アボッツフォード航空ショー

ちと古い話で恐縮ですがーー
今年の夏、私、バンクーバー郊外で毎年開かれる
「ABBOTSFORD AIR SHOW」(アボッツフォード航空ショー)に行きました。
(↑クリックするとホームページに行けます。)
今年でなんと45回目だそうです。

実はずーっと以前から行きたかったのですが、うちのダンナ様が(怖がりなので・・)
「ドイツかどっかで航空ショーの最中に事故があったからアブナイ、アブナイ。」
と、なかなかお御輿を揚げてくれなかったのです。
一昨年は、頑なな拒否、去年は忘れたフリ、そして今年ーー
や~っと念願かなって、いざアボッツフォードへ!

バンクーバーから開催地のアボッツフォード空港まで車で1時間半。
見渡す限りの平原、牧草地、畑・・
あーカナダって広いんだーなどとまるで外国に来たみたいな感動。
  (いったいどこに住んでんの?)

d0129786_649221.jpg
おお、始まっておりました。
民間の空港の滑走路を使って飛ぶのかぁ。(田舎の空港ならではだなぁ。)

ショーの途中、何度か休憩タイム?があって、
その間に定期便の旅客機が離着陸を行っていました。
(この便に乗って来た乗客は滑走路の脇の大勢の人を見てビックリしただろうなぁ。)

んんっ、後方から突然、視界に入ってきたのは・・

d0129786_6494966.jpg
「F/A-18F Super Honet」 (スーパーホーネット)
 (↑クリックするともっと詳しい。英語だけど・・)
スゴイ迫力!すごい爆音!
音速マッハ1.8ぐらいで飛ぶんだって・・てことは音よりも速い?!

ホントに音より速かったー!
だって目の前を低空で通過する時、音がしなーい。
で、通り過ぎた直後、
ゴゴォーッ
爆音があとから追っかけて来るのデスッ! す、すごい・・ タラーッ 


d0129786_6503116.jpg
おお、旧型戦闘機と最新鋭戦闘機の平行(なかよし?)飛行。
 「U.S.Navy Tailhook Legacy flight」                                (↑詳しくはこちら)
あんなに接近して飛ぶなんて、ものすごく高度な操縦技術なんだろうなぁ。

d0129786_6512643.jpg
で、出たッ!これが一時期、ニュースでよく見かけた
ウワサの「F-117 Nighthawk」(ナイトホーク)かぁ・・!
    (↑もっと色々知りたい人はこちら)   
まるでコウモリか何か、未確認飛行物体みたい、これはヒコーキじゃない。
うん、絶対にちがう!
ちなみにこのヒコーキが来るのは今回が最後だそうです。がっかり


d0129786_6563362.jpg
最後はカナダ空軍の「Snowbirds」(スノーバード)による連帯飛行。
(これを待ってたんだよねぇ、わたし♪)


d0129786_6525751.jpg
うつくしー飛行スタイル!

でもホントは8機じゃなくて9機なんだけど・・
パイロットがひとり、体調不良で、本日はお休み~。
(ピンチヒッターとか補欠みたいなのっていないわけ?)
などと無知な私の素人的疑問。


d0129786_6535519.jpg
これ、さっき私がコウモリみたいって言ったF-117ナイトホーク
正直なところ・・カッコイイ。

でも、これって軍事用戦闘機なワケだから・・
いろいろな状況を考えると・・すご~く怖いです。
人間の技術のスイを集めて造られた最新鋭戦闘機かぁ。

人それぞれに、個人的見解はたくさん有ると思うけど・・
少なくともーー
私思うに、子供を将来、軍隊に入れたくない人は連れて来ない方がいいのでは?
と思います。
なぜって、あまりにもスゴイ迫力で(ある意味)魅力的だからねぇ。

11時頃から始まった航空ショー、
最後のスノーバードの演技が終わったのは夕方の6時でした。
延々7時間、次から次へと飛びっぱなし。

そして私は気が付いた。

最近、鉄道好きの男性を鉄男くん、女性を鉄子ちゃんと呼ぶらしい。
そして彼らは鉄道好きであると共に、航空機が好きだと何かに書いてあった。
・・ということは、私って鉄子? 
うちのダンナ様曰く、
「え~っ、自分のこと、鉄子だって気が付いてなかったのー?」だと。

 チャンチャン♪

                      バンクーバー不動産やのカバン持ち

↓よろしかったらクリック応援してください。
人気ブログランキングへ
# by stessa2 | 2007-10-11 14:21 | バンクーバーでイベントに行く

高級コンドミニアムのオープン・ハウス・レポート(不動産その4)

バンクーバーのダウンタウンにあるオシャレな地域、イエールタウン。
ここのウォーターフロントにある高級コンドミ二アムのオープンハウスに行って参りました。
建物は築2年です。
では、まずは建物の入り口から・・
d0129786_9545422.jpg

緑と池があってエントランスへのアプローチ部分もステキですね。

入ったところのロビーです。
d0129786_9554695.jpg
シックな雰囲気ですねェー。
私のヘタな写真ではうまく伝わらないのですが、
すごい天井高なので、空気感が違う~。

それではエレベーターで15階のお宅にまいりましょう。

d0129786_9562636.jpg
玄関ドアも大きいですねェ。(高級ホテルの客室みたいです。)


d0129786_95769.jpg
(この散乱した靴はここを見に来ているお客様のものです。)

ちなみにほとんどのカナディアンの家では玄関先で靴を脱ぎます。
ただ、日本の家のように「上がり待ち」が無いので、ちょっとヘンな感じ・・


d0129786_9573913.jpg
リビングルームです。(窓からの景色は入り江とヨットで絶景!)
左奥がキッチンカウンター。
さらに、その向こうにもソファーがあってテレビを観るスペースになっています。


d0129786_9583813.jpg
お客様用のパウダールーム(トイレ)です。
う、うつくしい~・・

ココ、これでも人が住んでいるんですよ~! 驚き
こんなに美しい状態で住んでいるんですヨ~ッ。(ハウスキーパー絶対に雇ってるネ・・)


d0129786_9594496.jpg
ダイニングスペース。
エキゾチックなコーディネイトです。
カナディアンはこういったボルドー系の壁の色が好きですね。


d0129786_1011692.jpg
レンジなどの器具はいいものだけど、
(このユニットのスペースからすると)意外と広くないキッチン。
こういった高級コンドミニアムを見てて思うんだけど、
やっぱり、こっちの人達って日本人ほど料理をしないみたい・・
(ま、お手伝いさんとかが居る場合ってのもあるけど)

でも「キッチンを美しく保つ」という事に関してはいつも脱帽!
ほとんどモデルルーム状態です。
(それってキッチンをあんまり使わないからじゃナ~イ?)
なーんて以前は思っていましたが、甘かった~。
シンクのステンレス部分に絶対にキズを付けないために
クリームクレンザー系のものはダメ・・とか、
食器洗剤はもちろん、スポンジやフキンまで毎回しまっておく・・とか。
(私の知っているカナディアンのお母さんは毎朝トースターも仕舞います。)驚。


d0129786_1015463.jpg
とーっても美しいマスターベッドルームのバスルーム(主寝室用浴室)。
(写っていませんが)左手にはガラス張りのシャワーブースがあります。


d0129786_1022384.jpg
ベッド・ルーム。
このお宅にはベッドルームが3つあります。
(・・ということは、おトイレは全部で4つ!そしてお風呂は3つ)
それから大きなウォークイン・クローゼットと
食料品などを仕舞っておくパントリー(貯蔵庫)もキッチンの横にありました。


d0129786_103476.jpg
コンドミニアムから外に出たところです。 きれいな景色ですね。

いやーゴージャスでした!
いかがでしたかー?
ちなみにこの物件のお値段は・・高いです!!(そうだろうねぇ~)
オーナーは自宅で出来るお仕事の方だそうです。
(さぁ、皆さんいろいろ想像してみてね!)

では次回のレポートをお楽しみに。

                       バンクーバー不動産やのカバン持ち


↓よろしかったらクリック応援してください。
人気ブログランキングへ
# by stessa2 | 2007-10-09 12:26

クレープを食べに行きました! 「La bretagne Creperie」

本日は日曜日。
遅めのランチはダウンタウンのクレープ屋さん
「La Bretagne Creperie」(ル・ブルターニュ・クレープ)にGO!

d0129786_12285649.jpg
ここは確か、去年?ぐらいに新しいオーナーになりました。
(前のオーナー夫婦も今度の奥さんもフランス系だから本場仕込み)

まずは、フレンチ・カフェの定番「オニオン・グラタン・スープ」
子供の頃からだ~い好きデス!
d0129786_12294032.jpg
トローリとろけるチーズとフランスパン・・う・うまい!
(熱いのでやけどに気をつけてー)

d0129786_12343455.jpg
クレープを焼く手付きもあざやか。
ちなみに、焼いているお兄ちゃんの左手のヒジには蜘蛛の巣のTATTOが・・。


それはさておき、
豊富なメニューから一皿選ぶのもなかなか・・どれにしよう?
結局、私はデザートのことも考えてシンプルに
「ハムとチーズの小麦粉のクレープ」にしました。
d0129786_12305595.jpg

と、ところが・・運ばれて来たのは
なんとたまごとチーズのクレープ」

それに気づいたうちのダンナ様、
さっそく「変えてくれるように言ってみよう!」

でもその点、奥ゆかしい私ー?
「大丈夫、これもおいしいかも・・」
なーんて、ただ気が弱いだけ!(ああ、情けない・・)

そしておいしいオニオン・グラタンでルンルンになっていた気分も
ひゅ~ 風船のようにしぼんで・・(実は、たまごはちょっと苦手)

で、気を取り直して、うちのダンナ様は
「シーフードとマッシュルームの白ワインソース仕立てそば粉のクレープ」
d0129786_12312794.jpg
あっさりした白ワインソースにほろ苦いそば粉のクレープ。んー大人の味!
(でもうちのダンナ様のクチは子供?なのでイマイチ感動はなかったミタイ。)

d0129786_1232121.jpg
お待たせいたしました!本日のトリを務めまするは・・
クレープ界の美空ひばり? 「クレープ・シュゼット」でございますぅー。
(オレンジのクレープ、グランマルニエ風味)

これもピンからキリまでありまして、
ちなみにピンだとグランマルニエ(オレンジ・ブランデー)
もしくはコアントローなどなどーー
キリだとタダのオレンジ・ジュース味、となりマス。

で、このお店は・・
・・ほぼピンに近いものでございました。

銅製の小さなお鍋に入れたグランマルニエに目の前で火を付けて
お皿の中のクレープにかけてくれました。
グランマルニエを使うので、多少お値段は(量の割には)張りますが、
その分、おいしい!という結果でございました、はい。
(ちなみに私達は2人で一皿をシェアしました。)

d0129786_12325658.jpg

本日もおいしいランチでごちそうさまデシタ!

●このお店はどういう系列なのか分かりませんが、
 日本でフランチャイズ展開をやっているみたいです。
 詳しくはネットで探してみて下さい。

 La Bretagne Creperie ル・ブルターニュ・クレープ
 tel:604-688-5989
 795 Jervis Street Vancouver

                       バンクーバー不動産やのカバン持ち

後日談:
2008年3月6日、このお店でランチしました。ハム&チーズのクレープを頂きました。
デザートにこの記事と同じクレープ・シュゼットを食べましたが、前回と少し違う感じ。
あれ?と思って見てみるとシェフが違う人でした。 ナゼ?・・ 要チェックです。
    
↓よかったらクリックして応援してください。
人気ブログランキングへ
# by stessa2 | 2007-10-08 16:11 | 食べたもの最近情報

バンクーバーのペット事情(その2イエールタウン編)

昨日のお昼過ぎ、ダウンタウンのイエールタウンに用事があったので、
ついでにウオーター・フロントの公園を覗いてみると・・
久しぶりのいいお天気だったので、ワンちゃん達がゾクゾクとお散歩に来ていました。
d0129786_12402581.jpg

この子(ちなみにまだ子犬です)はカナディアンのおばちゃまが連れていて
ピーピーと鳴る赤いボールをくわえて遊んでました。(カワイイ♪)

それを聞いてうちのダンナ様は
「ピーピーって変な声で鳴くイヌだねぇ。」だって!
そんな訳ないだろ~。(ちなみにうちのダンナ様の特技:天然ボケ)

d0129786_12412285.jpg

いたいた、居ましたフレンチ・ブル?(私、大好きです。)
飼い主のカナディアンの男性がBaby Boyって呼んでたからまだ子犬らしい。
ん~これでも子犬なのかぁ・・

と、ふと見ると、お知り合いの方がワンちゃんを連れてお散歩中!
・・でひとしきりお喋りに花が咲きます。

d0129786_6462183.jpg


こちらは彼女の愛犬「じゃじゃ丸」君です。
でも、これからグルーミング・ショップに行く前だったので
ちょっと毛が伸びちゃってます。(飼い主談)
(うまく写真が取れなくてゴメンネ、じゃじゃ丸君。)

d0129786_12421254.jpg

こちらが本日、ご出演頂いたワンちゃんたち御用達の公園です。
さすがバンクーバーでも一番お洒落な地域イエールタウンの近くなので
カッコいいワンちゃんが目白押しです。(ついでに飼い主もカッコイイ)

こちらではワンちゃんのお散歩で、結構出会いがあるそうですよ。
だからモテない男は犬(特にカワイイ系)を連れて歩くと良いんだよ・・
なぁんて不純なことを言っている輩がおりました。笑

それでは次回の「バンクーバーのペット事情」をお楽しみに。

                        バンクーバー不動産やのカバン持ち


↓よろしかったらクリック応援してください。
人気ブログランキングへ
# by stessa2 | 2007-10-07 08:51 | 鳥や犬など生き物話

ビーズのゆびわ

日本の友達がプレゼントしてくれたビーズの指輪です。
アンティーク・ビーズを使った彼女の手づくりデス。

d0129786_12481640.jpg

私のお誕生日やクリスマスに、カードと一緒にそっと日本から届きます。

とても綺麗なので身に着けて出掛けたいのですが
壊れるのがコワくてたまにしか使いません・・

・・だから、ときどき箱から出して眺めマス。

でも、ひとりで見るだけだともったいないので写真を撮りました。

d0129786_12485435.jpg

眺めていると、彼女が一生懸命作っている姿が目に浮かびます。

あまり根を詰めて目を悪くするのでは・・
と心配してしまうぐらい一つ一つ手が込んでいます。

久しぶりに日本で会ったとき、
材料のアンティーク・ビーズを探すために遠くまで行くことがあるのよ・・
と彼女は笑っていました。


d0129786_12492767.jpg


ここカナダで日本人の繊細さを感じさせてくれるビーズ・アクセサリーです。

                      バンクーバー不動産やのカバン持ち 


ブログ・ランキングに参加しています。
↑よかったらココをクリックしてください。
# by stessa2 | 2007-10-06 13:20


バンクーバー在住者の四季折々の備忘録。夫は現地で不動産業者をしております。リンクされる場合にはメールにてお知らせください。不動産のお問い合わせも受け付けております。stessa@hotmail.co.jp


by stessa2

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

食べたもの最近情報
バンクーバーでうろうろ
バンクーバーの四季折々
バンクーバー発信素敵なもの
バンクーバーでイベントに行く
鳥や犬など生き物話
小さな庭の園芸話
カバン持ちの台所
カバン持ちの好きな物
はばたけ素敵なでしこ達
バンクーバーでお宅拝見
バンクーバーから日帰り旅行
バンクーバーで動画
海を渡ったお菓子いろいろ
懐かしの日本滞在記
イタリア、ヴェネツィア滞在記
バンクーバー旅行豆情報
季節の着物・茶道
BC州観光局現地レポート記事

タグ

(187)
(121)
(85)
(67)
(67)
(65)
(65)
(65)
(47)
(40)
(37)
(35)
(34)
(25)
(21)
(19)
(19)
(16)
(15)
(12)

最新の記事

Four Windsクラフト..
at 2017-07-21 15:29
苺摘み
at 2017-07-17 16:58
バレエのレッスンのあとはビール
at 2017-07-13 16:23

バンクーバー不動産について
ブログ筆者stessa2の夫はバンクーバーの不動産取扱い業者で、主に住宅用物件の売買及び投資物件、店舗・オフィスなど商業物件も扱っております。不動産に関する仔細はホームページをご覧になるか下記のメールアドレスから気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちらから

メールアドレス
jmurakami@telus.net



カバン持ちへのメールは下記アドレスからお願いいたします。
stessa@hotmail.co.jp



お気に入りブログ
NeverSeconds
フィレンツェ田舎生活便り2
グンジ家の食卓
ヴェネツィアときどき..
エミリアからの便り
イタリア料理ほんやく三昧
ヴェネツィア冬紀行
森まどかのメロメロ..
Rotonda BLOG
じーさんがばあーさんに作る
Art & Bell by Tora
qoo's life
気配の写真家niなりたい
神田の家 * スタッフ日誌
淡路屋ブログ
moge
happy to meet
the RT BESTIARY
チョコラブYUMの毎日
どうなんかね国際結婚
岡山GoGoグルメ隊
凛の冒険記
百花ミナオの裏ジャパン..
++mariko+news++
Zappin' in my life.
Vancouver de BigBoss
外から見る日本見られる..
金魚さんのブログ
Judy子のブログ
橙葉What's for Dinner?
Good Day Vancouver 
ぱんだこのバンクーバーLife
バンクーバー日々是々
Reikocakes
風のたよりfromバンクーバー
バンクーバー新報
ふれいざー
Life Vancouver
タウンページ
Oops!
桜楓会
Blue Works
JP Rail.com
Travel Box
NAVITOUR
JTB CANADA
H.I.S.カナダ
メインランドクリニック
Kaori Otake
週間NY生活
Nature Fine Art Photo
Sea Island Clinic
il sospiro del mare







  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。