<   2010年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

久しぶりにデンマンの洋食屋さんへ行きました。

本日もパソコンの前で 要領悪く 頑張っているカバン持ちです^^
さて一昨日お客様とランチをする事になり久しぶりにこちらのーー

d0129786_1221912.jpg

ダウンタウンのデンマンストリートに在る「Yosyoku-ya」さんに行きました。
このお店に来るようになってもう10年ぐらいになるでしょうか。
以前は近くに住んでいたのでセーフウェイへ買い物に行ったついでに
一人でこちらでランチを食べて帰ったりしていましたが今の家に引っ越して
遠くなってからはすっかり足が遠のいてしまいました。

d0129786_13582330.jpg

久しぶりの店内は変わらない雰囲気で懐かしくお店に入る前から注文するメニューは
心に決めていましたが、それでも一応メニューをチェック。


d0129786_14184524.jpg

以前は文字だけのメニューでしたが今では写真入りになってさらに分かり易く
なりました。

一瞬、エビフライやカレーライスにも心動かされましたがやはりここは初心貫徹!
で、注文したのはーー

d0129786_14202067.jpg

いつもの懐かしのハンバーグステーキです^^
付け合せのにんじんグラッセや絹さや、ポテトの調理法も全く変わらず
それだけで嬉しくなってしまいます。
ドミグラスソースがたっぷりと掛かっているのも嬉しいです♪
このハンバーグはライスが付いて10ドル50セントだったかな?
全て食べて丁度満足な量ですね。
ちなみにウチのダンナ様はいつものカツカレー。←かたくなに
お客様はメンチカツを注文していました。

レストランに行っておいしいと感じるのには勿論、味や雰囲気も大切ですが
自分の中に残っているそのお店との思い出もありますよね。
そういった意味でもこの「Yosyoku-ya」さんはまるでキラ星のようにお店が
オープンしてはいつの間にか閉まっていくここバンクーバーでは数少ない
営業年数の長いお店だと思います。
なので此処に思い出がある方も多いはず。
かくいうカバン持ちも頻繁には来ませんが・・それでもたまにこうやって
此処に来てハンバーグを食べるとなぜか心が和むのです。

d0129786_14511794.jpg

いつまでも変わらず続いてほしい・・「ほっ」とする大切なお店です。

                バンクーバー不動産やのカバン持ち

d0129786_15039.jpgYoshoku-ya
洋食屋
774Denman Street
Vancouver
Phone:604-687-4970

Lunch:12:00pm-1:30pm
Dinner:5:00-9:00pm
定休日:火曜と祝日

近所に住んでいた頃は電話で持ち帰りを注文しておいて帰り道にピックアップしたりもしてました。

=お知らせ=
カバン持ちがブログを始めるずっと以前から愛読していた「イタリアお気楽日記
夜中にこれを読んではパソコンの前で大笑いしてウチのダンナ様のヒンシュクを
かっておりました。
が、一年程前にそのお楽しみブログが終わってしまい大変寂しい思いをしましたが
な、なんと一年ぶりに復活!
名前も新たに「イタリアお気楽日記~第二章~」 そのまんまなんじゃね~の?←ものまねしてみました
以前のも新しいのも読んでパソコンの前で笑い転げてみてはいかがでしょうか?

↓こちらをクリックして応援投票もお願いします。



by stessa2 | 2010-01-30 16:18 | 食べたもの最近情報 | Comments(24)

ヴェネツィアの甘いもの。

昨夜は深夜までパソコンに向かってお仕事(・・の一種)
そして今朝も画面に向かってごそごそ。なんせ要領が悪いからねぇ  ため息
で、こういう時って甘いものが食べたくなります。
・・が、家には今甘いものがありません。
さらにこれから掃除機かけたりアイロンかけたり家の中の仕事も山積。
なのでヴェネツィアで食べた甘いものをブログにアップ。・・して現実逃避

まずーー

d0129786_412429.jpg

滞在中ウチのダンナ様御用達だったスタンド式ジェラート屋さん。
ほら、確か気温は5度前後だったと思いますがこんなふうにジェラートを
立ち食いする人は後を絶ちません。 男性も結構多いのがイタリア風?
ちなみにカバン持ちはこの日何枚重ね着していたか・・数え切れません。
背中にホッカイロも貼ってました。うひゃ
そしてそんな厚着をして順番待ちをしてジェラートを買いました。どーだかねぇ

が、路上で食べて凍えてしまうのは絶対に嫌だったのでーー

d0129786_4161538.jpg

アパートまで持ち帰り。これであったかい部屋で冷たいジェラート^^
そう、ジェラート屋さんは”持ち帰り”が出来るほど近いのです。
なので滞在中ウチのダンナ様は殆ど毎日”持ち帰り”でジェラート食べてました。うわ

さてこちらはーー

d0129786_5543889.jpg

観光名所サンマルコ広場に面した立ち飲みカフェ。
店内はーー

d0129786_458243.jpg

パニーニやサンドイッチ、お菓子、コーヒー、お酒も飲めます。
時間によってはおつまみ類も登場します。
勿論ジェラートもあります^^
こちらのお店はレトロな雰囲気があって好きなので毎年立ち寄りますが・・
味はちょっと普通です。
それでもやはりサンマルコまで来ると寄ってしまう、とてもヴェネツィアっぽい、
いえ、サンマルコ広場っぽい大好きなバールです。

さて次はーー

d0129786_5201558.jpg

顔見知りが働いているお店に寄ったらエスプレッソの出前を頼んでくれました。
ガス入りの飲料水と一緒に。
旅先でのさりげない親切は嬉しいものですね。
ところでこのカップの中のコーヒー、飲んだから少ないのではありません。
最初からこの量です。カナダディアンだったら何て言うかな 笑

それからこちらはアパートの近所の広場「カンポ・サン・ルッカ」ーー

d0129786_5325394.jpg

この広場に面してウチのダンナ様御用達のケーキ屋さんがありまして。苦笑
こちらもほぼ毎日通っておりました。←ダンナ様だけですよ
では店内へーー

d0129786_5232552.jpg

このお店も立ち飲み立ち食いスタイルです。
カナダと違って日本のような小さめのケーキを売っていますが、ただ違うのは
みんな紙ナプキンにケーキをはさんで手で食べる事。
立ったまま、そしてコートを着たまま、紙ナプキンで手づかみでケーキを食べる。
ただの習慣の違いなのですが慣れていないとなかなか難しいものですね。

それからお酒もあるので夕方は食前のカンパリなどをこちらで飲んで行く人も
多く見かけられます。

d0129786_5252528.jpg

ガラス越しの広場を眺めながらエスプレッソを飲みました。
そしてケーキは持ち帰り用に幾つか選んでーー

d0129786_528591.jpg

夕食後に部屋で食べました。それぞれに2つずつ・・ダンナ様はほぼ毎日

あと滞在最後の日にカンナレージョ地区を歩いていたらーー

d0129786_5364772.jpg

ダンナ様が最後にもう一つ食べておきたいとこちらの店内に。

そこで何を買ったかと申しますと、これーー

d0129786_7424060.jpg

大きなお団子のような揚げドーナッツのようなお菓子です。レーズン入り
クリーム入りとクリーム無しがありましたが選んだのは勿論クリーム入り。
そこでカメラで撮影するために半分に割ったところでストップして貰ってーー

d0129786_743871.jpg

ほら、クリームがたっぷりと入っています。
皮の部分もドーナッツとは全く違っていてもっとパネットーネのようにキメが粗く
弾力があってしっとりしてて・・う~ん、上手く言い表せないなぁ
しっかり、もっちり、しっとりかな?

兎に角ダンナ様はこのお菓子がおいしいと言って喜んでいました。
お菓子なら何食べても喜ぶけど・・

d0129786_7433079.jpg

↑これはそのお店の紙袋です。
何処にでもある街のお菓子屋さんの袋ですが、さすがイタリア、デザインや
紙質がレトロで好みだったので取って置いてバンクーバーに持ち帰りました。
また出た、カバン持ちの紙袋コレクター癖
ダンナ様がお菓子食べて、私がその紙袋集めて・・これで役割分担ばっちり?笑

                 バンクーバー不動産やのカバン持ち

=おまけ=

d0129786_6235545.jpg

カンポ・サン・ルッカのケーキ屋さんの包装紙です。

↓こちらをクリックして応援投票もお願いします。



by stessa2 | 2010-01-29 10:58 | イタリア、ヴェネツィア滞在記 | Comments(14)

娼婦のパスタを食べました。

昨日はふとした事でお知り合いになった方にお家でのランチのご招待を
受けたので途中で調達した花束を持って遠慮なくお邪魔させて頂きました。
色々とお忙しくされている方なのに私達のためにまだ引っ越したばかりで
荷物も解ききれていない慣れないキッチンでお料理を作って下さって恐縮でした。

「え~っとあれは何処にあるのかしら」とキッチンの引き出しをあれこれ探している
彼女の横に立ったまま遠慮なくお喋り。
話はだんだん白熱してランチはどんどん遅くなり2時頃やっとテーブルに着きました。
そしてまず頂いたのが2種類のパスタ。
どちらもペンネを使って、一皿目はトマト味、二皿目はクリームでした。
彼女が「一人100グラムとして50グラムずつ違う味のソースにしましょうね。」と
わざわざ手のかかる2種類のパスタを作ってくれました。

d0129786_1483519.jpg

↑二皿目の生ハムとズッキーニをクリームで和えてチーズたっぷりのペンネです。
この日は写真を撮るつもりはなかったのでコンパクトカメラしか持ってなかったのですが、
あまりにおいしかったのでお願いして写真を撮らせて貰いました。
特に一皿目の別名「娼婦のパスタ」と呼ばれるプッタネスカがとてもおいしかったので
レシピを伺って早速今夜作ってみました。
「ササッと作れて楽なので我が家ではよく作りますよ。」と彼女が仰っていたとおり、
材料さえ揃えばとても簡単。
レシピはこちらを参考にしてみてください。

娼婦風スパゲッティ プッタネスカ

ちなみにトマトは市販の瓶詰めのトマトソースに刻んだ生トマトを半量加えると
風味が爽やかになるのでお薦めです。
それから小口切りのズッキーニを加えてもラタトゥーユ風になっておいしいです。

ところでなぜ「娼婦のパスタ」と呼ばれるのか?彼女が教えてくれたのはーー
「色々と説はあるらしいのですが、私が知っているのは忙しい娼婦が仕事の合間に
さっと作って食べるからって聞きましたよ。」とちょっと苦笑い気味に言ってました。

少しだけワインは如何ですか?と言ってくださり頂いたワインはーー

d0129786_14342676.jpg

一口飲むととてもおいしくて感激♪
TERRE DI FRANCIACORTA の MANIERO ロンバルディ地方のワインだそう。
残念ながらお昼なのであまり飲めませんと言うと帰りにボトルごとお持ちくださいと
言って頂いて遠慮なく貰ってしまいました。 ちょっと恥ずかしい行動 笑
イタリアっぽい華やかなラベルですよね。

グリーンサラダも頂いて、それからメインのーー

d0129786_14441016.jpg

牛テンダーロインの薄切り、オレガノ風味です。
あっさりとおいしくておまけにお肉がとても柔らかいのです。
「こちらもとても簡単な料理なんですよ」とレシピを教えてくださいました。
まずかたまりで買ってきたテンダーロインを薄切りにして肉たたきで叩いて伸ばします。
バット皿にオリーブオイル、バルサミコ、にんにく、オレガノを入れてゆすり混ぜておきます。
肉をフライパンで片面に焼き目がつくように焼いて反対側はさっと火を通したら、即、
このオイル類が入ったバットに漬け込みます。味が馴染んだらそれで出来上がり♪

d0129786_14595647.jpg

↑彼女はバットの替わりに耐熱容器の蓋を使って、お肉を漬け込んでそのまま食卓に
使っていました。 このほうがそのまま出せて便利
翌日食べてもおいしいし、冷凍しても良いですよ、との事でした。
パスタの後だったので私は2枚、ウチのダンナ様は4~5枚食べてました。うひゃ

そしてーー

d0129786_1572260.jpg

デザートも彼女の手作りです。
「まだカナダのゼラチンが上手く使いこなせなくて・・」と仰って、このフルーツ入りの
クリームは本当はもっとやわらかく仕上がる筈だったそう。
でもまるでババロアのようでととてもおいしく頂きました。

食後のエスプレッソはーー

d0129786_1592083.jpg

「場所を変えて飲みましょう」と部屋を移動して直火式のエスプレッソ・メーカー、
モカエキスプレスで淹れたエスプレッソを御主人のお母様から受け継いだカップで
頂きました。
それからクリスマスにイタリアから直送された特大(8kg)のぺネットーネが
食べきれずに残っているとの事で喜んでそれも頂いて・・ふと気が付くともう夕方。
イタリア系の方の時間をかけてゆっくり、そしてたっぷりと食べるランチ。
お喋りも多岐に渡って話題も豊富・・そして彼女のさりげなくそして心の篭った
もてなしの方法に学ぶところの多い一日でした。

                          バンクーバー不動産やのカバン持ち

↓こちらをクリックして応援投票もお願いします。



by stessa2 | 2010-01-27 17:31 | Comments(14)

キツラノに素敵な花屋さん。「CELSIA FLORIST」

今朝は明け方に目が覚めてそのあと寝付けなくなってしまったカバン持ち。
時差ぼけがまだ続いているのでしょうか?
いえいえ、今日はとある素敵な方のお宅へランチに誘われていました。
どうもそれが原因で早く目が覚めたみたいです。笑
そこでヴェネツィアのおみやげと一緒に花束も差し上げたかったので
以前から気になりつつも入った事が無いこちらの花屋さんへ行きました。

d0129786_14381230.jpg

CELSIA FLORIST
キツラノに在ります。 キツラノの有名なカフェSophie'sの裏隣です。

d0129786_1573040.jpg

中に入ってみると店内は思った以上に広くてゆったりしていい感じ。
天井からの照明にはシャンデリアを使い、キツラノらしいおしゃれで自然派、
まるで雑誌から抜け出したような可愛いアレンジや鉢植えも。
エンジ色のアンセリウムがあってそれが魅惑的で素敵♪

d0129786_1575614.jpg

残念ながらアレンジを頼む時間が無かったので店頭から花束を選び、
それをラッピングして貰いました。

d0129786_15191564.jpg

d0129786_15231958.jpg




d0129786_15321065.jpg

花の組み合わせは勿論、ラッピングの紙の柄もスィート過ぎない可愛らしさ。
さあこれで知人宅へ向かいます。
花束って貰っても嬉しいけど、買うとき色々迷うのも楽しいものですよね。

                      バンクーバー不動産やのカバン持ち

d0129786_15384328.jpg
CELSIA FLORIST
1930 Abutus St.
Vancouver
Phone:604-731-3314

↓クリックして応援投票をお願いします。



by stessa2 | 2010-01-26 16:17 | バンクーバーでうろうろ | Comments(10)

スキポール空港のシーフード&ワインバー。

バンクーバーからヴェネツィアへ向かうKLM航空はアムステルダムのスキポール空港経由でした。
そのスキポール空港内にこんなお店があります。

d0129786_1771957.jpg

その名も「BUBBLES」
シーフード&ワインバーです。
毎年ヴェネツィアへの経由便を使っていますが乗り換え時間が1時間半ほどなので
このお店が気になりながらも寄る時間が無くて、横の通路を後ろ髪引かれながら
走り抜けていました。
ところが今年は乗り継ぎ便の都合でスキポール空港内で乗換えまで4時間待ち。
そこでずっと気になっていたこのワインバーを覗く時間が出来てしめしめ。^^
じつはこの空港内にはカウンター式のお寿司屋さんもあって日本の方が握っているようだったのでそちらも是非とも行きたかったのですがうっかりパスポート・コントロールを通過してしまい戻れなくなったのでこちらのみ行きました。

で、店内へーー

d0129786_17122829.jpg

壁にはズラッとシャンパンやワインのボトルが並んでいて空港内の通路傍のお店らしからぬ
ちょっと目を引くおしゃれな雰囲気。 通路側には水槽もあって面白い演出です。
そしてケーキのように飾られた握り寿司のショーケースやーー

d0129786_1713338.jpg

こんなおいしそうな燻製の魚類が並んでいるショーケースもありました。
一番手前はキャビアです^^
キャビアは・・ちょっと贅沢なので遠慮させて頂いて、そのかわり燻製魚の盛り合わせを
一皿注文してみました。
ワインはメニューからグラス売りのシャブリを選んでーー

d0129786_17134125.jpg

先に支払いを済ませて席で待っているとーー

d0129786_1714762.jpg

おいしそうなお皿が運ばれて来ました。別皿でオードブル用のトーストも付いてます
白ワインと一緒にゆっくりと味わいながら過ごす乗り継ぎの待ち時間。
おいしくて思わずワインのお替りを・・^^

ここでワインやシャンパンを飲んで飛行機へと向かう人達。
ちょっと観察している間にも2人のお客様がジャケットを忘れて席を立ってしまい、
お店の人が追いかける始末。
居心地良くワインを飲めるのでうっかりするのでしょうね。お店の人も慣れてるよう 笑

結論、スキポール空港はとても快適です♪

                      バンクーバー不動産やのカバン持ち

↓こちらをクリックして応援投票もお願いします。



by stessa2 | 2010-01-25 18:01 | イタリア、ヴェネツィア滞在記 | Comments(6)

雪が無い。

今日は仕事でウエスト・バンクーバー方面へ行ったのでその途中、
最寄のスターバックスへコーヒーを買いに行きました。
ウエスト・バンクーバーへ向かうライオンズゲイト・ブリッジの上から
北の山々を眺めると・・本当に雪が無い。

そしてコーヒーを買って車に戻りながら改めて眺めてもーー

d0129786_1421413.jpg

山はこのとおり雪がありません。↑
で、ウチのダンナ様がこれは大変だと仰るので何で?と聞くと、
「あの山はサイプレスだよ。モーグルの会場だよ、上村愛子ちゃんのモーグルだよ!」
・・そうでした。

バンクーバー在住なのにオリンピックに関してはとんと疎いカバン持ち。 スミマセン 汗
それでもこの事態は分かります。
山頂から雪を運ぶとか聞きましたがこんなに雨が降ってたら雪のコンディションが不安です。
オリンピック、大丈夫かな?

                        バンクーバー不動産やのカバン持ち

↓こちらをクリックして応援投票もお願いします。



by stessa2 | 2010-01-25 15:11 | Comments(8)

良い一日。

昨日のこと、ずっと調子が悪かったカバン持ちのパソコンが修理のため入院。
多分明日には手元に戻ってくるとの事でした。
そう、たとえパソが手元に無くてもヴェネツィアにも持って行ったこのNetbookがあるので
問題はありません。←強がり

さてさてその昨日のことですがーー

d0129786_7374813.jpg

いつも公私に渉ってお世話になっている方からMIKUへランチのお誘いを受けて
行きました。

d0129786_7353945.jpg

じつはカバン持ち、一昨日も親しくさせて頂いているご夫妻からのご招待を受けて
こちらで楽しいひとときを過ごしたばかり。
でも大丈夫、いつものMIKU膳ではなくて炙り寿司セットも試してみたいと
以前から思っていたので丁度良い機会です。
それにしてもMIKUはこの日もほぼ満席、一昨日もとても賑わっていました。
最近の不景気風もこの店内には吹いていない模様です。さらに客層の殆どはカナディアン

じつはオープン当初はこの広い店内が満席になるのかな?などととても失礼な事を
思ったりもしましたが流石に日本で何店舗も展開されて成功を収められていらっしゃる方
だけあります。
たゆまぬ努力と前向きでポジティブなオーナーの姿勢がスタッフ一人一人にも伝わって
それが活気ある店の雰囲気を作り出し、そしてお客様にもその気心が伝わって
居心地の良い空間が出来上がっているような気がします。
なのでスタッフがとても元気♪ オーナーも
その結果が連日の盛況へと繋がっているのでしょうね。

d0129786_7515311.jpg

はい、↑こちらが昨日カバン持ちが頼んだ「炙り寿司セレクト」
炙り寿司、押し寿司、そしてロールがお任せで9カンです。
既存のお寿司の感覚で頂くのではなくて日本のお寿司と北米の味覚の合体として
新たに生まれた、そして未だ変化を続ける新料理です^^

さて、お食事を頂きながらお仕事の話。
いろいろと教えて頂きながらさらにご馳走になって、さらにーー

d0129786_8101772.jpg

「カバン持ちさん、使われますか?」とくださったのがこのペンです。
油性ボールペン「ジェットストリーム」
そのキャッチフレーズはーー
「クセになる、なめらかな書き味。超低摩擦、ジェットストリームインク搭載」

確かに細いラインがきっちりと抵抗感無く書けました。
そして何より感激したのは懐かしい「uni」のマーク♪
カバン持ちが子供の頃、uniは超高級鉛筆でした。
それを何かのお祝いで祖母に買って貰って嬉しげに使っていたのを思い出しました。
なぜかそれを使えば勉強が出来るようになると思い込んでいましたが、結果は押して知るべし。惨敗

で、おいしいランチ、ためになるお話、そして↑まで頂いて、
それだけでも大満足なのにーー

d0129786_8372822.jpg

MIKUのオーナーからデザートにレモン&木苺味のジェラートをサービスして頂いて、
満面笑顔のウチのダンナ様♪ &カバン持ち。

そして、食事も終わってお店から出るときーー
席を立ってお店の出口に向かっていたらふと目の合った方がいらっしゃいました。
「あ、綺麗な方、どこかでお会いしたかな?」などと記憶力に自信の無いカバン持ち。
軽く会釈だけさせて頂いてお店を出ましたが、そのあとも車へと向かう途中もダンナ様に、
「あの方、どこかでお会いしたのかな?気になる・・」と言っていたらーー
昨晩、その方からメールを頂きました。
それはMIKUで、そしてカバン持ちブログを読んでくださっている方からのものでした。
丁寧なメールを頂き、とても嬉しかったです。お話できなくて残念でした。

こうしてパソコンの画面に向かって毎日黙々と思いつくままにキーボードを叩いていると、
画面の向こう側でどんな方が読んでくださっているのだろうと想像逞しくなるものです。
そんななか、昨日のように読んでくださっている方に例えちらっとでもお目にかかれて、
さらにメールまで頂くと嬉しくてすっかり舞い上がってしまいます。
おかげさまで昨日はとても良い一日でした。 パソコンは入院したけど・・笑

それではこれから晩御飯作ります。今日のメニューはタイカレーだよー♪ タイ米はレーズン入りだよ

                      バンクーバー不動産やのカバン持ち

↓こちらをクリックして応援投票もお願いします。



by stessa2 | 2010-01-24 09:32 | Comments(15)

ヴェネツィアのお気に入り珈琲自家焙煎店。

ヴェネツィア滞在最終日の1月15日。

d0129786_13133367.jpg

ヴェネツィアを離れがたくて一日中この迷宮都市をあちこち歩き回っていました。

そして午後はランチの後、渡しに乗ってサンマルコ広場の方に行き、それから
一旦アパートに戻ったのですが、やはりあのいつものコーヒー店へ行って
最後にエスプレッソを飲もう、そしてコーヒー豆も買おうと思い立ち、
もう一度夕方迫る街へと出掛けたのがカンナレージョ地区にある珈琲焙煎店。

d0129786_14241727.jpg

そのお店に向かってカンナレージョ地区の商店街をぐるっと道なりに歩いてみました。
リアルト橋たもとから去年ベネトンが買い取った郵便局の建物旧ドイツ商館の横を通り、

d0129786_14261866.jpg

橋を渡り、カンポ(広場)も幾つか通り抜けーー

d0129786_14425069.jpg

まだまだ商店街は続きます。

このカンナレージョ地区はヴェネツィアにある6つの地区の中で一番広く、
そして人口の多い地域だそうです。
なのでスーパーやカフェ、お菓子屋さんや雑貨屋さんなど地元の住人の生活に
関わっているお店も多く、サンマルコ地区とはまた違った雰囲気です。

d0129786_14431951.jpg

そんな商店街もだんだんとヴェネツィアの陸の玄関口サンタルチア駅に近づくに従って
観光客用の小さなホテルやおみやげもの屋さんが目立ち始めます。

d0129786_1443468.jpg

それでも道の真ん中に露店の八百屋さんや果物屋さんが並んでいるのは
とても庶民的で活気があります。昔の日本の商店街にもちょっと似ています。

・・と、気付くともうコーヒー店の前に来ていました。
では店内へ入ります。

d0129786_15171241.jpg

このお店「Torrefazione Marchi」は珈琲自家焙煎店。
なので店内は半分倉庫のような雰囲気で焙煎機が動いているとその音と温度で
普通のカフェとは全く違った店内です。
そして昔からの常連さんにとっては欠かせない生活の一部となっているにでしょう、
お店には地元の人達が次から次へとエスプレッソの立ち飲みにサッと寄って行きます。
その滞在時間は2~3分、一瞬でエスプレッソが出来上がり、一気に飲み干して
チャリ~ンと小銭でお支払いをしてあっという間にいなくなります。
その早業をあっけに取られながらも楽しく眺めていました。
そしてーー

d0129786_15173945.jpg

カバン持ちが頼んだのはカフェ・ルンゴ、エスプレッソを多めの水で抽出したものです。
なのでエスプレッソがちょっと薄め、そして多めになっていて街歩きの途中には
この薄さが嬉しい、でもイタリアンを食べた後はやっぱり濃いエスプレッソのほうが
合うかもしれません。

さらにコーヒーを飲んだ後はーー

d0129786_15181330.jpg

この店オリジナルのブレンド豆も買いました。
残念ながらこの日はオーナーは出掛けていてお目にかかれませんでした。
それでもおいしいエスプレッソを飲んで豆を買えれば大満足^^
持ち帰りの豆は真空パックにしてくれました。

d0129786_15185111.jpg

表に出ればもう夕暮れが迫っていいてーー

d0129786_15194164.jpg

アパートまでの帰り道には奮発して今回最後のヴァポレット(水上バス)に
乗りました。 乗り放題のVENICE CARDはとっくに切れてます

ゆったり流れる大運河の流れと、刻々と変わる空の色。
それを眺めながらこの迷宮都市の魅力に取り付かれて名残惜しそうにしている
ダンナ様を「来年も来ればいいよね」と慰めるカバン持ちでありました。

                        バンクーバー不動産やのカバン持ち


d0129786_16212360.jpg
Torrefazione Marchi
Cannaregio 1337
30121 Venezia

人気ブログランキングへ
↑↑こちらに参加しています。
クリックして投票頂けると励みになります。



by stessa2 | 2010-01-22 16:35 | イタリア、ヴェネツィア滞在記 | Comments(14)

本日のバンクーバー。

カバン持ちはダンナ様のお仕事でイエールタウンへ。

d0129786_13593527.jpg

お天気は曇り、気温も11℃とコートのボタンを留めずに羽織れる暖かさでした。
1月2日から旅行に出たのでイエールタウン方面に来るのは今年初めて。
やはりこの一角はのんびりした雰囲気が漂っていてお散歩にぴったりです。
お客様とお茶でもしましょうという事になりこの辺りで近いお店は・・と見回して、
久しぶりに「PROVENCE」に行きました。

d0129786_1482885.jpg

春めいてくると週末のブランチには行列の出来るお店です。

d0129786_14434661.jpg

入り口でコーヒーとデザートだけでもいいですか?と聞くと快く席に案内してくれました。
デザートのアイスクリームもワンスクープで飾り無しなどと細かい事を要望しても
テーブル担当のサーバーさんは笑顔で対応。コーヒーのおかわりも何度も聞いてくれるし
あれ?このお店、こんなにサービスが良かったかな?と思い返してみても印象も無く、
たまたまテーブル担当がよかったのだろうと思っていたらーー

d0129786_14174446.jpg

最後にこんなアンケートが配られました。 はは~ん
質問内容はこの店をどこで知ったか?から始まって入店時の挨拶、サービス、
料理の評価などなど・・
サーバーの名前を記入する欄もありました。笑
そしてアンケートと一緒に「このボールペンもどうぞ。」と云われてすっかり書く気満々。
・・買収されました。とほほ

ふと見ると店内の小部屋では手の空いているスタッフやキッチン関係を集めて
真剣な雰囲気でミーティング中でした。
オリンピックを目の前に控えてバンクーバーのレストランはその期間の対応準備に
追われている事でしょう。

d0129786_1444521.jpg

それにしてもダウンタウンの麒麟レストランは何時オープンするのでしょう。
お店のホームページでは1月末オープン予定になっていますが、工事現場の前を
通ると、まだまだ出来そうにありませんでした。あれでオリンピックに間に合うのかなぁ??

                       バンクーバー不動産やのカバン持ち

↓こちらをクリックして応援投票もお願いします。



by stessa2 | 2010-01-21 15:48 | バンクーバーの四季折々 | Comments(8)

そしてヴェネツィアで買ったものは?

本日のバンクーバーは1月だというのにあまり寒くなく、夜8時の時点で気温14℃。
暖冬です。

d0129786_139387.jpg

たった2週間、ヴェネツィアで車の一切無い状態で過ごしただけなのに、
バンクーバーへ帰ってきて ほんの少しですが 車のスピード感がこわい気がします。
それでもランチで飲茶を食べるとホッとするのもバンクーバーならではです。

さてヴェネツィアで買って帰ったものですがーー

まず、ヴェネツィアみやげとして作られているこの小さな印刷絵。

d0129786_13294238.jpg

サイズはほんとに小さくて約8センチ×11センチ、一枚20ユーロでした。

そしてこれを買ったお店はこちらーー

d0129786_13422243.jpg

S.Marco地区にある印刷物のお店。主にヴェネツィアに関するものです。

今までヴェネツィアに来る度に気になっていたお店のひとつでしたが、
お昼休みの閉店時間が長いのでなかなかタイミングが合いませんでした。
それが今回夕方通りかかってみると嬉しい事に開いていたので早速入ってみました。
年配の女性がいらっしゃったので「見てもいいですか?」と伺うと店内の見方の
説明をしてくださいました。
入り口を背にして店の奥に向かって左側の棚には現在印刷されている物。
手頃な価格のものが置いてあります。(おみやげやインテリア用でしょうか)
そして真ん中の陳列台を挟んで右側には本物の年代ものの印刷物です。

ちょっと眺めているとその女性が気が向いたのか片付けをしていた引き出しの
本物の印刷物の中から幾つか見せてくださいました。
古いベネツィアの地図は年代物。
それを見て驚いていると「うちの店で一番古いのはこれよ。」と引き出しから
大事そうに取り出して見せてくれたものは文字が沢山書かれた一枚の小さな印刷物。
たぶん15世紀のものだったと思うのですが・・
ちらっと見えた価格は28000ユーロぐらいだったと思います。年代も価格もどちらも驚き
「わ~ぉ!」としか云えなかったカバン持ち。
何か気の利いた質問がしたかったのですがそんな知識もありません

d0129786_13522765.jpg

地味なお店ですが地図や風景画など飾ってあるものを見るだけでも楽しめます。
通りかかって開いていたら一見の価値ありです。

Venezia, le Stampe
Calle Teatro Goldoni o della Commedia, S.Marco 4606/B
Tel./ 041 5234318

ヴェネツィアは印刷分野でも歴史が古く、その政治的背景から出版業が繁栄したそう。
塩野七生の本によるとイタリック書体はヴェネツィアの出版業者によって生み出されたそうです。
上の写真の文字がそのイタリック体です。


それからこれはーー

d0129786_14515179.jpg

ポプリの匂い袋。 中にラベンダーのポプリが入っています。 一個4ユーロ
袋生地はmade in chinaの可能性大ですが、この価格だったらOKです。

このお店はランチでよく行く「 OSTERIA AI QUATRO FERI 」の近くです。

d0129786_1504631.jpg

この「QUATRO FERI」、ランチでお店が開くのが12時半。
なので早めに着いた時にこの通りの先数メートル左手にあるリネンショップを
覗いてみます。
お店の奥にはミシンや刺繍用具が置いてあり女店主が手作りするそう。
ここもちょっと地味なお店ですが店主と話しているとなかなか味わいのあるお店。
あ、そうそうこのポプリの匂い袋と一緒に自分用にリネンのタオルも買いました。
リネン100%や綿麻混紡など種類も織り柄も色々ありましたが、その中から
飾りの無いシンプルなものを選びました。生地がしっかりしていて気に入りました。

ちなみにその女店主は去年カナダ旅行をしたそう。
とても楽しかったそうで来年にはアラスカに行きたいと言っていました。
そう云えばサンタマリア・ノヴェッラのMonica はグランドキャニオンに行って
感激したそう。
皆さん自分が住んでいる処の環境と真逆なものに憧れるのですね。
ウチのダンナ様のカナダ在住ヴェネツィア好きの逆バージョン 苦笑

あとこんな物も買って来ましたーー

d0129786_15365018.jpg

カーテン生地屋さんで売っていたカーテン留めの房です。一個10ユーロ
2個買ってきてクローゼットのドアノブに掛けてみました。
ヴェネツィアの街中を散策していると必ず見かけるカーテン生地やクッションを
扱っているお店。そんなお店で売ってます。
なるべく地元の人が行きそうなお店のほうが価格が手頃な気がしました。

折角ヴェネツィアに行ったならヴェネツィアらしい物を買って帰りたいですよね。
それも値が張らずに雰囲気のある物・・で、今回は以上のようなものを買いました。
他にもちょこちょこ買ったのでまたご紹介します。
これからヴェネツィア方面へ旅行される方の参考になれば幸いです。^^

                       バンクーバー不動産やのカバン持ち

人気ブログランキングへ
↑↑こちらに参加しています。
クリックして投票頂けると励みになります。



by stessa2 | 2010-01-20 16:26 | イタリア、ヴェネツィア滞在記 | Comments(10)


バンクーバー在住者の四季折々の備忘録。夫は現地で不動産業者をしております。リンクされる場合にはメールにてお知らせください。不動産のお問い合わせも受け付けております。stessa@hotmail.co.jp


by stessa2

カテゴリ

食べたもの最近情報
バンクーバーでうろうろ
バンクーバーの四季折々
バンクーバー発信素敵なもの
バンクーバーでイベントに行く
鳥や犬など生き物話
小さな庭の園芸話
カバン持ちの台所
カバン持ちの好きな物
はばたけ素敵なでしこ達
バンクーバーでお宅拝見
バンクーバーから日帰り旅行
バンクーバーで動画
海を渡ったお菓子いろいろ
懐かしの日本滞在記
イタリア、ヴェネツィア滞在記
バンクーバー旅行豆情報
季節の着物・茶道
BC州観光局現地レポート記事

タグ

(187)
(121)
(85)
(67)
(66)
(65)
(65)
(65)
(46)
(40)
(37)
(35)
(34)
(25)
(19)
(19)
(19)
(16)
(15)
(12)

最新の記事

花がら摘みでバラがいっぱい
at 2017-06-25 15:03
またまた棒餃子のお話
at 2017-06-17 14:32
GYO・PARA@ウェストブ..
at 2017-06-14 16:23

バンクーバー不動産について
ブログ筆者stessa2の夫はバンクーバーの不動産取扱い業者で、主に住宅用物件の売買及び投資物件、店舗・オフィスなど商業物件も扱っております。不動産に関する仔細はホームページをご覧になるか下記のメールアドレスから気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちらから

メールアドレス
jmurakami@telus.net



カバン持ちへのメールは下記アドレスからお願いいたします。
stessa@hotmail.co.jp



お気に入りブログ
NeverSeconds
フィレンツェ田舎生活便り2
グンジ家の食卓
ヴェネツィアときどき..
エミリアからの便り
イタリア料理ほんやく三昧
ヴェネツィア冬紀行
森まどかのメロメロ..
Rotonda BLOG
じーさんがばあーさんに作る
Art & Bell by Tora
qoo's life
気配の写真家niなりたい
神田の家 * スタッフ日誌
淡路屋ブログ
moge
happy to meet
the RT BESTIARY
チョコラブYUMの毎日
どうなんかね国際結婚
岡山GoGoグルメ隊
凛の冒険記
百花ミナオの裏ジャパン..
++mariko+news++
Zappin' in my life.
Vancouver de BigBoss
外から見る日本見られる..
金魚さんのブログ
Judy子のブログ
橙葉What's for Dinner?
Good Day Vancouver 
ぱんだこのバンクーバーLife
バンクーバー日々是々
Reikocakes
風のたよりfromバンクーバー
バンクーバー新報
ふれいざー
Life Vancouver
タウンページ
Oops!
桜楓会
Blue Works
JP Rail.com
Travel Box
NAVITOUR
JTB CANADA
H.I.S.カナダ
メインランドクリニック
Kaori Otake
週間NY生活
Nature Fine Art Photo
Sea Island Clinic
il sospiro del mare







  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。