Osteria ai 4Feri@Venezia

毎年ヴェネツィアへ行ったら必ず寄るお店が何軒かある。
d0129786_15195442.jpg

レストラン部門ではカンポ・バナバにある「Quatro Feri」。マンマの味の食堂だ。カナダドルから換算すると食堂と呼べるほど安いわけではないが、そのイタリア版母の味と呼べるパスタは期待を裏切らない素敵な一品だ。ちなみにパスタ麺は普通の乾燥パスタを使っているのだが、魚市場で仕入れた新鮮な魚介類を使った味付けは一般家庭では出せないお味。なので毎年ここで食事をするのもヴェネツィア滞在の大きな理由の一つである。
d0129786_15224542.jpg
d0129786_1529372.jpg
昨年までは開店時間は12時半だったのが今年は12時から営業していた。さらに値段も心持ち上がったようにも感じたが気のせいかもしれない。
店に入るとすぐに顔を思い出してくれていつもの窓際のテーブルに案内してくれた。
d0129786_15335673.jpg
ここでいつも注文するのは前菜にシーフードの盛り合わせ+パスタ+コーヒーと決まっている。パスタはボンゴレやイカスミは一人前から注文できるが、私の目当てのシャコやスカンピなどを使った名物パスタは2人前からの注文となっているので要注意。
この前菜のシーフードの盛り合わせも塩は殆ど効いてなくてシーフード本来の旨味とオリーブオイルのみで味付けされている。なので最初のひとくちめは少々物足りない感じもするが食べているうちにその旨味に気づく。
d0129786_1556017.jpg
大好きなスカンピのパスタ。スカンピには一応背の部分に切れ目が入れてあるが、これをきれいに食べるために私はいつもウエットティッシュをバッグに忍ばせて行く。で、ひとまず熱いうちにパスタを食べきってからこのスカンピと格闘することに決めている。最後は両手を使ってスカンピの爪の部分もバリバリ音をさせて食べる。主人がその様子を見てスプラッシュの映画の中のワンシーンを思い出すそう。
d0129786_1605637.jpg
こちらは滞在中また別の日に行ったときのスカンピのパスタ(2人分)。この日はポモドーロではなくてカリフラワーとスカンピのパスタだったように思う。毎週メニューが変わるのでその週によって同じスカンピのパスタでも合わせる野菜が違ったりでまた全然違う味に仕上る。私が一番好きなのはスカンピとラディッキオのパスタなのだが、今年はついにその組み合わせに出会わなかった。あとシャコだけのパスタも巡り合わなかったので残念無念。それでもここのほっくりとした風味はどの味付けにも感じられて旅の疲れもほっとする味なのである。また来年もここで食事する自分の姿が今から目に浮かぶ。

★以前のブログ記事及びレストランのアドレスはこちらから↓
ヴェネツィア滞在記2015-オステリアQuatro Feriを徹底解剖

バンクーバー不動産やのカバン持ち
# by stessa2 | 2017-02-09 15:46 | イタリア、ヴェネツィア滞在記

フリッテッレTONOLO@ヴェネツィア

1月のヴェネツィア滞在中に悲しい出来事がありました。私が滞在しているアパートの近所にTONOLOという有名なお菓子屋さんがあります。冬の仮面カーニバル前に季節のお菓子として登場する揚げ菓子のフリッテッレ・ザバイオーネ。ヴェネツィアでも特にTONOLOのは美味しくて地元っ子に大人気。営業時間中は店内が大混雑。押し合いへし合いしながらやっと買える、そんな状態。特に主人はこのTONOLOのフリッテッレ・ザバイオーネが大好きで、毎年ヴェネツィア滞在中は毎日食べに行くぐらい。
d0129786_160599.jpg
店内でも食べれますが、こうして持ち帰りを頼むと包んでくれます。このラッピングの仕方がまたイタリア独特で、どこか遠い昔の日本のお菓子やさんを思い起こさせる包み方。
d0129786_161204.jpg
これはフリッテッレのザバイオーネとヴェネツィアーノ。ザバイオーネはその名のとおりザバイオーネクリーム入り、ヴェネツィアーノはレーズン入りとなってます。ちなみに私はヴェネツィアーノ派。
★2015年の記事とお店情報は→ヴェネツィア滞在記-カーニバルのお菓子フリッテッレ@TONOLO

ところが..

今回の滞在中も最後の頃、このTonoloが突然お休みとなり、なんと店主のTonoloさんがお亡くなりになったことを知りました。
d0129786_16163678.jpg
教会の壁に貼り出されたTonoloさんの葬儀のお知らせ。その前々日までフリッテッレを食べていたので、あまりの突然の訃報が信じられませんでした。
きっと、もう今頃は普通どおりに営業を再開していると思いますが、家族経営のお店ゆえ、その喪失感を思い量ると心が痛みます。
ただの外国人の私にフリッテッレの美味しさを教えてくれた大切なお店です。そして来年も、またヴェネツィアへ行って例年どおりにこのTONOLOで変わらぬ味のフリッテッレを食べれますように。高齢化の波がひしひしと押し寄せているヴェネツィアの街。それでも親から子へずっと継承していって欲しい、大切なものが沢山ある街。それらがいつまでも守られることを心から望みます。

バンクーバー不動産やのカバン持ち
# by stessa2 | 2017-02-06 15:52 | イタリア、ヴェネツィア滞在記

信じられないことに..

信じられないことに..

朝、起きたらそこは、雪国だった。
d0129786_17482152.jpg
雪の苦手なC子は脱兎のごとく玄関ポーチを駆け上ったのであった。
d0129786_17554340.jpg
ちなみにこの雪は来週の火曜日まで続くらしい。汗
# by stessa2 | 2017-02-04 17:49 | バンクーバーの四季折々

分とく山御膳@Pacific Rim Hotel

本日のバンクーバーは晴れ、気温は5℃。やはりまだまだ寒い日が続いていますが、それでも日差しには早春のやわらかい暖かさを感じます。

**
今日は楽しみにしていたFairmount Pacific Rimホテルでのランチ。その名も「分とく山御膳」 あの広尾にある名店の分とく山の野崎シェフプロデュースのランチです。というのもここバンクーバーにその「分とく山」が出店予定。これから建築予定の隈研吾デザインのコンドミニアムの中に出店予定だそうです。で、そのコンドミニアムのプレゼンテーションを兼ねたイベントがバンクーバーのダウンタウンにあるPacific Rimホテルで開催されていて、その一環としてホテル一階のバーラウンジでこの「分とく山御膳」が一日10食限定で作られているのです。
d0129786_1641814.jpg
こちらがそのお料理。汁物として鮭とごぼうの粕汁が最初にサーブされました。鮭の粕汁はどちらかというと苦手な一品なのですが、そんな私でも思わず美味しい、と言葉が出るほどおだしが効いてて美味でした。バンクーバーで食べる鮭料理でよく感じる鮭の臭みも一切感じられずその鮮度と処理の良さは流石です。
この御膳の内容は一の膳はサーモンといくらのおろし和え、まぐろ山かけ、子持ち昆布、いわしの雪花和えなど。二の膳は里芋の利休寄せ黄身酢載せ(興味深い一品でした)、銀鱈西京焼き、海老あられ揚げ、大豆ご飯など。三の膳は和牛ローストビーフ、かぼちゃ甘煮、セロリのきんぴら、卵焼き、鮭ご飯、アスパラ。
四の膳はイカ鳴門巻き、レンコン海老山椒揚げ、鶏松楓焼き、炒り菜ご飯など。

思い返せば今から30年近く昔、東京にBIGIグループやジュンコシマダの買い付けに出張していた頃、メーカーの接待で確かその頃はまだ霞町にできたばかりの分とく山に2度ほど食事に行きました。当時そこには山本耀司さんがよくお食事に来られていてアパレル業界のグルメの間ではそれが結構話題になっていたっけ。私も随分若かったからさほど和食の良さ分からなかった頃でした。猫に小判だったな〜。

d0129786_1734078.jpg
こちらのシェフのTakaさんから和風カクテルを2種プレゼントして頂きました。特に右側の緑茶と柑橘系ベースのカクテルがなぜかヴェネツィアを連想させる味でした。ほんのり磯の香りに似た風味とアペロールスプリッツのようなほんのり苦味を含んだ甘みと柑橘系の爽やかさがヴェネツィアを思い出させるのかも。

d0129786_1644298.jpg
デザートはフルーツと一緒に和菓子の練り切り♪ たぶんこれは娘の知人Misaeさんの作。あんまりお腹がいっぱいになったのでこの和菓子だけ持ち帰りにして頂いて自宅で食べたらやっぱり美味。Misaeさんの練り切りのレベルの高さに改めて感激。海外に住みながらこうして分とく山監修の和食を食べてMisaeさんの練り切りを食べて、この恵まれた環境に感謝です。

追記:分とく山御膳の感想。とても手が込んでいて見た目も美しく美味しく頂きました♪ 強いて言えばセロリのきんぴらが他のお料理に対して心持ち味が濃かったかも? 主人はそのくらい味が濃いほうが好みだそう。なので好き好きですよね。それぞれの膳に小さなおにぎりになったご飯が付いているし、最初の粕汁もあるので見た目よりもボリュームがあります。食材の新鮮さも素晴らしいし、Takaさんの心のこもった一品一品に大満足でした。
ちなみにレストランは改装中のため?一階のバーラウンジでのお食事となります。特にこのメニューの人は前もってチケットを買っているので、店内の窓際の一角のハイチェアーのところとなっています。もしくはラウンジの低いテーブルでも食べれると思いますが、あそこだとテーブルと椅子が遠すぎてこれまた食べにくい感じでした。あとテーブルに出されるお醤油がちょっと塩っぱかったかも。普通の和食屋さんではこのクオリティーのお醤油を使っていますが、分とく山のお料理なのだからもう少しハイクオリティーなお醤油で頂きたかったかも。でもサーモンのお刺身と山かけ以外はお醤油は不要なので、ついでにその2点も「づけ」にしておいてくれてもいいかも。←とつぶやいてみた。

バンクーバー不動産やのカバン持ち
# by stessa2 | 2017-02-02 16:16 | 食べたもの最近情報

レオナルド・ダ・ビンチ空港@ローマ

バンクーバーからロンドンを経由してローマのレオナルド・ダ・ビンチ(フィウミチーノ)空港に着いたのは夜遅く。空港もシーンと静かな空気。スーツケースのピックアップレーンに向かって歩いていると、通路のはしにあったのは昔懐かしいサッカーのゲーム機。
d0129786_1642336.jpg
d0129786_16425973.jpg
早速主人と対戦♪ こうして久しぶりに遊んでみるとこの旧式なゲーム機もなかなかに面白い。もっと対戦したかったのだが、イタリア到着早々、こんなところでいつまでも遊んで時間を潰してもしょうがない。まだホテルにチェックインさえもしていないのだから。それにしても流石サッカー大国だけあって空港の通路にこんなゲーム機が置いてあるとは。さらにそれが無料で遊べるというところがイタリアっぽくてチャーミング。
それからもう一つ目を引いたのがこちら。
d0129786_165524.jpg
コーヒーの自動販売機。種類の多さにさすがイタリアと感心しきり。エスプレッソ、マキアート、カカオ入りマキアート、マキアート大盛り、カフェルンゴ(エスプレッソを通常の倍の水の量で抽出したもの)、カプチーノ、カカオ入りカプチーノ、カフェルンゴ大盛り..
その次の項目にびっくり!Ginsengとなっている。ジンセンって(高麗)人蔘の意味?人参のマキアートとかルンゴとかカプチーノ?? う〜ん、試してみればよかった。後悔、後悔。
その次の項目は普通にデカフェ。デカフェのコーヒーやマキアートやルンゴなどなど。その下の項目はホットチョコレート、そして紅茶。ちなみにどれでも1ユーロ。空港からしてこんなに楽しいと長旅の疲れも吹き飛ぶ気分である。
# by stessa2 | 2017-02-01 16:51


バンクーバー在住者の四季折々の備忘録。夫は現地で不動産業者をしております。リンクされる場合にはメールにてお知らせください。不動産のお問い合わせも受け付けております。stessa@hotmail.co.jp


by stessa2

カテゴリ

食べたもの最近情報
バンクーバーでうろうろ
バンクーバーの四季折々
バンクーバー発信素敵なもの
バンクーバーでイベントに行く
鳥や犬など生き物話
小さな庭の園芸話
カバン持ちの台所
カバン持ちの好きな物
はばたけ素敵なでしこ達
バンクーバーでお宅拝見
バンクーバーから日帰り旅行
バンクーバーで動画
海を渡ったお菓子いろいろ
懐かしの日本滞在記
イタリア、ヴェネツィア滞在記
バンクーバー旅行豆情報
季節のお着物
BC州観光局現地レポート記事

タグ

(187)
(120)
(83)
(66)
(65)
(65)
(65)
(64)
(46)
(38)
(35)
(34)
(33)
(25)
(19)
(19)
(17)
(16)
(15)
(12)

最新の記事

松竹歌舞伎映画「熊谷陣屋」を..
at 2017-02-22 15:31
BETA5のバレンタインチョコ
at 2017-02-20 19:42
2月、雪解けあとの庭
at 2017-02-19 17:01

バンクーバー不動産について
ブログ筆者stessa2の夫はバンクーバーの不動産取扱い業者で、主に住宅用物件の売買及び投資物件、店舗・オフィスなど商業物件も扱っております。不動産に関する仔細はホームページをご覧になるか下記のメールアドレスから気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちらから

メールアドレス
jmurakami@telus.net



カバン持ちへのメールは下記アドレスからお願いいたします。
stessa@hotmail.co.jp



お気に入りブログ
NeverSeconds
フィレンツェ田舎生活便り2
グンジ家の食卓
ヴェネツィアときどき..
エミリアからの便り
イタリア料理ほんやく三昧
ヴェネツィア冬紀行
森まどかのメロメロ..
Rotonda BLOG
じーさんがばあーさんに作る
Art & Bell by Tora
qoo's life
気配の写真家niなりたい
神田の家 * スタッフ日誌
淡路屋ブログ
moge
happy to meet
the RT BESTIARY
チョコラブYUMの毎日
どうなんかね国際結婚
岡山GoGoグルメ隊
凛の冒険記
百花ミナオの裏ジャパン..
++mariko+news++
Zappin' in my life.
Vancouver de BigBoss
外から見る日本見られる..
金魚さんのブログ
Judy子のブログ
橙葉What's for Dinner?
Good Day Vancouver 
ぱんだこのバンクーバーLife
バンクーバー日々是々
Reikocakes
風のたよりfromバンクーバー
バンクーバー新報
ふれいざー
Life Vancouver
タウンページ
Oops!
桜楓会
Blue Works
JP Rail.com
Travel Box
NAVITOUR
JTB CANADA
H.I.S.カナダ
メインランドクリニック
Kaori Otake
週間NY生活
Nature Fine Art Photo
Sea Island Clinic
il sospiro del mare







  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。