2013年3月25日:農家からテーブルへ!環境に優しいレストランForage

バンクーバーのダウンタウン、目抜き通りのロブソンストリートとジャービスの角にあるリステルホテル。そのホテルの1階に昨年の11月、新しいレストランがオープンしました。そのユニークな経営スタイルによりオープン以来数多くの雑誌メディアに取り上げられてきましたので、こちらでもご紹介したいと思います。

d0129786_14354520.jpg
d0129786_1436855.jpg

レストランの名前は「Forage(フォレッジ)」、意味は"狩猟や漁や収穫など歩き回って食べ物を集める"。その店名が指すとおり、こちらでは地元の農家や漁師さん達と連携して地産地消を提唱している、地元BC州密着のレストランなのです。

さらに地球温暖化など環境問題に対するサステイナビリティ(社会と地球自然環境を良い状態で保ち続けること)に努め、それに基づいてカナダのレストラン業界におけるモデルプロジェクトとしての役割も担っています。
そのプロジェクトは環境保護革新事業の一端で、リステルホテルとBCハイドロ、グリーンテーブルネットワーク、BC州エネルギー・鉱物天然ガス省、フードサービステクノロジーセンター、そして各種キッチン機器業者が共同で立ち上げたものです。その目的はエネルギー削減と環境保護のための新手法を活用し、BC州の他のレストランのモデル事業とすることなのだそうです。
店内は環境への配慮とゴミ削減のため、地元産や持続可能なリサイクル素材などが使われています。例えば床・壁等の木材は地元生産のもの、タイルはリサイクル素材、椅子やテーブルトップも再生地元産木材を使用、照明は全てLED照明、ペンキ、接着剤などはレストラン内の大気質に配慮し、揮発性有機化合物ゼロ、もしくは低度の素材を使用しています。また食器も標準の陶磁器と比べ少ないエネルギーで作られる低酸素食器を使うなど興味深いものです。

さて、難しい話はこれくらいにして、それではお料理のほうをご覧になってください。

d0129786_1814232.jpg

d0129786_18165753.jpg

左のサラダの赤カブはフレイザーバレー産、ヘーゼルナッツはフレイザーバレーのアガシ産で、クレソンはBC州のミッションに近いラスキンにある農場」で採取されたもの。
右の シャルキトリー(燻製肉の盛り合わせ)のガラスの器に入った鶏レバーはアボッツフォードにあるシエッセン農場の製品などなど。
このほかパンはシェフの曾祖母の昔ながらのレシピに基づいて「フォレッジ」のキッチンで焼いています。そして例えば子羊肉のソーセージはノースバンクーバーから、チーズはバンクーバー近郊の町メープルリッジのもの。また鴨は近郊アボッツフォードにある農場のもので 卵はリッチモンドで採れたものなど、どの材料もシェフ自らが足を運んで選んだもので、BC州の各産地の滋養豊かな食材がタイムリーに味わえます。

d0129786_18211137.jpg

d0129786_1825525.jpg

そんな大役を背負ったレストランですが店内は気さくでカジュアルなビストロスタイルとなっています。
お料理のタイプは北米フュージョン料理、メニューの表示も面白く、SNACKS(小皿料理)・IRONS(鉄板料理)・BOARDS(木皿料理)など、そのお料理が盛られてくる器によってカテゴリー分けされています。つまり小皿料理とは前菜っぽいおつまみのようなもの、鉄板料理は当然ですが熱いもの、木皿料理はサラミやチーズの盛り合わせなどとなっています。

d0129786_187443.jpg

d0129786_1872360.jpg

さらに週末の土曜・日曜日は朝10時から午後2時までウィークエンドブランチも楽しめます。明るい春の日差しを浴びながら、ゆったりとパンケーキやポーチドエッグを食べる週末のひととき、きっと旅の疲れを癒してくれることと思います。

また夜にはこちらでBC州の小規模生産の生の地ビールも味わえます。BC州内にある中小10軒の醸造所のビールを取り揃えていて、それがタップで注がれて生ビールとして楽しめます。さらにワインオンタップ(WINE ON TAP)という方法でオカナガンバレーの生ワインも味わえます。このワインオンタップというのは生ビールと同じく、ケグという樽に詰めてワイナリーから直送され、タップでグラスに注がれるので常にフレッシュでフルーティーな状態でワインを味わえるそうです。また、ボトルワインとは異なりボトルやラベル、コルクなどを使用せず、再利用可能なケグ(樽)を使うで、環境保護やエコロジーにも繋がる大地に優しいシステムです。
バンクーバーへいらしたら、この自然豊かなBC州の滋養溢れる食材を堪能して、そして美しい景色と共に心に刻んで欲しいと思うのです。


★Forage(フォレッジ)
1300 Robson Street Vancouver, BC
Phone: 604-661-1400

【営業時間】
朝  食: 月曜日~金曜日まで 朝6:30~10:00まで 土・日曜日朝7:00~10:00まで
ブランチ: 土曜・日曜日 朝10:00~午後2:00まで
ディナー: 毎日 夕方4:00~夜中まで
(注:ランチは営業していません)

レストランのサイトはこちらから
by stessa2 | 2013-03-25 14:43 | BC州観光


バンクーバー在住者の四季折々の備忘録。夫は現地で不動産業者をしております。リンクされる場合にはメールにてお知らせください。不動産のお問い合わせも受け付けております。stessa@hotmail.co.jp


by stessa2

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

食べたもの最近情報
バンクーバーでうろうろ
バンクーバーの四季折々
バンクーバー発信素敵なもの
バンクーバーでイベントに行く
鳥や犬など生き物話
小さな庭の園芸話
カバン持ちの台所
カバン持ちの好きな物
バンクーバーでお宅拝見
バンクーバーから日帰り旅行
バンクーバーで動画
海を渡ったお菓子いろいろ
懐かしの日本滞在記
バンクーバー旅行豆情報
季節の着物・茶道・お習字
BC州観光
ヨーロッパ旅行
本について

タグ

(184)
(125)
(86)
(71)
(70)
(69)
(68)
(65)
(47)
(44)
(42)
(37)
(35)
(26)
(25)
(22)
(20)
(16)
(15)
(12)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

最新の記事

早々に紫陽花の剪定
at 2019-08-17 15:08
Osteria Savio ..
at 2019-08-14 17:11
かなしさ
at 2019-08-12 16:32

バンクーバー不動産について
ブログ筆者stessa2の夫はバンクーバーの不動産取扱い業者で、主に住宅用物件の売買及び投資物件、店舗・オフィスなど商業物件も扱っております。不動産に関する仔細はホームページをご覧になるか下記のメールアドレスから気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちらから

メールアドレス
jmurakami@telus.net



カバン持ちへのメールは下記アドレスからお願いいたします。
stessa@hotmail.co.jp




お気に入りブログ
NeverSeconds
フィレンツェ田舎生活便り2
グンジ家の食卓
ヴェネツィアときどき..
エミリアからの便り
イタリア料理ほんやく三昧
ヴェネツィア冬紀行
森まどかのメロメロ..
Rotonda BLOG
じーさんがばあーさんに作る
Art & Bell by Tora
qoo's life
気配の写真家niなりたい
神田の家 * スタッフ日誌
淡路屋ブログ
moge
happy to meet
the RT BESTIARY
チョコラブYUMの毎日
どうなんかね国際結婚
岡山GoGoグルメ隊
凛の冒険記
百花ミナオの裏ジャパン..
++mariko+news++
Zappin' in my life.
Vancouver de BigBoss
外から見る日本見られる..
金魚さんのブログ
Judy子のブログ
橙葉What's for Dinner?
Good Day Vancouver 
ぱんだこのバンクーバーLife
バンクーバー日々是々
Reikocakes
風のたよりfromバンクーバー
バンクーバー新報
ふれいざー
Life Vancouver
タウンページ
Oops!
桜楓会
Blue Works
JP Rail.com
Travel Box
NAVITOUR
JTB CANADA
H.I.S.カナダ
メインランドクリニック
Kaori Otake
週間NY生活
Nature Fine Art Photo
Sea Island Clinic
il sospiro del mare

リタイア移民の会
桜楓会のHP





  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。