<   2013年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

あの橙葉さんご夫妻と一緒にピザ@Nicli Antica Pizzeria

BC州観光局の現地レポートがupされました♪
よかったらご覧になってみてください。
バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?

観光局のサイトがデザイン一新されてます☆♡。..。.゚。*・。♬♪*†


***
昨日の土曜日、ずっとずっととても楽しみにしていたランチのお約束がありました。
雨女な私、やっぱり小雨ぱらつく中、向かったのはこちらーー

あの橙葉さんご夫妻と一緒にピザ@Nicli Antica Pizzeria_d0129786_12471786.jpg
あの橙葉さんご夫妻と一緒にピザ@Nicli Antica Pizzeria_d0129786_12552247.jpg

Nicli Antica Pizzeria
62 E Cordova Street Vancouver (Gastown)
Phone:604-669-6985

今話題のピッゼリアだから開店と同時に店内で待ち合わせしましょうね♪ とお約束していたので、はい、私達とそのご夫妻が一番乗り。

あの橙葉さんご夫妻と一緒にピザ@Nicli Antica Pizzeria_d0129786_1259664.jpg

ばっちりテーブルも取れました。
その素敵なカップルの奥様のブログはこちら→「橙葉  What's For Dinner?

ブログがご縁でFacebookで繋がって、そしてこうしてやっとお目に掛かることが出来ました。
彼女のブログを拝見しはじめた時から趣味の多彩さ、センスの良さ、そして食へのこだわりなどなど、お話したい事が山のように貯まっておりました。が、しかし、私の"こけちゃったタンコブ事件"の勃発でお約束を急遽延期..(涙)
彼女の予定などもあり、そんなこんなで、ひょっとしてお会いできないかも?と思っていただけに嬉しさ百倍。
さらにお互いカップルで♪という話になって昨日はこうして4人でランチとなりました。

まず前菜からーー

あの橙葉さんご夫妻と一緒にピザ@Nicli Antica Pizzeria_d0129786_13334381.jpg

アンティパスト ミスト前菜盛り合わせ

それとInsalata di Tonnoを頼んだら、Tonnoの部分の単語だけであのヴェネツィア名物のツナマヨネーズ和えみたいなのを想像してしまい、メニューを間違えてしました(汗)

あの橙葉さんご夫妻と一緒にピザ@Nicli Antica Pizzeria_d0129786_1483385.jpg

ってことで、ツナやじゃがいも、白花豆のサラダでした。間違えたけど美味しかったです

あの橙葉さんご夫妻と一緒にピザ@Nicli Antica Pizzeria_d0129786_13353049.jpg

ピッゼリアなので勿論、石釜ありますよ↑

あの橙葉さんご夫妻と一緒にピザ@Nicli Antica Pizzeria_d0129786_13384342.jpg

そして選んだピザはマルゲリータとプロシュート&ルッコラ
ピザドゥは薄くてもっちり♪
トマトソースはあっさりフレッシュ系で、うちの旦那様はもっとじっくり煮込んだオレンジ色がかったソースのほうが好き、私は酸味さえ無ければフレッシュ系もまた良い感じ、と、好みの分かれるところです。

4人で食べながらお喋りにも忙しく、とても初めて会ったとは思えない盛り上がり。
橙葉さんはブログから受ける印象そのままに、多才で清潔感溢れる若奥様という雰囲気、素敵です。
ご主人様との出会いのお話やご結婚までのいきさつ、あれこれと私とうちの旦那様はいつもどおりに聞きたい放題^^;

最後にエスプレッソやコーヒーを銘々頼み、デザートはティラミスをひと皿だけ注文。

あの橙葉さんご夫妻と一緒にピザ@Nicli Antica Pizzeria_d0129786_13482042.jpg

そのひと皿のティラミスの大きかったこと!4人で分けて正解でした。

で、気が付けばもう2時近く!!
次の予定があったので慌てて席を立ちました。
そして橙葉さんご夫妻と別れたあと、うちの旦那様曰く、「橙葉さんとあなたは好みや性格がとても似ているね。」とのご感想。それ、嬉しいですっ♪


**
じつはその橙葉さん、私達に会う前にファーマーマーケットに行って来られたそうで「はい♪」って大きな布袋を私に手渡して「この袋ごとお持ちくださいね」って頂いたのがーー

あの橙葉さんご夫妻と一緒にピザ@Nicli Antica Pizzeria_d0129786_13495711.jpg

ファーマーズマーケットで買い求めた新鮮なお野菜と美味しいパン♡ 
橙葉 さん、ありがとうございました。

でね、こちらのパンーー

あの橙葉さんご夫妻と一緒にピザ@Nicli Antica Pizzeria_d0129786_13515797.jpg

もうね、私の好みど真ん中♪
とっても美味しくて、ひとり占めしています。
若くてお料理上手で綺麗で、そしてお茶、お花、カメラなどなど多彩な橙葉さん、こんな人がバンクーバーに居たなんて嬉しい~♪
今までもブログやFacebookを通して沢山の素敵な方々と出会って来れた事に感謝。そしてこれからも♡ 

                                    バンクーバー不動産やのカバン持ち
タグ:
by stessa2 | 2013-04-29 15:56 | 食べたもの最近情報

バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?

BC州観光局の現地レポートblogを書きました。
タイトルは「バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?
え~っと、只今観光局のサイトが模様替えの最中のようで、レポートblogの表示場所がよく分からなかったので、こちらでもご紹介♪
ブログと重複している部分もありますが、一生懸命書いたのでよかったら読んでみてください。

***

皆さん、ここバンクーバーからずっと南下するとアメリカ国境が近いのはご存知ですか?
近年は米ドルに対するカナダドルの為替の良さも手伝って、気軽に国境を越えてアメリカにお買い物やレジャーに出かけるカナディアンも増えました。が、私はといいますと、取り立ててアメリカへ行く用事も無く、長らく国境を越えていませんでした。それが先週、突然主人がシアトルで公演されるバレエを観に行かない?と云うので、急遽国境を越えてアメリカのシアトルへ出掛ける事となりました。

そのシアトルまではバンクーバーからだと車で片道4時間少々。距離にして約230kmです。その日は午前中に仕事を済ませて、そのまま車でシアトルに向かい、夕方現地に到着して軽く食事を済ませ、7時半からのバレエ公演を観て、終了後すぐに車でバンクーバーへと帰って来るというちょっと強行スケジュールをこなしました。

バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?_d0129786_13124456.jpg
バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?_d0129786_13134562.jpg

帰宅したのは午前2時の深夜となりましたが、この日帰り旅行、予想以上に楽しかったので、今回はバンクーバーからアメリカへの気軽な旅行(ショートトリップ)を提案したいと思います。

バンクーバーに短期語学留学している学生さん達がまず行きたがるのがウィスラー、ビクトリア、バンフ、そしてシアトル。日本から観光で来られた方も現地旅行会社のオプショナルツアーなどを利用してシアトルまで野球観戦に行かれたり、アウトレットモールへショッピングツアーに行かれたりと利用される方も多いと聞いています。
そんな中、最近友人達から耳にするのはシアトルまでクラシックを聞きに行ったり、オペラを観たり、そういったエンターテイメントを楽しむために気軽に出掛けているとの事。今回私が出かけた日は残念ながら雨模様の一日でしたが、それでも違う街への日帰り旅行は気分も高揚するものです。

バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?_d0129786_13144676.jpg
バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?_d0129786_13152810.jpg

バンクーバーから車で約1時間でアメリカとの国境にあるイミグレーション施設に到着です。
この国境の手前がかなり渋滞すると聞いていたのですが、平日なのと時間がお昼過ぎだったのもあってかこの日の渋滞待ち時間は15分程でした。一旦ゲートを越えたら、今度は指示に従って駐車場に車を停め、国境越え手続きのため建物内へ。ここでまた15分ほど列に並び、それから審査官との簡単な質疑応答などが行われます。この時の質問は大体空港での入国審査のものと同じ内容です。そしてそれが済んだら今度はその場で両手の指のスキャンと顔写真の撮影が簡単に行われます。それからカウンターの端で入国手続きのため一人につきUS$6を支払って完了です。
幸いにも渋滞には巻き込まれませんでしたが、それでもやはり国境を通過するのに小一時間掛かってしまいました。ですが此処を越えすれば、あとはシアトルの街を目指して高速道路I-5をまっしぐらに走るだけ。国境からシアトルのダウンタウンまでは約2時間の距離です。途中アウトレットモールや、またこの時期が見どころのチューリップ畑もあって思わず立ち寄りたくなってしまいます。

今回私達はシアトルにあるMcCaw Hallでバレエ「白鳥の湖」を観劇するのが目的。というのもこのMcCaw Hallという劇場はシアトルを拠点に活動しているバレエ団Pacific Northwest Balletのホームグラウンドだからです。

バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?_d0129786_1316522.jpg
バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?_d0129786_13162999.jpg

ここがバレエ団の本拠地なので館内のグッズショップもバレエに関連した商品構成の楽しいお店となっています。特に興味深かったのがこちらの履き潰したトウシューズ。プロのバレリーナは職業柄沢山のトウシューズを履き潰していきます。そのもう使用できなくなったトウシューズを持ち主のサイン入りで販売していました。ここのバレエ団にお気に入りのバレリーナがいるファンにとっては堪らないお土産ですよね。

最近ではインターネットの進化によりこういったエンターテイメントのチケットもネットを使って手軽に買えるようになりました。さらに自分の予算と相談しながら座席も確保できるようになり、ますます便利になりました。

バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?_d0129786_1410261.jpg
バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?_d0129786_1495338.jpg

シアトルまで行ってマリナーズ観戦も楽しいですが、こういったバレエやオペラなどをバンクーバーからちょっと足を伸ばしてシアトルまで観に行くのも、北米ならではの醍醐味ではないでしょうか?
バンクーバーが大好きで何度もリピートで遊びに来られている方に特にお薦め。バンクーバー滞在中に、ふと行ってみたくなったら最寄りの日系旅行代理店へお問い合わせください。

Pacific Northwest Ballet パシフィックノースウエストバレエ・オフィシャルサイト

★シアトルまで行く時の一般交通手段(サイトは全て英語です)
Greyhound Bus グレイハウンド(バス)
Quick Suttle クイックシャトル(バス)
Amtrak アムトラック(鉄道・バス)

                                  バンクーバー不動産やのカバン持ち
by stessa2 | 2013-04-27 14:46 | BC州観光

タイ料理Maenam@キツラノ

本日はいつもの食べ歩きメンバーでキツラノにあるタイ料理レストラン「Maenam」へ。
終日お天気も良くて気温も上がり、スプリングコートもそろそろ片付ける時期となりました。
が、相変わらず花粉は猛威を振るっているようで、特にこんな晴天の日はヤバイです(‐_‐;)

タイ料理Maenam@キツラノ_d0129786_14274598.jpg

タイ料理Maenam@キツラノ_d0129786_15333527.jpg

Maenam
1938 4th Ave. Vancouver (Kitsilano)
Phone:604-730-5579
営業時間
Lunch:Tue-Sat 12 pm - 2:30 pm
Dinner:Mon-Sat 5 pm - 11 pm
日曜定休


このお店、家からの行き帰り、車でよく通りかかるのですが、行ってみたいと思いつつ「そのうちに..」と思っていたら結局きょうまで行く機会もなく..
もし、食べるの大好きなあの方が「行ってみませんか?」と提案してくれなかったら未だに行けていませんでした。そういった意味でも食の好みの合う人達とごはん食べに行くのって、じつに楽しいものですね♡ 

タイ料理Maenam@キツラノ_d0129786_14283724.jpg

集合時間は5時半、店内はまだガラガラだったのでお店の人にお願いして写真撮らせて貰いました。

タイ料理Maenam@キツラノ_d0129786_14282330.jpg


**
ア・ラ・カルトの中からいろいろ選ぼうか?それともChef's menuの5皿セットにしようか、みんなでさんざん迷った挙句、お店の人に相談したら、全員で6人なので、ちょうどコースの中の選べるものを3人ずつで違うものにしたら、よりバリエーションが増えますよ、とのアドバイスを頂き、それをお任せすることとなりました。

メニューが決まったので今度は飲み物、スパイシーで香辛料の効いたタイ料理には、はい、やっぱりビールです。ってことで選んだのはタイのシンハービール♪ ライトで苦味のきいた口当たりが喉越し爽やか

タイ料理Maenam@キツラノ_d0129786_1514474.jpg

そのビールと一緒に並んでいるのはムール貝料理のhoi malaeng puu bai horapha 「(゚ペ)?
レモングラスとタイのバジルでスチームしたムール貝、別の器でサーヴされたナンプラーの効いたソースをつけて頂くと、貝の旨みとナンプラーの風味があいまって、これまた美味しい♪

タイ料理Maenam@キツラノ_d0129786_16362751.jpg

こちらは白身魚と茸のスープ
お魚と茸のコクが出たあっさりしっかりスープです。基本タイ料理ですが、その洗練されたお味は、うん、キツラノっぽい♪

こうしてテーブルにはぞくぞくとお料理が登場↓

タイ料理Maenam@キツラノ_d0129786_14291238.jpg

写真左上から先程のスープ、グリーンパパイヤサラダ、ムール貝とオヒョウのココナッツミルクカレー、ローストチキンサラダ♪

タイ料理Maenam@キツラノ_d0129786_16375353.jpg

こちらはビーフジャングルカレー
薄切り牛肉のカレー、ワイルドファーンやホーリーバジルなど聞き慣れない野菜が入っています。
で、調べてみるとーー
※wild fern=野生のシダ、これがFlowering fernだとぜんまい
※holy basil=カミメボウキ、シソ科の芳香性の植物

ふむふむ


タイ料理Maenam@キツラノ_d0129786_16335565.jpg

そして私がとても気に入ったのがこちらのpla tort samun plai
クリスピーに素揚げされたアイナメの白身をタマリンドとココナッツ砂糖ソースでからめた一皿。
8種類のハーブとスパイスがトッピングされてます。ビールにぴったりのたまらない美味しさ

此処はこんなレストランです、Youtubeより↓



**
あ、デザートも忘れてはいけませんよね・*:・゚☆♡。..。.゚。*・。♬♪

タイ料理Maenam@キツラノ_d0129786_17491996.jpg
タイ料理Maenam@キツラノ_d0129786_17494542.jpg
タイ料理Maenam@キツラノ_d0129786_1750451.jpg

デザートは上から順番にチョコレートムース、チーズケーキ、そしてココナッツのパンナコッタ♪
特に私が気に入ったのが上から二番目の写真のチーズケーキ。ひと口食べた瞬間に遠い昔の何かの味を思い出したのですが、それが何だったのか、未だに判りません。大学時代に友人と一緒に行った高野フルーツパーラーのカッサータのアイスクリームを思い出したような気もするのですが.. どうかな..

このMaenam、コクがありながらもあっさりとライトな味がとても食べやすくて美味しいので気に入りました。
ってことで次回はランチで来ようかな♪
追記:土曜日にランチに行ってみたら今一歩でした。う~ん残念!

                                    バンクーバー不動産やのカバン持ち
タグ:
by stessa2 | 2013-04-25 19:07 | 食べたもの最近情報

バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?

4月25日〆でBC州観光局HPの現地レポートで書かせて頂いた記事です。


皆さん、ここバンクーバーからずっと南下するとアメリカ国境が近いのはご存知ですか?近年は米ドルに対するカナダドルの為替の良さも手伝って、気軽に国境を越えてアメリカにお買い物やレジャーに出かけるカナディアンも増えました。が、私はといいますと、取り立ててアメリカへ行く用事も無く、長らく国境を越えていませんでした。それが先週、突然主人がシアトルで公演されるバレエを観に行かない?と云うので、急遽国境を越えてアメリカのシアトルへ出掛ける事となりました。そのシアトルまではバンクーバーからだと車で片道4時間少々。距離にして約230kmです。その日は午前中に仕事を済ませて、そのまま車でシアトルに向かい、夕方現地に到着して軽く食事を済ませ、7時半からのバレエ公演を観て、終了後すぐに車でバンクーバーへと帰って来るというちょっと強行スケジュールをこなしました。
バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?_d0129786_1018405.jpg

バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?_d0129786_1019794.jpg


帰宅したのは午前2時の深夜となりましたが、この日帰り旅行、予想以上に楽しかったので、今回はバンクーバーからアメリカへの気軽な旅行(ショートトリップ)を提案したいと思います。
バンクーバーに短期語学留学している学生さん達がまず行きたがるのがウィスラー、ビクトリア、バンフ、そしてシアトル。日本から観光で来られた方も現地旅行会社のオプショナルツアーなどを利用してシアトルまで野球観戦に行かれたり、アウトレットモールへショッピングツアーに行かれたりと利用される方も多いと聞いています。そんな中、最近友人達から耳にするのはシアトルまでクラシックを聞きに行ったり、オペラを観たり、そういったエンターテイメントを楽しむために気軽に出掛けているとの事。今回私が出かけた日は残念ながら雨模様の一日でしたが、それでも違う街への日帰り旅行は気分も高揚するものです。

バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?_d0129786_831676.jpg

バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?_d0129786_835175.jpg


バンクーバーから車で約1時間でアメリカとの国境にあるイミグレーション施設に到着です。この国境の手前がかなり渋滞すると聞いていたのですが、平日なのと時間がお昼過ぎだったのもあってかこの日の渋滞待ち時間は15分程でした。一旦ゲートを越えたら、今度は指示に従って駐車場に車を停め、国境越え手続きのため建物内へ。ここでまた15分ほど列に並び、それから審査官との簡単な質疑応答などが行われます。この時の質問は大体空港での入国審査のものと同じ内容です。そしてそれが済んだら今度はその場で両手の指のスキャンと顔写真の撮影が簡単に行われます。それからカウンターの端で入国手続きのため一人につきUS$6を支払って完了です。幸いにも渋滞には巻き込まれませんでしたが、それでもやはり国境を通過するのに小一時間掛かってしまいました。ですが此処を越えすれば、あとはシアトルの街を目指して高速道路I-5をまっしぐらに走るだけ。国境からシアトルのダウンタウンまでは約2時間の距離です。途中アウトレットモールや、またこの時期が見どころのチューリップ畑もあって思わず立ち寄りたくなってしまいます。
今回私達はシアトルにあるMcCaw Hallでバレエ「白鳥の湖」を観劇するのが目的。というのもこのMcCaw Hallという劇場はシアトルを拠点に活動しているバレエ団Pacific Northwest Balletのホームグラウンドだからです。

バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?_d0129786_8161185.jpg

バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?_d0129786_8181819.jpg

ここがバレエ団の本拠地なので館内のグッズショップもバレエに関連した商品構成の楽しいお店となっています。特に興味深かったのがこちらの履き潰したトウシューズ。プロのバレリーナは職業柄沢山のトウシューズを履き潰していきます。そのもう使用できなくなったトウシューズを持ち主のサイン入りで販売していました。ここのバレエ団にお気に入りのバレリーナがいるファンにとっては堪らないお土産ですよね。

最近ではインターネットの進化によりこういったエンターテイメントのチケットもネットを使って手軽に買えるようになりました。さらに自分の予算と相談しながら座席も確保できるようになり、ますます便利になりました。
バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?_d0129786_7594557.jpg

バンクーバーからシアトルまで気軽に行けるのご存知ですか?_d0129786_804937.jpg

シアトルまで行ってマリナーズ観戦も楽しいですが、こういったバレエやオペラなどをバンクーバーからちょっと足を伸ばしてシアトルまで観に行くのも、北米ならではの醍醐味ではないでしょうか?バンクーバーが大好きで何度もリピートで遊びに来られている方に特にお薦め。バンクーバー滞在中に、ふと行ってみたくなったら最寄りの日系旅行代理店へお問い合わせください。

Pacific Northwest Ballet パシフィックノースウエストバレエ・オフィシャルサイト

★シアトルまで行く時の一般交通手段(サイトは全て英語です)
Greyhound Bus グレイハウンド(バス)
Quick Suttle クイックシャトル(バス)
Amtrak アムトラック(鉄道・バス)
by stessa2 | 2013-04-24 08:45 | バンクーバー旅行豆情報

4月下旬の庭便り♪

本日のバンクーバーはため息が出るような晴天、気温は13℃前後とまだまだでしたが、それでも気分はすっかりハイ・シーズン到来?などと足取りも軽やかにダウンタウンへと行きました。
そしてちょっと早めのランチ♪
というのも京都から半年間の語学留学でバンクーバーにいらしている友人の友人の元スタッフの方が、あと一週間で日本へ帰ってしまわれるので、最後に一緒にランチ。

4月下旬の庭便り♪_d0129786_14433751.jpg

★Shanghai XiaoLongBao Restaurant 上海九鼎中華レストラン
469 Richards Street Vancouver
Phone:604-669-8816

では店内へーー
4月下旬の庭便り♪_d0129786_14493217.jpg

12時前だったので店内はまだがらがら、、
と、そこへ待ち合わせたA子さんが登場。
とるものもとりあえずメニューから食べたいものを注文。

4月下旬の庭便り♪_d0129786_14495849.jpg

こちらはいつもの辛いサンラータン(酸辣湯)♪
あと蟹が駄目なA子さんのために本日はエビ豚肉の小籠包とチャオメン、それから炒めた豚肉やキャベツ千切り野菜を味噌と一緒に薄皮で包んで食べる木須肉と、め一杯食べました♪
が、食べるのに夢中で写真撮るの忘れちゃいました(‐_‐;)

このA子さん、これからの進路を色々と思案中だそう。技術があって意欲のある若い方には是非頑張って欲しいですよね。でね、移民ビザ関係の仕事をしている私の友人に連絡したら、なんだか手ごたえあり、好い予感。
ついでに3月に長年ブログを読んでくださってて、Facebookで繋がった方にも彼女を紹介したのですが、あれからどうなった?って聞いてみたら、な、なんとこの夏ぐらいにはこちらでお仕事できるようになりそうとの事。みんな前途が明るくて、よかった、よかった♪

***

そうそう、きのうの夕方、庭の様子が気になったのでちょっとだけ手入れしていたら、カナディアンの女性が大きな一眼レフカメラを構えて、道路からうちの庭の花を写していたんです。
あんまり嬉しくて「よかったら庭に入って撮ってもいいですよ」って云ったら「ここからで大丈夫、ありがとう♪」って裏のアーチのところからも蕾になったオダマキをパチリと撮って行っちゃいました。
生まれて初めて自分の庭の花を通りがかりの人に撮られるっていうことを経験しましたが、これ、とっても嬉しいものなのですね。写真を撮られるという、ただそれだけの事がこんな気分にさせてくれるものだとは思ってもいませんでした^^

こちらがそのオダマキ↓

4月下旬の庭便り♪_d0129786_1642992.jpg

去年買って来て、花が終わって、それから病気になって、ほぼ駄目になりかけていたのですが、土を変えて、他の鉢に植えなおしてガッツリ刈り込んで庭の端っこに放っておいたら、今月頭あたりから「ん?」って感じで息を吹き返して、こんなに育ってくれました。見放さなくってよかった♪

4月下旬の庭便り♪_d0129786_16431531.jpg

これは3月にすごくお手軽価格で買って来たパンジーの寄せ植え。
すぐに駄目になっちゃうかな?って思ったのですが、こちらもこまめに咲き進んだ花ガラを取ってたら、小さいながらも次々と花を咲かせてくれるんです。

4月下旬の庭便り♪_d0129786_16424018.jpg

あとこちらは秋に球根から鉢に植えたチューリップ 
冬の間はリス?に掘り返されないように鉢の植えに楓の落ち葉を沢山盛り上げておきました。それが功を奏してか、こんなに綺麗に花が咲いてくれました。
え?チューリップってこんな上品なたたずまいの花だったっけ?と思うほど。適当に球根を選んだので、もう品種は判りませんが、これ、今年の秋にはもっと球根買って来て、来春にはこれをたくさん咲かせたい、そんな事考えて、庭からハッピー貰ってます♪

                                  バンクーバー不動産やのカバン持ち
by stessa2 | 2013-04-23 17:55 | 小さな庭の園芸話

白鳥の湖@シアトル

本日のバンクーバーはあの有名なバンクーバーSUN RUNの日♪
Facebookを見ていると友人が次々と完走して、そして記念撮影。
自転車もまともに乗れない、運動オンチ、額のたんこぶは未だに痛い、と三重苦の私は勿論たんこぶが無くても参加する意志も無く、こうしてFacebookで観戦です。
でも開催された午前中はお天気も良くてよかったよかった。そのあと午後になって急に雨がぱらついて、びっくりしていたら夕方にはもううっすらと晴れ。ほんとに不思議なお天気でした。

**

さてさて、一昨日の続きでシアトルでバレエ鑑賞のお話。
シアトル ダウンタウンのイタリアンレストランASSAGGIOで軽く夕食を済ませて、開演時間30分前に劇場のMcCaw Hallへ。

白鳥の湖@シアトル_d0129786_1334055.jpg

雨女の私が観に行くと決めると、見事にやっぱり雨(‐_‐;)
自分自身は雨に慣れていますが、時々、周りの人に申し訳ないような気がしてくるのもちょっと悲しい。
ところで北米の人々は少々の雨ではあまり傘を差しません。
それに引き換え、バンクーバー在住17年目になろうというのに、未だにバッグに折り畳み傘を入れているのは私ぐらい?

**
さて、それではMcCaw hallへ入ってみましょう。

白鳥の湖@シアトル_d0129786_1351487.jpg

建物の作りがどことなくバンクーバーのQueen Elizabeth Theatreに似ています。
エントランスロビーの吹き抜け部分側の壁が全面ガラスになっていて、外光がたっぷり入って気持ちいいですね。その明るくて開放的な雰囲気が、開演前の高揚したワクワク感にぴったり♪

白鳥の湖@シアトル_d0129786_1371489.jpg

コンテンポラリーな面白いシャンデリアが掛かる吹き抜けのメイン階段は赤いカーペットが敷き詰められていて、近代的な建物の中にフォーマルな雰囲気が素敵。バンクーバーやトロントとはまた違った雰囲気の劇場です。

白鳥の湖@シアトル_d0129786_1381779.jpg

はい、こちらが演目Swan Lake、このシアトルが本拠地のバレエ団 Pacific Northwest Balletの公演です。

詳しい公演の感想はこちらのブログ↓からご覧になってください。一緒に行ったうちの旦那様のブログです(汗)
「パシフィック・ノースウエスト・バレエ」を観て来ました!

白鳥の湖@シアトル_d0129786_1394395.jpg

オーケストラ・ピット↑
公演が始まるまで、また休憩時間には観客が鈴なりになって練習風景を眺めて楽しんでいました。

公演の所要時間は2回の休憩時間も含めて大体3時間。

Pacific Northwest BalletのHPにYoutubeにUPされたCMがありましたのでちょっとご覧ください。


この動画でオデットを踊っているのはKaori Nakamuraさん♡ 
残念ながら私が観た日のオデットはMaria Chapmanさんでしたが、また別の機会にKaoriさんのバレエが観れるかも。あと私のFacebook友の友人のお嬢さんもこのバレエ団で踊っていらっしゃるそう。これからはその方も要チェックです・*:・゚☆♡。..。.゚。*・。♬♪

じっくりとバレエを楽しんで最後のバレリーナのご挨拶に拍手をおくり、外に出ればもう11時前。

白鳥の湖@シアトル_d0129786_13555190.jpg

それから一気に高速に乗って国境を越えてバンクーバーへと帰ります。
帰りは雨も本降りになっていて、さらに高速を走っている車の少ないこと。
国境の検問も含めて丁度3時間でバンクーバーへと帰って来れました。

**

で、こちらは可愛いEちゃんへのお土産♪
白鳥の湖@シアトル_d0129786_13561447.jpg

あの劇場のバレエショップで売っていた頭飾り。劇中で村娘役のバレリーナがかぶっておりました。
7歳にして自分で三つ編みもできるEちゃんに似合うと思って選んだのですが...
気に入ってくれるといいな♪

                                  バンクーバー不動産やのカバン持ち
by stessa2 | 2013-04-22 15:14 | イベントに行ってみた

イタリアンASSAGGIO@シアトル

不動産のHPを更新しましたのでよかったらご覧になってみてください。
今回は専用の船着き場が付いた住宅です。

バンクーバー/専用船着き場付き戸建て物件

_________________________________________________


クラシックバレエ「白鳥の湖」ファンのうちの旦那様が、シアトルのPacific Northwest Balletが白鳥の湖を公演中だと知り、昨日トンボ帰りでそのシアトルまで行ってきました。

午前中に仕事を済ませ、それからの出発となりました。でもバレエは夜7時半開演だったので、予定としては夕方にシアトルに入り、軽く食事を済ませて劇場に行けばOK♪ という想定で出発。ちなみにバンクーバー⇔シアトル間はスムーズに走れれば車で約3時間。それに国境での通関手続きに小一時間。でもその国境付近でいつも渋滞になるので合計で4時間半はみておいたほうが無難です。

これがその国境で通過するゲートです↓

イタリアンASSAGGIO@シアトル_d0129786_13444096.jpg

雨なのと平日なのと、そして時間がお昼過ぎだったのが功を奏して、幸いにも国境のイミグレーションは渋滞も酷くなく、入国手続きのために建物内に入ってカウンター前の3組ほどが待っている列に並んで順番を待つのに15分ぐらい、それから手続きと一人6ドルの支払いなどの所要時間に20分ぐらい、と、スムーズでしたが、それでも全部で小一時間かかってしまいました。

イタリアンASSAGGIO@シアトル_d0129786_13515814.jpg

そしてアメリカ国内に入り、そこから一気にシアトルまで走ります。
国境からシアトルまでは約2時間。で、順調に走っていたら、な、なんとシアトルの街を目前にして大渋滞!そうなんです、よく考えてみたらシアトルほどの都市ならば夕方渋滞するのは当たり前。目算を間違えてしまい、予定していたレストランのHappy Hourに滑り込めないのでは?とだんだんと焦ってきてしまいました。
が、こればっかりはどうにもならないので、ジリジリと亀のごとく進む車の中で旦那様とスケジュールの再検討。あと30分でハイウェイから下りられない場合は、最悪の場合、すぐに劇場へ入り、そこのカフェで軽食、という話になっていました。

が、幸いにも目的の降り口より手前でハイウェイを降りる決断をした事が功を奏して、無事、予定時間にダウンタウンへ入る事ができましたー♪

イタリアンASSAGGIO@シアトル_d0129786_13593954.jpg


そしてひとまず車を駐車場に入れ、それから真っ直ぐに向かったのはこちらーー

イタリアンASSAGGIO@シアトル_d0129786_16465720.jpg
イタリアンASSAGGIO@シアトル_d0129786_1659275.jpg

Assaggio Ristorante 
2010 4th Ave. Seattle, WA.
Phone:206-441-1399
営業時間
Lunch: Monday-Friday 11am-~2:00pm
Dinner: Monday-Saturday 5pm~10:00pm
Happy Hour: Monday-Friday 3pm-~6:00pm
日曜定休

こちらがグルメなあの方に教わったレストランASSAGGIO♪
シアトルのダウンタウンでバレエを観る前に軽く美味しい食事をしたいのですがどこかお薦めはありますか?と伺ったところ、ここなら家庭的な雰囲気でイタリアンを楽しめますよ、と教わって、さらにお薦めメニューまで聞いたので、これでバッチリ!と、雨が酷くなりつつも、足取りも軽やかに行ってみると、な、なんと団体予約がが入っていて、本日は満席とのこと(*_*;)ヒエ~  

あ~あ、やっぱり旅先ってこんな事起るよね、と心では思いつつ、それでも「バーカウンターは駄目ですか?」 とすがるように訴えたら、それならどうにかなるでしょう、とカウンターに案内され、と、常連さんが「僕はもう帰るから」と席を空けてくれました♪
そう、このレストランは3時から6時まではハッピーアワーなのです。
そのハッピーアワー用の小さなメニューを見てみると、Dinnerのメニューの中の数品がおつまみ用の小皿料理になっていて、価格も割安♪
とりあえずワインがグラスで飲みたいのですが、お薦めはありますか?とお願いして出してくれたのがこちらーー                   

イタリアンASSAGGIO@シアトル_d0129786_17152558.jpg

DAMILANO lecinquevigne BAROLO 2008

メニューから選んだのはーー

イタリアンASSAGGIO@シアトル_d0129786_17155714.jpg

Calamari Puttanesca $5
こちらはグルメな方からお薦め頂いていたひと皿、このカラマリ(小イカ)が柔らかくてシコシコで美味しいこと♪ 一緒にサーブされたパンとの相性も抜群で、バンクーバーからのドライブの疲れも一気に吹き飛ぶマンマの味の美味しさでした。

イタリアンASSAGGIO@シアトル_d0129786_1716447.jpg

Prosciutto con Arugula $5.5
Arugulaは別名ルッコラ:私の一番好きな野菜の一つです。サラダでも何でもこれさえ混ざっていればもう大満足!というぐらい、このルッコラのゴマのような風味やしゃぴっとした程好い苦味が食欲を奮い立たせます。笑) ワイン片手にプロシュート+パルメジャーノ+ルッコラ+オリーブオイル=小さな幸せ感じます。
イタリアンASSAGGIO@シアトル_d0129786_1717381.jpg

Grilled Portobello Mushrooms $5
このポートベロマッシュルームのグリルもバルサミコ風味で好み。 美味しかったです♪

が、、

イタリアンASSAGGIO@シアトル_d0129786_17172851.jpg

Magherita Piazetta $6
ピザ・マルゲリータの大好きな旦那様が楽しみにしていたピザは「ドゥがやっぱり北米っぽい..」とかなりがっかりしていたのですが、私的にはピザと思わず、薄めのフォカッチャの上にマルゲリータのトッピングがしてあると思えば、なんら遜色のない感じ。でもメニューをよく見ると、これはPizzaではなくて Piazzettaとなっているではありませんか。そうピザではないのです。じゃあ、何なのか?フ~ム
カウンターの端ではブルスケッタを美味しそうに食べている男性が..次回はあれを食べましょう。

さてさてーー

イタリアンASSAGGIO@シアトル_d0129786_17174652.jpg

これでお腹もちょうど腹八分♪ バレエ鑑賞にはうってつけの按配です。
最後にエスプレッソ・ルンゴを頼んだらカウンター内のバーテンダーさんがルンゴを知らなくて、私が「あ、じゃあ普通のエスプレッソでいいです。」と云ったら「そういう訳にはいかない。ちょっと待ってて。」と厨房へ行って、ちゃんとエスプレッソ・ルンゴを淹れてきてくれました。

明日はこの続きでいよいよ劇場へ♪

                                バンクーバー不動産やのカバン持ち
タグ:
by stessa2 | 2013-04-20 20:46 | 食べたもの最近情報

国境越えてアメリカへ♪

本日のバンクーバーは雨。その理由は、雨女の私が日帰り旅行に出掛けたから(‐_‐;)
さらに気温も9℃とスプリングコートの襟元にストールを巻こうかと思ったほどでした。
そんな中、お昼過ぎから車で向かったのはこちらーー

国境越えてアメリカへ♪_d0129786_1925565.jpg

カナダとアメリカの国境。
はい、国境を越えてアメリカはワシントン州最大の都市シアトルへと向かいました♪
シアトル周辺にはボーイング社、スターバックス、アマゾンやニンテンドー・アメリカなど優良企業が本社を置いているそうです。ちなみにバンクーバーからシアトルまでの距離は約230km。車だとスムーズに走れば3時間+国境越えの手続き所要時間=約4時間
じつはシアトルには旦那様に引っ張られて日帰りでバレエを観に行きました。
その模様はまた明日ゆっくりと。

                                   バンクーバー不動産やのカバン持ち
by stessa2 | 2013-04-19 19:54

ロータリークラブ@Fairmont Waterfront

本日のバンクーバーはお天気も良く、最高気温も14℃ぐらい、と、今年初めてスプリングコートを羽織らずに出掛けました。

ロータリークラブ@Fairmont Waterfront_d0129786_1444199.jpg

向かった先はFairmont Hotel♪

が、、

旦那様が会場のホテルをWaterfrontとPacific Rimを混同してしまい(汗)

ロータリークラブ@Fairmont Waterfront_d0129786_1417664.jpg

で、そのままPacific Limの地下駐車場に車を停めてーー
ロータリークラブ@Fairmont Waterfront_d0129786_1417537.jpg

結局ロビーまで行って「あれ?」と気が付いて慌てて車に戻り、1ブロック先にあるFairmont同系列のホテルWaterfrontの地下駐車場に入れ直しました。ヤレヤレ

こちらがそのTheFairmont Waterfrontホテルのエントランスーー

ロータリークラブ@Fairmont Waterfront_d0129786_14201833.jpg


こちらで今日はBC Rotary Club100周年記念のランチョンが開かれて、メンバーの方からご招待を受けました。ありがとうございました。

Wikipadiaでのロータリークラブの項目には_________

ロータリークラブ(Rotary Club)は、国際的な社会奉仕連合団体「国際ロータリー」のメンバーである単位クラブである。最初のクラブが例会場所を輪番(ローテーション)で提供しあったことから「ロータリー」の名がついた。
「国際ロータリー」は世界初の奉仕クラブ団体であり、200以上の国と地域に33000近くのクラブを擁し、会員数は120万人以上である。職業奉仕(会員の職業倫理を高めること)と、そこから広がる社会奉仕と国際親善を目的とする。

__________以上、ウィキペディアより抜粋転写


ロータリークラブ@Fairmont Waterfront_d0129786_15143382.jpg



この栄えある!00周年のゲストスピーカーはRotary Internationalの会長 田中作次さん。ちなみにロータリー・インターナショナルの会長に日本人が就任したのは30年ぶり歴代で3人目だそうです。

和やかに談笑しながら、そしてロータリーの進行を挟みながらのランチョンはサラダ+魚料理+デザート&コーヒーという内容でした♪

ロータリークラブ@Fairmont Waterfront_d0129786_15144726.jpg

ロータリークラブ@Fairmont Waterfront_d0129786_1515566.jpg

そしてまたまた嬉しいRotary BC 100周年記念バッジも♪

ロータリークラブ@Fairmont Waterfront_d0129786_151706.jpg

コレクターではないけれど、やっぱり集めているバッジ。
そういえば今日の会場にバッジをいっぱい付けたブレザーを着ている若者を見かけました。凄く気になったのですが、何か特別の意味があるのでしょうか?それともファッション?私の目にはとてもおしゃれに映りました。

そして、本日のロータリークラブのスピーチや運営、そして前回、また違う会員の方からご招待頂いて参加したランチ例会でのレクチャーなど、考えるもの、また刺激を沢山受けました。ほんとに素晴らしいクラブですね。ちなみに私が幼い頃に父が参加していたライオンズクラブはロータリークラブから派生したものなのですね。あ、そうか、きっとあのライオンズクラブの帽子に付けるバッジを父から貰っては集めていたのが今のバッジ好きな性分に繋がっている気がしてきた。(本日のことわざ:三つ子の魂百まで

                                バンクーバー不動産やのカバン持ち

追記:このThe Fairmont Waterfront Hotelの目の前に新しいMIKUレストランが5月末までに移転オープンします。そして今のお店は営業は4月19日まで。詳しくは下記のサイトをご覧になってください。

★SCOUT MAGAZINE
DINER: A Look Inside The Giant New Miku Eatery Coming To Canada Place This May

ロータリークラブ@Fairmont Waterfront_d0129786_17511787.jpg

by stessa2 | 2013-04-17 18:32

ベトナム食べてジェラートへ「LA CASA」

本日のバンクーバーは気温10℃、お天気も曇り、ちょっとだけ晴れたら今度は小雨がパラついて、何だかめまぐるしいお天気でした。
さて昨日のことですが、このところ家に居たので日本食料品店FUJIYAさんへ食料品の買出しに出かけて、そのついでにベトナム料理のGreen Lemongrassでランチ♪

ベトナム食べてジェラートへ「LA CASA」_d0129786_142834.jpg

いつものC5番(焼き鳥と春巻きセット+テールと大根のスープ付き)
久しぶりに食べてやっぱり満足。
こちらはリッチモンドにもチェーン店があるらしいのですが、旦那様曰く、このキングスウェイの支店のほうがおいしいとのことです。

★Green Lemongrass 香芽屋
1086 Kingsway Vancouver, BC
Phone:604-875-6638
営業時間
Mon-Sun 10 am - 10 pm

で、ここでランチを済ませ、それからFUJIYAさんでおはぎやごぼう天や白ネギやらごそごそ買って、あと生活消耗品(トイレットペーパーなどなど)を買いに行こうと思ったときに、ふと思い出したのがそこから程近いジェラート専門店の「LA CASA」♪
旦那様に行きたい?と聞いたら「ん、別に。」と、らしくないお返事。でも冬の間はご無沙汰だったせいか、私のほうが久しぶりに滅茶苦茶行きたくなりそのままGO。
そしていつものスプモーニ♪
じゃん!

ベトナム食べてジェラートへ「LA CASA」_d0129786_14341277.jpg

スプモーニといってもカクテル味ではありません。イタリア語のスプーマ(泡)が語源ということのよう。泡のような軽い食感のジェラートという意味らしのですが、私はこのお店の黄色っぽい独特な風味のジェラートに砂糖煮のドライフルーツを細かく刻んで混ぜ込んだスプモーニが大好きです。

が、、

今回久々に行ったらば、値段が上がっていて、なんと$5!
さすがに私も一瞬とまどいましたが、ここまで来たからにはやっぱり食べることに。
ちなみに私がここに通い始めて10年以上になりますが、値上げはこれで3回目..かな?
でもね、なんだかんだ云いながらも食べるとやっぱり美味しい♬ これからどんどん暖かくなる季節、本当なら週に一度は来たいところですが、この価格だと回数減らさなきゃダメですね。

ところでこのお店ですが、店内に入ってまずトークンを買います。それから広い店内のショーケースを眺めて食べたいジェラートが決まったら、お店の人に合図してトークンを渡してジェラートを入れて貰います。器は普通のコーンかワッフルコーン、それともカップか選べます。ワッフルコーンは店内で焼いたものです。あと店内にイスは無いので立ち食いです。

そうそう忘れてならないのはここはジェラートを決める前に数種類の味見が出来るんです。ですので、値上げした分味見を楽しみましょう♪ ←冗談2~3回ぐらいは味見しても大丈夫だと思います。
でね、折角味見するのなら、いっそ変わったものに挑戦したいですよねー。
ってことで今なら、この時期だけのシーズンものとして柿のジェラートが出ていたので味見してみました。
これはまさしく干し柿の味♪ そうそうこのシーズンもので秋にはフンギ茸のジェラートがありましたが、これはかなり美味しかったのを覚えています。あと定番の中から変わったものとしてワサビ味やドリアン、それからカレー味やワカメもありました。とにかく218種類のフレーバーが店頭にあって、それがどれも美味しいのがここの特長。ちなみにHPでは全518種類の中から選んで店頭に出してあるそうです。
場所は移動しましたがそれでも1982年からこうやってジェラートを作り続けてて、未だにその人気は衰えていないので、それこそが美味しい証拠ですよね。ちなみに開店当初は12種類だけだったそう。

...とここまで書いたら、うちの近所でスカンクがおならしちゃったみたい!クサイデス(‐_‐;)

                                バンクーバー不動産やのカバン持ち

LA CASA GELATO
1033 Venables Street Vancouver, BC
Phone:604-251-3211
営業時間
Mon-Sun 11 am - 11 pm
by stessa2 | 2013-04-15 16:31 | 食べたもの最近情報


バンクーバー在住23年、不動産業者の妻の四季折々備忘録。


by stessa2

更新通知を受け取る

カテゴリ

食べたもの最近情報
「グリーンシ癒やしの休日バンクーバーへ」
バンクーバーの四季折々
カバン持ちの台所
小さな庭の園芸話
鳥や犬など生き物話
懐かしの日本滞在記
ヴェネツィア・パリ・ロンドン旅行
バンクーバーでうろうろ
イベントに行ってみた
バンクーバー発信素敵なもの
カバン持ちの好きな物
バンクーバーから日帰り旅行
バンクーバーでお宅拝見
バンクーバーで動画
海を渡ったお菓子いろいろ
バンクーバー旅行豆情報
季節の着物・茶道・お習字
BC州観光

タグ

(184)
(126)
(88)
(72)
(71)
(71)
(70)
(65)
(51)
(50)
(47)
(38)
(35)
(26)
(26)
(22)
(20)
(16)
(16)
(12)
(8)
(8)
(5)
(4)
(3)

お知らせ

私の書いたバンクーバーのガイドブックがイカロス出版から出ました。
グリーンシティで癒やしの休日 バンクーバーへ
(2019年8月10日発売)
全国の書店、Amazonジャパンで扱っています。
_d0129786_14402463.jpg





バンクーバー不動産について
ブログ筆者stessa2の夫はバンクーバーの不動産取扱い業者で、主に住宅用物件の売買、投資物件、店舗・オフィスなど商業物件も扱っております。

不動産HPはこちらから





ブログ筆者のメルアド
stessa@hotmail.co.jp






お気に入りブログ
JudyCoオフィシャルブログ
フィレンツェ田舎生活便り2
グンジ家の食卓
ヴェネツィアときどき..
エミリアからの便り
イタリア料理ほんやく三昧
ヴェネツィア冬紀行
森まどかのメロメロ..
じーさんがばあーさんに作る
Art & Bell by Tora
qoo's life
気配の写真家niなりたい
神田の家 * スタッフ日誌
淡路屋ブログ
チョコラブYUMの毎日
岡山GoGoグルメ隊
凛の冒険記
百花ミナオの裏ジャパン..
++mariko+news++
Zappin' in my life.
外から見る日本見られる..
橙葉What's for Dinner?
Good Day Vancouver 
Reikocakes
風のたよりfromバンクーバー
桜楓会
Blue Works
JP Rail.com
Travel Box
Kaori Otake
週間NY生活
Sea Island Clinic
リタイア移民の会
桜楓会のHP




最新の記事

PCが壊れた!
at 2020-08-06 16:23
電気フラットトップでご飯を炊..
at 2020-07-29 16:19
あ、海が見える
at 2020-07-20 13:51

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2001年 01月