<   2007年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

郵便受けを変えた理由・・カナディアンの郵便やさん

先週、ついに我が家は「郵便受け」を変えました!

えーっ今まで無かったの?
いいえ!御座いました。

で、では何故?

じつはウチの郵便受け、玄関ドアにくっ付いている、映画などで見かける古ーいタイプ。
おまけにドアの一番下の方にあります。

郵便受けを変えた理由・・カナディアンの郵便やさん_d0129786_18261326.jpg
こーんな感じ。 アンティークな感じでカワイイと思うんだけど・・

・・でね、以前の郵便やさん(女性)の時はこれで別に何の問題も無かったワケ。
ところがこれが新しい女の人に替わったんだよねぇー これが問題の発端・・

カナダの郵便やさんって日本と違って大きなバケツみたいな
郵便カバン背負って手紙を配って歩くのです。

ときどき郵便カバン背負ってバスに乗っているのも見たコトある。
カバンに手紙が溢れそうなくらい入ってて
私、バスの中に落として行くんじゃないかと心配した事がアル。

・・で、新しい郵便やさん、もちろんこの重い郵便カバンを背負って
ウチまで来るわけ。
そして玄関のステップを10段登るでしょ?

ちなみにバンクーバーの家はベースメント(地下室)がだいたい50センチから
1メートルぐらいしか地面にもぐっていません。(半地下みたい)
ですから1階はトウゼン半2階の高さになりマス。
よって玄関のステップも段数が多いのです!

話を戻して・・新しい郵便やさんはステップを登ってウチの玄関ドアの前に立つと

「はぁ~っ」と大きなため息をつくのです!
そしてガサゴソと音がして・・力任せに郵便受けに手紙やらダイレクト・メールやらを
押し込むのですっ!

郵便受けを変えた理由・・カナディアンの郵便やさん_d0129786_18272235.jpg
     (現場写真:A)

おかげで封筒の端っことかDMの袋とかがボロボロ。怒

でもねぇ、確かにカナディアンの体のでっかい女の人は日本人みたいに
かがみ込むのが大の苦手。

毎日、ウチの玄関先で「はぁーっ」とか「ふうーっ」とか息切れされてると
そのうちウチの前で倒れちゃうんじゃないかと「ぼのぼの」状態のワタシ・・

もっと入れやすいメイル・ボックス付けてあげたほうが親切?とか考えてしまう。

で、うちのダンナ様に相談すると・・
な~んでウチには郵便受けあるのにもう一個付けなきゃいけないワケ?」
と、当然のリアクション。

私「え、でも大変そうだし・・ウチの前で倒れられたら困るから・・」
説得力、イマイチ。

「郵便やさん、郵便受けに手紙入れるの仕事でしょ!僕がお客さんの為に
一生懸命、家捜すのと一緒でしょ?」
いやー、そこまで話、大きくないんだケド・・

ま、すったもんだの挙句、ついに新しい郵便受けGETしました!

郵便受けを変えた理由・・カナディアンの郵便やさん_d0129786_23244527.jpg
郵便受けなんて必要じゃない時には
いろんな所で売ってるの見かけてたケド
(世の中ってこういうモノよねぇ)

いざ捜すとまーったく見つからないんだな
これが・・

だからもうちょっと何かピンと来るのが
欲しかったんだけど、
これ以上時間掛けてたら
きっと郵便やさん倒れちゃう~という
変な脅迫概念に獲り付かれてた私。

まあ、これで手紙も破れないし
郵便やさんも倒れる心配ないし、
一件落着!



次の日、郵便やさんが来た音がしたので覗いてみたら
「Thank you!」だって!

んん、やっぱり彼女はドアに付いてる郵便受け嫌いだったんだ!!
あのため息はアピールだったんだ!(カナディアンはアピールが得意)
気の弱い?私はアピールされるの、ちょっと苦手。

でも近所の家の玄関先にも紙袋に「メイル・ボックス」って書いて置いてあった。
(きっとそこの家でもあの郵便やさんアピールしたんだ、きっと・・)

ーたわいもない出来事でした☆チャンチャン


郵便受けを変えた理由・・カナディアンの郵便やさん_d0129786_18302556.jpg
ついでにウチの玄関ドア・ノブもお見せ
しちゃいます。
この家と共に70年以上頑張ってます。

ドア・ノブとか窓枠留め金具とかこういった
古い金物って楽しい。

ヨーロッパの家に付いているアンティーク物
と比べると北米のは歴史も浅くて見劣りする
けれど・・
それは其れなりの力強さとか質素さが
また別の見方として面白いと思う。

それにこういったモノってその時代の
職人さんの心意気が感じられる。
不便だった所を技でまかなう・・
何だか現代の価値観の逆。

そういった事に心くすぐられる今日この頃です。

                       バンクーバー不動産やのカバン持ち



ブログ・ランキング参加してマス。
↑カナダの郵便やさん面白いと思ったらクリックして下さい。  
by stessa2 | 2007-10-31 07:20 | カバン持ちの好きな物

バンクーバーの花屋さん「 Lavender&Lilacs」

バンクーバー、ダウンタウンの花屋さん・・たくさんありますよね。
その中の一つ「Lavender&Lilacs」ラベンダー&ライラック。
       ↑クリックするとホームページへ
本日はこのお店をご紹介します!

バンクーバーの花屋さん「 Lavender&Lilacs」_d0129786_1644438.jpg
花束はいつ貰っても女性は嬉しいものですよね。
(男性の皆様よく覚えておくようにね☆)

私が今の家に引っ越して来た時も
お隣さんからフラワーアレンジメントを
メッセージカードと一緒に頂きました♪

小さなものでしたが、とてもキュートな
アレンジで嬉しかったのを今でも覚えています。
日本では引っ越した時、本人がご近所に
(タオルとか粗品を持って)挨拶に行き
ますが、北米では逆なんですね。

小さなお花の引越しご挨拶ブーケとか
日本にもあったらカワイイのに・・


で、この「ラベンダー&ライラック」でうちのダンナ様の知り合いがお仕事しています。
彼女のフラワーアレンジメントはとてもステキで私は大好きです。


バンクーバーの花屋さん「 Lavender&Lilacs」_d0129786_16475265.jpg
彼女は日本人なので電話で
ブーケやアレンジメントのオーダーを出来るのも楽ちんです。
(私の英語力の問題ですが・・)

そしてー
(ここが大事なコトなんだけど)
彼女は差し上げる方のイメージやプレゼントの理由をいつも細かく
(当たり障りない程度に・・)
聞いてくれて、
ピックアップに行くととても満足いく出来上がりになっているのです。
(これって大切なコトなんだよネ)

例えば「じゃ、情熱的にラテンのイメージでいきますね☆」とか・・




バンクーバーの花屋さん「 Lavender&Lilacs」_d0129786_1650245.jpg
以前チャイニーズ系の花屋さんがとても良くしてくれるのでお願いしていたのですが

残念ながら出来上がると
な~んだかイメージ違うんだよねぇ
という事があっったり、

ため息が出るようなオシャレな
アレンジを作ってくれるお店が
あっても高かったりと半分諦めて
いたのですが・・

彼女がこのお店で働くようになって問題は一挙に解決。
(いやーよかった、よかった!)




このお店をやっているサンドラさんも、とてもチャーミングな女性です。
ビルの地下なので目立たない場所ですが女性2人が楽しそうに
花屋さんをやっている姿は見ていて心なごみます。

バンクーバーの花屋さん「 Lavender&Lilacs」_d0129786_1655623.jpg

11月21日(だったっけ?)オープンハウスを開催予定だそうです。
へー、花屋さんのオープン・ハウスって何?・・と思いますよね。
私も「それはナニ?」と聞いてみたところ、
クリスマスリースやクリスマス用の飾り物をたくさんディスプレイするそうです。
何だか楽しそう♪
詳しくはお店に問い合わせてください。(彼女はYukariさんです!)

「Lavender&Lilacs」ラベンダー&ライラック
Tel:604-688-5936  
#007-1177W.Hastings St. (地階1F)

                      バンクーバー不動産やのカバン持ち



ブログ・ランキングに参加しています。
↑よかったらココをクリックして応援して下さい。
by stessa2 | 2007-10-30 14:17

バンクーバー雨と紅葉の季節になりました。

ハローウィンを目前にしてバンクーバーは本日も雨・・
友達とランチに行った帰り、家の近所もすっかり紅葉景色。

バンクーバー雨と紅葉の季節になりました。_d0129786_175316.jpg
もう少ししたらこの道も落ち葉が黄色い絨毯を敷いたみたいになります。

雨に濡れた落ち葉を踏みしめながら歩くのもここバンクーバーならでは。
日本での記憶の中に雪のように降り積もった落ち葉の上を歩いた覚えがありません。

雨に濡れた落ち葉はとても滑りやすいので一歩一歩上から踏みしめるように歩かないと
滑って転んで大分県?
(ひぇ~っ古・ダサ!)
になると言うのもここに住み始めて学びました。



バンクーバー雨と紅葉の季節になりました。_d0129786_1763545.jpg
お隣の桜の木。

春には桜吹雪、
秋には黄色い落ち葉の絨毯と
いつも私を楽しませてくれます。

でもお隣さんは桜の木がそんなに大きくなるとは思っていなかったそうで、
何だか手を焼いている・・
という感じ。
(お願い!切らないで)

窓からの日照が悪くなるのが
イヤみたい。
カナディアンは日差しが大好き。


下の写真はお隣の桜・春の景色 美しいー。絶景ー。
ね、これは切っちゃいけませんよねぇ。
(私、自宅で花見、出来なくなっちゃうでしょ・・・身勝手です。)

バンクーバー雨と紅葉の季節になりました。_d0129786_962418.jpg




かたや、我が家の楓の木。

バンクーバー雨と紅葉の季節になりました。_d0129786_1794898.jpg

これももう少しすると真っ赤に紅葉して家の狭い庭一面が赤く染まったみたいになります。

もう赤く紅葉してるじゃない・・

こんなものではありません。


庭一面に大量の紅色の楓の落ち葉が降り積もります。

下の写真はダンナ様が撮ったものデス。
(それも窓から・・無精者!)


たぶん、この木は樹齢70年以上ではないかと言われた事があります。
(私にはそういう事はさっぱり分かりませんが・・)


バンクーバー雨と紅葉の季節になりました。_d0129786_1719221.jpg
朝、ダンナ様が出掛けようとすると車のボンネットやフロント・ガラスは
まるで雪が積もった様に落ち葉が積もっています。

そして何と彼はそれを乗っけたまま車を走らせるのデス!
ひえ~っと思いますよねぇ(・・ふつう)

「必殺!落ち葉吹雪」だそうです・・
           (はーっ。男のヒトってよく解らない時がある、特にB型は。)
     
                       バンクーバー不動産やのカバン持ち


ブログ・ランキングに参加中。
↑風景なかなか良かったよ、と思ったらココをクリックして下さい。
by stessa2 | 2007-10-29 10:28 | 小さな庭の園芸話

「MINK」チョコレートカフェに行きました♪

先日、ご紹介しました「MINK」のチョコレート覚えていますか~?
          ↑クリックすると以前のブログへ
そうです、バンクーバー・ダウンタウンで見つけたチョコレート屋さんですネ。

ココはチョコレート屋さんの経営しているカフェなのですが、
先日はチョコを買っただけだったので、改めて
「カフェにも行ってみねばならぬ!ん、これでは片手落ちじゃ。」
「左様でござりまするな、拙者お供仕りまする。」
(NHK大河の影響?うちのダンナ様、時代劇大好き。)
という事で・・


「MINK」チョコレートカフェに行きました♪_d0129786_17394073.jpg
行って参りました☆
「MINK」チョコレートカフェ
 ↑ホーム・ページへ
小さな公園に面しているのでいい雰囲気です。

フルーツを浸けて食べるチョコレートフォンデュをオーダーしている女性も♪
(拙者も次回、トライしたい)



「MINK」チョコレートカフェに行きました♪_d0129786_17412363.jpg
店内はコンテンポラリーな内装。

メニューにはホットチョコはもちろんチョコレートフォンデュやベルギーワッフルもあって、とても魅力的。

が、トライ初日という事もあって
まずは基本のホットチョコレート



「MINK」チョコレートカフェに行きました♪_d0129786_1742214.jpg「拙者のはミルクホットチョコ」
「御共は大人の味、ダーク」
・・というわけで、飲み比べ。

フツーのマグカップに小さなチョコが1つ付いてきました。

で結果は・・
ミルクチョコの方はバターのような乳脂肪を感じるリッチなお味。
片やダークチョコはカカオのしっかりした味。
どちらもおいしい♪

ただ、ちょっと量が多い・・

スモールを頼んだんだけど、それでも12オンス(約350ml)カナディアンサイズ。


で、とてもリッチなフレーバーなので途中でもう充分って思ってしまう。
(スモールサイズの半分とかあるといいのにナァ)

甘いものオタクのうちのダンナ様も「拙者、もう充分じゃ」だって。
「次回はエスプレッソマキアートなぞを所望する所存。」
ん、それも良かろー。


「MINK」チョコレートカフェに行きました♪_d0129786_17424643.jpg
お店の外の桜の木
黄色に紅葉してとてもきれい。

春、桜が咲いたら絶景だねぇ。

静かな午後のひととき・・


お店がまだ知られていないせいもあってそんなに混んでいません。

ゆっくりおしゃべりを楽しみたい時
ダウンタウン穴場スポットかも。







「拙者、帰りにチョコなぞを少々入手いたしとう御座るが。」
「ん、おぬしのチョコ好きもなかなかよのぅ~」

ということでこの度は2種類のガナッシュ入りの板チョコを購入。

「MINK」チョコレートカフェに行きました♪_d0129786_11424461.jpg


左が「シンプリーチャーミング」いちじくとバルサミコ酢入りダークチョコ。
バルサミコは弱~いかんじで・・ただ、かすかにすっぱい様なショッパイような。
もっとガツーンと来るかと思っていたので拍子抜けでした。
右は「パ・ド・ドゥ」アマレットとドライチェリーのハーモニーがGOOD♪
どちらもカカオ含有量が70%

「拙者、近いうちにまた当店に参上するやも知れぬ」
「ふむ、御供も同じ所存でござる」

そしてチョコ殿とご家老は深まりゆく秋の陽だまりの中、
                 再度挑戦の誓いも新たにするのであった。
                        チャンチャン♪
       ーー「MINK」の章・終わりーー
MINKカフェ
Tel:604-633-2451
863 W.Hasting St.
                         バンクーバー不動産やのカバン持ち

↓よろしかったらクリック応援してください。
人気ブログランキングへ
by stessa2 | 2007-10-28 12:16 | 食べたもの最近情報

お気に入りのイタリア系カフェでパニーニ&ジェラート「CALABLIA」

お気に入りカフェ「CAFFE CALABLIA」カフェ・カラブリアを紹介します。
この店はイタリア系のコミュニティで有名な「コマーシャルドライブ」に在ります。

お気に入りのイタリア系カフェでパニーニ&ジェラート「CALABLIA」_d0129786_1873891.jpg

私がこの店を知ってから早10年程になりますが全く何も変わっていません。
じゃなくて、一応改装したのですが、なぜか新しくなったのに以前と同じ。
どこが変わったのかあまり判らない。笑

それでは皆さん店内へーー
お気に入りのイタリア系カフェでパニーニ&ジェラート「CALABLIA」_d0129786_1883537.jpg

何故か至る所にある、で~っかい彫刻や銅像。
天井からぶら下がっているケーキ。
カウンターの中の壁際にはぎっちり並んだ酢漬けのピクルス。
年がら年中、同じディスプレイなんだろ・・なぁんて侮るなかれ!
イースター、クリスマスなど、ふと気付くと飾りつけが変わってるのです。
そしてここのカウンター周りにはイタリアンのおじちゃん達。
ん~、まさしくリトルイタリーですね^^

お気に入りのイタリア系カフェでパニーニ&ジェラート「CALABLIA」_d0129786_1893886.jpg

いつものカプチーノとパニーニ。

イタリア人は(聞くところによると)カプチーノは胃にもたれるので朝しか飲まないそうです。
ちなみに午後はエスプレッソを飲むらしい。
が、わたくし、一般の日本人なのでやっぱカプチーノよねえ♪
で、いつも後でちょっと胃がもたれる。(学習しないのね、これが)

お気に入りのイタリア系カフェでパニーニ&ジェラート「CALABLIA」_d0129786_18113043.jpg

とてもシンプルでおいしいのです。
個人的には今のところ、ここのパニーニがバンクーバーで一番好きです。
なんて他であまり食べたことが無い?笑
イタリアはべネツィアの駅で食べた立ち食いパニーニを思い出させてくれる味です。
この味の素朴さって日本のお母さんのおにぎりと共通するものを感じる私。

お気に入りのイタリア系カフェでパニーニ&ジェラート「CALABLIA」_d0129786_18122438.jpg
さ、うちのダンナ様お待ちかね、ジェラートのお目見えです♪
ここのティラミス味のジェラートは私も大好きなイタリア的甘さです。

本場のジェラートと同じ様にスプーンですくうとビョ~ンと糸を引きます。
(お餅とか納豆みたい・・ん?)


お気に入りのイタリア系カフェでパニーニ&ジェラート「CALABLIA」_d0129786_1813550.jpg
そして色んな種類が揃っています。
カフェなのにまるでジェラート専門店みたい。
ここの経営者は勿論イタリア系のファミリーです。
パパはフランクさん?だからでしょうかフランク’ズスペシャルのパニーニがあります。


お気に入りのイタリア系カフェでパニーニ&ジェラート「CALABLIA」_d0129786_18154534.jpg
みてみて~、この天井!
昔の日本の映画館の看板とか、銭湯の富士山の絵に通じるものがあると思う。
フレスコ画のイメージなのにそんな事言ったら失礼かな・・^^

お気に入りのイタリア系カフェでパニーニ&ジェラート「CALABLIA」_d0129786_18162534.jpg
という事でコマーシャルドライブにある「カバン持ち」お勧めのイタリア系カフェでした。


                           バンクーバー不動産やのカバン持ち
CAFE CALABLIA
Tel:604-253-7017
1745Commercial Drive


↓よかったらクリックして応援してください。
人気ブログランキングへ
by stessa2 | 2007-10-27 07:20 | 食べたもの最近情報

ダウンタウンの韓国系スーパー・マーケット「H MART」(食料品店その3)

バタバタと用事を済ませて晩御飯の材料買わなきゃ冷蔵庫がカラッポ!
・・という事で本日は韓国系スーパー・マーケットH MARTにGO。
此処は何と云ってもダウンタウンのど真ん中という立地に関わらず
魚貝類と肉類が充実しているのが特長です。

ダウンタウンの韓国系スーパー・マーケット「H MART」(食料品店その3)_d0129786_1156788.jpg
だから(コチラがオープンしてからは)
仕事帰りにちょっと晩御飯のサンマと韓国のお惣菜を・・
という事が出来るようになりました。

ん、ダウンタウンで働く人及びダウンタウンのコンドミニアムに住んでいる人々の強い味方!

おまけにこの中には小さなフード・コートもあります。

ダウンタウンで仕事をしている私の友達はこのフード・コートのたい焼きが大好き♪




売り場は2階、それでは中に入ってみましょう。

ダウンタウンの韓国系スーパー・マーケット「H MART」(食料品店その3)_d0129786_18242485.jpg
魚売り場には生鮮魚売り場と冷蔵魚売り場、それに冷凍魚売り場があります。
(なぜ三種類の売り方をしているのか・・今一歩把握できない私。)

で、いつも冷蔵売り場のサンマを買っているのですがこれが見るからに新鮮☆
 うつくし~



ダウンタウンの韓国系スーパー・マーケット「H MART」(食料品店その3)_d0129786_1825785.jpg
おまけにちゃんと処理してあるので買って帰ってひと塩して待つこと30分。

その間にお米砥いだり・・
あとはフライパンで焼くだけなので
「らくちーん」です。





そしてすごいバリエーションなのがこのお店のお惣菜。
ダウンタウンの語学学校に通っている学生さん達の「食生活の友」ですねぇ。
ビビンバ用ナムルとかキムチはもちろん、ワタリガニのケジャンまであります。

ダウンタウンの韓国系スーパー・マーケット「H MART」(食料品店その3)_d0129786_18254437.jpg

他にも韓国つくだ煮や海草酢の物風やチャプチェも・・

何がナニやら分からない物も多いのですが、
時々一品(試しに)買ってみます。
ん~今一歩・・という時はうちのダンナ様が食してくれます。
(彼は食べ物に関してはとーってもポジティブ? 何でも食べます。)

残念ながら本日、私の大好物のイカのチヂミは見当たりませんでした。ガッカリ
チヂミを買って帰ってフライパンでひと炙り(ちょっと端っこをカリッとさせて)
ポン酢に韓国七味で食すのが「カバン持ち」のお楽しみ♪

ダウンタウンの韓国系スーパー・マーケット「H MART」(食料品店その3)_d0129786_18263293.jpg

本日のお買い物です。
お醤油も最近は韓国の物を使ってます。
**100%と書いてあるお醤油がとてもおいしくて愛用しています。
(でも何が100%かよく分かりません。)
お店の男の子に聞いても英語ではうまく説明できないと云われました。
(これって内容が韓国独特で難しくて言い表せないのか、英語がよく分からないのか・・
 それさえも謎である!?)

焼肉用牛肉の霜降り具合もステキーッ♪

ダウンタウンの韓国系スーパー・マーケット「H MART」(食料品店その3)_d0129786_18271298.jpg

キンパップを買いました。(これはソーセージ巻き)
他に、牛肉巻き・チーズ巻き・ツナ巻きなどがあります。
以前、チーズ巻きにトライしましたが、ご飯&チーズは何だか不思議なお味。
うちのダンナ様曰く「ん、なかなかイケルよ。」 (なに食べても同じ感想・・ 汗)

と云う事で、本日もいただきま~す!

                       バンクーバー不動産やのカバン持ち

H MART
Tel:604-609-4567
590 Robson Street


                            
ブログ・ランキング参加中。
↑マーケット情報、興味深いと思われたらクリックお願いします。
by stessa2 | 2007-10-26 14:49

キップパイロールって知っていますか?

キップパイロールって知っていますか?_d0129786_18443334.jpg

これ、「キップパイロール」って言います。私が子供の頃からの家の常備薬です。
とっても優れものの塗り薬で、キズ・やけど・打身・肌荒れなど、あらゆる皮膚のトラブルに対応してくれます。
(虫さされには今一歩ですが..)

なぜこの薬が我が家に登場したかというと、私がまだ3・4歳の頃、小さな事故で足にかなり酷いやけどを負ってしまいました。救急で総合病院に担ぎ込まれたのですが症状が落ち着いたあと傷跡が残らないようにと、当時、病院が薦めた薬がこのキップパイロールでした。

キップパイロールって知っていますか?_d0129786_18454555.jpg

それから数十年.. いまでも手放せない常備薬です。
椅子の角でがつん!とか、ダイレクトメールを開けてて紙のフチでシュッ、とか、鼻や口のまわりが荒れたとき、夜寝る前にひと塗りすると朝にはいい感じ♪
そんなこんなで洗面所に、旅行のお供に、と欠かせません。

バンクーバーに移って来た時も日本から一缶持って来ました。
キップパイロールって知っていますか?_d0129786_18462946.jpg
右の写真は携帯用の15グラム缶。(上のは40グラム缶)
詰め替えてはずーっと使っているので缶もボロボロです。おまけによーく見ると下方に書いてある会社名が缶によって違うのです。

上:KIP YAKUHIN CO.,LTD.
横:Youngs Drug Products Co.

さらにここには登場させていませんが、家にあるもうひとつの缶にはCarter-Wallance Inc.
薬品市場の流れの中で製造販売元が次々と替わっていったのでしょうね。
缶のデザインもずーっと同じ。
子供の頃は赤と黄色が「救急」というイメージだったけど今では何だかレトロでかわいく思えてきます。




ニオイもちょっと変わっていて(私は個人的には好きだけど)祖母は(いつも顔にうすーく塗っていたので)この匂いがしていました。以前は一部の薬局でないと扱っていなかったのですが、最近では店頭で見当たらなくてもお店の人に聞くと必ず手に入るようになりました。私の「日本で買うものリスト」にいつも入っています。

永い時間を経て、いろいろな薬が登場する現代でも支持され続けているっていう事は良い薬なんだと思うなぁ。

キップパイロールって知っていますか?_d0129786_18502880.jpg


P.S.そういえばずい分前に
こんな小さなキップパイロールを
薬局で「おまけ」に貰った事があります♪



                         バンクーバー不動産やのカバン持ち
by stessa2 | 2007-10-25 07:29 | カバン持ちの好きな物

バンクーバーの手作りチョコレート「MINK」

昨日仕事でダウンタウンに行ったとき、チョコレートに目のないうちのダンナ様、
見つけちゃいました、新しいチョコレート屋さん。
早速、お試しという事で5種類のBon Bonを2つずつお持ち帰りにしてもらいました。
バンクーバーの手作りチョコレート「MINK」_d0129786_7571851.jpg

店名は「MINK」ミンク
    (↑ウェブ・サイトへ)

豪華な木箱入りギフト・ボックスもありましたが「自宅用です」と言ったらこんな紙箱に入れてくれました。
この店はこういったボンボンという1粒タイプのチョコの他にいろいろな板チョコがあります。

ウチのダンナ様はボンボンの種類が少ないと少々ご不満?「ん~やっぱり20から30種類は欲しいナァ。」とのこと。
バンクーバーの手作りチョコレート「MINK」_d0129786_92264.jpg

見た目は最近、ニューヨークなどで流行のトップ部分に柄がプリントしてあって、形はシンプルなタイプです。
ダンナ様曰く、「やっぱり形のバリエーションもいろいろ無いと楽しくないねぇ。」
ではお味は?
ちなみに「MINK」のウェブサイトをチェックしてみるとどうもチョコレートバー(板チョコ)のほうが主力商品みたいで、そちらにはめずらしい板チョコがいっぱい♪
たとえば、シンプリー・チャーミング:ダーク・チョコにイチジクとバルサミコ酢の味
     チャイ:ミルク・チョコに紅茶・生姜・黒胡椒・アニスとカルダモン
     ラブ・ポーション:ロースト・バナナにダーク・ラム+ライム

ところで今回買ったチョコにプリントされた絵柄なのですがーー
バンクーバーの手作りチョコレート「MINK」_d0129786_13431692.jpg

このゴム草履、いえビーチ・サンダルの絵はどういう意味でしょう?日本人の感覚からするとちょっとビックリ。このチョコはココナッツ入りダーク・チョコのガナッシェです。どうもココナッツ→南の島→浜辺→ビーチ・サンダルという連想らしい。(暖かい処好きなカナディアン)
そのお味は上品なやさしい口当たり。もちろんオーガニックで防腐剤などは使用していないそうです。
「MINK」のホーム・ページに詳しく書いてあるので興味ある方はそちらをどうぞ。
高級チョコレート・ブームもついにバンクーバー上陸♪ 近年の世界的なカカオ関連の株価上昇の流れがこういった形で私達の生活にも関わってくるのか~などと考えながら食べました。

                     バンクーバー不動産やのカバン持ち

 ↓よろしかったらクリック応援してください。
人気ブログランキングへ
          
by stessa2 | 2007-10-24 14:44 | 食べたもの最近情報

バンクーバーの動物愛護協会SPCA(ペットその3)

カナディアンは犬が大好きです。
カナディアンと犬との歴史ってきっと入植時代にまで遡れるのでは・・と思います。

彼らの犬に対する考え方って、なんだか「相棒」的なイメージがします。
アラスカン・マラミュートやマスティフのような大きな犬も見かけるし・・
ゴールデン・レトリバーやシェパードなどが
ピック・アップ・トラックやワゴン車の助手席にすまして乗ってます。
(車に乗ってると目が合ったりして・・)
バンクーバーの動物愛護協会SPCA(ペットその3)_d0129786_18382047.jpg

                           <街角で出会ったワイマラナー>

ここカナダは犬に対する規則や保護対策もしっかりしてます。
たとえば、ここには「SPCA」(動物愛護協会)などがあって、
         ↑クリックするとホーム・ページへ
活発な活動を行っています。
(環境保護団体グリーンピースもバンクーバーが発祥の地です。)

捨て犬・猫や暴力を受けたペットなど・・
SPCAに連れて来られたペット以外にも連絡を受けて引き取りに行ったり、
通報があれば虐待を受けていないか様子を見に行ったり・・

そして引き取られたペットは病院で予防注射などのメディカル・チェックを
受けて新しい飼い主を捜してもらいます。 

こうした手段によって残念ながら飼い主の病気や家庭の事情などで手放さな
ければならないペット達の運命が安全に守られています。

バンクーバーの動物愛護協会SPCA(ペットその3)_d0129786_1131247.jpg
もともとカナダの家には必ず広い庭があるので、大型犬などが
誰にでも飼いやすいという状況
があります。
また住宅の近くに公園がある
ので犬の散歩に困りません。

ただ、鳴き声がうるさかったり
近所迷惑な場合、通報される
事もあると聞きました。


最近はダウンタウンにコンドミニアムが増えたため、小型犬を飼う人も
増えてきたように思います。
特に目につくのはおしゃれな格好の男性が小型犬を散歩させている姿。
(絵になりますよねー)
雨上がりの秋の日はドッグ・ウォッチング?もいいですね。
    
                      バンクーバー不動産やのカバン持ち

ブログ・ランキングに参加しています。
↑よかったらクリックしてください。
by stessa2 | 2007-10-23 15:37 | 鳥や犬など生き物話

日本から懐かしいおかきとTちゃん

今日は日本から旅行で来ているTちゃんとダウンタウンで待ち合わせ。
彼女はうちのダンナ様のお客様だったのですが、
10年以上住んでいたバンクーバーに別れを告げ2年前に日本へ帰っていきました。
久しぶりの彼女は少し大人びてきれいになっていました。

日本から懐かしいおかきとTちゃん_d0129786_11242941.jpg













日本からのおみやげに
「柿山のおかき」を頂きました。
懐かしい。



久しぶりなので話がいっぱい。
聞きたいこと話したいことがいっぱいで支離滅裂。
時間だけが機械的に過ぎていきます。

何だかすごく懐かしく嬉しかった。
それはきっと彼女がしっかり成長した女性になっていたから・・

おしゃべりに興じている時、ふと、
「バンクーバーは私の青春なんです。」
と云って遠い目をした彼女。
その一言が強く私の心に響きました。
なぜか分からなかったけど、心がちょっと痛かった。

若き日の彼女の十数年の思い出が、ここに凝縮されいて、
まるで「パンドラの箱」のように封印されてしまっているのでしょうね。

こうやって何年かぶりにバンクーバーを訪れると
まるでアルバムを1ページ1ページめくる様に
思い出がぱーっと目の前に溢れ出て・・
自身の忘れていた遠い日々を思わず振り向いてしまうのでしょうね。

日本から懐かしいおかきとTちゃん_d0129786_11295575.jpg

バンクーバーは出会いと別れの街。
人が通り過ぎて行く街です。

私が出会った友達もいつの間にかいろいろな状況でよその街や国に移って行きました。




Tちゃん、きっと近いうちにステキな事があるよ。
その時私は一瞬見せた彼女の寂しげな目にそう声を掛けたくなりました。

あっという間に時間は過ぎ、バタバタと別れの挨拶を交わし、
「またすぐ来るよね?」という私の問いに
「え・・ええ・」と彼女の言葉。
来たいけど当分来れません。とは言えないTちゃん。

そうよね、バンクーバーで住んでた部屋を処分して別れを告げて
日本に帰っちゃった人が度々遊びに来れないよね。
でもねそのままでいてね、そのまま素直な貴方でいてね。
遠いバンクーバーの空の下から応援してるからね。


                      バンクーバー不動産やのカバン持ち


ブログ・ランキングに参加しています。
↑もしよかったらクリックしてください。
by stessa2 | 2007-10-22 03:17


バンクーバー在住23年、不動産業者の妻の四季折々備忘録。


by stessa2

更新通知を受け取る

カテゴリ

食べたもの最近情報
「グリーンシ癒やしの休日バンクーバーへ」
バンクーバーの四季折々
カバン持ちの台所
小さな庭の園芸話
鳥や犬など生き物話
懐かしの日本滞在記
ヴェネツィア・パリ・ロンドン旅行
バンクーバーでうろうろ
イベントに行ってみた
バンクーバー発信素敵なもの
カバン持ちの好きな物
バンクーバーから日帰り旅行
バンクーバーでお宅拝見
バンクーバーで動画
海を渡ったお菓子いろいろ
バンクーバー旅行豆情報
季節の着物・茶道・お習字
BC州観光

タグ

(184)
(126)
(88)
(72)
(71)
(71)
(70)
(65)
(51)
(50)
(47)
(38)
(35)
(26)
(26)
(22)
(20)
(16)
(16)
(12)
(8)
(8)
(5)
(4)
(3)

お知らせ

私の書いたバンクーバーのガイドブックがイカロス出版から出ました。
グリーンシティで癒やしの休日 バンクーバーへ
(2019年8月10日発売)
全国の書店、Amazonジャパンで扱っています。
_d0129786_14402463.jpg





バンクーバー不動産について
ブログ筆者stessa2の夫はバンクーバーの不動産取扱い業者で、主に住宅用物件の売買、投資物件、店舗・オフィスなど商業物件も扱っております。

不動産HPはこちらから





ブログ筆者のメルアド
stessa@hotmail.co.jp






お気に入りブログ
JudyCoオフィシャルブログ
フィレンツェ田舎生活便り2
グンジ家の食卓
ヴェネツィアときどき..
エミリアからの便り
イタリア料理ほんやく三昧
ヴェネツィア冬紀行
森まどかのメロメロ..
じーさんがばあーさんに作る
Art & Bell by Tora
qoo's life
気配の写真家niなりたい
神田の家 * スタッフ日誌
淡路屋ブログ
チョコラブYUMの毎日
岡山GoGoグルメ隊
凛の冒険記
百花ミナオの裏ジャパン..
++mariko+news++
Zappin' in my life.
外から見る日本見られる..
橙葉What's for Dinner?
Good Day Vancouver 
Reikocakes
風のたよりfromバンクーバー
桜楓会
Blue Works
JP Rail.com
Travel Box
Kaori Otake
週間NY生活
Sea Island Clinic
リタイア移民の会
桜楓会のHP




最新の記事

PCが壊れた!
at 2020-08-06 16:23
電気フラットトップでご飯を炊..
at 2020-07-29 16:19
あ、海が見える
at 2020-07-20 13:51

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2001年 01月