裁縫箱の中は思い出アルバム。

最近、ず~っと食べ物ばっかりブログにアップしてきましたが、いささか自己嫌悪・・とほほ
本日は食べ物ではありませんっ! ・・と胸を張って云う事でもないって?
で、本日はコチラーー
d0129786_14255296.jpg

じゃ~ん!
「カバン持ち」が長年愛用している裁縫箱です。 なんだぁ?これ
プラスティック製のぼろい箱は、当時、ホームセンターで見つけた工具入れ。
それを裁縫箱として使い続けています。もう一部が老朽化によって割れてしまっています

留め具が割れているので使いにくく、替わりの箱をず~っと探しているのですが・・
「帯に短し襷に長し」で、なかなか良い出会いがありません。
一体、何年この裁縫箱を使っているのか・・カバン持ちにも思い出せません。
多分、20年以上かなぁ。 うわっ、古!と自分でも驚いた!
糸切りハサミや布ハサミのカバーもその当時、手近かにあった厚紙で作ってます。
仕切りにピッタリの小さな針山も、ちまちまと手作り。
ちなみに針山は大・中・小と3種類を用途に応じて使い分けています。それってヘン?

で、なぜ今日、裁縫箱が登場したのかと申しますとーー

d0129786_14444731.jpg

最近、友人から頂いたストレッチベロアのトップスがほんの気持ち大きめなので、
自分でお直しする為です。
・・と云っても、手縫いで仕上げる訳ではありません。
先ず最初に待ち針を打って、仕付け糸で仮縫いをします。
それを試着して、また修整を繰り返し、ラインが決まったらミシンで本縫いです。
カバン持ちの場合、しつけ糸の上からさらに待ち針を打って二重に固定します。
そうやってからミシンかけ。
「こうやったほうがより確実に縫えるから、面倒でなかったらここまでちゃんと
やったほうが縫い上がりが違うわよ。」と洋裁の先生に教わりました。

じつは以前、ちょうどバンクーバーへ来る1年前だったでしょうか?
日本で洋服の構造に興味を持ったので、洋裁を習ってみた事があります。
たった1年にも満たない経験でしたが、先生が現役でオーダーメイドの洋服を
仕立てる方だったので、オーダーと既製服の仕立て方の違いや、年齢による
体型の変化に至るまで、多岐に富んだ知識で教えて頂きました。 先生!

勿論、縫い方も教わりましたよ。
中でも印象深かったのは、先生に助けて貰いながらジャケットを仕立てた時のこと。
袖口の裏地を手縫いで縫い付ける時、1ミリの間隔に4回ぐらい縫いなさいとのご指摘。
1ミリの長さに針目を4回?! そ、そんなぁ~・・汗

さて、この裁縫箱の中をごそごそしていたらーー

d0129786_155581.jpg

こんなモノがありました。古~い針袋や糸です。
これはバンクーバーに来る時に実家の母の裁縫箱から拝借したもの。
コチラではこういった細い針や絹糸を見かけないので母に断って貰って来ました。

その中にこんな面白いものがーー

d0129786_1514560.jpg

「先生方が皆おほめになる!オリムパス ししゅう糸 レース糸」
うわ~っ、時代を感じさせるレトロ具合ですね!
「先生方が皆おほめになる!」 この先生っていうのは、やっぱり洋裁の先生のことですよね。
当時はししゅうやレースを習うのが流行っていたのでしょうか?

さらにーー

d0129786_15422495.jpg

コチラの針袋にはなんと価格が・・「定価拾円」ですって!10円のことです
右側は洋裁を習っている時に指貫を持っていなかったワタシに先生が下さった
先生愛用の指貫です。
「しつけなど手縫いの時にこれを嵌めていたら、針が通りにくい布などの場合、
針のおしりをこれでグッと押すと楽に通るから・・」
と、先生がご自分の指から抜いてワタシにくださった思い出の指貫です。

ほんのつまらない古い裁縫箱の中にも、小さな思い出や楽しかった時間が
閉じ込められているんですね。
さあ、これからはどんな思い出が増えるのでしょう。

                              バンクーバー不動産やのカバン持ち


d0129786_1681849.jpg今日、ウチの娘さんが作ってくれたパンケーキ。
いろいろ不具合があったらしく分厚いクレープ風になってしまいました。
それでもバターを塗ってメープルシロップをかけたら大丈夫!
失敗を繰り返しながら上達するのが料理です!よね!


ーご報告ー
今日、ジャパンチャンネルでNHKの「びっくり法律旅行社」が放映されました。
そしてーー
お隣さんのレスリーが最初の雪かきシーンで たった2~3秒ですが 映っていました!
そしてその画面に向かってウチのダンナ様が、
「レスリーが使ってるこの雪かきシャベル、ウチのだよ!ウチの!」
そうなんです、撮影時にレスリーの家のシャベルが見当たらず、急遽、
ダンナ様がウチに走って行って、シャベルを持って来て撮影。
そうか、我が家で唯一NHKに出演したのは「雪かきシャベル」だったのか。


人気ブログ・ランキング北米編
 ↑一日一回クリックして頂けると嬉しいです。
by stessa2 | 2009-02-11 16:35 | カバン持ちの好きな物 | Comments(18)
Commented by riri at 2009-02-11 20:48 x
カバン持ちさんこんばんは♪

やはり雪かきシーンそうだったのですね!
しかしシャベルまではじっくり観ていませんでした・・・。

カバン持ちさん宅のシャベルならじっくりみておけば良かったわ!

お裁縫箱大切に使っているのがわかります。

懐かしさいっぱいですね。

ご自分でお直ししてしまうなんて素敵だわ。
今ならちょっとしたお直しもクリーニングの時にお願いしてしまえる手軽さなのに・・・。

我が家の裁縫箱も「無印良品」の工具箱ですよ。
Commented by ako at 2009-02-11 22:56 x
こんばんわ

お針箱の中、本当に大切になさっているのですね。。絹糸は、正絹の着物を縫う時に、
そして「つむぎぬい」「きぬぬい」の針はとてもキャシャな針もあり、たしか私のお針箱にも、あったような気がします。。。ご存じですか?ワンタッチの糸とうしがあるの?
本当にラクラクで簡単に糸がとうせます!発明家さんには敬服します♪

美しい北の景色ですね!
すぐそこで雪景色が見られるなんて羨ましいですね!
東京だと、都庁の展望台か、横浜辺りじゃないと富士山の雪景色は見られないのでね

我が家から歩いて15分の所に「フォーシーズンズホテル椿山荘」がありますが、OLの方の人気NO1だそうです。アメニティが人気らしいですね♪
神田川沿えをウォーキングし、椿山荘裏口側に蕎麦屋があり、てんぷら蕎麦を食べますよ!でも良く考えたら、ウォーキングしても無駄骨ですよね・・(爆笑)
また、おじゃましますね

Commented by hiroholm at 2009-02-11 23:20
え~、あの雪かきシャベルはかばん持ちさんのだったんですか?!今度またよ~~~く見てみます。

お裁縫いいですねぇ。私もこの前めちゃくちゃお久しぶりに主人のシャツのボタン付けの為に出してきたんです。私の裁縫箱は中学生の時に全員が授業の為買ったものなんです。中をみたらいろんななつかし~いものが入っていて感激でした。
授業で作った型紙まで。。。

娘さんのパンケーキおいしそう。ぜ~んぜん失敗なんかに見えませんよ。

そうそう私たちは年に1度里帰りと言う事でバンクーバーに帰れるんですって。
ただ問題はなかなか時間が合わなくて・・・今検討中なんです。(><)
 
Commented by TAMMY(バッハ姉) at 2009-02-12 00:07 x
古い針や糸のパッケージ、デザインが素敵ですねぇ。
私も母の裁縫箱でびっくりするようなレトロな物を見つけたことがあります。
それこそ定価10円といった具合の…。
「先生方が皆おほめになる!」 というキャッチフレーズ、いいですね。

私自身は本当にお裁縫が苦手で、ちょっとしたボタン付けもイヤイヤやってるような状態
です…(泣)
Commented by HIRO at 2009-02-12 07:48 x
シャベル君のご出演”おめでとうございます”・・
なんか玄人使用の裁縫箱、靴磨きに加えて裁縫もプロなんですね!
出張中、ワイシャツを着て袖のボタンが無い事に気付き、しかたなく
ボタン付けをする事があります。出張中だと自分で直すしかく、日数分の
シャツしか持参していないためやるしかないのですが・・・・
小学生時代の家庭科の授業が役立っています。
裁縫と言える話ではありませんが・・ハッハッハ
Commented by stessa2 at 2009-02-12 08:30
ririさんへ、
そうなんですよ、雪かきシーンでは数人の方が出演していらっしゃいましたが、
その中でレスリーが一番最初に登場していました。^^
でもウチの周りには雪があまり残ってなかったので撮影用にかき集める始末。
他の方は周りの雰囲気や雪の残り具合からしてきっとノースバンかバーナビー
での撮影だったのでしょうね、あちらの方は雪がたっぷりありますからね。^^

裁縫はただの下手のよこ好きです。針を使っていると何だかホッとするんです。
あ、無印良品の工具箱!いいアイディアですね!!
カナダの工具箱は小さなサイズの物でも、ごつくてワタシには大き過ぎるんです。
次回の帰国時に要チエックですネ☆
Commented at 2009-02-12 09:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by NO at 2009-02-12 10:02 x
やっぱり女の子はいいですねぇ、ふわふわで美味しそうですよ~。 
Commented by stessa2 at 2009-02-12 10:22
akoさんへ、
ワンタッチの糸とおし、確か以前にジャパンチャンネルで見たと思います。
「うわぁ、すごい!便利だなぁ。」と感心しながらそれっきり忘れてました。
そういった文明の利器とはほど遠い処で暮らしてます。笑
差し当たり、今のところは虫めがねで何とか頑張っていますヨ。^^
それにしても、akoさんは良いところにお住まいなんですね。
椿山荘の辺りはあまり知らないんですが、お蕎麦屋さん、いいですねぇ。
本当に東京は美味しい御蕎麦屋さんが沢山あって羨ましい限りです。^^
Commented by stessa2 at 2009-02-12 13:15
hiroholmさんへ、
アハハ・・雪かきシャベルだけ出演!
テレビの前で大騒ぎするダンナ様を見ながら大笑いしました!

え?裁縫箱、中学校の授業で買ったものをお持ちなんですか?
いいなぁ~・・それはレアものですよねっ!
もし、出来る事ならば・・今度ブログで見せて頂けたら嬉しいです!
中に入っているモノも是非! 型紙も!
考えただけで興奮してしまいます。笑 
ところで、一体、ワタシの中学校の頃の裁縫箱はいずこへ・・?

そうなんですか!バンクーバーへの里帰り旅行、出来るといいですね♪
Commented by stessa2 at 2009-02-12 13:21
TAMMYさんへ、
ヴェネツィアの渡しに乗ったワンちゃん、可愛いですねぇ♪
もっと色々な写真、載せてください。楽しみにしています。^^

お母様の裁縫箱、きっとレトロで可愛いモノが一杯溢れているんでしょうね。
母の裁縫箱の中を覗いていると、何だか自分が子供の頃に戻ったような
錯覚にとらわれてしまいます、不思議ですよね。
Commented by ななまりん at 2009-02-12 14:39 x
きちんと整理された裁縫箱ですね^^
針袋、うちの祖母(現在98歳!)が使ってたものと似てるものがいくつか・・・ パッケージがレトロでそれがまたいいですよね。
私は 度重なる引越しで 小学生の時に買った裁縫箱がいつのまにかなくなりました。
旅先で無料ソーイングセットを持ち帰り それで過ごしていました(笑) この前 やっと100均で 裁ちばさみを買ったところです(笑) ははは・・・

皆生温泉、蟹三昧でした~。 館内すべて畳敷きの宿に泊まりました♪
母も満足してくれ ほっとしました。  大病2回、交通事故1回で 何度も危ない目
に逢ってきた母。 そのたびに親孝行してなかった、と後悔したので 年に2~3回旅行に連れ出しています。 カナダにも行きたがっているんですが 心臓が悪いので 機内と
現地でなにかあったら・・・と思うとどうしても国内に。  かばん持ちさんのブログでカナダ旅行気分を満喫してもらってます~☆
Commented by stessa2 at 2009-02-12 17:11
HIROさんへ、
ウチのシャベル君のNHKデビュー、お祝いのお言葉ありがとうございます!
あ、裁縫は別に上手なわけではありません。下手のヨコ好きです。
なのでワタシも結構、無茶苦茶な事やってます。笑
しかし、ボタンって不思議ですよねぇ。
そういった旅行中にかぎって、取れちゃいますよね!
今回のヴェネツィア旅行でもコートのボタンが取れかかったんですヨ。
よりにもよって、「なんで、こうなるの?」みたいな感じ?
Commented by stessa2 at 2009-02-12 17:13
<KEY>さんへ、
了解ですっ!
またメールしますね♪
Commented by stessa2 at 2009-02-12 17:19
NOさんへ、
日曜日の朝、ダンナ様と一緒に美味しそうなフレンチトーストが作れる女性に
育ってくれる事を願って♪
・・あ、想像しただけで、やっぱ無理だな!ウチの娘さんには。笑
Commented by stessa2 at 2009-02-12 17:32
ななまりんさんへ、
おかえりなさ~い!
皆生温泉、楽しかったみたいですね♪
「館内全て畳敷き」は海外に住む人間には、とっても魅力的な響きです。
そして、お母様は優しい娘さんをお持ちで幸せですね!
是非、お母様もご一緒にカナダにいらしてくださいな。
大丈夫ですよ、例えばバンクーバーなど一ヶ所だけに滞在すれば
そんなに心配なさる事も無いのでは?
それにしても祖母さまは98歳とは!では「女4代揃い踏み!」なんて事も
あるんですね。思わず拍手です♪
Commented by hotaten at 2009-02-13 13:58
お裁縫も勉強されていたんですね!
カバン持ちさん、色んな技術をお餅なんですねー。
思い出の裁縫道具箱、素敵です! 
でも一ミリに4針ですか! プロの仕事っているのはすごいのですね…。

そしてシャベル君のTV主演おめでとうございました!(笑)
Commented by stessa2 at 2009-02-13 18:44
hotatenさんへ、
お裁縫は本当に短い間だったんですよ。^^
でも偶然ですが良い先生に巡り合って、すっかり洋裁にハマってしまいました。
結局、ワンピース3点、ジャケット1点、トップス1点、タイトスカート3枚か4枚?
などなど・・1年未満にこんなに沢山、縫わせて貰いました。^^ 
今は先生がいないので全く縫ってませんが・・とほほ

それよりもhotatenさんの石鹸、大好評ですね♪ ワタシまで嬉しいです!
新聞にも載るぐらい可愛い石鹸ですもんね。^^
今度、岡山へ帰った時にお店まで行く時間があったらいいな~と思っています。
あ、シャベル君へのお祝いの言葉、ありがとうございます!
やっぱり次はシャベル君の歌手デビューでしょうか?笑


バンクーバー在住者の四季折々の備忘録。夫は現地で不動産業者をしております。リンクされる場合にはメールにてお知らせください。不動産のお問い合わせも受け付けております。stessa@hotmail.co.jp


by stessa2

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

食べたもの最近情報
バンクーバーでうろうろ
バンクーバーの四季折々
バンクーバー発信素敵なもの
バンクーバーでイベントに行く
鳥や犬など生き物話
小さな庭の園芸話
カバン持ちの台所
カバン持ちの好きな物
バンクーバーでお宅拝見
バンクーバーから日帰り旅行
バンクーバーで動画
海を渡ったお菓子いろいろ
懐かしの日本滞在記
バンクーバー旅行豆情報
季節の着物・茶道・お習字
BC州観光
ヨーロッパ旅行
本について

タグ

(184)
(125)
(86)
(71)
(70)
(69)
(68)
(65)
(47)
(44)
(42)
(37)
(35)
(26)
(25)
(22)
(20)
(16)
(15)
(12)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

最新の記事

早々に紫陽花の剪定
at 2019-08-17 15:08
Osteria Savio ..
at 2019-08-14 17:11
かなしさ
at 2019-08-12 16:32

バンクーバー不動産について
ブログ筆者stessa2の夫はバンクーバーの不動産取扱い業者で、主に住宅用物件の売買及び投資物件、店舗・オフィスなど商業物件も扱っております。不動産に関する仔細はホームページをご覧になるか下記のメールアドレスから気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちらから

メールアドレス
jmurakami@telus.net



カバン持ちへのメールは下記アドレスからお願いいたします。
stessa@hotmail.co.jp




お気に入りブログ
NeverSeconds
フィレンツェ田舎生活便り2
グンジ家の食卓
ヴェネツィアときどき..
エミリアからの便り
イタリア料理ほんやく三昧
ヴェネツィア冬紀行
森まどかのメロメロ..
Rotonda BLOG
じーさんがばあーさんに作る
Art & Bell by Tora
qoo's life
気配の写真家niなりたい
神田の家 * スタッフ日誌
淡路屋ブログ
moge
happy to meet
the RT BESTIARY
チョコラブYUMの毎日
どうなんかね国際結婚
岡山GoGoグルメ隊
凛の冒険記
百花ミナオの裏ジャパン..
++mariko+news++
Zappin' in my life.
Vancouver de BigBoss
外から見る日本見られる..
金魚さんのブログ
Judy子のブログ
橙葉What's for Dinner?
Good Day Vancouver 
ぱんだこのバンクーバーLife
バンクーバー日々是々
Reikocakes
風のたよりfromバンクーバー
バンクーバー新報
ふれいざー
Life Vancouver
タウンページ
Oops!
桜楓会
Blue Works
JP Rail.com
Travel Box
NAVITOUR
JTB CANADA
H.I.S.カナダ
メインランドクリニック
Kaori Otake
週間NY生活
Nature Fine Art Photo
Sea Island Clinic
il sospiro del mare

リタイア移民の会
桜楓会のHP





  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。