バンクーバー発エールフランスの感想

本日のバンクーバーは曇り、のち小雨、気温は8℃と変わらずです。
**
d0129786_18335945.jpg
今回のヴェネツィア旅行はバンクーバー発パリ経由ヴェネツィア行きのエール・フランスを利用。期待どおりの食事とワインでした。席はプレミアムエコノミーで快適な空の旅ができました。この席で主人が一番喜んでいたのが目の前にお水を入れておくスポットがあって搭乗した時点ですでにそこにミネラルウォーターがあったこと。なぜそれがそんなに嬉しいのか、いまいち私には理解不能でした^^;
飛行機が飛び立ってすぐに飲み物が配られますが、そこにちゃんとシャンパンがあったのが流石おフランスという感じ。一応念のため「スパークリングワインをください」って言ったらCAのお兄ちゃまに「ん?」(←意味不明であなたの言ってることが分からない)といったリアクションをされて、それから「シャンパン?」って聞かれた。汗
エールフランスはまかり間違っても、例えカナダ発の便であろうとも「スパークリングワイン」などというシャンパンのまがいものなど配るわけがないでしょ!といったリアクションでした。クスッ
さらにバンクーバー発の飛行機なのにフランス語がめちゃ飛び交っておりました。もうこの時点で気分はフランス♪
さてさてお楽しみのお料理のほうは、まずメニューが配られました。
d0129786_18381687.jpg
前菜はロブスターメダリオン、スモークドハム&メロン
メインは鶏肉のポルチーニマッシュルーム・ホワイトソースに野菜風味のワイルドライス添え
チーズとフルーツコンポート
デザートはマンゴーのパンナコッタ
d0129786_18385059.jpg
お味のほうもペロッと完食。ワインも白を頂いて、そのあとCAさんに赤が欲しいとお願いしたらビジネスクラスのほうへ行って一杯持ってきてくれました。ラッキー
そしてこちらが↓帰りの便(パリからバンクーバー便)で出た食事です。
d0129786_18584591.jpg
右上のパンのようなものはシュークリーム、中のカスタードクリームにはちゃんとバニラビーンズが使われていてマデラ酒の風味も効いてて美味。おみかんが丸のまま出てきたのにはちょっと驚き。これってフランスっぽいのかな〜?
当たり前だけどペリエの炭酸水もあるのでガス入りミネラルウォーターが無いとストレスを感じる私はハッピー。特に好きなのはイタリアのサンペルグリーノ、最近ハマっているのはドイツのゲロルシュスタイナーで心持ち舌の甘みを感じる部分が反応します。
さて話は戻ってエールフランスの感想は、CAさんは制服もオシャレで対応もチャーミング(バンクーバーからEU圏へ飛ぶ他社と比べてです)アメニティーが入っていたポーチもフェルト製で可愛い。おトイレも飛行中にざっくりですがCAさんが片付けてた(←最近これをしない航空会社が多い。特にカナダ便)あと映画の本数が凄く多い。
そうそう、離陸前に機内で行われる安全のための説明がビデオになっててそれがじつに可愛いのです♡
エールフランスでもEU国内便では手動実演でセキュリティーの説明をしていますが、国際線はこれ。とってもチャーミングなので思わず楽しく最後まで見てしまいます。このオシャレ度も流石おフランスという感じ。実際問題、あまりにチャーミングでシリアスさに欠けるという考えもあるかもしれませんが、これからいざ飛び立つという時にはこんな楽しげなビデオ説明のほうがフライトの気分も快適になるというものです。
今回パリからバンクーバーへ戻る便にはたぶん難民の方々が乗られていたように思います。シャルル・ド・ゴール空港の搭乗口へ行ったときに待ってる人々が、過去にEU内他国から乗った時と比べてカナディアンっぽい人が少なかったので思わず搭乗口カウンターでバンクーバー行きか確認したほど。時勢によっても国によってもそれぞれの特色があり、同じEU内とはいえ空港の違いにいつも小さな驚きを感じます。
今、シャルル・ド・ゴール空港は大規模な改修工事を行っていてセキュリティーを通ったあと搭乗口まで迷子にならないのはほぼ奇跡に近いと感じました。実際に私の便でも沢山の人が迷子になり、離陸が30分以上遅れました。ですのでこんな状態の空港で免税手続きをして、さらに時間内に搭乗口へ行こうとするのは不可能だと思いました。ちなみに私はヴェネツィアの友人が「今パリの空港は工事してて、午前中はセキュリティーが長蛇の列になってると思うから2時間の乗り換え時間だとぎりぎりかも。免税のスタンプは諦めたほうが安全かも」とアドバイスしてくれてたので、免税カウンターを探さずに迷子になりながらも時間内に無事に搭乗口へ辿り着けました。ちなみに空港内の方向を示す仮設の看板は英語とフランス語と中国語です。これもご時勢ですね〜。

バンクーバー不動産やのカバン持ち



by stessa2 | 2018-01-23 21:17 | ヨーロッパ旅行


バンクーバー在住者の四季折々の備忘録。夫は現地で不動産業者をしております。リンクされる場合にはメールにてお知らせください。不動産のお問い合わせも受け付けております。stessa@hotmail.co.jp


by stessa2

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

食べたもの最近情報
バンクーバーでうろうろ
バンクーバーの四季折々
バンクーバー発信素敵なもの
バンクーバーでイベントに行く
鳥や犬など生き物話
小さな庭の園芸話
カバン持ちの台所
カバン持ちの好きな物
はばたけ素敵なでしこ達
バンクーバーでお宅拝見
バンクーバーから日帰り旅行
バンクーバーで動画
海を渡ったお菓子いろいろ
懐かしの日本滞在記
バンクーバー旅行豆情報
季節の着物・茶道・お習字
BC州観光
ヨーロッパ旅行

タグ

(184)
(124)
(85)
(70)
(68)
(68)
(67)
(65)
(47)
(43)
(41)
(37)
(35)
(26)
(24)
(22)
(19)
(16)
(15)
(12)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

最新の記事

メンズファッションショーでス..
at 2018-07-16 16:49
橙葉さんの焼き菓子
at 2018-07-10 14:23
麻婆豆腐カレー作ってみた
at 2018-07-07 11:04

バンクーバー不動産について
ブログ筆者stessa2の夫はバンクーバーの不動産取扱い業者で、主に住宅用物件の売買及び投資物件、店舗・オフィスなど商業物件も扱っております。不動産に関する仔細はホームページをご覧になるか下記のメールアドレスから気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちらから

メールアドレス
jmurakami@telus.net



カバン持ちへのメールは下記アドレスからお願いいたします。
stessa@hotmail.co.jp




お気に入りブログ
NeverSeconds
フィレンツェ田舎生活便り2
グンジ家の食卓
ヴェネツィアときどき..
エミリアからの便り
イタリア料理ほんやく三昧
ヴェネツィア冬紀行
森まどかのメロメロ..
Rotonda BLOG
じーさんがばあーさんに作る
Art & Bell by Tora
qoo's life
気配の写真家niなりたい
神田の家 * スタッフ日誌
淡路屋ブログ
moge
happy to meet
the RT BESTIARY
チョコラブYUMの毎日
どうなんかね国際結婚
岡山GoGoグルメ隊
凛の冒険記
百花ミナオの裏ジャパン..
++mariko+news++
Zappin' in my life.
Vancouver de BigBoss
外から見る日本見られる..
金魚さんのブログ
Judy子のブログ
橙葉What's for Dinner?
Good Day Vancouver 
ぱんだこのバンクーバーLife
バンクーバー日々是々
Reikocakes
風のたよりfromバンクーバー
バンクーバー新報
ふれいざー
Life Vancouver
タウンページ
Oops!
桜楓会
Blue Works
JP Rail.com
Travel Box
NAVITOUR
JTB CANADA
H.I.S.カナダ
メインランドクリニック
Kaori Otake
週間NY生活
Nature Fine Art Photo
Sea Island Clinic
il sospiro del mare

リタイア移民の会
桜楓会のHP





  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。