00 pmまでと、いつ行ってもOKなのも嬉しいところ。
そんなこんなでこのところ頻度高く行くようになった、さりげなくお気に入りのお店です。

                            バンクーバー不動産やのカバン持ち

__________________________________________________________

※JALファミリークラブ北米協賛店の特典ご利用できます。→サットン不動産/村上丈二
※HPはこちらから→バンクーバーの不動産なら jmurakami.com

____________________________________________________________
by stessa2 | 2014-05-12 15:31 | 懐かしの日本滞在記

ステーキなら鉄板示野@岡山

日本の友人がFacebookで美味しそうな鉄板焼きレストランをupしているのを見るにつけ羨ましくて、ついに「今度帰ったら連れてって~」とコメントしたら、それが本当になりました♪

お店の名前は「鉄板 示野」
きっと岡山にはたくさん鉄板ステーキハウスは無いだろうからタクシーの運転手さんに住所を見せればすぐ分かるだろうとたかをくくって友人とお店で待ち合わせをしたのは小さな失敗。タクシーのカーナビでもなかなか分からず、たぶんこの辺りと目星を付けて降りてはみたものの、周辺にそれらしき看板も見当たらず、目の前にあった花屋さんで聞いたら、なんと横の路地の奥。

d0129786_14243014.jpg

店内は十数席のカウンターのみの小さなお店。一歩お店に踏み込めばそこは小さいながらもモダンで心地良い雰囲気。スタッフの皆さんも平均年齢が若そう←私から見て^^;
ほどなく友人も現れてとりあえず二人で久しぶりの乾杯♪
とても美味しいコースだったので、備忘録も兼ねて岡山在住、もしくは行かれる予定のある皆さんに参考にして頂けるようupします。

d0129786_14254258.jpg

まずは先付けのローストビーフ 柔らか~い

d0129786_14474884.jpg


前菜はーー
d0129786_14481617.jpg

目にも繊細な盛り付けで、べいかや鱧など春の恵みがお皿を彩ります。

d0129786_1448581.jpg

d0129786_14502934.jpg

本日のスープはこくのあるやさしいお味のオニオンスープでした。

d0129786_14514896.jpg

焼き野菜の盛り合わせ  鉄板で焼くとどうしてこんなに美味しくなるのでしょう。

そしてメインのお肉は黒毛和牛のヒレステーキをチョイス♪
d0129786_15211394.jpg

美味しいことは云うまでもなく、手前の岩塩に山葵とかりかりガーリックを載せて頂きました。

d0129786_1523522.jpg

サラダ
このお店だけではなくて生野菜はやっぱりバンクーバーのほうがベターかな?バンクーバーは種類豊富で新鮮なオーガニック野菜が近隣の畑で取れるので、日本と比べて低価格でがっつり食べれます。←野菜の話^^

d0129786_15301727.jpg

我がままを言ってヒレとサーロインを半分ずつ焼いて貰いました。

d0129786_15263625.jpg

最後にガーリックライスを頼みました。

d0129786_1528147.jpg

切り分けてあったお肉の端の筋部分をカリカリになるまでじっくり焼いてそれを平たくしてガーリックライスに添えてありました。昔六本木ロアビル前にあったアル・カフェ・キャンティのピラフを髣髴とさせるお味でした。

d0129786_15292326.jpg

手作りソルべのデザートまで丁寧な仕上がりで大変美味しく頂きました。
やっぱりステーキは日本が一番、と再確認した夜でした。また次回帰国の折には必ず再訪いたします♪

鉄板 示野
岡山市北区田町2-13-10 岡田ビル102
電話番号:050-5845-6584
営業時間:17:30~23:30
定休日:日曜
___________________________________________________________

※JALファミリークラブ北米協賛店の特典ご利用できます。→サットン不動産/村上丈二
※HPはこちらから→バンクーバーの不動産なら jmurakami.com

____________________________________________________________
by stessa2 | 2014-05-10 15:56 | 懐かしの日本滞在記

日本への行き帰りはJAL?ANA?

本日のバンクーバーは晴れ♪ 最高気温は17℃とまずまずなお天気で庭先では小鳥がさえずり、また空高く飛ぶカモメもガーガー鳴き、近所の大木に巣を作ったカラスの親も雛がいるのか、人が通るたびにギャーギャー騒いでおりました。

**

さてさて、今回の日本帰国の折、この3月末からバンクーバー⇔羽田間に就航したANAを使おうと楽しみにしておりました。というのもこれを使えば羽田からさらに岡山空港まで直行で飛べるので、バンクーバー⇔岡山間が一気に飛べて、非常にラクになる..予定..でした。
が、が、残念なことにバンクーバーから羽田まで飛んで、そのあと岡山までの便が乗り継ぎ時間が約20分と短すぎて乗り継ぐことが出来ないのです。涙) なので空港で一泊して翌朝の便で岡山へ行くしかない。これはちょっと考えもの。

では今まではどうしていたのか?
はい、今まではバンクーバーから成田へ飛んで、そこで入国審査を済ませ、今度は羽田からそのまま伊丹空港へ飛んで、そこから新大阪駅へ出て新幹線で岡山駅へ。もしくは関空へ飛んで同じように新幹線で岡山へ。今までも成田空港利用でも羽田までリムジンバスで行って、そこから飛べば岡山空港へ行けるのですが、万が一道路の渋滞に遭うと全てが番狂わせになるのと、岡山空港が郊外にあるので、どちらかというと新幹線の岡山駅からタクシーで実家へ帰ったほうがラクな面もあります。
ふ~む、悩むところです。

d0129786_1329897.jpg

さて今回の帰国にはとりあえずJALを利用したのですが、これがなんとグレードアップになりまして、ビジネスクラスでの帰国となりました。

d0129786_1330282.jpg

このバンクーバー⇔成田間のボーイング787のビジネスクラスは以前と比べて席数がぐっと増え、その分エコノミークラスの席が減ったそう。で、これは私の勝手な憶測なのですが、エコノミークラスが満席になるとビジネスへのグレードアップ率が高くなり、よって最近グレードアップされてる友人知人が続出している次第かな?などと考えてみました。どちらにしてもこれは嬉しいハプニング♪ 日本までの長旅が一気に楽しい時間となりました。

d0129786_135020100.jpg

お料理はこんな感じで、数年前に乗ったときよりもほんのすこ~し豪華さが減ったような気もいたしますが、それでも十分過ぎる内容で、ワインを飲んだり日本酒飲んだり、さらに寝るのが勿体ないので映画も3本観てしまいました。←貧乏性

**

さてその帰りの便、岡山から成田経由でバンクーバーまで帰る時なのですが、朝10時過ぎの新幹線で新大阪まで行きます。
d0129786_14154566.jpg

出発の日もやはり雨。
それでも雨に濡れることなく移動できるのは助かります。
で、なぜ伊丹空港を利用するかと申しますと、この帰り道で一番楽しみにしているのが新大阪駅の1階コンコースにあるお店。

d0129786_1417685.jpg

たこ焼き屋さんとおにぎり屋さん、それにきんつば屋さんの3軒が軒を寄せ合っている場所があります。
ここで焼きたてたこ焼きと、握りたておにぎりと、蒸しきんつばと大福を買って、タクシーで伊丹空港まで向かいます。で、スーツケースを預けたら空港2階のテーブルのある場所でたこ焼きを食べちゃいます。この本場大阪のたこ焼きを食べるのが私にとって至福のひととき。あとおむすびは成田空港で、そしてきんつばと大福は一個機内で、残りはお土産としてバンクーバー到着後に旦那様に献上します。

★たこ焼きは「道頓堀くくる」 熱々焼きたてのたこ焼き
★おにぎりは「菊太屋米穀店」 小さな店舗の奥で握っているのでいつも新鮮握りたて
★蒸しきんつばは「高山堂」 ここの黒豆大福も美味しいです。

d0129786_15134237.jpg

成田空港からのバンクーバー便は当然ですがエコノミークラス。

d0129786_15411676.jpg

最後尾席の好きな私はこの787の構造をよく知らずに後ろのほうの席を取り、最後尾の真ん中3席には頭上の荷物入れが無いことを知ってちょっとびっくり。なので後ろのほうでは荷物を入れる場所取り合戦が静かに行われておりました。あと食事も前のほうで和食が終わってしまい、最後尾の辺りまで来たときにはもう選択肢がありませんでした。次回から787の場合は前のほうの席にしておこうと学びました。

そしてこの便はアメリカン航空やマレーシア航空とのコードシェア便なのでやはり満席でした。かたやANAのほうは空いているとも聞いたのですが、航空機預け入れ荷物が確かJALは23キロまでが2個までOK。ANAは23キロが一個まで。短期の旅行やお仕事で飛ばれる方はこれで十分だと思われますが、日本へ行ってはごそごそと食料品を買出しする私のような場合には一個は厳しい~。でも鉄子のはしくれとしては一度はANA便に乗ってスマートに帰ってみたいと思います。どちらにしても選択肢が増えたのは嬉しい事ですよね。

                            バンクーバー不動産やのカバン持ち            

___________________________________________________________

※JALファミリークラブ北米協賛店の特典ご利用できます。→サットン不動産/村上丈二
※HPはこちらから→バンクーバーの不動産なら jmurakami.com

____________________________________________________________
by stessa2 | 2014-05-08 15:30 | 懐かしの日本滞在記


バンクーバー在住者の四季折々の備忘録。夫は現地で不動産業者をしております。リンクされる場合にはメールにてお知らせください。不動産のお問い合わせも受け付けております。stessa@hotmail.co.jp


by stessa2

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

食べたもの最近情報
バンクーバーでうろうろ
バンクーバーの四季折々
バンクーバー発信素敵なもの
バンクーバーでイベントに行く
鳥や犬など生き物話
小さな庭の園芸話
カバン持ちの台所
カバン持ちの好きな物
バンクーバーでお宅拝見
バンクーバーから日帰り旅行
バンクーバーで動画
海を渡ったお菓子いろいろ
懐かしの日本滞在記
バンクーバー旅行豆情報
季節の着物・茶道・お習字
BC州観光
ヨーロッパ旅行
本について

タグ

(184)
(125)
(86)
(71)
(70)
(69)
(68)
(65)
(47)
(44)
(42)
(38)
(35)
(26)
(25)
(22)
(20)
(16)
(15)
(12)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

最新の記事

ベトナム料理ならAnh an..
at 2019-08-22 16:49
早々に紫陽花の剪定
at 2019-08-17 15:08
Osteria Savio ..
at 2019-08-14 17:11

バンクーバー不動産について
ブログ筆者stessa2の夫はバンクーバーの不動産取扱い業者で、主に住宅用物件の売買及び投資物件、店舗・オフィスなど商業物件も扱っております。不動産に関する仔細はホームページをご覧になるか下記のメールアドレスから気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちらから

メールアドレス
jmurakami@telus.net



カバン持ちへのメールは下記アドレスからお願いいたします。
stessa@hotmail.co.jp




お気に入りブログ
NeverSeconds
フィレンツェ田舎生活便り2
グンジ家の食卓
ヴェネツィアときどき..
エミリアからの便り
イタリア料理ほんやく三昧
ヴェネツィア冬紀行
森まどかのメロメロ..
Rotonda BLOG
じーさんがばあーさんに作る
Art & Bell by Tora
qoo's life
気配の写真家niなりたい
神田の家 * スタッフ日誌
淡路屋ブログ
moge
happy to meet
the RT BESTIARY
チョコラブYUMの毎日
どうなんかね国際結婚
岡山GoGoグルメ隊
凛の冒険記
百花ミナオの裏ジャパン..
++mariko+news++
Zappin' in my life.
Vancouver de BigBoss
外から見る日本見られる..
金魚さんのブログ
Judy子のブログ
橙葉What's for Dinner?
Good Day Vancouver 
ぱんだこのバンクーバーLife
バンクーバー日々是々
Reikocakes
風のたよりfromバンクーバー
バンクーバー新報
ふれいざー
Life Vancouver
タウンページ
Oops!
桜楓会
Blue Works
JP Rail.com
Travel Box
NAVITOUR
JTB CANADA
H.I.S.カナダ
メインランドクリニック
Kaori Otake
週間NY生活
Nature Fine Art Photo
Sea Island Clinic
il sospiro del mare

リタイア移民の会
桜楓会のHP





  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。