<   2007年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

冬に向けてガーディナーさんに庭のメンテナンスをお願いしました。

今日はガーディナー(庭師さん)のKさんに庭のメンテナンスをして頂きました。

越冬のために、夏の間に伸びた木の枝や生垣のシダ-の頭を揃えてもらったり・・
落葉の終わったこの時期に来て頂いています。

d0129786_4414996.jpg

だいたい春の始めと秋の終わりの年2回です。
(ウチの庭は小さいのでそれで充分。あとは自分で頑張ります?)

d0129786_4422940.jpg
冬に向かって落葉した木の枝の剪定は
勿論のこと・・

素人の私では判らない庭木の健康状態も
細かくチェックしてくれます。

これによって草木の病気の早期発見につながり、手遅れになって枯らしてしまう危険を回避できます。

(人間の健康診断みたい・・)

庭木に関しての面白いエピソードなど、楽しいお話もして下さいます。



「モンキーテール」という木が数年前に希少価値があるというのでブームになり
植えると夜中に盗まれたりする事があったとか・・
(そういえばウチも2年前に「くちなし」を植えたら夜中に盗まれた!)
あの時はホントにガックリ・・悲・・だったなぁ。

私には「紫陽花」や「ライラック」は枝の落とし方が難しくて、
下手に切ると翌年に花の数が減ってしまうそうです。

d0129786_4432015.jpg

Kさんが解かりやすく教えてくれますが、バッサリ切るには勇気が必要。
もしまちがえて切り落としちゃうと再生するのに何年かかるのかなぁ~
なんて考え始めると、もう、とても不安で切れません。

結局やっぱりプロじゃないと・・という結論に。

d0129786_4435357.jpg

きれいにカットされました♪

ウチの庭でこの夏、調子の悪かった「ハナミズキ」
とても繊細な木なのでちょっとした枝落しで弱ってしまうのだそうです。

春先に一度シャワーを浴びるように幹を洗浄してもらうことになりました。
(これでひと安心。)

d0129786_4444092.jpg

「バラ」はなかなかよくヤッテルとお褒めの言葉♪ 
(プロに褒められるとやっぱりウレシイ。)

「よしっ、来年も頑張ろう!」と心に誓った単純な私。
(それにしても最近、心に誓うコトが多過ぎ?)

d0129786_445105.jpg

毎年、秋に真っ赤な落ち葉吹雪で楽しませてくれる「楓の木」が
大きくなったので少し枝を落としてもらおうとお願いしましたが、
今は時期が悪いそう・・。
この時期、木がたっぷりと水を含んでいるので下手にカットすると
木を弱めてしまうそうです。

少し待って1月に入ると、木の中の水が下に下がるのだそうで、
その時が枝落しのタイミングだそうです。
(本当に木は生きてるんだなぁ・・と実感します)

ちなみに、松の木は十五夜のあと一週間した頃が枝落しの時期ですって。
(十五夜の後だなんて・・なんだか風情がありますね。)

さあ、庭もさっぱりキレイになりました!

d0129786_4455652.jpg


Kさんのトラックにはいっぱいの枝が・・
d0129786_4461871.jpg


毎回、園芸の授業を受けているような気がして楽しいひとときです。
庭木やバラなどの剪定や管理、栄養の与え方など、ワタシの色んな質問に
気さくに答えて教えてくれます。とても勉強になります!
また、1月に楓の枝落とし、よろしくお願いします!

                            バンクーバー不動産やのカバン持ち


ブログ・ランキングに参加しています。
↑毎回クリックして下さっている方、ありがとうございます。
by stessa2 | 2007-11-30 17:18 | 小さな庭の園芸話

不眠症な私の打開策?

わたしは・・不眠症です。
父もそうでしたから親譲りだと思います。こういう所は似たくなかった。ガックリ
で、去年から登場したのがーー

ジャジャ~ン!
d0129786_15532795.jpg

この「湯たんぽ」 ボンボンが付いてて結構カワイイ♪ 今んとこお気に入りです

中にゴム製の袋が入ってて、毎晩寝る前にお湯を入れればOK。
蛇口からの温かいお湯で充分なので簡単。
ベッドに前もって入れておけば足元がホカホカ。
私も眠くなる~という訳! とうまく行く時も・・たまに・・ある。

が、しかし不眠症とはそんな甘いもんじゃあナイ!

で、第2弾。 「儀式」とウチのダンナ様が呼んでいる、寝る前にする事があるのです。

d0129786_9285384.jpg
まずこのクリームで手足のマッサージ。
(ゴシゴシ擦るだけだけど)
そしてルーム・コロンでベッドをいい香りにする。
自分の処だけ・・

ルームコロンも何種類か用意していて就寝前の気分で選びます。

特にお気に入りは写真の「サンタ・マリア・ノヴェッラ」のルームコロン「PRIMAVERA」プリマヴェッラ。

これをシュッシュッすると・・花園にいる気分それもイタリアの花園。
 えぇ~っ!?

ちょっとオーバーだった・・




d0129786_15503121.jpg
こちらはAVEDA社の「rainforest」レインフォレスト
これもとても爽やかな涼しげな香りです。

数年前までAVEDA社はとてもステキな香りのコロンを扱っていたのに、次々に廃盤にしてしまいました。
(エスティーローダーがAVEDAを買収しちゃったんだよね)

そういえばカラーがとてもユニークだった化粧品会社「MAC」もエスティーローダーの傘下に入ってから商品が何だかつまらなくなったような・・
消費者としては頂けないね、そういうの。

d0129786_15554649.jpg話を元に戻して・・

まあ、これだけやってもダメな時はこの「メラトニン」のサプリメントを使います。

ベッドに行く前に口の中に1錠入れて横になって本を読みながら舌の下でゆっくり溶かしていると・・
あ~ら不思議、眠っちゃいました!

要するに私の場合このメラトニンを送り出している頭の中のどこかがぶっ壊れているのですね。

ハハハ・・と笑うしかない。
(頭の中、他にも一杯壊れてるけど)





d0129786_1556477.jpg
あとはひたすら本を読む。
でもあまり面白い本だと夢中になって眠れないし・・

塩野七生の「ローマ人の物語」シリーズは「ハンニバル戦記」で停滞中。
全15巻のシリーズの4巻目で止まっちゃうなんて我ながら情けない。 トホホ

なのでなかなか読み進めなくて思わず知らずに眠ってしまう。
(それって結果OKじゃない?)

だけど次の日の就寝時に読み返すと、昨晩読んだ部分が記憶に無い。
で、また同じ部分を読み返す、その繰り返し。


「塩野七生ファン」だなんて口が裂けても言えないよぉ。 恥


ぐっすりと就寝中のウチの居候犬・・正直、羨ましいです。

d0129786_15573298.jpg



ついでに、おまけの写真を一枚。
日本にいらっしゃるウチのダンナ様のお客様から先程お電話を頂いたので。

d0129786_1558777.jpg
昨日撮った写真ですが・・
キツラノ・ビーチからバンクーバーのダウンタウンを眺めた景色です。

          
                         バンクーバー不動産やのカバン持ち



ブログ・ランキング
に参加しています。
↑ここをクリックして頂くと私のブログに1票入ります。
by stessa2 | 2007-11-29 12:40

懐かしの「ソニーのウォークマン」聞いてます。

私は掃除機と台所以外の電化製品にあまり興味がありません。
たとえば・・テレビとか、オーディオ機器とか・・。
だから?逆にそういった物のモノ持ちが自然と良くなります?
(壊れない限り買い換えずに使うから。)
そして別に大切に残しておこう!などと思ったことも無いのに、
未だに箱の中に残っているのがこの「ソニーの「ウォークマン」です。

d0129786_1653677.jpg

実はこれも知人のお古です。
(私はこういう物を自分で買った事が・たぶん・・無い。)

その当時、友人が新しい「ウォークマン」を買ったので、お古を貰いました。
こういうモノが好きな人って、壊れなくても新しい機種が出ると買うでしょー。
おかげで私はラッキー^^

d0129786_1662318.jpg

それ以来ずーっとこの「ウォークマン」を持っています。
これを私にあげた人もビックリ・・だろうなぁ。
(まだ持ってるなんて、知らないヨ・・て云うか、あげた事も記憶に無いよ、きっと。)

d0129786_167372.jpg

大体これを処分しちゃうと思い出の曲が一杯収録してある
「カセット・テープ」が聞けなくなるでしょ!

その昔、”ジャズ好き”な友達が好きな曲を入れてくれたテープ。
当時、私はジャズなんて興味無かったけど。
ディスコ「マハラジャ」のDJが収録したテープのコピーもあるよ!レアもの?
そんなこんなが何本か・・未だに、この箱の中に残っているのです。
これ聞くとメチャ懐かしい~っ。

d0129786_1674160.jpg

多少テープが伸び気味ですが、まだ大丈夫。

(贔屓目に言っちゃうと)テープの伸びた感じがまた好いんです。
レコードが廃止になった時もそんなコト言ってる人いたなぁ。
(だいたい、音にはぜんぜん無関心なくせに!) はい、そのとおりデス。


d0129786_1682144.jpg
「ウォークマン」が一世を風靡した頃・・

大人達はーー
「あんなモノをずっと聞いていると耳に良くない!」
と言って顔をしかめてたっけ。

遠~い昔のお話でした。


バンクーバー不動産やのカバン持ち




d0129786_10194832.gif←ココをクリックして頂くと私のブログに1票投票されます。
by stessa2 | 2007-11-28 14:11 | カバン持ちの好きな物

ヴェネツィア住民のお宅拝見!+昨日の続き名シェフ「ロブ・フィーニ」

年に一回のお楽しみ!ヴェネツィア旅行の続編報告「お宅拝見」です。

その前に、昨日アップしたレストラン「Feenie's」のお話ですが・・
今朝お友達から電話があって、
「Feenie'sのシェフのロブ・フィーニさん、レストランを辞めたみたいヨ」との事。

d0129786_15322118.jpg
早速チェックしてみたら11月初旬に共同経営者から解雇されたらしい。
そういえば3・4年前、たまに「Feenie's」の隣の姉妹店フレンチレストラン
「Lumiere」に行ってた頃にレストランの案内係の女性がーー
「お店、また改装するのよ、この前やったばっかりなのに」

私「じゃあ、席を増やすの?」と聞いたら、
「違うの、席を減らすのよ。」
「テーブルの間隔を開けるの。」

「へっ?」

「ま、どうせそんなに忙しくないから・・」って言ってたっけ。


あの頃ロブ・フィーニはすでに有名シェフだった(そして彼の料理は本当に美味しかった)
予約も取りにくい状態だったのに、何か変だなぁ・・と思ったのを覚えてる。
彼はいつも店にいて、間仕切りの横から店内の客の様子をマメにチェックしてたのに。
そういう彼の姿勢がワタシは好きだった。

シェフって職人気質の人が多いから経営に向いてない人が居て・・
とてもいい腕持ってるのにお店が立ち行かなくなったケースは日本に住んでた頃にも
幾つかそんな事があって、残念に思ったのを思い出します。
お店は流行っているのに、何故か借金が嵩んでいく。
そして、美味しいお店がまた一つ消えていく・・・寂しいですね。
ロブ・フィーニさん、今度は何処で腕前を披露するのかな?



・・と、この話題はここまでにして、

d0129786_15263262.jpg

さあ本日は以前ヴェネツィアに行った時に見せて頂いた物件です。

d0129786_15333497.jpg

場所はヴェネツィアの人達が多く住む「カンナレッジョ地区」
庶民的で便利が良くて、観光客も多くない・・住むには最適な地域。
このお宅は運河の横、おまけに日本で言うところの1階です。
水位の問題はどうなのかな?

住人曰くーー
アクア・アルタ(水位が上がる大水)の日でもステップがあるから大丈夫との事。
(私はそうは思わないけど・・・)

d0129786_15341639.jpg

玄関を入ったところ、リビング・ダイニングです。
ワンベッドルーム。
世界遺産の中だけに流石にこんなに狭くても価格は安くありません。

あとベニスで聞いたんだけど、グランドフロア(日本の1階)は住んでると
足腰が湿気で冷えるんだって!
(それって住んでいる人ならではのご意見!思いも付かなかった。)

さらにここでは築400年!なんて言うのはあたり前。
というバンクーバーから来た人間には信じられない物件が、こちらでは至って普通。


キッチン・スペース
d0129786_15353351.jpg狭い空間を上手く使っていて、改めて感心させられました。
(ウチが狭いとぼやくのは止めよう・・と心に誓ったのだった!すぐ忘れるけど・・)

台所って一カ国の料理しか作らなければスペースはそれ程必要ないのでは?と思う今日この頃。
でも私たち日本人は食いしん坊だから和食も中華もイタリアンも・・とあらゆる国の料理を作るからねぇ。
道具もフライパンやステンレス鍋、中華ナベとか蒸し器とかもあるし・・



食器も和食器に洋食器に・・エトセトラ・・
これでは収納スペースはいくら在っても足りない~と悲鳴を上げてしまう私。

でもやっぱり、食器は色々あると盛り付けた時に見栄えするし・・
(このビミョ~な女心☆)


d0129786_15362214.jpgこちらはベッドルーム。

ベッドの下が収納スペースになっていてマットレスを持ち上げると全面が物入れ。

思わず拍手!というぐらいカンペキな整理整頓

「ボクの整頓術」なんて本が出せるよ。

しかしヴェネツィアで暮らすという事は本当に大変。
水の問題、スペースの問題、その他色々・・

だけど知れば知る程、魅力的な街です。

例えれば・・・ブルー・チーズみたい?


最初は臭いし抵抗感があるけど、味を覚えちゃうと他のモノでは満足出来なくなる。
そんなブルーチーズのようなヴェネツィアの街にハマってしまったウチのダンナ様です!

                           バンクーバー不動産やのカバン持ち

ブログ・ランキング参加中。
↑よかったらコチラのクリックもお願いします。

  
by stessa2 | 2007-11-27 09:05 | イタリア、ヴェネツィア滞在記

トップ・シェフ「ロブ・フィーニ」のカジュアル・レストラン「Feenie's」

先日、うちのダンナ様とランチに行こう!という事になりましたが、
さて何処に? ん~何を食べる? ・・とイロイロ検討の結果、
久しぶりに「Feenie's」という事になりました!

d0129786_1255890.jpg

12時過ぎに予約のTELをしたのですが、

「あと10分ぐらいで着くんだけど・・」と言うと
「席ならぜんぜん空いてるよ。」という返事。
え~っ、そ、そんなに暇なのー?と、突然不安になる私。

以前は時々行ってたけど、いつも混んでたのに・・

d0129786_12561772.jpg

で、お店に着くと今度は「ご予約は?」だって!

何だかスタッフの連携が良くない・・?
オペレーションの綺麗な女の人もいない・・たまたま今日はお休みなのかも。

ま、気を取り直して・・
まず前菜を一皿オーダーして二人でシェアする事にしました。

d0129786_12585588.jpg

「Swedish Touch Salmon」スモーク・サーモンのスェーデン風
これは美味しい! 
オーソドックスで単純なメニューだからこそ材料の良し悪しで雲泥の差。
(体が喜ぶような)食材の鮮度と安心感です。

次はメイン・ディッシューー
d0129786_1304242.jpg

うちのダンナ様は「Black Spaghettini」ブラック・スパゲッティーニ
イカ墨を練り込んだパスタです。
てっきりイカ墨ソースのパスタと勘違い・・ ガッカリ

私もひと口味見をしましたが・・

この感じ・・ベニスで唯一の星付きレストラン「Da Fiore」のパスタに似た口当たり。
一般的には評価の高い味なんだと思うけど・・?
私はこのモソモソした感じが苦手。 (味覚が幼稚でスミマセン・・トホホ)

周りのムール貝などの鮮度や火加減は抜群、ジューシーでおいしいデス。

さて、私の注文はーー
d0129786_1313341.jpg
「French Onion Soup」フレンチ・スタイルのオニオングラタン・スープ

子供の頃からオニオングラタン・スープが大好きでよく食して来たけど、
簡単そうに見えてごまかしの効かない本当に手の掛かる料理。

今どきはメニューから消えつつある一品です。
特にここバンクーバーでは半ばあきらめていたのだけど、

「Feenie's」がオープンした時メニューにあるのを発見!
さっそく試してみたら「おお、本物!」と大感激。

という事で本日も注文したのだが・・
スープの味が何だか物足りない?  もちろん不味くはないよ。
でも、以前のほうがおいしかった、というか・・感激があった。

それに、なぜスープがこんなにトロトロしてるの?
(オニオングラタン・スープは食してるとトーストして入れてあるバゲットが
だんだん溶けて来てトロトロしてくるけど・・最初からトロトロは・・・ヘン。)

今日はたまたま日が悪かったのかもしれない。悲
私の体調が良くないとか・・舌がオンチ?なのかも・・

以前、この店はちょっと塩分が強かったように思う。

バンクーバーのレストランは塩分が強めの店が多い。 カナディアンは塩好き?
でも今回はぜんぜん強くない。 それはとーってもウレシイ♪

ただ、塩分が弱い分、今度はスープの旨みが強くないと・・


(食べ物にしつこい私は)後日また挑戦してみよう・・ と思ったのであった。ヤレヤレ

d0129786_1323544.jpg

さっき話したベニスのトップ・レストラン「Da Fiore」も何だか納得いかなくて。

ベニスに行く度に私が再度トライするので、ウチのダンナ様はいささかゲンナリ。

「じゃあさ、あのレストラン、次回のベニス旅行では、ランチでもう一度トライしてみる。」
と言ったら見事に却下された。

さて「Feenie's」のほうは1時過ぎた頃からだんだん席も埋まって来て、
なるほど、ここの客層はランチ・タイムの遅い人達なのか。  ナットク

d0129786_133114.jpg

バンクーバーのトップ・シェフ「Rob Feenie」と言われるが故にどうしても
レベルの高いものを求められる・・ 大変だなぁ・・と思いつつ、

再度オニオングラタン・スープにトライする事を心に誓った私であった。

(どーにかしたら?その食べ物に対するしつこい性格!)

P.S.たった今、お友達からTELがあって、Rob Fenue ロブ・フィーニは11月7日に
  このレストランを辞めたそうデス! 驚き!


                   バンクーバー不動産やのカバン持ち

「Feenie's」(←クリックするとホーム・ページに行けます。)
2551 West Broadway
Tel:604-739-7115
by stessa2 | 2007-11-26 10:34 | 食べたもの最近情報

簡単タラスパと窓辺の居候犬。

Pちゃんママが日本から帰って来て、おみやげにこんないいモノを頂きました!

d0129786_1273613.jpg

ジャジャーン!タラコ・スパゲッティの素?
(どうも業務用タラスパのタラコらしい。)
大阪「ニシムラ・フーズ」のたらこ(バラ子)

d0129786_1281351.jpgとにかくパスタを茹でて混ぜるだけなのでめちゃくちゃ簡単です。

茹で上がったら黒胡椒をガリガリしてオリーブオイルとバターをからめて・・
生クリームも混ぜて(あ、生クリームを買うの忘れた。)
「たらこ」をザックリと和える。

家の中のプランターで育てているシソの葉を刻んでトッピング♪
西洋浅葱のチャイブも庭にあるのですが、採りに行くのが寒くてめんどうくさいので・・
代わりに冷蔵庫のネギを使っちゃいました。
 トホホ・・食べてから後悔の嵐です。


Pちゃんママ、いつもお心使いを有難うです♪


さて、こちらは私の一押しパスタ麺「martelli」マルテッリ
d0129786_1291578.jpg

イタリアで食べる生パスタと変わらぬ程の強い食感と旨み^^

なるほど、家内工業の手作りパスタだけの事はありますね。
ちょっと割高だけど、外食で美味しいパスタを食べる事を思ったら、
このパスタを使うだけでおいしさ倍増だなんて!すご~い裏技。

私の友達の義母はイタリア人です。
そのイタリアン・ママもこのパスタは美味しいとお褒めの言葉!

でもこのマルテッリのパスタは4種類しかチョイスがありません。 ガッカリ
スパゲッティが1.6mmと 2.0mmと、あとはマカロニとペンネだけ・・
(さらに結構手に入りにくい。)

で、気を取り直して・・
スパゲッティーニやフィットチーネ、リングイニなどの場合はこちら。
「rustichella d'abruzzo」ルスティチェッラ・ダブルッゾって読むのかなぁ。

d0129786_1294172.jpg
これも美味しいパスタなので、おススメです。

もしこの会社の瓶詰めパスタ・ソース(特にフンギ茸トマト味)を見かけたら迷わず買おう。
瓶からお鍋に移して隠し味のお砂糖をほんの少し加えて、好みで塩・胡椒もね。
茹で上がったパスタと混ぜてパルメジャーノ・レッジャーノを摩り下ろしてかけるだけ。
ヴォーノ♪ヴォーノ♪な美味しいパスタがインスタント・ラーメンを作るノリで出来ちゃう。

だから私はこのパスタ・ソースをまとめ買いして、ああ、今日はごはん作るのめんどくさい
・・という日の助っ人として使っています。




私がキッチンに居る間、SPCAからお預かりしている居候犬は・・というと、


d0129786_12184273.jpg

何を見ているのでしょうか?
そーっと後ろから近づいても窓の外を眺めるのを止めません。

d0129786_12194869.jpg

気持ちは外の世界へ・・

ウチに来るまで彼女はいったいどんな生活を送っていたのでしょう。
彼女の遠い目の中には何が見えるのでしょうか?


                           バンクーバー不動産やのカバン持ち




ブログ・ランキング
に参加しています。
 ↑今日の話、よかったらクリックして下さいね。
  
by stessa2 | 2007-11-25 13:14 | カバン持ちの台所

花屋さんのクリスマス・ディスプレイを見に行きました♪

以前にご紹介したダウンタウンの花屋さん「Lavender&Lilacs」が11月21日に
クリスマス・ディスプレイのオープン・ハウス(展示会)を行うと聞いていたのですが・・

その日は忙しかったので、遅ればせながら本日行って参りました。
d0129786_1555435.jpg


店内はもうすっかりクリスマス一色です。

クリスマス・ツリーの飾りつけもパープルと黄緑色でまとめてあって
大人のクリスマス・・というイメージで素敵です。
d0129786_1556899.jpg


ウチでは大きなクリスマス・ツリーは飾りませんが、一般のカナディアンのお家では
必ずと言っていい程(特に小さなお子さんの居るお家では)ツリーを飾ります。

もう少しするとバンクーバー中の空き地などでダグラス・ファーというクリスマス・ツリー用の
木が売り出されマス。

d0129786_15565460.jpg
それを買って帰ってそれぞれの家にある
オーナメントで飾ります。

さらに以前聞いた事があるのですが、
その飾りに使うオーナメントは代々
受け継がれていてお祖母ちゃんから
貰ったものとか、何かの記念日や
旅行先で買った物など・・

一つ一つに歴史と思い出が込められて
いるのが正式だそうです。

だから、年齢と共にどんどん増えていくらしい。(アルバムみたいに・・)

そうやってツリーのあの飾りつけがされているなんて・・感動☆


d0129786_15572058.jpgクリスマス・リースのデコレーションは
何回か経験アリ。

バンクーバーに来た当初、通っていた
語学学校の授業で作ったのが最初です。

これが(最初に作り方さえ覚えちゃえば)結構楽しくってハマります。

毎年クリスマスが終わると飾りをばらして仕舞います。
そして翌年、ちょっとアレンジして去年と
また違ったリースに仕上げたり・・

私の小さなクリスマス前のイベントです。
ひとりでゴソゴソやってます。


d0129786_1602226.jpg

時間がなくて私はちょっと・・という方は
こういった花屋さんでアレンジを前もって
頼んでおけば大丈夫。

イメージを伝えてプロにお願いするのも
賢いやり方☆ですね。
たとえば・・
「ポインセチア」が一鉢あるだけでも
気分は変わります。

そのポインセチアも定番の赤以外に
白やピンクも有。
(白なんて数鉢まとめて置いてあると
カッコイイ♪)


こんな感じで楽しめます☆     
d0129786_168655.jpg


「Lavender&Lilacs」←この花屋さんに関してはこの名前の部分をクリックして
くださったら以前の記事に飛べます。電話番号などはそこに載ってマス。

さあ、今年もクリスマス・デコレーションの時期がスタート!
あなたはどんな飾りつけにするの?

                    バンクーバー不動産やのカバン持ち

ブログ・ランキングに参加しています。
↑ここをクリックすると一票入ります。応援して頂けるとウレシイです☆

d0129786_19424912.jpg
P.S.この花屋さんがオープン・
ハウスに来た方にプレゼント
したオーガニックの石鹸を頂き
ました!

(2日も遅れて行ったのに・・
アリガトウです^^)

 
by stessa2 | 2007-11-24 16:43

218種類のジェラート屋さん 「LA CASA」ラ・カーサ

ウチのダンナ様の大好きなジェラート専門店「LA CASA」ラ・カーサです。
うちでは勝手に「218」と呼んでます。
ジェラートが218種類もあると看板に書いてあります・・それが呼び名の由来です。笑

d0129786_9162599.jpg

本来はアイスクリーム屋さんって夏に行きますよね? 暑いから
でもダンナ様は冬に行くのが結構、好きなのです。
理由は、いろいろあるのですが・・

その1 混んでいなくて客は私達だけ、店内を貸切状態にできる。あんまり魅力的ではない?
その2 冬のほうがワン・スクープが大きい。と思い込んでいます?
その3 夏は忙しいのでバイトを沢山雇っているが、冬はファミリーだけ。 だから?
その4 なのでジェラートもオーナー自らが作っていて夏よりも味が良い?どこまでも思い込み
以上のような理由です。 説得力は0点ですね。

d0129786_15293918.jpg

さてさて今回も、ワタシはいつもの「スプモーニ」
イタリアン・ジェラートと言えばこのスプモーニかカッサータが好きです。
その昔、新宿、高野のフルーツ・パーラーのイタリアン・フェアで食べて以来、
ジェラートと言えば勝手にスプモーニとカッサータだと思い込んでいるだけ。

このスプモーニはイタリアン・クラシック・バニラにドライフルーツのみじん切りを混ぜたもの。
ジェラートの味は独特で、カクテルのスプモーニとはまた違った味わいです。
私は、アニスの様な香りをかすかに感じるのですが・・気のせいかな?

どれにしようか毎回迷うのですが、結局スプモーニの美味しさにはかないません。

d0129786_9175459.jpg

うちのダンナ様は「梨とゴルゴンゾーラ・ブルー・チーズ」です!

このジェラートは本当に梨のジェラートにブルー・チーズが混ぜ込んであります。
ブルー・チーズの風味がバッチリです。
香りもチーズのきついので最初は抵抗がありますが・・ハマッちゃう事請け合い ♪

本当に面白~い味で楽しいですね。 パチパチ 038.gif
 
なんたって、218種類もあるんだから・・そりゃ珍しい味のジェラートも当然あるよね。
わさび味とか・・ドリアンとか・・(臭い?) カレー味もあるヨ!ビックリ
そういった意味でもこの時期は店内が空いているので不思議な味や面白い味に
挑戦するには打って付けだと思います。 ゆっくりと試食させて貰って・・
防寒装備バッチリで未知の味に挑戦するのも楽しいかも ♪ ヘンだと云う人も居るけどね

                            バンクーバー不動産やのカバン持ち


d0129786_9181857.jpg

LA CASA ラ・カーサ
TEL:604-251-3211
1033 VENABLES ST.

↓よろしかったらクリック応援してください。
人気ブログランキングへ
by stessa2 | 2007-11-23 16:32 | 食べたもの最近情報

庭の楓の紅葉も終わりました・・

お待たせしました!(誰も待ってないってばさ・・)
2007年版、庭の楓の木の紅葉をついにお届けいたします。パチパチ・・

d0129786_8282236.jpg

この真っ赤な落ち葉、誰かが車の上に乗っけたワケじゃないヨ。
楓の木の真下に車を駐めるので・・・毎朝こんな状態。

ちょうど私が日本へ行ってる間に紅葉が真っ盛りだったので、
うちのダンナ様が代わりに写真撮って置いてくれた・・(いいトコ有るねぇ)
ダンナ「他にもいっぱいいいトコ有るヨ!」

・・それはさて置き、

d0129786_8284942.jpg

地面の上の落ち葉もスゴイでしょ?

これねー見ると、キャーきれい♪ なんて思うんだけど・・
そうじが大変なんだナァ~。(結構、重労働・・)
左側の庭も落ち葉が積もって芝生の上もまっ赤、赤。

でもねぇ、それも晩秋の風物詩なのかもしれない・・
(今年は私、日本に行っていたので落ち葉の掃除やってない・・ははは)


d0129786_829217.jpg

フラワー・ポットの蔦も晩秋色です。

すっかり寂しくなった庭に・・
ナニを思ったか蔓バラが一枝だけ、小さな花をいっぱい咲かせています。

d0129786_8294035.jpg

来年の春まで・・ 庭はしばらくの休眠です。

今年のバンクーバーの夏は本当に短かった。
雨の日ばかりで、夏を感じたのは一瞬だけ・・
異常気象の影響で庭の木や花も戸惑い気味だった。

そんな今年も残すところ一ヶ月とチョットです。
毎年、一年経つのが早くなっている様に感じるのは・・・歳のせい?やっぱり。

                          バンクーバー不動産やのカバン持ち

ブログ・ランキングに参加しています。
↑ここをクリックすると一票入ります。もし良かったら応援して下さい。
by stessa2 | 2007-11-22 14:10 | 小さな庭の園芸話

歯医者さんに行きました。

カナダの歯医者さんってどうなんだろ・・?
バンクーバーに住み始めてもしばらくは歯医者さんの情報なんて何も無く、
飛び込みで知らないクリニックに行くほど私は度胸が無いし・・
で、最初の数年はスケジュールを歯医者の予約に合わせて日本に帰国していました。
ところが数年前、ある方の紹介で今の歯医者さんを知りました。

子供の頃から歯医者さんに縁の深~いワタシ。
おかげで大人になったら一種の「歯医者オタク」状態。
(歯医者さんに対して、いろいろコダワリが有るのですが・・変?)

しかし、その(意味の無い)深ーいこだわりも現在の先生は難無くクリア~。
   
d0129786_1755302.jpg

ここはOAK ST.× W.8TH AVE.にある歯科クリニックや歯科関係専門のビル。
この建物に私の歯科医のクリニックが在ります。

d0129786_175639.jpg5階にあるクリニックの待合室。
小さいスペースですが、とても居心地がいい。
ゆったりとしたペースで予約を取っているみたい・・
ほとんど予約時間通りに診察が始まります。
他の患者さんと一緒に待つ事はめったにありません。



さらに予約をすると折り返し「スケジュールの時刻表」が送られて来ます。
たとえば11月7日午後1時45分から1時間・・というぐあいに。

d0129786_17563319.jpg
そして私のお気に入りNO.1
コーヒー・ポット♪
おいしいコーヒーがいつでも飲めます。

さらにキャビネットの右側を開けると小さな冷蔵庫。
そこにはジュースやミネラル・ウォーターのボトルが・・
左側の引き出しには雑誌類。

壁にはモニターが取り付けてあって、リラックスさせるための環境映画?が流れています。
コートを掛けるクローゼットも有。



だからいつも早めに行ってコーヒーを飲みながら「VOGUE」などを読む・・
不届きな患者ーーそれは私です!
(そうやって患者を早く来させる・・コーヒー目的で早いのはキミだけヨ)
さらに圧巻は診察室からの景色です。

d0129786_17575838.jpg

(注:この写真は建物の1階入り口前から撮りました。)

診察台に坐ると目の前が床から天井までガラス張りなのでこの景色です。
(さらに5階なのでもっと絶景)
治療の怖さ忘れて思わず景色に見とれる私・・
景色だけではありません、
治療が長引く時はペーパー・カバーの枕や・・使い捨ての体に掛けるペーパー・カバー。
終われば日本の喫茶店みたいにおしぼりが出ます。

もちろん先生は折り紙付きの名医。(・・と私は信じています。)
日本にも学会発表などで行くそうです。
(ウワサでは患者の半分は歯科関係者及びその家族だとか・・)

歯のクリーニングは半年に1回。
グリーティング・カードの様なオシャレなハガキでお知らせが来ます。
(最初に貰った時、友達から来たハガキかと思った)

(日本にも最近増えて来ましたが・・)
技術はもちろんの事、患者の心地良さまできちんと整えるクリニック・・
そう、両方揃っているのが患者にとって最良ですよね。

でも、クリーニングが終わってうがいする時、殺菌うがい液を紙コップに
入れてくれる・・・そのとき、
「なに味にする?バナナ?ストロベリー?ミント?オレンジ・・・・・・・」
とたーくさんの味を聞いてくれるのは(楽しいけど)めんどくさい。
私、子供じゃあないし・・せめて2~3種類でいいよね・・日本人には。
だけどカナディアンは好きそうだな、こういうの。

                          バンクーバー不動産やのカバン持ち


追記:残念ながら・・こちらの歯医者さんはスペシャリストなので
    一般の患者さんは受け付けていません。
    他の歯医者さんからの紹介が必要なようです。


ブログ・ランキングに参加しています。
↑よかったらコチラをクリックして下さい。
by stessa2 | 2007-11-21 17:21


バンクーバー在住者の四季折々の備忘録。夫は現地で不動産業者をしております。リンクされる場合にはメールにてお知らせください。不動産のお問い合わせも受け付けております。stessa@hotmail.co.jp


by stessa2

カテゴリ

食べたもの最近情報
バンクーバーでうろうろ
バンクーバーの四季折々
バンクーバー発信素敵なもの
バンクーバーでイベントに行く
鳥や犬など生き物話
小さな庭の園芸話
カバン持ちの台所
カバン持ちの好きな物
はばたけ素敵なでしこ達
バンクーバーでお宅拝見
バンクーバーから日帰り旅行
バンクーバーで動画
海を渡ったお菓子いろいろ
懐かしの日本滞在記
イタリア、ヴェネツィア滞在記
バンクーバー旅行豆情報
季節のお着物
BC州観光局現地レポート記事

タグ

(187)
(120)
(84)
(67)
(66)
(65)
(65)
(65)
(46)
(40)
(35)
(34)
(34)
(25)
(19)
(19)
(19)
(16)
(15)
(12)

最新の記事

日本から買ってきて良かったも..
at 2017-04-27 17:32
帰国、そして4月下旬の庭便り
at 2017-04-26 16:19
Beigeアラン・デュカス東..
at 2017-04-13 16:37

バンクーバー不動産について
ブログ筆者stessa2の夫はバンクーバーの不動産取扱い業者で、主に住宅用物件の売買及び投資物件、店舗・オフィスなど商業物件も扱っております。不動産に関する仔細はホームページをご覧になるか下記のメールアドレスから気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちらから

メールアドレス
jmurakami@telus.net



カバン持ちへのメールは下記アドレスからお願いいたします。
stessa@hotmail.co.jp



お気に入りブログ
NeverSeconds
フィレンツェ田舎生活便り2
グンジ家の食卓
ヴェネツィアときどき..
エミリアからの便り
イタリア料理ほんやく三昧
ヴェネツィア冬紀行
森まどかのメロメロ..
Rotonda BLOG
じーさんがばあーさんに作る
Art & Bell by Tora
qoo's life
気配の写真家niなりたい
神田の家 * スタッフ日誌
淡路屋ブログ
moge
happy to meet
the RT BESTIARY
チョコラブYUMの毎日
どうなんかね国際結婚
岡山GoGoグルメ隊
凛の冒険記
百花ミナオの裏ジャパン..
++mariko+news++
Zappin' in my life.
Vancouver de BigBoss
外から見る日本見られる..
金魚さんのブログ
Judy子のブログ
橙葉What's for Dinner?
Good Day Vancouver 
ぱんだこのバンクーバーLife
バンクーバー日々是々
Reikocakes
風のたよりfromバンクーバー
バンクーバー新報
ふれいざー
Life Vancouver
タウンページ
Oops!
桜楓会
Blue Works
JP Rail.com
Travel Box
NAVITOUR
JTB CANADA
H.I.S.カナダ
メインランドクリニック
Kaori Otake
週間NY生活
Nature Fine Art Photo
Sea Island Clinic
il sospiro del mare







  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。