<   2012年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

母の料理本

本日のバンクーバーは最高気温でもたった15℃。お天気も曇り空で☂もお湿り程度降りました。
そんな事が災いしたのでしょうか、今日も少し喉が痛くて、、明日は大事な約束があるので
今夜は早めに寝る事にいたします。

そして、今夜ブログに書こうと思っていたのはこちらのお話↓
d0129786_14472823.jpg

ずい分よごれた本ですよね。苦笑
じつはこの本は母が若い頃、花嫁修行で習っていた料理学校の教科書です。
私はまだ子供だった頃、この本が大好きでした。
おっとっと、そのお話はまた後日、、ではおやすみなさーい。


                                  バンクーバー不動産やのカバン持ち


d0129786_21355274.gif
←応援もクリックも宜しくお願いいたします♪


by stessa2 | 2012-05-30 14:55 | Comments(2)

ランチを食べてレセプションへ、、

BC州観光局の現地レポート更新しました♪
今回のテーマは「バンクーバーでアフタヌーンティー」です。
上の下線部分をクリックして頂くとご覧になれますので、よかったら見てみてください。


*****

今日はカードの暗証番号再登録のため銀行へ行ったり、ちょっと交換するものがあってそちらへ
行ったり、、ばたばたと雑用をこなし、仕事から帰ってきたダンナ様と合流してダウンタウンへと
向かう途中で遅めのランチとなりました。

d0129786_14111760.jpg

W.4thの「Suika」です♪

※以前の記事はこちらから→スナック スイカ」のお昼ごはんは?

d0129786_14113753.jpg

ランチメニューを見ながら牛すじカレーにしようか?それとも味噌ラーメンにしようか散々悩んで
結局選んだのはまたしてもお子様ランチ($8.80)
一緒に付いてくるサラダもドレッシングが良い感じ♪
こんもり盛られたご飯の横には、食べようか悩んだ牛すじカレーもちょっぴり付いてて思わずにっこり。
量的には心持ち少なめですが、その分サラダが賄ってくれるので私にはOkです。
さらに大きな鶏のから揚げにはちゃんと隠し包丁がされていて、女性には嬉しい細やかな心遣い♡

ご馳走さまでした♪

**
残念ながらお天気は今にも雨が降り出しそうな曇り空。気温も17℃前後でした。

d0129786_14163179.jpg



そして3時から向かった先はこちらのFairmont pacific Rim Hotel
d0129786_15142347.jpg

このホテルの3階で不動産関係のレセプションがあって、、

d0129786_1573081.jpg

遅めのランチのあとなのに、炭酸飲料と、それから目の前をお盆に載せられて通るカナッペを、
次から次へと食べていると、私的には不本意ながら、、うちのダンナ様に笑われてしまいました~。

**

このあとやはり雨になり、夕方のチョコちゃんのお散歩は中止。このところお楽しみの午後のお散歩に
連れて行ってないので、チョコちゃんちょっと不満そう。
じつはここ2日ほど喉が痛くてちょっと不安。アレルギーだったらよいのですが、風邪気味だったら
どうしよう.. とお散歩も控えているのです。なんて云ってるうちにビタミンC飲んでおこうっと♪

**
昨日のブログにアップしようと思っていて、すっかり忘れたこの写真↓

d0129786_1401667.jpg

友人のEちゃんママから頂いたマカロンです♡
彼女のおうちからほど近い「Soirette」というお店で買って来てくれました。
とてもおいしく頂いたので、また今度お店のほうへも行ってみようと思います。
Eちゃんママ、ありがとう、ご馳走さまでした♪

                                   バンクーバー不動産やのカバン持ち



d0129786_21355274.gif
←応援もクリックも宜しくお願いいたします♪


by stessa2 | 2012-05-29 17:03 | バンクーバーでうろうろ | Comments(10)

オニオングラタン・スープ@Bistro Pastis

週末にEちゃんママと久々にお二人様ランチに行きました♪
そう、彼女が独身だった頃、時々こうして食事に行っていたのですが、それから幾年月..
可愛いEちゃんもちょっぴりお姉さんになり、そして子育てに仕事にと忙しいEちゃんママもこの日は
時間が取れるという事で、ず~っと伸ばし伸ばしになっていたランチに一緒に行く事ができました♪
で、2人で検討した結果、オニオングラタンスープにハマっている私の要望もあって、こちらにーー

d0129786_13221853.jpg

キツラノの「Bistro Pastis」です♪
d0129786_1350770.jpg

French Bistro Pastis
2153 West 4th Ave. Vancouver
Phone/ 60-731-5020
営業時間
Lunch/ Tuesday–Friday 11:30am–2:00pm
Brunch/ Saturday and Sunday 11:00am–2:00pm
Dinner/ Tuesday–Sunday 5:30pm–10:30pm
月曜定休

d0129786_13224066.jpg

こちらのレストラン、お味も価格も目の玉が飛び出るほど高いわけでもなく、この近くのカフェなどは
週末ブランチで行列が出来るほどなのに、ここはなぜかめっきり静かです。
やはり週末は、ビストロとはいえども、白いテーブルクロスにワイングラスが並ぶフレンチではなくて、
もっとカジュアルな北米的カフェでわいわいとブランチするのがこの辺りのトレンドなのでしょうね。
それはそれでまた楽しいのですが、こういったビストロで頂くウィークエンド・ランチも好い気分♡

店内に入ると、表通りの4 th.に面した明るくて素敵な丸テーブルを薦めてくださったのですが、
その席は道路に近いのでちょっとうるさそう、、という事でお店の奥の誰もいないところの一角へと
案内して貰いました。
お店の方はどこでも好きなテーブルを選んで良いですよ、と云ってくれたので、私の勝手で4人席の
壁側の坐り心地の良さそうなソファーシートを2人横並びに坐らせて頂きました。
本当かどうか、もう記憶も定かではありませんが、私がまだ学生だった頃、パリではレストランやカフェで
2人正面坐りするよりも横並びを好むと書いてあるのを読んだ事があって、実際にそうしてみると確かに
正面坐りとはまた違った、会話のし易いカジュアルな心地良さがあるのに気付きました。
それ以来、お店と、それからご一緒した方の了解さえ取れれば、今回のように坐わります。

さて、お喋りをする前に、メニューから選んだのは勿論ーー

d0129786_1322543.jpg

オニオングラタン・スープ($8.50)

このオニオングラタン・スープ、美味しい♪ このところコレにハマっている私ですがこちらレストランのは
塩っぱくないし、むしろ心持ち甘めのフレンチっぽい味付けです。
この雰囲気でこの価格でこのレベルのオニオングラタン・スープが味わえればもう何も言う事はありません。
ちなみにカウンターで一人ワインを飲んでいた常連らしきご年配の男性はオニオングラタンスープを食べて
帰って行きました。 

さて、私達はこれだけでは少なすぎるし、かといってメインを平らげるほどお腹にスペースがあるわけでも
ないので、サラダを一品頼んで、それを2皿に分けてサーブして貰いました。

d0129786_13231383.jpg

Belgian Endive, Candied Walnuts, Pear and Roquefort,
Hazelnut Vinaigrette, ($13)
Endive=アンディーヴ、またの名をチコリ←私の大好きな野菜です♪
シャキッとした食感と穂先の華奢な柔らかさ、そしてほのかな苦味が大人の魅力

それを一口大に刻んでロックフォールチーズと胡桃、それに細長く刻んだ梨と一緒にクリームドレッシングで
トスしてあります。
これは2人でシェアして正解。羊乳のブルーチーズの個性ある旨みと塩分が、胡桃の香ばしい風味と
梨の爽やかさとマッチして、フォーク片手にお喋りしながら頂くにはぴったりな一品でした♪

d0129786_1324373.jpg

この日はデザートはパスして珈琲を貰い、しばらくお喋り^^

このあと2人でキツラノを4th.に沿って歩きながらウィンドウショッピング♪
普段なにげなく通り過ぎている道もこうして歩いてみると知らないお店の多いこと。
化粧品小物屋さんやギフトショップ、いつものキッチン用品屋さんやお肉屋さん、、
お鍋のこと、焼き菓子のこと、石鹸のことや子供のことなどなど、目に入るものから思いつくままに
お互いの情報交換は女性にとってのお楽しみ♪
そう、ダンナ様や子供抜きのこんな時間が女性の英気を養うのです。

                                  バンクーバー不動産やのカバン持ち



d0129786_21355274.gif
←応援もクリックも宜しくお願いいたします♪


by stessa2 | 2012-05-28 16:59 | 食べたもの最近情報 | Comments(5)

2012年5月28日観光局記事バンクーバーでアフタヌーンティー

イギリス連邦加盟国でもあるカナダはイギリスの影響を強く受け、私の住んでいるバンクーバーも様々なところでイギリス的なものを見かけます。それは食文化にも影響し、その象徴的なものとしてアフタヌーンティーが挙げられると思います。私の家族もまた友人も、そんなアフタヌーンティーが大好きで、週末になるとあちらこちら食べ歩いております。そんな中から今回は私の一番お気に入りのお店をご紹介いたします。
d0129786_6101631.jpg

店名は「SECRET GARDEN 」(シークレットガーデン)、場所はダウンタウンから車で約20分、バスだと30分ぐらいの住宅地に隣接した商店街の一角にあります。一般的にホテルのアフタヌーンティーは週末の午後2時ぐらいからスタートする処が多いのですが、こちらのお店では毎日12時から夕方まで大体3回に分けて受け付けています。料金は紅茶とアフタヌーンティープレートのセットで大人$26.95、8歳未満の子供は$17.95です。さてお店に着いたら入り口で名前を告げ、予約を確認して貰います。そしてテーブルへと案内して貰い、まず最初にメニューからお茶を選びます。お茶の種類はフレーバーティーやハーブティーなども含めて全部で40種類以上。

d0129786_6103919.jpg

さらにティーカップもそれぞれに可愛いものを持って来てくれるので、まずそのティーカップの模様から話が弾んで楽しいアフタヌーンティータイムが始まります。紅茶はそれぞれのポットに選んだ茶葉で運ばれて来ますが、そこで目を惹くのがこのお店オリジナルのポット用カバーです。なお、茶葉同様、このカバーも店内の陳列コーナーで購入することが出来ますので、旅の思い出として自宅用に、またお土産としても素敵です。アフタヌーンティーを食べ終わったら、店内奥にあるこのコーナーのチェックも忘れずに♪
d0129786_611546.jpg

d0129786_6142699.jpg

さてこちらがアフタヌーンティーのティースタンドに盛られたスコーンやサンドイッチ、プティフールなどなど、テーブルに運ばれてくるとそれまでの会話も止まってみんな笑顔になる瞬間です。
d0129786_6175889.jpg

d0129786_6181278.jpg

この写真は3人分が同じプレートに盛られているので、ちょっと溢れた感が否めませんが(笑)、一人分でもたっぷりな量があるので、ランチ代わりとして食べても十分満足できます。また食べきれずに残った場合でも、お店の人にひと言お願いすれば、快く持ち帰り用の紙箱に詰めてくれるのでそれも嬉しいサービスです。
d0129786_6185554.jpg

またそのテーブルに次の予約が有る場合には、さりげなくこんなプレートが置いてあり、お店側とお客との円滑な対応にひと役買っています。そうそう、肝心のアフタヌーンティーのサンドイッチやお菓子のお味ですが、このお店のものは例えて云うならば、まるでイギリスの田舎町で評判のベーキング好きのおかあさんが作ったような、そんな素朴な味わいです。高級ホテルの洗練されたアフタヌーンティーとはまた全然違っていて、逆にそれが長い年月、このお店を人気店にしているゆえんでもあると思います。バンクーバーへ旅行で来られて、もし時間があったなら、ダウンタウンからはちょっと離れていますが、バスに乗って是非こちらのアフタヌーンティーを楽しまれてみてください。きっと素敵な旅の思い出となると思います。念のため路線バスルートの検索サイトもご紹介しておきますのでよろしかったらお試しください。

※お店のホームページはこちらから→SECRET GARDEN
※英語ですがバス路線を簡単に調べるのはこちらから→TRANSLINK

追記:事前に予約を忘れずに取ってください。ホテルにお泊りならフロントのコンシェルジュに頼んで予約を入れて貰いましょう。それからアフタヌーンティーの後はこのすぐ近くの41st.辺りを散策してみるのも楽しいです。
by stessa2 | 2012-05-28 10:05 | BC州観光局現地レポート記事

またまたTABLEAUでオニオングラタン♪

本日のバンクーバーはどこまでも広がる青い空、気温も20℃と理想的な週末の金曜日となりました。

今日はお世話になっている方への差し入れのThomas Haasのチョコを買いにW.10thへ行って、
その人の好きなダークチョコを詰めて貰ってVISAカードでお支払い。
と、ここで大きなミス(汗)、暗証番号を2回間違えてしまい、セキュリティーのためにカードが自動的に
ロックされて使えなくなってしまいました。
夕方帰宅後、VISAに電話して聞いてみたところ写真付き身分証明証を持って銀行へ行ってロックを
解除して貰わなければならないそう... あ~、大失敗だ。
言い訳:昨日からアレルギーが酷いので、今朝はついに薬を飲みました、その副作用で頭がぼ~っと
して、暗証番号間違えました~。

**

さてさて、そんな事が起こった後ですが、気を取り直してとりあえずランチに♪

d0129786_1413557.jpg

先週の水曜日に行ったばかりの「TABLEAU」のオニオングラタンスープがまた食べたくなって
ダンナ様を誘って行きました。
でもオニオングラタンスープだけじゃ、ちょっと足りないし、さりとてメインを一品食べられるはずもなく、
ってことで前回食べ逃したーー

d0129786_1422134.jpg

こちらのガーデンサラダ($8)を頂きました。
それからお待ちかねのオニオングラタンスープ($10)です↓

d0129786_142833.jpg

じつはこのサラダもオニオングラタンスープもメニューでは同じ前菜のカテゴリーにあるので
一気に2品運ばれてきて、「前もって一皿ずつ出して欲しいと言っておけばよかった..」と一瞬
後悔したのですが、これがなかなかどうして功を奏じたようです。というのも、、
このオニオングラタンスープの熱々なことと云ったら!サラダを全部食べ終わって、そろそろ
さめてる頃かな?と思ったのが大きな間違い。まだまだ十分舌をやけどするぐらいの熱さでした。

そしてちょっと残念なことに、前回もかなり塩っぱかったのですが、今回はさらに塩分が強く、
お味のほうは良いのですが、その塩っぱさに、不本意にもとうとう残してしまいました。
なので「味のほうはどう?」と聞きに来たテーブル担当のスタッフさんに、
「美味しかったけど、ちょっと塩っぱかった」と感想を伝えさせて頂きました。
次回これを頼む時は「塩分控えめに出来ますか?」と、前もって聞くことにいたしましょう

その前回の模様はこちらから。

d0129786_143138.jpg

それからバタバタと用事を済ませ、チョコレートも届けて、この日の用事は無事終了。
で、帰りに生活用品を買いに行って、そのあと通り道だったのでこちらに寄ってみました♪

d0129786_1452646.jpg

はい、ガーデニングのお店です。
W.Broadway×Arbutusにあった「David Hunter Garden Center」がコンドミニアム建設のため
一度は閉店したものの、今年の春、場所を変えて新たにオープンしたのです♪
お店のHPでも言っているように、突然閉店したのが2年前。もうこの近くではオープンしないようだったので
遠いサレーのお店まで行かないとだめかな~と殆んど諦めていましたが、幸いにもこんな近くに場所が
見つかったそうです。そしてその新しいお店の場所は、何と今朝行ったThomas Haasの向かい側。
大好きな花の苗を眺めて、それからThomas Haasで甘い物食べて、な~んて理想的な組み合わせ♪

お店のインフォメーションは下記↓です。
まだオープンして間もないので商品構成にちょっと偏りがありますがそれもすぐに改善されると思います。
あ、以前のお店と比べてちょっと場所が狭いので種類も少ないのかも..どうかな?

d0129786_1621711.jpg

David Hunter Garden Centers
2560 West Broadway, Vancouver
(Larch St. とTrafalgar St.の間でWhite Spotの隣りです )
Phone/ 604-733-1534
                                
                                  バンクーバー不動産やのカバン持ち



d0129786_21355274.gif
←応援もクリックも宜しくお願いいたします♪


by stessa2 | 2012-05-26 16:20 | 食べたもの最近情報 | Comments(0)

阿部眞士さんの器

昨日、虹が見えました♪

d0129786_12581049.jpg

本当は半円を描いた大きな大きな虹だったのですが、小雨がぱらついていて庭に出られず、、
この位置からでは上手くカメラに収まりませんでした。 う~ん、残念

***

さてさて、
じつはこの4月に日本へ行った時、このような食器を買って来ました。

d0129786_1341595.jpg

陶芸作家 阿部眞士さんのマグカップです。
陶芸がお好きな方ならこのマグカップの柄行きでもうお気付きだと思いますが、そう、あの柳宗悦の
民芸運動やバーナード・リーチとの交友でも知られる富本憲吉の作品を髣髴とさせるものです。

富本憲吉の作品は大原美術館の工芸館にその展示室があり、若い頃初めてそこで作品に出会った時、
それまで民芸に一切興味の無かった私が、即、ひと目惚れ。 その作品群が心の琴線に触れて、
なかなか展示室から出られなくなった強い記憶が今でも残っています。
それ以来、岡山から倉敷の大原美術館へ一体何度通った事でしょう。

で、
一年半前、岡山へ帰国の折に表町商店街で民芸を扱っていた”暮らしのギャラリー”へ買い物に行き、
そこではたまたまこの阿部眞士さんの個展が開かれておりました。
そしてその時、富本憲吉の流れを汲んだこの方の作品がとても気に入ったのですが、、
てっきり常設だと思い込んでいたので、予定外のお買い物は衝動買いを避けるために数日考える事に
しよう、と、その日は断念。
それでもどうしても阿部さんの器が忘れられず、その数日後に購入を決めて再度お店に行った時には、
もう作品は次の展示場へ移動したあとだったのです。

それ以来ネットでどうにか手に入らないか?と色々探してみたものの、なかなかこの方の作品を販売
しているサイトも見当たらず、、、
まぁ、これもご縁だと諦めて、で、今回の帰国時に前回購入した倉敷ガラスの作家小谷栄次さんの
器が我が家で重宝しているので、それを買い足そうと思ってお店に行ってみたら、、
な、なんと閉店しているではありませんか。汗
慌てて斜め向かいのお店の人に伺ったら天満屋本店の食器売り場に一部移動したとの事。
そこで息を切らしながらもその売り場へと行ってみると、、小谷さんのガラスの器は勿論のこと、
この阿部眞士さんの作品まで(わずかではありますが)展示されていたのです。

d0129786_13441024.jpg

そんな経緯でやっと手に入れることが出来た阿部眞士さんのマグカップと小鉢です。
本当はマグカップは白磁の縞手のものが欲しかったのですが、あいにく店頭にはこの色絵丸文柄
しかなくて、売り場の人に聞いてももう在庫も無く、選択の余地はありませんでした。
、、が、私が察するにこの方の作品は手に持ったときの安定感やぬくもり、さらに扱いの良さなどが
その大きな魅力だと想像していましたし、図柄も決して嫌いではなかったので結局購入♪
いざ使ってみると、手に収まる優しい使い心地や、持ち手に指を掛けた時のピタッとした親指の収まり、
さらに日本人の手に重からず軽からずの安定感。口当たりの良さ、洗いやすさなどなど、、
うんざりするほど褒め言葉の連打になってしまいます。

こちらの小鉢もーー

d0129786_13452667.jpg

煮物、冷奴、おひたし、お漬物、、と大活躍♪
この微妙なサイズと深さ、重さ、風合いが私の探していたものとほぼ一致。ただ、、

d0129786_13463924.jpg

購入時にこの高台部分が、なぜかほんの少し気になったのですが、それも素人考えでした。
十分安定感も良くて重宝しています。

d0129786_13474660.jpg

はい、この↑持ち手部分が私の手にはほぼ完璧です♡

じつはこの作家さん、一年半前にギャラリーで散々迷った挙句、数日考える事にして母とお蕎麦を
食べに行ったら、そのお蕎麦屋さんに偶然入って来られたのです。
そんな経緯もありながら、この春、偶然にも作品を入手する事ができ、使ってみたらその使い心地に
すっかりファンになったといういきさつです。
こんなちょっとした事がお料理や日々の暮らしを楽しくさせてくれる、それが器の素晴らしさですよね。

                                    バンクーバー不動産やのカバン持ち

d0129786_21355274.gif
←応援もクリックも宜しくお願いいたします♪


by stessa2 | 2012-05-25 15:24 | カバン持ちの好きな物 | Comments(5)

浜栄寿司@North Vancouver

本日のバンクーバーは気温14℃、日中ずっと曇り空だったのですが、夕方から雨。
一時は窓に打ち付けるような激しい雨が降っておりました。

**

さて、今日はお知り合いのご夫妻が日本から帰って来られたので一緒にランチへ。
その昔ダウンタウンにあった栄寿司さんの流れを汲む、ノースバンクーバーの浜栄寿司さんへと
行きました。

d0129786_13294382.jpg

じつはこちらの浜栄さん、ここのランチボックスが食べたくて、何度か来ようとしたのですが、
こちら方面に用事があって、「では行こう♪」と思うといつもランチがお休みの月曜日だったり、
定休日だったり、、と、なぜかタイミングが合わず、、涙

で、このところうちのダンナ様に「食べたい、食べたい」とその不満を訴えていたら、、
「じゃあ丁度日本から帰って来られたSさん夫妻を誘って行こう」という事になり、ついに浜栄さんの
ランチボックスを食べられる次第となりました♪

d0129786_1561382.jpg

浜栄寿司 Hamaei Japanese Restaurant
#620 – 2601 Westview Drive, North Vancouver
Phone/ 604-987–0080
営業時間
Lunch/Tuesday – Friday 11:30am – 2:00pm
Dinner/Monday – Thursday Saturday 5:00pm – 9:00pm
Friday 5:00pm – 9:30pm
Sunday and Holiday closed


と、お店に入るまではいつもの天ぷらとお寿司のランチボックスにしようと思っていたら、
なんと入り口においしそうなサンプルが飾ってあったので、迷った挙句、、、
ちょっと奮発して松花堂弁当($20少々)、ダンナ様は焼きそばランチボックス($14.75)を選びました。

d0129786_1330732.jpg

d0129786_13302247.jpg

こちらが↑その焼きそばランチボックス
左奥から揚げだし豆腐、天ぷら盛り合わせ、まぐろのお刺身胡麻だれ和え、
とびこののったロールにスパイシーツナの手巻き寿司、そして焼きそば♪

こちらが私の選んだ松花堂弁当↓

d0129786_13303711.jpg

左上から海老とこんにゃく、高野豆腐と野菜の炊き合わせ、海老と小あじなどのフライ(天ぷらも選べます)
右上は「こごみですよ♪」とSさんの奥様が山菜無知な私に教えてくれました^^
右下がお刺身の盛り合わせ、真ん中は鱈の西京漬け、鴨、小さな器はデザートのあんみつ、
左が甘エビのにぎりなどミニお寿司盛り合わせ。これにお味噌汁とご飯が付いてます。
この色々なものがちょっぴりずつって女心をくすぐって、結局美味しく完食です。
かたや男性陣は焼きそば、そして女性陣は松花堂、好みがはっきりと分かれて面白いものですね~

d0129786_1330579.jpg

楽しくお喋りしながら頂いたランチに心も胃袋も大満足♪
さらにーー

d0129786_13311486.jpg

Sさんの奥様からお土産でこんな素敵な麻のお布巾を頂きました♪
中川政七商店

私の大好きな麻色のお布巾、さらに包み紙も私の大好きなビービー紙♪ パラフィン紙のこと
子供の頃にこの紙を口に当てて吹くとビービーって鳴ったからこんな名前が付いてます。
この麻のお布巾を広げてみた瞬間、「あ、クロスステッチを刺すのにぴったり^^」などと思ってしまい、
一瞬、糊落としの洗いをかけずに、このままクロスステッチに使おうか、と迷ってしまった程素敵な風合い。
でも我慢、我慢、そんな思いを頭から拭い去り、糊を落として干しました^^ 明日から使わせて頂きまーす


***

ところで、、
この春に日本へ帰った時に受けた人間ドックの結果が届きました。

d0129786_13321161.jpg

ぜんぜん問題も無く、全て範囲内数値でOKでした♪
さらに2年前の結果と比べると、数値がさらに良くなっているものもちらほら^^

な~んて、検査の前だけ節制したと思われていませんか?いえいえ、逆に帰国直後の検査だったので
時差ぼけを治すためにちょっぴりお酒を飲んで寝たり、さらに検査前夜には母がステーキ肉を
買っておいてくれたので、それをニンニクたっぷりで焼いて食べて行きました。苦笑
そう、期末試験の一夜漬けのような事をしてほんの数日節制して検査に行ったのでは自分の体の
本当の状態を知ることは出来ない、と思って、、だからといってわざと不摂生にする必要も無かったりして^^;
でも流石に4年前の数値には届きませんでした~。 その理由はまさしく加齢ですが..

検査内容はーー
身体計測・測定等8項目、 生理機能検査4項目、 眼底検査 X線検査 尿検査5項目、 
血液学的検査6項目、  血生化学的検査22項目、 内視鏡検査、婦人科検査などでした。

こちらの病院の人間ドックの良い点は、結果数値や年齢に基づいて、その時点で何ら問題が無かろうと
これから年齢と共に起こるであろう問題点の傾向を推測して、こちらに残っている過去数回の
人間ドックの結果と照らし合わせ、その予防方法を普段の生活習慣の目線から、検査同日の問診時と
書類送付時にアドバイスがあることです。またそれがとても的確で現実的なのも助かります。

**

さて、この結果で気を緩めずに、今までどおり健康管理に目を配ろうっと。
って云いながら、その手元にはチョコレートが.. あせっ

                                 バンクーバー不動産やのカバン持ち

d0129786_21355274.gif
←応援もクリックも宜しくお願いいたします♪


by stessa2 | 2012-05-23 17:37 | 食べたもの最近情報 | Comments(6)

LUCIENでランチ@トロント

一泊2日のトロント滞在、帰りの飛行機はバレエを観た翌日の夕方5時半の出発でした。
でもほんとは朝一番の飛行機を予約しようとしたダンナ様を説き伏せて、夕方便にして貰ったのです。

さてさて、とりあえず朝ごはんはルームサービスで、、

d0129786_12525067.jpg

コンチネンタル・ブレックファーストが一人前$20
やはりルームサービスだけあってこりゃちょっとお高いけど、一人前を2人で半分こする事で節約、節約
前夜、ドアノブに引っ掛けておく朝食ルームサービス用の申し込みカードを何気に記入していたら、
何人で泊まっているのかを書き込むところがあったので、そこの2人のところにチェックを入れておいたら、
一人前なのにちゃんと2人用にお水やお皿など全部セットされて届きました~♫ 
この細やかな心配り、大まかが得意なカナダっぽくなくて感激
やっぱり金融の街トロントだからかなぁ~、、

お盆の上には小さなガラスの花瓶に白いお花も添えられていて可愛い♪ オレンジジュースもたっぷりで
コーヒーもポットにたっぷりと入っていました♪
こういった小さな心遣いで旅の印象もガラッと変わりますよね~^^

で、ホテルの部屋で朝ごはんを済ませ、それからちょこっとホテル内を探索。

d0129786_1385459.jpg

そして12時前にチェックアウトしてベルボーイさんに荷物を預けて、いざ、ランチへ。
そのランチのお店もホテルからほんの数ブロックなので、ゆっくりとお散歩がてら、、

d0129786_1392213.jpg

はい、見えてきました↑ こちらのLUCIENです。

d0129786_131217.jpg

LUCIEN RESTAURANT WINE BAR
36 Wellington St E Toronto, ON
Phone/ 416-504-9990
営業時間
Lunch/ Mon.Thurs. and Fri,11:30am-2:00pm
Dinner/ Sun-Wed. 5:00pm-10:00pm Thu-Sat 5:00pm-10:30pm

d0129786_1310235.jpg

じつはこちらのレストラン、最近トロントで10指に入る人気急上昇中のお店と聞いて、
この2日前、バンクーバーを出発する前から予約の電話を入れてありました。
でも、そんな心配は無かったみたい..
ここはワインバーなので混むのはきっと夜なのでしょう。焦りすぎてしまいました 苦笑

さらにさらにもう一つ失敗、、
本当は前菜のロブスターのブイヨンスープとダックのレバーかサラダにしようと思っていたのに、
ふと目に留まったスモークサーモンのサンドイッチを頼んでしまいました、、

が、

d0129786_13101685.jpg

スモークサーモンと読み違えたのはスモークド・サーロイン!
お昼にがっつり肉類はあまり食べない私は一瞬「どうしよう...」と途方にくれたのですが、幸いにも、
目の前には大メシ食いのうちのダンナ様♪
「きっと食べきれないと思うから助けてくれる?」と、私が聞くと待ってましたと嬉しそうに、「もちろん♪」
..ってことで安心してひと口食べてみると、、これが美味しい~~!!
薄切りのサーロインが美味しいBBQソースでくるまれて、塩分も見た目よりも全然薄くて、だけどお味は
しっかりしてて、、そう、ドミグラスソースとハヤシライスの中間のような濃厚なお味です。
食べた時の食感はビーフストロガノフ的♪ そしてスパイシー♪
ダンナ様が「ケージャン料理っぽい味だね。」などと知ったかぶり。
さらにサンドに使っているパンとの組み合わせがバッチリで、かなり満足^^
ただ一つ云えるのは、これが夜だったらビールや軽いワインと一緒に食べたらどんなに美味しいだろうと
それだけが残念。

またお店の女性が「アペタイザーはいいの?」と、あえて聞いたぐらい前菜に自信があるようで、、
やはりワイン片手に前菜から堪能すべきお店だと痛感したのでありました。
余談ですが、そのお店の女性スタッフはなんとバンクーバー出身で、6年前からトロントに住んで
いるのだそう。それだけで何だか親しみが湧いて、ひとしきり談笑。

あ、そうそううちのダンナ様は肉食い族(笑)なのでーー

d0129786_13103378.jpg

Beef Chorizo Sausageのポレンタと小タコ添えを食べていました。これこそワインが必要ね♪

d0129786_13141348.jpg


食後のデザートは省いて、エスプレッソ・ルンゴを注文したら、、

d0129786_1315382.jpg

ちゃんとルンゴになっていて、さらに「一応、お湯もよかったらどうぞ♪」と、ガラスの小瓶に熱湯を
ちょっぴり持って来てくれるこの細やかさ! やっぱり東海岸のトロントだからかな~
サトウキビのお砂糖も↑小皿に盛ってきれいにサーブされました。

d0129786_13105626.jpg

もしトロントに住んでたらしょっちゅう来たいお店です♪

**

さて、このあとダンナ様を説得してブティックが沢山あるというお洒落な地域Bloor St.へ、
地下鉄に乗って向かいました。

d0129786_15262242.jpg

う~ん、楽しい♪ 
地下鉄で10分ぐらいだったでしょうか?あっという間にそのBloor St.に到着。

d0129786_15274659.jpg
                 
どのお店もバンクーバーに同じショップがあるのですが、兎に角各ブランドの店舗が大きい!
そしてストリートの道路幅も広くて、まるでN.Y.の5番街にちょっとだけ雰囲気が似ています。

そしてキョロキョロと歩いていると、目の前に見つけたのがピンクの旗がたなびくHoltの建物。
バンクーバーとは違ってビルが一つまるまるHoltなので、こちらもまるでN.Y.のバーニーズのよう。
ってことで店内のカフェでーー

d0129786_1532680.jpg

エスプレッソ飲んで休憩♪
ほんとはランチタイムだったのでテーブルセッティングもランチ用になっていたのですが、
入り口の案内係りさんに聞いたらコーヒーだけでもOKということで、ゆったりソファーに坐って
トロントマダムのウォッチング^^;
お隣のテーブルでは超有名トップブランドの大きな紙袋を二つも床に置いた女性がお母様と
一緒にサラダを食べて席を立って行きました。こんな光景も確かN.Y.で見かけたことが、、
いやはやトロントは都会です。 かくいう私はお登りさ~ん
このあとHoltの綺麗な化粧室も使わせて頂きました^^ 

そしてそんな事しているうちにあっという間に時間は過ぎ、、また地下鉄に乗ってホテルへ。

d0129786_15412641.jpg

CNタワーもこれが見納め。お天気に恵まれて本当に楽しい一泊2日の旅でした。

d0129786_15475388.jpg

この日ホテルではTVドラマと映画の撮影があるそうで、1階ロビーから上を見上げれば、
2階吹き抜けバルコニーでは撮影スタッフさん達がバタバタと準備していました。

ホテルで預かって貰っていた荷物を受け取り、タクシーに乗って空港へ、、

d0129786_15504915.jpg

タクシーの車窓から振り返れば、ホテルがばっちり見えました。
私が泊まったフェアモント・ロイヤルヨークホテルは建物がとても大きくて、そのクラシックな全体像を
眺めたいと思っても、建物そばでは壁しか見えず、う~ん残念と思って諦めていたら、、
たまたまタクシーが軽い渋滞に引っ掛かり、最後にふと振り返ったら、ちゃんと全景が見えました♪

そしてタクシーの中ではうちのダンナ様が空港までの料金を聞くと、来た時よりも2ドル高くて、
運転手さんに「それはおかしい」と云ったら、運転手さんが、「じゃあ、メーターをオンにして走って
あげるから、どちらでも安いほうを払えば良いよ。」と云ってくれました。
ちなみに運転手さんが指定した料金とメーターはほんの数セントしか違わず「ほらね♪」と、
運転手さん胸を張っておりました^^

d0129786_16235382.jpg

こちらがトロント・ピアソン空港↑ ここからバンクーバーまで約4時間半のフライトです。
たった2日間の滞在でしたが、たまたま拘った人達が何気に感じ良かったおかげで、トロントの印象も
とても良いものとなりました。
また機会があれば訪れたいと、今、こうしてブログを書きながらそう感じます♪
あ、うちのダンナ様は私とはちょっと感想が違うみたいで~す。どうもバレエで頭が一杯みたい 苦笑

                                     バンクーバー不動産やのカバン持ち


d0129786_21355274.gif
←応援もクリックも宜しくお願いいたします♪


by stessa2 | 2012-05-22 17:15 | 食べたもの最近情報 | Comments(10)

ピザとパスタのTERRONI@トロント

さて、昨日の続きで、トロントのSony Centreでボリショイバレエの白鳥の湖を鑑賞した後、
S子さん、Iさん情報でピザやパスタが美味しいと教えて貰ったTERRONIへ♪

トロントへと旅立つ前に頂いた数件のレストラン情報からGoogle mapで場所を調べ、さらに、
ストリートビューでホテルからの道筋をきちんと確認しておいたつもりだったのですが、、
出発直前に慌ててチェックしたものだから、位置関係が混乱してしまい、、
バレエが終わったのが夜の10時頃、そのTERRONIの閉店が11時。
ってことはきっとオーダーストップは10時半、、なので、急いで行かないと間に合わない!っという焦りが
レストランのあるブロックを勘違いさせてしまい、、私の横では今しがた観たバレエの余韻に浸っていて、
ピザを食べたいという気分の出ないダンナ様を引っ張って行きながら、そのじつ、全然反対方向へと
歩いていたのでありました。
行けども行けどもレストランは見当たらず、分刻みで時間ばかりが過ぎて行き、辺りは夜中のビル街、、

と、ついにうちのダンナ様、「住所持ってるんだったら見せてごらん。」
そう、そう来なくっちゃ♪
って事で、ああ、私の大きな勘違いで元来た道を逆戻りーー

d0129786_13455632.jpg

何とか10時半にレストランへと入ることが出来ました^^;

d0129786_13574969.jpg

TERRONI
57 Adelaide St E Toronto
Phone/ 416-203-3093
営業時間
Mon–Wed 9:00am–10:00pm
Thu–Sat 9:00am–11:00pm

d0129786_13464392.jpg

お店に入るとすぐに、まもなくキッチンが閉まるから、ラストオーダーになりますがいいですか?
と、聞かれて「勿論、OKです♪」と、間に合ったのが嬉しくて返事する声も弾みます^^

HPから想像していたよりもずっとずっと広い店内に案内されながらキョロキョロ
時間があれば是非行きたいな♪ と思っていたレストランに来れた嬉しさって、こんなにわくわくする
ものなんだ♪ って、もうこの文章まで音譜まみれになっちゃいます♪

そして注文したのは勿論ーー

d0129786_1347289.jpg

皆さんおススメのピザとパスタです。
うちのダンナ様がピザは絶対にマルゲリータ、パスタはスパゲッティ・ポモドーロと決めていらっしゃるので
ここに来れただけでもハッピーな私は意義を唱えず素直にそれに従って平和、平和^^;

d0129786_13471833.jpg

折角なのでワインを一杯ずつ注文してピザとスパゲッティを2人でシェア。
噂どおりに美味しくて、大満足♪ おかげでダンナ様と2人でのバレエ談義も弾みます。

ほんと、
バレエを観終わったら開いているお店も少ないだろうから、ホテルのバーに行って軽く食べるか
ルームサービスでサンドイッチでも取ろう、と云っていたので、予想外の美味しい物に出会えて
旅の気分も盛り上がります。
ちなみにIさん情報によると、ここは元拘置所か何かだったそう、、確かに、、
地下の化粧室に行ってみると、その雰囲気がよく判ります。ちょっとだけこわい雰囲気系

**

さて、お腹もふくれて、ここからホテルまではほんの数ブロックなので、夜中のトロントのオフィス街を
フラフラと歩いて帰ります。

d0129786_13474034.jpg

ホテルに向かっているとご覧のとおり、夜空にそびえ立つCNタワーが、あ、ここはトロントなんだ♪
と、不思議と心に響きます。
Iさんがここに住んでいた頃、何度も遊びにいらっしゃいませんか?と誘って頂きながらも
全くそんな機会にも恵まれず、、それが今、こうしてこの街に来ているなんて、とても不思議です。


そしてホテルに辿り着きーー

d0129786_1348052.jpg
 
夕方は人でごった返していたロビーもこの時間だととても静か、、

翌日、夕方5時半の飛行機でバンクーバーへと帰ったのですが、その時間までちょこっとだけ
トロントを探検^^ その模様はまた明日に続きます。

                                  バンクーバー不動産やのカバン持ち



d0129786_21355274.gif
←応援もクリックも宜しくお願いいたします♪


by stessa2 | 2012-05-21 16:28 | 食べたもの最近情報 | Comments(8)

ボリショイバレエ 白鳥の湖@トロント

「ボリショイ・バレエを観るためにロシアまで行きたい!」といつも言ううちのダンナ様。
ボリショイの白鳥の湖を観るのが彼の人生の夢の一つでありました。
ってことで、当然の如く私も一緒に行くものだ、と云い張るうちのダンナ様を尻目に、、
「冗談じゃない、私はロシアには行く気はありませんっ」とその都度丁重にお断りしておりました。

と、

昨年秋、ひょんな事でそのボリショイ・バレエがトロントで公演をする!さらに演目は白鳥の湖との
情報を入手。
あまりの急なことに驚いているうちのダンナ様に「行こう行こう♪ トロントまで観に行こう!」と、
私は自分がロシアまで行くのが嫌がゆえに必死でけしかけてネットでチケットをゲット。
もうこうなったら毒を食らわば皿まで、の勢いで航空券も取り、ホテルも取り、、、

って、そんな成り行きで一昨日トロントまでトンボ帰りのバレエ鑑賞の旅となりました。

バンクーバーからトロントのピアソン空港へ向かう飛行機はバレエの公演時間から逆算して
なんと朝8時出発の便。

d0129786_743916.jpg

なのでチェックイン時間やら空港までの時間などを加算して、朝4時半起きとなりました。
一泊のみの旅なので、車は空港に預けて行って来ま~す。

d0129786_7432531.jpg
d0129786_743446.jpg

今回利用の航空会社はWestJet
1996年にスタートした格安運賃の航空会社で、世界でも特に成長の早い航空会社のひとつと
なっているそうです。
トロントまでのフライト時間は5時間で、機内では飲物とスナックぐらいしか出ないと聞いていたので
空港でサンドイッチを購入。
で、乗ってみたら確かに軽食は出ませんでしたが、飲物とスナックは2度も配りに来てくれて、
さらにCAさん達がちょっとした冗談を言ったり、コーヒーを少しだけください、とお願いしたら、
「じゃあ、ゆっくり注ぐからストップって言ってね^^」と細かな対応に思いのほか満足♪
イヤホーンや食べ物、スナックなどはまるで新幹線の車内販売のように売りに来てくれます。

d0129786_16522796.jpg


で、うとうとしていたらトロントに到着。

空港からタクシーでダウンタウンのホテルへと向かう事になり、タクシーに乗り込んだら
均一料金で$55と云われ、うちのダンナ様が、
「それは高いね~、バンクーバーはもっと安いよ。」と運転手さんに云い、
「トロントは都会だから物価も高いんだな。」と、訳のわからぬことを申しておりました。苦笑

d0129786_7435299.jpg

さて、予定時間どおり無事にホテルに到着。
ホテルはバレエの公演が行なわれるSony centreからほんの数ブロックのところにある
Fairmont Royal York Hotel Toronto

トロントだったらもっと新しくて素敵なホテルは沢山あるようですが、今回はバレエを観るのが
目的なので、劇場から少しでも近くて便利の良い事が優先だったのでこちらに決めました。
チケット代、航空券とすでに散財しているので宿泊価格はなるべく抑えたかったので、
ホテルの2階というお部屋で設備も古かったですが、、

d0129786_744611.jpg

夜7時半から始まるバレエを観て軽食をとって、寝るだけの部屋なので十分満足^^

d0129786_745244.jpg

バスルームもこんな感じで狭かったですが、一泊だけなので全然問題なし。
ちゃんと備品も十分に揃っていたのでかなり快適に過ごせました。
但し、設置してあるミネラルウォーターは凄く高かったので、すぐにダンナ様に頼んで売店へ
お水を買いに行って貰いました。

部屋で荷解きをしてから劇場用に着替えをして、ダンナ様が会場には少し早めに行きたいというので
6時半にホテルを出て、2ブロックをゆっくりと歩いて行きました。

d0129786_7455082.jpg

このトロントのダウンタウンはちょこっと歩いただけでもこんな感じの古い建築物があちらこちらに
見られて素敵♫
バンクーバーと比べて車の運転もかなり強引だし、歩行者も強引でダンナ様は「都会だ~、都会だ~」と
事あるごとに田舎者丸出しで笑わせてもらいました。
あちこちキョロキョロしながら歩いてもほんの2ブロックなので、あっという間に到着^^

d0129786_746587.jpg

ついにやって来ました!こちらがSony Centreです。

d0129786_7461959.jpg

うちのダンナ様が夢にまでみたボリショイバレエの「白鳥の湖」がこれから観られるのかと思うと
私まで感無量です。
夢って願っていればほんとに叶うものなのだ、とつくづく思い知らされました。但し、大きくない夢ですが、、

d0129786_101822.jpg

あんまり早く来たのでしばらくその辺りをウロウロ。

そして初めての劇場に来たらまず私が行なうのは化粧室の位置チェック。
劇中の休憩時間に、混雑を避けるために席から速やかに、そして真っ直ぐに化粧室に向かうために
あらかじめその動線を確認しておきます。←これ、かなり有効です

d0129786_1024137.jpg

折角なので座席は前から5列目の真ん中を確保。
この座席をネットで取るのもなかなか難しいものですよね~。特に初めての劇場の場合、
当然の事ながらオーケストラピットの幅だけでも舞台と席との距離がかなり違ってきます。
舞台からなるべく近くを取りたいし、だからといって近すぎても舞台を見上げるようになってしまうし..
チケットを取る時は毎回ダンナ様とパソコンの前であーでもない、こーでもないと座席想定談義です。

d0129786_10182374.jpg

座席から眺めた舞台↑ こころもち近過ぎたかな?とも思いましたが、やはりピットの幅があり、
始まってみると、バレリーナのトウで立った足元までちゃんと見れてまずまずの距離でした^^

d0129786_10193764.jpg

休憩時間にオーケストラピットもちょこっと撮影↑

バレエ公演中は撮影禁止ですが、、

d0129786_10195077.jpg

全幕が終わって、最後の舞台挨拶カーテンコールで花束贈呈が始まると皆さんパチパチと写真を
撮っていたので、私も便乗撮影^^;

じつは今回の舞台、白鳥黒鳥ひとり2役の大役で、おまけに女優さんのように視覚的にとても美しくて
華奢なバレリーナが演じたのですが、、後半の半ばでなぜか彼女のトウシューズのリボンがぴょこんと
はね出てしまい、「彼女が最後まで気が付かなければいいのだけれど、、」と思っていたのですが、
やはり、かがんだ瞬間に目の端でそれを捕らえて気が付いてしまい、そこから彼女のバレエが変化。
舞台で踊っている途中なので、リボンが実際どうなっているのか確認出来ない彼女の不安感は
いかばかりだったでしょう。
アラベスクのシーンでは王子さまの手を握ってバランスを取る彼女の手が客席からでもはっきりと
見えるほどブルブルと震え、なかなかポイントが決まらず、かなりハラハラしてしいまいました。

なので、最後のこの写真のカーテンコールの間中、主役の彼女はあまり笑顔を見せずじまい。
こういう事もありますよね~。プロのバレリーナとしてリボンの結び目は本人の責任と云いつつも
やはりアクシデントはつきもの。これも彼女がより大きく羽ばたくための経験の一つなのでしょう
なのでStanding ovationスタンディングオベーションも少なめ。う~ん、残念

それでもやはりボリショイバレエは、踊りは勿論のこと舞台も衣装も演奏も素晴らしかった♫
コールドバレエ(群舞)の完成度の高さも流石でした。団員の数と層の厚さを思い知らされました♪

d0129786_1020851.jpg

さて、公演が終わればもう10時過ぎ。

でもまだ晩ご飯も食べていなかったので、、
ダンナ様はホテルでルームサービスのサンドイッチでも食べればいいよ、と云っていましたが、
私は前もってちゃんとS子ちゃんから教えて貰ったピザの美味しいレストランをチェックしてありまして
この日は営業時間も11時まで、さらに歩いて数ブロックのところだったので、面倒くさがるダンナ様を
なだめつつ、向かった先はこちら↓

d0129786_10202980.jpg


という事でこの続きはまた明日♪

                                  バンクーバー不動産やのカバン持ち



d0129786_21355274.gif
←応援もクリックも宜しくお願いいたします♪


by stessa2 | 2012-05-20 16:48 | バンクーバーでイベントに行く | Comments(7)


バンクーバー在住者の四季折々の備忘録。夫は現地で不動産業者をしております。リンクされる場合にはメールにてお知らせください。不動産のお問い合わせも受け付けております。stessa@hotmail.co.jp


by stessa2

カテゴリ

食べたもの最近情報
バンクーバーでうろうろ
バンクーバーの四季折々
バンクーバー発信素敵なもの
バンクーバーでイベントに行く
鳥や犬など生き物話
小さな庭の園芸話
カバン持ちの台所
カバン持ちの好きな物
はばたけ素敵なでしこ達
バンクーバーでお宅拝見
バンクーバーから日帰り旅行
バンクーバーで動画
海を渡ったお菓子いろいろ
懐かしの日本滞在記
イタリア、ヴェネツィア滞在記
バンクーバー旅行豆情報
季節の着物・茶道
BC州観光局現地レポート記事

タグ

(187)
(121)
(85)
(67)
(67)
(65)
(65)
(65)
(47)
(40)
(37)
(35)
(34)
(25)
(22)
(19)
(19)
(16)
(15)
(12)

最新の記事

最近のバンクーバーのお天気
at 2017-08-06 15:17
La Quercia@W.4..
at 2017-08-01 15:04
クラフトビールBRITANN..
at 2017-07-28 16:15

バンクーバー不動産について
ブログ筆者stessa2の夫はバンクーバーの不動産取扱い業者で、主に住宅用物件の売買及び投資物件、店舗・オフィスなど商業物件も扱っております。不動産に関する仔細はホームページをご覧になるか下記のメールアドレスから気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちらから

メールアドレス
jmurakami@telus.net



カバン持ちへのメールは下記アドレスからお願いいたします。
stessa@hotmail.co.jp




お気に入りブログ
NeverSeconds
フィレンツェ田舎生活便り2
グンジ家の食卓
ヴェネツィアときどき..
エミリアからの便り
イタリア料理ほんやく三昧
ヴェネツィア冬紀行
森まどかのメロメロ..
Rotonda BLOG
じーさんがばあーさんに作る
Art & Bell by Tora
qoo's life
気配の写真家niなりたい
神田の家 * スタッフ日誌
淡路屋ブログ
moge
happy to meet
the RT BESTIARY
チョコラブYUMの毎日
どうなんかね国際結婚
岡山GoGoグルメ隊
凛の冒険記
百花ミナオの裏ジャパン..
++mariko+news++
Zappin' in my life.
Vancouver de BigBoss
外から見る日本見られる..
金魚さんのブログ
Judy子のブログ
橙葉What's for Dinner?
Good Day Vancouver 
ぱんだこのバンクーバーLife
バンクーバー日々是々
Reikocakes
風のたよりfromバンクーバー
バンクーバー新報
ふれいざー
Life Vancouver
タウンページ
Oops!
桜楓会
Blue Works
JP Rail.com
Travel Box
NAVITOUR
JTB CANADA
H.I.S.カナダ
メインランドクリニック
Kaori Otake
週間NY生活
Nature Fine Art Photo
Sea Island Clinic
il sospiro del mare

リタイア移民の会
桜楓会のHP





  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。