<   2007年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

バレエ「くるみ割り人形」を観に行きました。モスクワ・クラシカル・バレエ

年の瀬もいよいよ押し詰まり、本日は12月30日。
そしてウチのダンナ様が3ヶ月前にチケットを購入して、
それを後生大事に暖炉の上の花瓶の横に飾っていました。

そうです!バレエ「くるみ割り人形」が本日です。
d0129786_1627832.jpg

それも「モスクワ・クラシカル・バレエ団」 071.gif

会場はバンクーバー、ダウンタウンの「クイーン・エリザベス・シアター」です。
d0129786_16313710.jpg

ここは1959年設立の市立劇場です。収容人数は約2900人。
バンクーバー・オペラやBCバレエのホーム・シアターです。

d0129786_1639953.jpg

バレエを習っている女の子がお母さんと一緒に沢山観に来ています。
ついでに連れて来られた男の子(たぶん女の子の兄弟)もいます。
 (借りてきた猫状態で、ちょっと可哀相。)

d0129786_16455458.jpg

開演前に バーで飲み物を注文する親子。
女の子の白いタイツは”バレエを習っている印”のお約束です。

d0129786_16523751.jpg

会場は満席です。
実はワタシ、今日のバレエがモスクワのバレエ団だなんて知らなかった。
てっきり毎度お馴染みのカナダのバレエ団だと思って期待していなかった・・たはっ。
流石、ウチのダンナ様。押さえる処は押さえてるねぇ。
  (たまには、ヨイショも必要よ!)

d0129786_1712911.jpg

最後の御挨拶です。

日本人らしきダンサーも踊っていました。
パンフレットを見ると「Asuka Kakuyama」という日本名がありましたが?

d0129786_1724151.jpg

流石にロシアのバレエ団、クラシック・バレエの基礎がしっかりしていて、
地味だけれど今どき珍しいくらいにオーソドックスなバレエが新鮮でした。

最近の振り付けでは省いてしまうようなバレリーナ泣かせの難易度の高い
その割には見栄えのしない振り付けが所々で見られて、
往年のボリショイ・バレエを彷彿とさせてくれて感激でした。

カナダのバレエと比べると・・
舞台装置や衣装もまるで数十年前の様な古い感じがしますが、
確かな踊りの技術がそれをカバーして余りあります。
久々に北米のエンターテイメント化していないバレエを満喫できました。

ただ、子供達には退屈だったみたいで、後半眠ってしまった子もチラホラ・・

d0129786_17281517.jpg

バレエを観に来る度に感じるのですが、
カナダの子供達の公共のマナーの良さには脱帽です。

普段はちっともじっとしていられないカナディアンの子供達。
でも、こういった劇場ではとても静かです。
躾けがいいのか、それとも騒ぐ子は連れて来ていないのでしょうか。

私的見解としてはーー
きっと我慢出来ない子の母親は子供をこういった場所に連れて来ないのだと思うのです。
カナディアンは公共マナーにはうるさいので。
今日もバレエが終わった後泣いている男の子が一人いましたが、
みんなの注目を浴びて・・
こういう時のカナダの人達の母親を見る目線にはとても厳しいものがあります。
暗黙に「お母さん、しっかりしなさいヨ。」と言っているみたいに思うのは私だけ?

ちなみに犬のお散歩でも同じ事が云えるのでは?
ウチの犬がその典型。チビのくせに大きい犬に吠えてみたりする。
そして通りがかりの人に笑われる。 ガックリ

d0129786_17415999.jpg 

今年最後のバレエ観賞でした。

ダンナ様にご感想はと聞くと、「とても満足。」だそうです。
この方はクラシック・バレエなら何を観ても 「とても満足」らしいです。

ダンナ「あと観たいバレエはコッペリアとドン・キ・ホーテとロミオとジュリエットと・・・」
もういいよっ! モダン・バレエだと寝るくせに。  015.gif

                  
                            バンクーバー不動産やのカバン持ち 




今日のおせち料理は「お煮しめ」しか出来ませんでした。
明日が思いやられるなぁ。 トホホ。
d0129786_18292554.gif
↑コチラを押して頂けたら良い年越しになって嬉しいです!
by stessa2 | 2007-12-31 19:10 | バンクーバーでイベントに行く

ジェリコ・ビーチへお散歩&おせち料理三日目。

おせち料理クッキングも三日目です。
3時過ぎ、2人と一匹でお散歩にジェリコ・ビーチへお散歩に行きました。

d0129786_16492250.jpg
生憎の小雨模様です。 057.gif

自称”雨女”の私はこの時期には絶対に傘を離せません。

北の山々は本日も真っ白ですね。
きっと山ではスキーを楽しんでいる人々で賑わっているのでしょうね。


d0129786_1652303.jpg
北の山々を眺めながら歩いて行くとジェリコ・ビーチのヨット・ハーバーに・・
と思いきやここはヘイスティングス・ミル・パークと言うそうです。
知らなかった・・

雨のせいでしょうか、さすがに今日は人影もまばらです。


d0129786_16543872.jpg
これでお散歩は終わりかと思ったら大間違いでした。
ウチの娘さんはどんどん歩いて行きます。
(N子さんビギみたいでしょ?)

この雨の中、一体何処まで歩くのでしょうか?


d0129786_165732100.jpg

先日、日加商工会のクリスマスパーティーの会場だったロイヤル・バンクーバー・ヨットクラブの前を通り過ぎて、
ジェリコ・テニスクラブの前も通り過ぎ、


d0129786_1659489.jpg
ブロックハウス・レストランの前も過ぎます。
ちなみにコチラで結婚披露宴する方も多いみたいですね。
素敵な建物です。

ひたすら西に歩きます。
何処まで行くんだろう。
おせち料理を作らなきゃいけないんですけど。



ついにジェリコ・ビーチに到着です。
d0129786_1744325.jpg

柳の木が映画「スリーピー・ホロウ」のようで、ちょっと怖いですね。
海の沖のほうにタンカーが見えます。
バンクーバーの沖合いにはいつもタンカーが何隻も停泊しています。
日本の瀬戸内海の海を見慣れている私にはとても不思議な感じです。

d0129786_1771051.jpg

ここまで来ると犬のお散歩をしている人や、ランニング中の人も多くて賑やかです。
上の写真がワタシ達の前方で、同じ位置に立って後ろを振り返ると・・
d0129786_178237.jpg
ダウンタウンがビーチの向こうに見えます。
右側の建物は先程通り過ぎたヨット・クラブです。

そして同じ位置に立ったまま左を見ると・・
d0129786_17231810.jpg
鬱蒼とした茂みがあります。
手前のベンチにはまだクリスマスの飾りがそのままです。

雨もシトシト、降ったり止んだり・・さすがに手もかじかんできました。
もう家に帰ります。



さて、おせち料理三日目はーー
d0129786_17312951.jpgd0129786_1732364.jpg

コンニャクの煮物です。
ねじり短冊にして炒め、味噌・醤油・砂糖・七味などで味を付け煮込みました。

d0129786_17351965.jpgd0129786_17361152.jpg

数の子は塩抜きして薄皮を取り、出し汁に浸けて置きます。
昆布巻きは市販の乾燥昆布を買って来て昨日から仕込んでおいた
煮干しの出し汁と調味料で煮詰めるだけで簡単に作りました。

おせち料理ってなにが大変かと言うと・・
おせち作りながら晩御飯も準備しなきゃいけないって事です。
(ま、トーゼン晩御飯は野菜炒めプラスアルファ程度になるけどね。 )


                          バンクーバー不動産やのカバン持ち

↓よかったらクリックして応援してください。
人気ブログランキングへ
by stessa2 | 2007-12-30 17:30 | カバン持ちの台所

おせち料理の準備。二日目。

おせち料理に無くてはならない物は色々有りますが。
日本のお正月の魚と云えばやはり「鰤」ブリですね。
本日はブリを求めて「ANGEL SEAFOODS」の年末大売出しに行きました。

途中でバンクーバーのWEST 4TH.、キツラノ地区を通ったので写真をパチリ。
d0129786_4295460.jpg

カナダもクリスマスから元旦にかけてお休みの会社が多いのですが、
残念ながらご覧のとおりの生憎の雨。

d0129786_4313833.jpg
カナディアンは普段、あまり傘を差しません。
少々の雨なら傘無しでも平気です。

でも雨に濡れたままの上着などを家の中やクローゼットに放置するので、たまに独特の匂いがする事もあります。
体にも良くないと思うのですが。



d0129786_4325937.jpg
元旦は日本と同じでどこもお休みですが2日からはまったく平常の生活スタイルに戻るので、お正月気分の抜けない日本人にとっては毎年不思議で物足りない感じです。



キツラノ地区を抜けてグランビル・ストリートを横切り、東に向かって走っていると、
2010年のバンクーバー冬季オリンピックの選手村予定地が見えて来ました。

d0129786_4351758.jpg

建設工事用の大型クレーンが乱立しています。
このあたりは本来は小さな工場や倉庫街ですがどんどん閉鎖されて
コンドミニアムなどの開発予定地になって来ています。

この道沿いには、建築業者さん達御用達のタイル屋さんや
水周り製品のショールームなど面白いお店が点在しますが、
オリンピック村が出来ることによって周辺の地価が上がり、
お店が無くなったり、遠くに移転してしまうのでは・・と心配です。

ウチの雑種犬の出身地「SPCA」動物愛護協会の傍を通って・・


d0129786_4374172.jpg
「ANGEL SEAFOODS」エンジェル・シーフーズに到着しました。

こちらの本来の業務は魚の卸屋さんです。
バンクーバーのお寿司屋さんや和食店においしい魚を卸しています。


普段も日本の食品や冷凍された魚などを小売営業していますが
毎年年末に大バーゲンセールを行います。
お刺身や日本特有の野菜・・たとえば、すだちやミョウガ・ゆず・みつばなど。
美味しそうな食材が並びます。

こちらの気持ちも「お正月だから、ええい、奮発!」と思わずゆるくなってしまいます。

d0129786_17275354.jpg
本日は(財布の紐をひきしめながら)ブリと白ネギとゆずを買いました。

白ネギはこちらでは貴重品です。
一束はすぐ使いますが、もう一束は小口切りにしてタッパーに入れて冷凍に。
中華の炒め物やすき焼き風の煮物などに冷凍庫から出して少しずつ使います。
この白ネギを入れるだけで料理の味が数段アップするので”お宝”です。


さて昨日に引き続き、おせち料理2日目です。
d0129786_4494520.jpg
本日は「ごまめ」です。
簡単に入手できる無添加「食べるにぼし」を使いました。
まずフライパンで油を使わずに弱めの中火で10分程煎ります。

丁寧に焦がさないようにじっくり・・そしてしっかりと煎ります。


d0129786_4525199.jpg
煎っているうちに細かい粉が出てくるので、一旦ザルにあげて粉を落とします。

同じフライパンに調味料を入れて煮立てます。
調味料は醤油・砂糖・味醂・酒です。


d0129786_4543693.jpg
割合は好みですが、ウチの場合は醤油大匙1に対して
砂糖大匙3・みりん大匙1・酒少々。 結構甘めです。

調味料がしっかり煮立って泡が細かくなってきたら先程の炒った”ごまめ”を入れます。


d0129786_571231.jpg
そして手早くからめます。
私はここで胡麻と韓国一味を一緒にからめます。

日本の七味でもOKですが韓国一味の独特な風味が単純な「ごまめ」の味にアクセントを加えて食欲をそそります。


d0129786_458227.jpg
タレをからめたらバットやお皿に広げて手早く冷まします。



さあ、出来上がりました。 味見のひと口ですネ。

d0129786_501288.jpg

お正月だけでは無く、普段にも常備菜としてよく作ります。
煮干をおやつ代わりに育ったウチの娘さんに人気の一品です。

                            バンクーバー不動産やのカバン持ち


また明日もおせち料理のブログになるかも・・
おせちに興味のない貴方もなが~い目で見てやって下さい。

↓よろしかったらクリック応援してください。
人気ブログランキングへ
by stessa2 | 2007-12-29 18:57 | カバン持ちの台所

おせち料理の準備。一日目。

一年に一度、年末恒例のおせち料理制作の日々が始まりました。
毎年愛用の「NHK今日の料理」1999年12月号を本棚から引っ張り出して、
d0129786_18271549.jpg

挟んでおいた過去のメモや感想などをチェックします。
結局一年間ものブランクがある為、毎年、
「え~と、何をするんだったっけ?」という次元から始まります、大丈夫かなぁ~。 
そして、おもむろにメモ類に目を通して、買い物に出掛けます。 

日本食材店「FUJIYA」さんで食材を購入。
d0129786_18295636.jpg

FUJIYAさんも今日はまだ混んでいませんでしたが、29日以降になると大混雑。
で、毎年の経験からワタシは学びました。
今年は早めに買い物を済ませます。 オーバー?

さて本日はまず、日持ちのする料理から取り掛かります。
d0129786_1832443.jpg
「黒豆」の下ごしらえです。
黒豆を洗ってザルに上げて割れたものや皮の破れたものは取り除く。
(と料理本には書いてありますが、もったいないので取り除きません。)



d0129786_18341725.jpg鍋に水・砂糖・醤油・塩などと一緒に紙パックにいれたさび釘も入れる。
さび釘だけはバッチリ用意してあります。
毎年同じ釘を使いまわしているだけなのですが。
これを煮立てて、さらに黒豆を入れて一晩寝かせる。
・・続きは明日。



次に「栗きんとん」に取り掛かります。 さぁ~張り切って行こう!

d0129786_18362799.jpg
サツマイモをたっぷりの水で茹でます。
料理本では「くちなしの実」と一緒に茹でますが私はくちなしの実は買いません。
もったいないので・・


d0129786_18375061.jpg
茹で上がったらザルに上げてマッシュポテトを作る要領で潰します。
以前は裏ごししていましたが、とても大変なので止めました。


d0129786_18391413.jpg
数年前に裏ごしの代わりにこうやって潰してみたら食感がスイートポテトみたいで美味しいと好評だったのでそれ以来この簡単な作り方にしました。
これで憂うつで大変な栗きんとん作りも楽♪



d0129786_18405120.jpg栗の瓶詰めのシロップと砂糖・味醂・少量の塩などを準備して置きます。

三温糖は大体サツマイモの重さの半分ぐらい入れています。
これは結構甘めです。
甘さの程度は好みです。
日本と比べて北米は甘さの度合いがとても強いですね。
バンクーバーに住み始めた頃はここのケーキ類が甘すぎて、おまけにサイズも大きくて食べると前頭葉が痺れるような感じがしていたのですが、今ではすっかり慣れてしまい逆に日本でスイーツを食べると甘くない、と思ってしまいます。
それって体に悪くない?うん。



d0129786_18434793.jpg
さてさてー
潰したサツマイモと砂糖類を一緒に混ぜて火に掛けます。
そして弱火で30分程木べらで混ぜます。

ちょっと根気が要るけれど目を離さなければ、他の事をしながらでも大丈夫。
一生懸命、付きっきりで混ぜる必要はありません。
と、手抜きばかりのワタシです。笑
 


d0129786_18453735.jpg

30分ほどすると上の写真のような状態になります。
水分が飛んで鍋底に線が書けるくらいにしっかりして来ます。
これに瓶詰めの栗を混ぜてもう一度5分程、火に掛けて・・出来上がりです。 
ワタシは(量が増えてさらに食べやすいので)栗は半分にカットして使います。

d0129786_18475383.jpg

料理する人の特権「味見のひと口」です。 ん、いい感じに出来ました。 

本日はここまで、続きは明日作ります。
明日のブログもまたおせち作りの続きかも?


                           バンクーバー不動産やのカバン持ち


d0129786_181278.gif←こちらをクリックして頂くとランキングに1票入ります。
by stessa2 | 2007-12-28 18:05 | カバン持ちの台所

串焼き屋さん「ざっ串」に行って参りました。

ダウンタウンの串焼き屋「ざっ串」ZAKKUSHIに行きました。

そもそも、ウチのダンナ様の知人に悲しい出来事があり、
「よし、彼女を励まそう!」  056.gif
とダンナ様が思い立って食事に行く事になりました。
それなら是非、友人夫婦も誘って賑やかに騒ごうと話は盛り上がったのですが、
ところが急に主賓の彼女が来れなくなってしまいました。

でもウチのダンナ様は焼き鳥さえ食べられればOK。 本来の目的も忘れて。
ダウンタウンのデンマン・ストリートにある「ざっ串」へ。

d0129786_441813.jpg

店内に一歩入れば、「らっしゃいっ!」と威勢のいい声が掛かりまるで日本みたいです。
それもその筈、ここは東京の串焼きチェーンの系列店。
備長炭で焼く焼き鳥はもちろん居酒屋メニューも充実してます。

d0129786_455569.jpg

さて、串焼きと云えばまずはビールですよね。 068.gif

クリスマス明け早々に串焼き屋に行くなんて日本の年末気分でしょうか。
(此処は本当にカナダのバンクーバー?)

d0129786_481146.jpg

おおっ!焼き鳥の「シソ焼き」です。
その他手羽先、ハツ、砂肝、塩タン、豚トロ、モチ巻きなど色々頼んで・・
「うまいっ」の一言。 049.gif
香ばしい炭焼きの風味が肉汁と共に口一杯に広がります。 幸せなひととき。

d0129786_494014.jpg

「海苔マヨつくね」と「大根おろしつくね」 

この他「タコわさ」や「明太子焼きうどん」などを頼みましたが、
おしゃべりに夢中で写真撮るの忘れましたっ。
久しぶりの焼き鳥は美味しかったです。(特に冬に食べる焼き鳥は最高。)

このお店はとても流行っていてます。
私達は6時に入店しましたが7時半頃からは席が空くのを待っている人たちもチラホラ。

但しこのお店には2時間のタイム・リミットがあります。 059.gif
宴会の場合はその点に要注意ですね。

d0129786_411364.jpg
 
                        バンクーバー不動産やのカバン持ち
              
                
ざっ串 ZAKKUSHI
Tel:604-685-1136
Denman Street
Vancouver

↓よろしかったらクリック応援してください。
人気ブログランキングへ
by stessa2 | 2007-12-27 17:38 | 食べたもの最近情報

クリスマス・ディナーについての自分的考察。

バンクーバーに住むようになってから年末年始は大変です。
クリスマスとお正月。(もちろん日本でもクリスマスは一大イベントですが・・)
クリスマス・ディナーとおせち料理と両方作るのでてんてこ舞い。
特におせちはお正月の食卓に絶対に欲しいですね。

ところがカナダではやはり何と云ってもクリスマス、そしてターキー・・
サンクス・ギビングと続くと、もうターキーなんて見たくないよ~。
もちろん、カナディアンもチャイニーズもニュー・イヤーのカウントダウンや
パーティはありますが 024.gif どちらかと云うとドンチャン騒ぎ。

そんなこんなで今から3年前、クリスマスにターキーは焼くわ、
お正月におせちは作るわで頑張ったら、お正月明けに寝込んでしまいました。  007.gif

そこでよ~く考えてみた。 そして決めた、気楽に行こう!

d0129786_15355657.jpgそこでクリスマス・ディナーは簡素化します。
せめてテーブル・セッティングだけはキチンとするかな。

そして買ってきたのは・・プロシュート・ディ・パルマ(やはり生ハムの王様だねぇ)
スモーク・サーモンにコニャック・パテ
ローズマリーとレーズンのクリスプ

これにホワイトマッシュルームのバター・ソテーバルサミコ風味を作って、
それと野菜スティックにホワイトアスパラガスをボイルしたもの。
あとはお肉を焼くだけです。


そして我が家のクリスマス・ケーキは
PANETTONE MILANESE」パネットーネ・ミラネーゼ
d0129786_15554668.jpg
ミラノの老舗「TRE MARIE」トッレ・マリア
数年前にこのメーカーのパネットーネに出会ってからハマッています。

d0129786_15562790.jpg
風味豊かで、食感もフワフワッ、そしてシットリ。
ドライフルーツの味もしっかりしていて、オレンジ・ピールもおいしい 049.gif

d0129786_155792.jpg
このパネットーネ、数ヶ月は保つので去年は3個も買いました。
(大人買いデス・・はい。) 040.gif

d0129786_16405419.jpg
何とかクリスマス・ディナーらしくカッコウがつきました。
料理は恐ろしくすごい手抜きですが。 ハハハ・・  

ワインは「RUSTEGO」イタリア・ヴェローナのオーガニック・ワインを買ってみました。
キツラノのCAPERSのそばのワイン・ショップで購入しました。
このワイン・ショップ、オーガニック・ワインには表示してあるので安心です。
私の場合は混ぜ物があると翌日に残るので・・ひどい時には頭痛も。

おいしいワインとおつまみで結構お腹も満足です。
d0129786_16531375.jpg
ステーキまでたどり着けませんでした。
(来年はおつまみとワインだけにするかなぁ069.gif) 簡素化しすぎ!


d0129786_16585315.jpg
ウチの娘さんが小さい頃に私にくれたクリスマス・プレゼント。
「スノーマン」のスノードームです。
中の水もずい分減ってしまいましたが・・大切な思い出です。


                            バンクーバー不動産やのカバン持ち




今年のクリスマスももうお仕舞い。
さー明日からおせちの準備だ。
d0129786_18264942.gif←年末でお忙しいと思いますが、
 ここをひと押しして頂けるとハッピーです。
by stessa2 | 2007-12-26 18:15 | バンクーバーでイベントに行く

クリスマス・イブの街の風景&ウイリアムズ・ソノマ

クリスマス・イヴのバンクーバー、ダウンタウンです。
d0129786_18262756.jpg

バラード・ストリートからの北の山々の眺めです。
久々にお天気も良くて、そんなに寒くありません。

d0129786_1829951.jpg
ロブソン・ストリート×グランビルのデパートの「SEARS」シアーズ入り口前。

カナディアンの若者は真冬でも半袖がマッチョでクールだ・・066.gif
と思っている人が結構多いみたい、よく見かけます。
別に服が無いわけではありません。念のため・・ ひょっとして服無いのかなぁ?

d0129786_18315568.jpg
その「SEARS」前から「HOTEL VANCOUVER」ホテル・バンクーバーを見上げると・・
青空がきれいですねぇ。

ブティックや靴屋さん、レストランなどが並ぶ目抜き通りの「ロブソン・ストリート」

d0129786_18334884.jpg
クリスマス・ショッピング最終日、人、人で大賑わいです。

バーゲン・セールも年々日付けが早くなり恒例のクリスマス明けの26日ボクシング・デーからのセールが1週間程前からスタートしています。


d0129786_18354650.jpgロブソンSt.×サーローSt.

ここのスターバックスがよく待ち合わせの目印に使われます。
語学留学やワーホリなどでバンクーバーに来た経験のある人には思い出深い景色ではないでしょうか?



ダウンタウンから橋を渡った南側の「South Granville」サウス・グランビル方面にも
クリスマスの食料調達に行ってみました。
そこでアメリカのキッチン用品屋さん「WILLIAMS-SONOMA
ウイリアムズ・ソノマを発見!
12月1日にオープンしたそうです。
さっそく入ってみました。

d0129786_18393987.jpg

d0129786_18402423.jpg

クリスマス用のテーブル・ウェアやオーナメントなどが所狭しと並べてあります。
もはや25%オフでした。
来年用に買って置くのも賢い方法かも?

d0129786_18412366.jpg

しかし、私の場合は来年のクリスマス前にはそんな物を買った事さえ
すっかり忘れてしまうので絶対にムダになってしまうのは明らかです。

d0129786_18425329.jpg
そんな事を言いながらやはりキッチン用品屋さんは面白い。

グラインダーなどの電化製品からお鍋、ナイフ類・・
食器はもちろんテーブルクロスやランチョンマットも色々。
バラエティーに富んでいます。


d0129786_18433958.jpg
料理本のコーナーもありました。

ここの近所にはキッチン用品屋さんが数軒あるけど、これでは太刀打ち出来ないないだろうなぁ。

商品構成のとても似たお店も近所にあるので心配です。
商売の厳しさを考えてしまいます。



そして、キッチンが狭いくせに、
d0129786_18455627.jpg

台所用品には目の無いワタシ。
やはり手ぶらでは店を出られなかった。 トホホ

d0129786_18472843.jpg

まぁ、食器用フキン程度で収まったから良しとするかぁ。
もう少しでお鍋を買うところだった・・ ふ~っ、アブナイアブナイ。


                           バンクーバー不動産やのカバン持ち

WILLIAMS SONOMA
Tel:778-330-2581
2903 Granville St.
Vancouver

↓よかったらクリックして応援してください。
人気ブログランキングへ
by stessa2 | 2007-12-25 18:35 | バンクーバーでうろうろ

日本のデパ地下は世界一!

海外に住んでいて「日本」と聞くと思い浮かぶ場所があります。
それは・・日本の「デパ地下」です。

d0129786_16515855.jpg

日本に住んでいると当たり前な場所なのですが、コチラに住んでいると
憧れの「デパ地下」なのです。

なぜかと云うと(ご存知の人も多いと思いますが)
カナダのデパートの地下は食料品売り場ではありません。
但し、デパートの地下の一部で食品を売っている場合はありますが。

カナダだけでなく北米全体のデパートの地下では基本的には
食料品は売っていないのではないでしょうか。

d0129786_16473357.jpg

確か・・香港の日系デパートの地下は日本と同じスタイルだったかな。

こんな充実した食品売り場が地下にあるのは日本だけ。
「デパ地下」ってひょっとして日本が発祥の地なのでは?

d0129786_1649382.jpg

バンクーバーでもスーパーマーケットに行けば品揃えは充分満足できますが・・
この日本のデパートでウインドゥ・ショッピングを楽しんで、

d0129786_16543738.jpg

デパートの中の喫茶店で友達とお茶を飲んで、そして帰りに食料品を買って帰る。
うらやまし~い!

さらにーー
d0129786_16565159.jpg

今日はちょっと疲れたから1~2品お惣菜を買って帰ろう、なんて思ったら・・
デパ地下には美味しそうなお惣菜が一杯あって楽勝ですね。

d0129786_1712463.jpg

「はむら」のお惣菜コーナーもあります。
(私の実家は岡山なので・・ここは岡山の有名日本料理店の出店です。)

d0129786_16594691.jpg

で、先月日本に帰ったときにはデパート中を駆け巡り、
(カナダに買って帰るモノがいっぱいで・・まな板とか、下着とか)
もちろんコチラでも売っているのですが品質と品揃えではやっぱり日本の勝ちですね。

そんなこんなで気が付くとヘトヘトになっていました。
そこで母と相談の上、晩御飯ははむらのお惣菜で済ませる事に。
                     ↑ホームページはこちらから

d0129786_1751658.jpg

天麩羅もチョッピリ食べたいねぇ、と買ったのですが、こんな包装をしてくれるなんて! 
あ~ここは日本だなぁとつくづく感じました。(包装の簡素化などの問題はありますが)

素敵でそして日本を感じさせてくれる包装ですね。

私が子供の頃によく見かけた薄く削った木で出来た「船」に入っていて、
それを和紙のタトウ紙で包んで、さらにお店の名前の入った袋に入れてありました。

d0129786_1782935.jpg

買って帰ったお惣菜をお皿に盛り付けるとこんな感じです。
このアジの南蛮漬けも、玉葱の甘みが良く出ていて夢中で食べました。

デパ地下を思い出すと日本への郷愁が募ります。
ウチのダンナ様は日本のデパ地下の食料品を全部食べてみたいのだそうな。015.gif

                             バンクーバー不動産やのカバン持ち


日本で写したデパ地下写真、いかがでしたか?
日本の方にとっては普段の光景なのですが。
本日は海外に住んでいる日本の皆様にお送りしました。
d0129786_16402850.gif←ヨカッタよと思われたらココを押して投票してやって下さい。
by stessa2 | 2007-12-24 17:18 | 懐かしの日本滞在記

一昨年の手作りクリスマス・リース見つけた!

遅ればせながら、慌ててクリスマスの飾り付けを引っぱり出しました。
物置部屋をゴソゴソしていたら見つけました。
一昨年に作ったクリスマス・リースです。

d0129786_1624397.jpg

ダウンタウンのロブソン・ストリートに在る小物屋さん
「Chocolate mousse」チョコレートムース
一昨年、そのお店でリースの土台の藁を束ねたモノを売っていたので購入。
ついでに手作り風雪だるまと鳥の巣箱などを一緒に買って来て
接着剤でくっつけてみました。
こうして改めて見てみると、結構いいかも・・ん、今年はこれを飾ろう!

確か以前にカナディアンから教わったのだけど、
このリースには色々な作成上のルールがあるらしいです。
日本のお正月飾りのようですね。
左右対称にしてはいけないだったっけ?・・とか、
飾りは同じモノを偶数付けてはいけない・・だったかな?

ゴメンナサイ・・すっかり忘れてしまいました。

d0129786_1693241.jpg

これはクリスマス・ツリーの足元を隠すためのツリー・スカート。
ウチのツリーは70センチ程のとても小さなものなのですが、
そのツリーにぴったりサイズのスカートを見つけました。

d0129786_1615740.jpg

こんな感じで・・ホンワカかわいい。

d0129786_16174959.jpg

ツリーのオーナメント(飾り)も、毎年2、3個、買い足します。
飾りの一つ一つが懐かしい思い出として残ります。

d0129786_16212282.jpg

来年はオーナメントも作ってみようかなぁ。

                             バンクーバー不動産やのカバン持ち




クリスマスの飾りつけは幾つになっても楽しいですよネ。

d0129786_1824781.gifこちらを押して頂くとランキングに投票されます。
by stessa2 | 2007-12-23 18:04 | カバン持ちの好きな物

ヴェネチアン・グラスのシャンデリア。ムラーノ島


d0129786_948151.jpg
ヴェネツィア第4弾、シャンデリア編

ウチのダンナ様は何故かシャンデリアが大好きです。
4年前に現在の家に引っ越した時も突然何を思ったか・・
「シャンデリアをウチにも付けたい!」と爆弾宣言をしました。
「え、一体何処に付けるの?」とため息まじりのワタシ。
また始まった・・B型特有の思い付きですね。

以前にも話しましたが小さな我が家にはシャンデリアなどをぶら下げる豪華な部屋など・・無いのです。


・・がそれでも諦められないダンナ様はヴェネチアングラスの総本山「ムラーノ島」へ。
私はと云うと「牛に引かれて善光寺」じゃあなくて「ダンナに引っぱられてムラーノへ。」

d0129786_1024725.jpg

ヴェネツィア本島からムラーノ島まで水上バス船で15分程で着きます。 
冬の身を切られるような海風の中・・ 見えて来ました、ムラーノ島です。


d0129786_109738.jpg
ムラーノ島の船着場です。
観光客どころか人影はほとんどありません。

ここで下船する人はガラス関係者もしくはこの島の住人。
さびしい~。

が、とにかくガラス博物館へ行ってみる事にしました。
しかし私達以外にお客さんがいなかった・・
展示品は素晴らしかったけれど、冷え冷えと寒くて誰もいなくて。
写真を撮る元気も無かったワタシでした。


シャンデリアなどガラス製品を売っているお店も覗くと店員さんばかりです。
すごく入りにくい感じ。 勇気を出して入ったら、案の定捕まってしまいました。
そして当然どちらを見てもシャンデリアだらけです。
ウチのダンナ様はいささか食傷気味。「もうシャンデリアはいいよ。」 だって!

d0129786_10162957.jpg
でもせっかくここまで来たのでついでにヴェネチアンレースで有名な「ブラーノ島」へ。
水上バス船でさらに40分です。
そしてブラーノ島にはもっと誰もいなかった。
時間帯のせいでしょうか住人もほんの数人しか見かけません。


レース屋さんもおみやげ物屋さんもほとんど閉まっています。
この島はもともと漁師さん達の島です。
だから漁に使う網を繕う技術から島の女性達がレースを編むようになったのだそうです。


その昔ヨーロッパの貴族たちの間でこのヴェネチアンレースが引っ張りだこだったとか。
貴族の肖像画で首の周りに蛇腹状に襟みたいなモノが付いた服着てるの見るでしょ?
あれがヴェネチアンレースで出来ているらしいのです。


d0129786_10211485.jpgd0129786_10213123.jpg

左の写真:ブラーノ島の「レース博物館」(レース編みの実演が見られます。)
お客は私たち2人だけだったのに、入り口のおじちゃんがいつの間にか
レース編み職人の女性を連れて来て、実演場所で見せてくれました。
他に見物人がいなかったので職人さんの隣にくっついて15分程じっくり見学できました。
こういう事があると冬の観光地はいいな、と思ってしまいます。

右の写真:ブラーノ島の家はとてもカラフルです。
漁師さん達が沖に出ても自分の家が見分けられるようにという理由だそうです。
ちなみに、それぞれの家の色は決まっていて、
何年かに1回塗り直すそうですが必ず同じ色だそうです。

さて本題のシャンデリアですが・・こんな豪華なものや・・
d0129786_10272621.jpg
   
こんな華やかなものなど・・
d0129786_1028079.jpg
  
いろいろスゴイのを見て・・


ウチはこんなのがぶら下がりました。(これが分相応ですね。)
d0129786_10285957.jpg
 
ダンナ様「もう一個、仕事部屋とか、リビングに付けようか?」
ワタシ「や、やめてくれ~っ!」  008.gif

 
                          バンクーバー不動産やのカバン持ち



d0129786_1658183.gif←こちらをカチッと押して頂くとこのブログに1票入ります。
投票して下さると嬉しいです。
1日1回有効です。いつも押して下さっている方にーありがとう!です。
by stessa2 | 2007-12-22 17:24 | イタリア、ヴェネツィア滞在記


バンクーバー在住者の四季折々の備忘録。夫は現地で不動産業者をしております。リンクされる場合にはメールにてお知らせください。不動産のお問い合わせも受け付けております。stessa@hotmail.co.jp


by stessa2

カテゴリ

食べたもの最近情報
バンクーバーでうろうろ
バンクーバーの四季折々
バンクーバー発信素敵なもの
バンクーバーでイベントに行く
鳥や犬など生き物話
小さな庭の園芸話
カバン持ちの台所
カバン持ちの好きな物
はばたけ素敵なでしこ達
バンクーバーでお宅拝見
バンクーバーから日帰り旅行
バンクーバーで動画
海を渡ったお菓子いろいろ
懐かしの日本滞在記
イタリア、ヴェネツィア滞在記
バンクーバー旅行豆情報
季節の着物・茶道・お習字
BC州観光局現地レポート記事

タグ

(187)
(123)
(85)
(67)
(67)
(65)
(65)
(65)
(47)
(40)
(40)
(36)
(34)
(25)
(23)
(19)
(19)
(16)
(15)
(12)

最新の記事

久々のVij's Rango..
at 2017-11-21 23:31
バランスボールを使ったバレエ..
at 2017-11-08 08:11
お習字のお稽古の帰り道
at 2017-11-01 16:37

バンクーバー不動産について
ブログ筆者stessa2の夫はバンクーバーの不動産取扱い業者で、主に住宅用物件の売買及び投資物件、店舗・オフィスなど商業物件も扱っております。不動産に関する仔細はホームページをご覧になるか下記のメールアドレスから気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちらから

メールアドレス
jmurakami@telus.net



カバン持ちへのメールは下記アドレスからお願いいたします。
stessa@hotmail.co.jp




お気に入りブログ
NeverSeconds
フィレンツェ田舎生活便り2
グンジ家の食卓
ヴェネツィアときどき..
エミリアからの便り
イタリア料理ほんやく三昧
ヴェネツィア冬紀行
森まどかのメロメロ..
Rotonda BLOG
じーさんがばあーさんに作る
Art & Bell by Tora
qoo's life
気配の写真家niなりたい
神田の家 * スタッフ日誌
淡路屋ブログ
moge
happy to meet
the RT BESTIARY
チョコラブYUMの毎日
どうなんかね国際結婚
岡山GoGoグルメ隊
凛の冒険記
百花ミナオの裏ジャパン..
++mariko+news++
Zappin' in my life.
Vancouver de BigBoss
外から見る日本見られる..
金魚さんのブログ
Judy子のブログ
橙葉What's for Dinner?
Good Day Vancouver 
ぱんだこのバンクーバーLife
バンクーバー日々是々
Reikocakes
風のたよりfromバンクーバー
バンクーバー新報
ふれいざー
Life Vancouver
タウンページ
Oops!
桜楓会
Blue Works
JP Rail.com
Travel Box
NAVITOUR
JTB CANADA
H.I.S.カナダ
メインランドクリニック
Kaori Otake
週間NY生活
Nature Fine Art Photo
Sea Island Clinic
il sospiro del mare

リタイア移民の会
桜楓会のHP





  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。