<   2008年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

「カバン持ち」姉妹でランチ@「桃花林」

バンクーバーは本日も雨・・そろそろ冬の雨のシーズン突入でしょうか。
こんな雨の日に紅葉した落ち葉の上を面白がって歩くと滑って転ぶので要注意。笑
さて、先週の火曜日はまだ日本に居た「カバン持ち」。
春に帰国の折に岡山で行きたかった中華レストラン。時間が無くて行けず仕舞いだったので
今回は妹さんを誘ってランチに行ってみました。
それがコチラですーー

d0129786_13494348.jpg

岡山国際ホテルが「ホテルオークラ岡山」に変わって丁度1年。
それに伴ってホテルオークラの中華料理「桃花林」も出店しました。
その「桃花林」で是非ランチを食べたかった「カバン持ち」。
なぜかと云うと・・
ず~っと昔、まだ東京に住んでいた頃、大学の先輩N子さんに連れて来て貰ったのが
東京・虎ノ門のホテルオークラ内に在る中華料理レストラン「桃花林」でした。
N子さんが「此処のランチセットはお手頃でとっても美味しいのよ。」と教えてくれました。
そして、N子さんの云うとおり、その美味しかったこと! 感激したのを今でも覚えています
それからすっかり嵌って東京在住の間、何回も通い詰めました。 但し、ランチのみ

その味がひょっとしてもう一度味わえるのでは?とコチラに来てみました。

d0129786_149405.jpg

13階にあるレストランからの眺め・・岡山の街が一望です。

さて、メニューの日替わりランチを見るとーーちゃんとありました。
スープ+春巻き+主菜+デザートのセットです。 
主菜はその日の3品の中から選べます。 あとは味が同じかどうか・・心配

d0129786_14271280.jpg

3品の中から選んだのは「芝海老と豆腐のあんかけ」です。
この料理、とっても淡白であっさりしているだけに美味しくないと・・・です。
確か、東京の桃花林は「蟹と豆腐のあんかけ」もとっても美味しかったので、
蟹と海老の違いはありますが、この一皿を選んでみました。

で、お味は・・思わず「美味し~い!」と声が出ました。桃花林と同じ味です♪
スープも卵とワカメの普通のスープなのですが(東京も同じ)これが美味しいんです。
スープの旨みが本物。 しっかりとした上品な広東料理のスープです。パチパチ

d0129786_14403595.jpg

妹さんは「五目そば」 こちらも美味しそうです♪

本当は2~3人で来て、皆でこのランチセットを頼むとセットメニューの主菜3品が
全部頼めて、それぞれに3種類の味が楽しめます。 2人でも半分こ出来てgoodです

d0129786_14473396.jpg

こちらは岡山の中心部から少し離れた小高い丘の中腹に建つホテルなので
平日のランチタイムはお客様も少なめでしょうか?
でもこの美味しさが東京・虎ノ門のホテルオークラまで行かなくても味わえるなんて、
最高ですよね。 岡山在住の方、このランチセットはおススメです。

ご存知の方も多いと思いますが、香港で食べる広東料理は本当に薄味。
素材の味とスープの旨みが引き立つように調理されています。
そんな香港の美味しい料理店と何ら変わらない味を永年維持している「桃花林」
その奇をてらわない正統派広東料理を続けて欲しいと願うファンも多い筈。
「カバン持ち」の岡山に帰郷した際に行きたいレストランリストのNO.1かも?


ランチの後、ホテルの1階で「カバン持ち」はコーヒー、妹さんは「チョコレートパフェ」

d0129786_153395.jpg

「なんだか以前よりアイスクリームの量が少ない!」と妹さん。 そう云えばそんな気が・・
姉妹の「妹」って、そういうところがしっかりしていますよね!笑  そして姉は結構まぬけ?

そのしっかり者の妹がホテルのロビーで見つけた物があります。
「お姉ちゃん、これってお姉ちゃんのデッサンの先生じゃないの?」
と差し出した一枚のチラシ、ふと見るとーー

d0129786_1519845.jpg

その昔、美大受験のためにデッサンを教えて貰った先生の展覧会です。 
岡山市デジタルミュージアム、倉敷市立美術館、奈義町現代美術館の3ヶ所で
ほぼ同時開催です。 先生、すごいなぁ~
このチラシを見たのがバンクーバーへの帰国前日。残念ながら展覧会には行けません。

大学の夏休み、前期に未提出だったシルクスクリーンの課題を郷里に持ち帰って
先生に手伝って貰って制作したのを思い出します。入学してからもお世話を掛けました
試し刷りの時に先生に紙が無いと云うと、ご自分の作品を差し出して、
「刷りミスをした作品だからこの裏面を使いなさい。」と差し出されて、
「えっ・・」と心の中で恐縮しながら刷らせて貰ったのも懐かしい出来事でした。
そうやって面倒をお掛けしたにも関わらず・・デザインとは全く無関係な今の私。

先生の生徒の中でも一番不出来な「カバン持ち」です。 とほほ・・

                       バンクーバー不動産やのカバン持ち


d0129786_15455766.jpg
桃花林
岡山市門田本町4-1-16
ホテルオークラ岡山13階
電話:(086)273-7311


↓よろしかったらクリック応援してください。
人気ブログランキングへ
by stessa2 | 2008-10-31 16:17 | 懐かしの日本滞在記 | Comments(8)

四国高松日帰り旅行(その5)おいでまぁせ高松へ!

四国高松の旅紀行も最終回。オーバーだねぇ
毎回、「カバン持ち」が必ず寄るのがコチラーー
d0129786_12573738.jpg

高松市立美術館です。
商店街から歩いてほんの2~3分なので気軽に立ち寄れるのが魅力。
この広々とした空間はエントランスホールです。
右側の囲いの向こうには背もたれが傾いたイスがずらっと並んでいて、
そのイスでお昼寝中の人達が多く見かけられます。 
旅行で高松に遊びに来て商店街を歩き疲れたらコチラで休憩もOKです。

d0129786_13114254.jpg

「没後80年記念 佐伯祐三展」は10月24日から12月7日まで開催。
残念ながら「カバン持ち」は開催期間前だったので観覧出来ず・・ ガッカリ
中学・高校生の頃佐伯祐三の作品に惹かれていましたが、一時期好きではなくなって、
こうして海外に住むようになり、改めて眺めるとどういった感想が自分自身から出るのか、
ちょっと興味があったのですが。 またの機会に・・

商店街を歩いていると三越のすぐ傍にーー

d0129786_13355340.jpg

これも高松名物「瓦せんべい」で有名な「轡堂(くつわ堂)総本店」明治元年創業。
子供の頃に祖母がよく私に食べさせてくれたおせんべい。
大きな瓦の形をしていて甘くて硬いお煎餅です。
お煎餅としてコチラを食べていたので、一般的におせんべいが醤油味だと知った時には
本当に驚いたのを今でも覚えています。 笑

d0129786_1404523.jpg

高松三越の前にも日本橋と同じくちゃんとライオンの像があります。
ウチのダンナ様がこの写真を見て、
「え~っ、高松の三越にもライオン像があるの?」と騒いでいた・・あるんです。

三越からタクシーで駅に向かう途中、ふと思いついて祖父母のお墓のあるお寺まで
廻ってもらって一寸だけお墓参り。 次回は何時になるのか判らないので
それから高松駅へと向かいました。 
すると母がーー
「駅の傍のフェリー乗り場から海を眺める?」と聞いたので早速行ってみました。

d0129786_14152199.jpg

ここは高松港、そしてこの辺り一体をサンポート高松と云うらしい。
この写真は第一浮桟橋、この他フェリー乗り場や2万トン級岸壁などもあって、
眺めているだけでも気持ち良い、港の風景が広がっています。
高松駅のすぐ傍からこんなにのんびりとした瀬戸内海が眺められるなんて・・
タクシーでそのまま駅に着くと、全く目に入りません。 勿体無いような気がします

d0129786_14295854.jpg

ちょうどフェリーが入港して来ました。
これは男木島ー女木島ー高松を結ぶフェリーです。
・・ということは、ここから瀬戸内海の島々に行けるという事です♪
こうやって眺めている間にも次々と色々な船が入港してきます。 旅愁に誘われるなぁ

さてさて帰りも高松ー岡山を結ぶ「マリンライナー」に乗って瀬戸大橋を渡り、帰宅。
流石に疲れたので夕食は母と二人で簡単に・・
高松三越のデパ地下にある「吉内」で買って来た「てんぷら」です。

d0129786_143913100.jpg

かまぼこ?と思いますが、高松の人はこれを「てんぷら」と呼びます。
魚のすり身を油で揚げたものの事です。さつま揚げの一種でしょうか?
白くて細長いのが「細天」、ピンク色っぽいのが「えび天」です。
これも高松名物、特にこのお店のものは品質に拘った上品な味で美味しい。
ちょっとお醤油をひとたらし・・ほかほかごはんにぴったりのおかずです。
最後まで高松を堪能した日帰り旅行でした! あ~楽しかった

                        バンクーバー不動産やのカバン持ち


d0129786_1505652.jpg
高松市美術館
香川県高松市紺屋町10-4
電話:(087)823-1711

開館時間
平日9:30~19:00
土日曜日・祝日9:30~17:00
月曜休館




人気ブログランキング北米編
 ↑一日1回クリックして頂けると幸いです。
by stessa2 | 2008-10-30 15:16 | 懐かしの日本滞在記 | Comments(8)

料理の鉄人「DIVA at the MET」で日替わりランチ。

そろそろ時差ボケも薄らいだ感の「カバン持ち」。
ちょっと気持ちが弱っているので、ここは一つ美味しいものでも食べて元気になろう!
などと言い訳しながら・・メトロポリタンホテルの「DIVA」へランチに行きました。

d0129786_132551.jpg

ホテルのレストランらしく、女性マネージャーがちゃんとチェックしていて
カナダでは珍しく?サービスがきちんとしています。
本日も、いつものプリフィクス・ランチです。 日替わりなので何時も楽しみ♪

d0129786_13271878.jpg

前菜は帆立貝のサラダです。
毎回思うのですが・・ここのサラダは美味しい♪
野菜は勿論の事、ドレッシングがとっても凝っていて野菜の味を引き立てます。
ドレッシングの美味しさを説明するのはとっても難しいので・・省略です。あ~あ

d0129786_13395073.jpg

オリーブオイル・ポーチド・サーモンにキノコのトマトソース・・だと思います。
内容をプリントした日替わりメニューを貰わなかったのでよく分かりません。 ゴメンナサイ

ところで、このサーモンの調理の仕方が面白いんです。
以前にもコチラの魚料理で紹介した事がありますが、表面は加熱されているのですが、
中心部はほとんど生に近い状態。微かに火が通っているかいないか・・
この微妙な火加減のフレンチの調理法が世界的に最新流行みたいですね。
日本人にとっては「鰹のたたき」を思い出させる方法です。そこからアイディアが来てるのかも?

d0129786_1350992.jpg

デザートはクリームブリュレと梨のコンポート、小さなキャトルキャール・オ・シトロンの
アングレーズソース添え 多分・・
相変わらず、美味しい日替わりランチです。
食べ終わるとお腹が一杯。 次回は前菜2皿のアラカルトにしてみようかなぁ

d0129786_1435355.jpg

レストランのスタッフに聞いたのですがーー
このプリフィクス・ランチは、毎日大体30~50食程準備していますが、
今日みたいに忙しい日は途中で売り切れてしまうのだそう。
なので、12時にはテーブルに着いていた方が確実みたい・・ 売り切れはショックだからネ

                         バンクーバー不動産やのカバン持ち


d0129786_157255.jpg
DIVA at the MET
645 Howe Street
Vancouver
Phone:604-602-7788


↓よろしかったらクリック応援してください。
人気ブログランキングへ
by stessa2 | 2008-10-29 15:24 | 食べたもの最近情報 | Comments(8)

四国高松日帰り旅行(その4) 「民芸 福田」

日本帰国中に母と行った「四国、高松日帰り旅行」の続き・・
「カバン持ち」が高松へ行くと必ず寄る大好きな民芸品店があります。
それがこのお店です。
d0129786_1349910.jpg

丸亀町商店街から横道を入ってすぐの「民芸 福田
庶民の暮らしの中から生まれた民芸陶器や漆器、ガラス器や和紙などをを扱うお店。

さっそく店内へ入ってみるとーー
d0129786_141418.jpg

柳宗悦や濱田庄司、富本憲吉などといった大正から昭和にかけての民芸家達の
志が静かに息づくお店です。
「カバン持ち」が高松へ遊びに行くと、まず一番に腹ごしらえのおうどんを食べて、
それから次に必ず覗くのがこのお店です。 行く前からワクワクです♪

d0129786_14111851.jpg

小鉢や小皿、塗り椀や木のスプーンなど、何時もちょっとスーツケースに入れて
バンクーバーに持って帰れるサイズの物を買います。

が、今回は店主さんに伺ってみると、お店から直接海外発送も出来るとの事。
そこで小皿などを選んで送って頂くことにしました。
たぶん、外国からのお客様も多いのでは・・海外発送にも慣れているご様子。
なんせ航空会社のスーツケース重量制限が大幅に低くなっったので、
うっかりオーバーして追加料金を払う事を考えると送って貰った方が安全ですね。


そして一昨日、バンクーバーの我が家にその小包が届きました。
とても厳重に段ボール箱に梱包してあって、これならとっても安心です。
ダンボールを開けると「民芸 福田」の包み紙の箱が入っていました。

d0129786_14364056.jpg


さらに開けてみるとーー

d0129786_14391174.jpg

一枚一枚丁寧にクッションで包まれたお皿が出てきて嬉しい気分。
お店で見た時よりもずっと良く見えるのはワタシの贔屓目でしょうか?笑

d0129786_14445337.jpg

直径が16センチにも満たない小振りのお皿です。
お皿の裏には「とべやき 東吉窯」と入っています。
食器は日用使いでも大切に使えば一生物だと思います。
値が張らず、使いやすくて、さらに収納も便利・・この3拍子揃えば文句無しですね。
こうやって旅先で買った器はその思い出も一緒に付いて来ます。
ふとした瞬間に「ああ、このお皿は母と一緒に高松で買ったもの・・」と
思い返すのも楽しいものです。

                       バンクーバー不動産やのカバン持ち


d0129786_1514876.jpg
箱の中にはこんな手書きのお手紙が・・
優しい日本の心使いですね。

民芸 福田
香川県高松市百間町9-7 
電話:(087)821-3237


●コチラのお店はホームページから注文して海外でも発送してくださるそうです。パチパチ


人気ブログ・ランキング北米編
 ↑一日1回クリックして頂けると幸いです。
by stessa2 | 2008-10-28 15:20 | 懐かしの日本滞在記 | Comments(6)

コールハーバーのお洒落なスーパーマーケット「URBAN FARE」

本日はダンナ様の「カバン持ち」でダウンタウンのコールハーバーへ。
d0129786_13172638.jpg

バラード入り江沿いの道も街路樹が紅葉して・・
高層コンドミニアムとのコントラストがバンクーバーのダウンタウンらしい景色です。

さてーー
この近くに一年程前になるでしょうか?
ダウンタウンの南側、イェールタウンにお店を構えるお洒落なスーパーマーケット
URBAN FARE」アーバンフェアが2号店をオープンしました。

d0129786_1327553.jpg

次の用事までちょっと時間があったので、洗剤など日用雑貨を買いに・・

d0129786_13313948.jpg

お店にあるカフェの外ではワンちゃん達がご主人様を待っています。
ガラス越しに必死にご主人様を見つめている姿はとても可愛らしいですね。
道路が硬くて冷たいのでしょう・・フレンチブルはちゃんとベンチに坐っていました。
毛が短いからコンクリートの冷たさが身に応えます・・

さあ店内へーー

d0129786_13385646.jpg

入り口からスロープを下りて行くと、まず野菜・果物売り場です。
流石にお洒落な「URBAN FARE」ですね、ディスプレイが素敵♪

他のスーパーと比べて、一部高級な物も扱っていますが、一般的な商品も
数多く扱っています。 他店との違いは何といっても商品の陳列方法や
店内の導線、イメージや雰囲気が都会的でチャーミングです。
ダウンタウンで仕事をして、この辺りのコンドミニアムに住んでいるディンクスや
ヤッピー達の御用達スーパーマーケットというイメージでしょうか?
野菜でも何でも少量で買う人が多いような感じ。 買い物用のカゴが小さめ
家族が多くて大量に購入する方はやはり郊外型の大きなスーパーの方が便利ですよね。

d0129786_13502047.jpg

ハローウィンカラーのオレンジと黒が使われていてシンプルな売り場が華やぎます。
店内にはURBAN FAREオリジナルのエコバッグを持って来ている人もチラホラ。
そういえば買い物用プラスティックバッグの使用を禁じる法案が市議会で可決されたとか、
バンクーバー新報に載っていたっけ・・ とりあえず少しずつ減らしていく方向ですね

コチラがレジですーー

d0129786_1493490.jpg

すごくオシャレなレジですね♪ 行列が出来た時、売り場まで並ぶのが玉にキズだけど・・
レジ横の雑誌売り場は他のスーパーでも同じだけど、やっぱりディスプレイが違います。
レジのお客様側にあるヒザぐらいの高さのカゴ置きは面白いアイディア。

いつものスーパーの方が、売り場や商品が把握出来ていて色々便利だけど、
ちょっと時間があれば、たまに他所のスーパーに行くのも気分が変わって
新しい発見や面白い商品との出会いがあったりで・・楽しいですよね♪

                         バンクーバー不動産やのカバン持ち


d0129786_14234797.jpg
URBAN FARE
Coal Harbour
305 Bute Street
Vancouver
Phone:604-669-5831


↓よろしかったらクリック応援してください。
人気ブログランキングへ
by stessa2 | 2008-10-27 14:45 | Comments(4)

高松日帰り旅行(その3) 海産乾物専門店「丸一」

高松には日本で一番大きいアーケード街があります。
その長さは全長2.7キロメートルと日本一の長さを誇る商店街だそうです。
d0129786_133359.jpg

この商店街は、約400年前に築城された高松城の城下町として栄えてきた、
歴史と伝統のある商店街だそうです。
8つの商店街から成り立ち、約800の小売店、飲食店があるそうです。
その中の一つ、丸亀町商店街に父方の実家があります。
なので子供の頃、夏休みには必ずこの丸亀町の「ホソノ玩具店」に祖母と一緒に
行っておもちゃを買って貰ったり、春風堂のケーキを食べさせて貰っていました。

そんな商店街をず~っと行くと、母が大好きなお店が在ります。
それがコチラーー

d0129786_13163287.jpg

南新町の乾物・海産物専門店の「丸一」です。
かつを、鰹節、出し昆布、煮干し、味付海苔、わかめ、椎茸などを扱っています。

d0129786_13351590.jpg

煮干しもこんなに色々種類が豊富。 母はいつも此処で煮干を買います。
だしを摂るだけでなく、そのままおやつ代わりに食べれます。
ウチの娘さんは幼い頃、おやつ代わりに田舎から送られて来た煮干しを食べてたっけ。
海の近い讃岐の人にとって、煮干しは大切な栄養源なのだと思います。
讃岐うどんのだしも煮干し無しでは作れません。 煮干しだしのつゆが決め手

d0129786_134053.jpg

鰹節は勿論、宗田鰹の宗田節、ムロアジでできたむろ節、さば節なども扱っています。
それぞれに味が違うので、用途に応じて使い分けるそうです。 面白い♪

「カバン持ち」はコチラにお邪魔すると必ず欲しくなるのが干物やお菓子。
今回はこんな物を買いました。

d0129786_14301669.jpg

「きすの浜焼き」と「ソフトこんぶ飴」、「とろろ巻昆布」
「こんぶ飴」は子供の頃に、体に良いからと母や祖母からキャラメル替わりに与えられ、
嫌、嫌、食べていましたが・・
「あらら不思議!」そんなに嫌いだった物が大人になると好物になるなんて!
でも、今どき「こんぶ飴」なんて何処でも手に入るモノではありません。
だから高松に来たら必ず買って帰ります。 バンクーバーへお持ち帰りデス

もう一つの「とろろ巻昆布」も美味しくて最高。 高松みやげにおススメです♪
今もブログをアップしながら食べています。 おいし~い

d0129786_14423820.jpg

そんな美味しいものが一杯の「丸一」に是非一度行ってみて下さい。
「カバン持ち」の満点おススメの店です。 但し海産物が苦手な方にはちょっと・・

                        バンクーバー不動産やのカバン持ち


d0129786_1454149.jpg丸一
高松市南新町4-1
電話:(087)831-3307
営業時間:AM9:30−PM7:00
定休日 年中無休

右の写真は「丸一」の2~3軒隣りに昔から在る果物屋さん。
此処も母が買い物に入っていました。
今どき、路面の果物専門店も少なくなりましたね。



人気ブログ・ランキング北米編
 ↑一日1回クリックして頂ければ幸いです。
by stessa2 | 2008-10-26 15:10 | 懐かしの日本滞在記 | Comments(10)

「カバン持ち」の日帰り旅行・高松編(その2)うどん川福

10月19日の高松日帰り旅行の続編です。
朝、岡山の実家でゆっくりしてからマリンライナーパノラマ席を楽しんで行ったので
高松に到着したのは丁度お昼頃。
そこで早速、「カバン持ち」のお気に入りのおうどん屋さんへ行きました。
コチラがそのお店ーー
d0129786_13312274.jpg

「ざるうどんの宗家・川福」です。
近年の讃岐うどんブームで、香川県の美味しいおうどん屋さんを知っていらっしゃる方は
とても多いと思います。
が、「カバン持ち」の場合は海外在住の為、昔から知っているこのお店が好きです。
お店の構えも店内も変わっていないので、来る度に嬉しくなります。

今回は母と二人なのでカウンターに坐りました。
d0129786_134922.jpg

お店の女性に「写真を撮ってもいいですか?」と聞くと、
「い~ですよぉ~。」と讃岐弁のイントネーションで返事を貰いました。
ウチの両親は香川県の出身なので、この地元香川の方言や発音を聞くだけで、
訳も無く嬉しくなってしまう「カバン持ち」。 子供の頃のお祖母ちゃんと同じ発音です

d0129786_13552563.jpg

注文したおうどんが出来上がるまで、母はカウンターのショーケースの中から
ちらし寿司を頼みました。
母はおうどん屋さんに行くと必ずいなり寿司やちらし寿司を食べます。讃岐流なのかなぁ

さあ、お待ちかねのおうどんです。
d0129786_1481133.jpg

「天ざるうどん」
毎回こちらにお邪魔する度に心の中で葛藤があります。それは・・
「ざるうどん」にすべきか「釜あげうどん」にすべきか?
ナゼ悩むかと云うと、この2つ、冷たいと温かいの違いもありますが、
何と云っても違うのは”麺の太さ”なのです!
讃岐うどんなのにざるうどんはちょっと細め。 それがまた旨い♪
細めでもコシはしっかりしていて、ツヤと喉ごしは最高です。 ああ、食べたい!

さらに「ざる」と「釜」では麺つゆも違います。 ざるは甘めです。
昔は2品いっぺんに食べていたのですが・・寄る年波には勝てません。 とほほ
さんざん考えた結果、いつもと一緒の「天ざるうどん」と好物の「しょうゆ豆」に決定。
美味しいのは云うまでもありません。 洗練されていない昔ながらの天ざるうどんです。

d0129786_1424877.jpg

カウンターに坐ったまま右側を見ると、開け放されたお店の入り口から、
表の商店街をの~んびりと歩く人が見えます。 ゆったりとした高松の雰囲気が大好き

四国、香川県高松市、緩やかな空気が讃岐の人柄を表しています。

                         バンクーバー不動産やのカバン持ち


d0129786_1534677.jpg
ざるうどんの宗家四国高松
「川福」本店

香川県高松市大工町2-1
電話:(087)825-5580


そして、ウチのダンナ様へのお土産はこちらー
d0129786_1521235.jpg

半生さぬきうどん3人前パックと、我が家でひっぱりだこの「しょうゆ豆」 美味しい!


人気ブログ・ランキング北米編
 ↑一日1回コチラをクリックして頂けたら幸いです。
by stessa2 | 2008-10-25 15:32 | 懐かしの日本滞在記 | Comments(4)

あと3日で最後の「エアカナダ」関空⇔バンクーバー便。

昨日、無事バンクーバーに到着。
では岡山からバンクーバーまでの行程をお届けしますね。でも、つまらないかも・・笑
d0129786_1454141.jpg

お昼過ぎの毎度お馴染みの岡山駅前。 曇り空です。
バンクーバーへ帰る日になって、やっと気温も下がって過ごし易い日に・・

日本から持って帰る荷物が多過ぎて困っている「カバン持ち」を見かねて、
母が関西国際空港まで送ってくれました。 欲張りな娘を持つと親は大変!

d0129786_1414740.jpg

新大阪駅のホームで偶然見かけた「黄色い新幹線」。
母曰く、速度などの検査用の車両だそうです。 何だか白よりも可愛いかも?

d0129786_142176.jpg

新大阪駅、特急「はるか」関空行きのホーム。
大好きな「キオスク」とその向こうの風景が何とも云えず日本的で趣きがあります。
日本の「キオスク」の商品構成って世界に誇れる効率の良さですよね!

お昼時が丁度電車の中だったので、母と相談して新大阪で駅弁を購入。
二人で相談の結果、コチラを買ってみました。

d0129786_14292189.jpg

「21世紀出陣弁当」、凄いネーミングですよね! 笑
バンクーバーへ「いざ、出陣」でしょうか?
「駅弁コンテスト大人の部グランプリ受賞」と書いたシールが貼られていました。
「大人の部」・・かぁ・・じゃあ「子供の部」はどんなお弁当なんだろ?

で、開けてみるとーー
d0129786_14395861.jpg

色んなおかずが入っていて美味しそうではありませんか♪
串刺しのコンニャク用に小さな入れ物に入った田楽味噌が付いていて最高。
野菜の煮物もちゃんと煮干だしの味がします。
から揚げもおいしかったし、かまぼこや貝なども美味しくボリュームもあります。
久しぶりの駅弁だったからでしょうか? とても満足しました。
おススメの駅弁です♪ 他の駅弁、知らないくせに・・

母と関空で別れて、エアカナダ、バンクーバー行きのゲートへ向かいます。

d0129786_14531352.jpg

関空⇔バンクーバー直行便もあと3日で運休です。 あ~困った困った
エアカナダだとサンフランシスコ経由が一番現実的らしいけど・・大韓航空はどうかなぁ
次回までに色々情報収集してじっくり検討ですね。 どなたか良い情報があれば教えてくださいネ

そして飛行機の中はーー

d0129786_15122385.jpg

見て見て!こんなにガラガラです。 こんなの初めて!
「カバン持ち」は人込み閉所恐怖症気味なので隣の席に誰も坐らなかったら嬉しいなぁ~
などと思っていたのですが、まさかこんなに空いているなんて! 嬉しい驚き
ひょっとして、横一列全てがワタシのもの?

d0129786_1517211.jpg

で、機内食を頂いて・・HIROさんの仰るとおり、機内食は日本発のほうがおいしいデス
ちなみにコチラ、夕食は「白身魚のホワイトソースかけパスタ添え」温野菜付き。
ポテトサラダとロールケーキが一緒でした。 パチパチ

食事が済んで、窓際の席から移動。 なんせ横一列全部OKみたいなので・・
真ん中3人席を全て占領して真横に寝て爆睡させて貰いました。 良かったぁ

d0129786_15242728.jpg

2食目、朝食は「肉じゃがとごはん」でした。 コチラも見た目よりもいい感じ
充分過ぎる程の座席を使わせて貰って無事帰国。 ありがとうございました
次回はこうは行きませんよ! はい! 二度と無いね絶対に。

                           バンクーバー不動産やのカバン持ち


d0129786_15343626.jpg
ドタバタ旅行でしたが楽しかった・・
高松日帰り旅行も後日アップしますので良かったら見てみてください。



人気ブログ・ランキング北米編
 ↑一日1回クリックして頂ければ幸いです。
by stessa2 | 2008-10-24 15:42 | 懐かしの日本滞在記 | Comments(12)

ちびロビンのその後。

本日、日本からバンクーバーへ、無事、帰国しました。
d0129786_12223725.jpg

が、帰国と同時に残念な知らせが届いている事を知りました。
「WILD LIFE RESCUE ASSOCIATION」野生生物救済協会で野生に戻すために
保護して貰っていた「ちびロビン」が寄生虫の病気のため、助かりませんでした。

日本へ旅立つ直前に、救済協会からのメールで一旦良くなっていたこの病気が
再発したのを知りました。
9月4日にちびロビンを救済協会へ連れて行った後、検査で寄生虫が見つかり、
薬物治療を行なって完治し、屋外の柵に移されて野生に戻す訓練中でした。

今日は帰国の疲れと、残念な知らせの悲しみでお話はここまでにさせて下さい。
明日からはいつもどおりに戻ります。

                        バンクーバー不動産やのカバン持ち

「ちびロビン」の記事はコチラをクリックして頂くか、
右横のカテゴリーの「ペット・犬の話」をクリックして頂くと開きます。



人気ブログ・ランキング北米編
 ↑一日1回クリックして頂ければ幸いです。
by stessa2 | 2008-10-23 12:52 | 鳥や犬など生き物話 | Comments(19)

最後の夜は天神町「うまいもの おおうら」@岡山

岡山滞在最終日の夜。 明日は関空から一路バンクーバーへ帰国予定です。
母のお知り合いで「カバン持ち」の尊敬するT子さんにお食事に誘って頂きました。
御一緒したのはこちらのお店ーー
d0129786_2123577.jpg

「うまいもの おおうら」 先週の金曜日、友人と昼食に来たお店です。
美味しい野菜中心のお料理が話題のお店です。岡山の食道楽の人達御用達?

d0129786_2132744.jpg

まず最初は「栗とゆり根の胡桃和え」
栗とゆり根は似ていますが、一緒に食べるとそれぞれの味が際立って美味しい。

d0129786_21322875.jpg

胡麻の風味が口に広がる「胡麻豆腐」。ご主人こだわりのお醤油で味付け
上に盛られているのは「みずのみ」、野草だそうです。
初めて食べました。東北の食べ物らしい
食感はオクラに似ていて噛めば噛む程、粘りと味が新鮮です。

d0129786_21325980.jpg

自家製ポテトチップスに吉田牧場のカマンベールチーズを挟んで・・
一緒に盛られているのは「クロッコ」という名のきのこです。コチラも初めて

d0129786_21333552.jpg

千切りピーマンなどの野菜をじゃこと炒めてあります。お茶碗に盛られていて楽しい♪

d0129786_21335874.jpg

高知沖の「地付きのカツオ」のお刺身です。 「戻りカツオ」ではないんですよとご主人
お刺身にはあっさりと醤油で味付けしてあり、からしが盛ってあります。
この後、枝豆のかき揚げ、紅白なますと車海老、野菜の炊き合わせと続き、
最後に炊き込みご飯としめじと韮のお味噌汁、香の物でした。

「カバン持ち」には勿体無い程のこだわりのお料理でした。 野菜の美味しさが一杯!
T子さん、御馳走様でした。^^ またお目に掛かるのを楽しみにしています。

さてさて「カバン持ち」、明日はいよいよ関空へ。 
これから最後の荷造りをして寝ま~す。 ああ大変
楽しい岡山滞在も「あっ」と云う間に時は過ぎ・・お名残惜しいけど
また来年には帰って来ますね!ではまた・・

                          バンクーバー不動産やのカバン持ち



d0129786_2293329.jpg
うまいもの おおうら
岡山市天神町2−22武田ビル
電話:086-234-0302‎


↓よろしかったらクリック応援してください。
人気ブログランキングへ
by stessa2 | 2008-10-21 22:33 | 懐かしの日本滞在記 | Comments(11)


バンクーバー在住者の四季折々の備忘録。夫は現地で不動産業者をしております。リンクされる場合にはメールにてお知らせください。不動産のお問い合わせも受け付けております。stessa@hotmail.co.jp


by stessa2

カテゴリ

食べたもの最近情報
バンクーバーでうろうろ
バンクーバーの四季折々
バンクーバー発信素敵なもの
バンクーバーでイベントに行く
鳥や犬など生き物話
小さな庭の園芸話
カバン持ちの台所
カバン持ちの好きな物
はばたけ素敵なでしこ達
バンクーバーでお宅拝見
バンクーバーから日帰り旅行
バンクーバーで動画
海を渡ったお菓子いろいろ
懐かしの日本滞在記
イタリア、ヴェネツィア滞在記
バンクーバー旅行豆情報
季節のお着物
BC州観光局現地レポート記事

タグ

(187)
(120)
(84)
(67)
(66)
(65)
(65)
(65)
(46)
(40)
(35)
(34)
(34)
(25)
(19)
(19)
(19)
(16)
(15)
(12)

最新の記事

日本から買ってきて良かったも..
at 2017-04-27 17:32
帰国、そして4月下旬の庭便り
at 2017-04-26 16:19
Beigeアラン・デュカス東..
at 2017-04-13 16:37

バンクーバー不動産について
ブログ筆者stessa2の夫はバンクーバーの不動産取扱い業者で、主に住宅用物件の売買及び投資物件、店舗・オフィスなど商業物件も扱っております。不動産に関する仔細はホームページをご覧になるか下記のメールアドレスから気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちらから

メールアドレス
jmurakami@telus.net



カバン持ちへのメールは下記アドレスからお願いいたします。
stessa@hotmail.co.jp



お気に入りブログ
NeverSeconds
フィレンツェ田舎生活便り2
グンジ家の食卓
ヴェネツィアときどき..
エミリアからの便り
イタリア料理ほんやく三昧
ヴェネツィア冬紀行
森まどかのメロメロ..
Rotonda BLOG
じーさんがばあーさんに作る
Art & Bell by Tora
qoo's life
気配の写真家niなりたい
神田の家 * スタッフ日誌
淡路屋ブログ
moge
happy to meet
the RT BESTIARY
チョコラブYUMの毎日
どうなんかね国際結婚
岡山GoGoグルメ隊
凛の冒険記
百花ミナオの裏ジャパン..
++mariko+news++
Zappin' in my life.
Vancouver de BigBoss
外から見る日本見られる..
金魚さんのブログ
Judy子のブログ
橙葉What's for Dinner?
Good Day Vancouver 
ぱんだこのバンクーバーLife
バンクーバー日々是々
Reikocakes
風のたよりfromバンクーバー
バンクーバー新報
ふれいざー
Life Vancouver
タウンページ
Oops!
桜楓会
Blue Works
JP Rail.com
Travel Box
NAVITOUR
JTB CANADA
H.I.S.カナダ
メインランドクリニック
Kaori Otake
週間NY生活
Nature Fine Art Photo
Sea Island Clinic
il sospiro del mare







  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。