カテゴリ:カバン持ちの台所( 91 )

お鍋でごはん炊いておひつで保存しています

本日のバンクーバーは清々しい秋晴れ、気温は16℃と軽くコートを羽織っただけで十分な過ごしやすい一日でした。

***

夏に日本へ行ってからすっかり嵌っているのがお鍋でごはん炊いておひつに入れておくこと。
この夏に母の様子見に日本へ行く前に炊飯器が壊れ、それ以来お鍋でごはん炊いてます。炊くのに使っているのがこのお鍋↓
d0129786_14334569.jpg
1月にヴェネツィアへ行った時にこのお鍋がセールになっていて購入。が、残念なことに色の選択肢がこのゴールドイエローか、もしくはメタリック赤しか無かったので仕方なくこの色を選びました(汗)
見た目ががっかりなのですが、ところがどっこい、自宅でお料理するマンマがまだまだ健在なイタリア!さらに台所事情も私の住んでいる北米と違って、日本と同じようにかなり狭いキッチンでマンマたちは家族のために美味しいお料理を作っています。その口うるさいマンマたちが使ってるお鍋って、かなり日本人好み。っていうか、ここカナダで売っているお鍋って見た目はシンプルで良いのですが、使い勝手が良くない(←日本人にとって)。まず大きい、そして重い。ところがイタリアのお鍋は小ぶり、軽い、(但し底の部分にはきちんと熱伝導の良い素材が使われている)、そして内部がテフロン加工してあって、おまけに大きさに対して微妙に浅めで、取っ手も持ち易い設計。よって洗いやすい。

で、このイタリアで買ってきたお鍋でごはんを炊いたら、あら、ま!炊飯器よりも時間短縮で、で、美味しいごはんが簡単に炊けるのです。
2合につき、洗ってからザルで水切り、それからお米をお鍋に移して水を1.1倍入れて(主人がかためのごはんが好き)、30分寝かせて、強火で6分、あと弱めの中火にして10分。ちなみに我が家は火力ではなくて電力です。

美味しいごはんが炊きあがったら..
そのあとはそのままお鍋で15分ぐらい蒸して、それから炊きたてのごはんをおひつに移しておきます。
d0129786_1525226.jpg
このおひつも日本へ行った時にさんざん迷ってネットで買ったもの。デパートの中の木屋の売り場や、あと地元の荒物屋さんにも行ってみましたが、どちらも白木のおひつでかなりバルキーな見た目でした。(五目寿司を作る時に使う飯台と同じ仕様)
その見た目で2〜3合用だとかなりヒノキの風呂桶っぽくて、私が子供の頃実家で使っていたおひつとはかなり違った印象。ってことで本当は本物の曲げわっぱのおひつが欲しかったのですが、初期投資としては金額が高かったので、ひとまずこの”なんちゃって曲げわっぱ”を使ってみて、それでもお鍋でごはんを炊き続けるようなら、炊飯器を新しく買ったと思って本物の曲げわっぱのおひつを購入する事にしました。
でも今のところこのおひつでも十分大丈夫。 母に教わったとおり、子供の頃にやっていたとおり、おふきんを挟んでおけばそれが水分を適度に吸ってくれるので、翌日のごはんも冷めてしまっても全然遜色ありません。
そしてこのようなおひつだと炊飯器と違って、このまま食卓へ出せるのもとても便利で大好きです。
ごはんをおかわりする時に、いちいち食卓から立たなくてもそのままごはんをお茶碗によそうことができます。それがなんとも昭和的で心地良いのです。

そんなこんなであと半年したら本物の曲げわっぱを買おうかな?と心の中で検討中^^

バンクーバー不動産やのカバン持ち
by stessa2 | 2017-10-27 15:00 | カバン持ちの台所

京都「菊乃井」の村田吉弘さんのローストビーフの簡単レシピ

昨夜は男性のジャズ・ハープ演奏者の懇親会があり、お招き頂きました。
ポットラックパーティーだったのでこのところ気に入っている京都「菊乃井」の村田吉弘さんのレシピでローストビーフを作って行きました。

d0129786_1720354.jpg
器代わりに春慶塗盆、グランビルアイランドで買ったオリーブとWhole Foodsのイタリアンパセリ、ローズマリー、いちじくを飾ってみました。

柔らかくて美味しい和風ローストビーフが誰でも失敗なくちゃんと作れるのでとても便利なレシピです。クックパッドにそのレシピを紹介していたのでリンクを貼っておきます。リンクはこちらから。
このクックパッドの方のレシピに沿って、番組では紹介していませんでしたが、私も58℃で1時間経ったあと、お湯に水をさして温度を下げて30分放置しました。その間に残ったつけ汁を小鍋に写して煮詰めます。煮詰めて半分ぐらいの量になったらそこにポメリーの粒マスタードを加えて混ぜ、それをソースとして最後に添えます。
あと村田さんのレシピには無いのですが、私は最初に肉を焼く時にスライスしたニンニクも一緒に焼いて肉に香りを移し、さらにつけ汁にもそのニンニクを一緒に入れてお湯に浸すほうが美味しいと思います。あと、私はカナダ在住なので売られている肉質が日本と違うので、あえてヒレ肉を使っていますが、日本でしたら好みの部位でも十分美味しくできると思います。

バンクーバー不動産やのカバン持ち
by stessa2 | 2017-06-27 17:38 | カバン持ちの台所

またまた棒餃子のお話

本日のバンクーバーは晴れ、少しだけ曇り。気温は18℃と昨日までの寒さはどこへやら、からっと快適な一日でした。それでも北の空には暗雲が立ち込めて雨が降るのか降らないのか、天気予報もあてにはなりません。

**

確か以前にも一度書いたことがある棒餃子のお話。
料理家コウケンテツさんの棒餃子、NHKの番組で見られた方も多いかと思いますが、作ってみられましたか?私はコウケンテツファンなので番組があったあとすぐに作ってみて、それ以来ハマってます。
d0129786_14113684.jpg
でね、ちょっと前なのですがうちの娘が家に来た時に作ってあげたら美味しいと大好評だったんです。餃子の具は普段我が家で作っているのと同じレシピで包み方が違うだけなのに全然違う食感で、皮のツルツル感がなんとも言えず美味しいのです。でも皮は市販の餃子の皮です。餃子の薄っぺらさや皮の重なった部分の食感でこんなにも食べた印象が違うなんて、不思議♪

ちなみに餃子のタレは市販のまろやかポン酢に砂糖ちょっぴりと韓国一味唐辛子、胡麻油を混ぜて作ってます。簡単手頃でお薦めです。からしを混ぜても美味。

バンクーバー不動産やのカバン持ち
by stessa2 | 2017-06-17 14:32 | カバン持ちの台所

包丁ホルダーを作ってみた

本日のバンクーバーは晴れ、気温は18℃でした。
バタバタと過ごしていたらあっという間に6月。今年ももう半分が過ぎようとしているなんて、最近月日の流れがますます加速しているような、そんな気分。
ちょっと野暮用でまた日本まで飛ばなければならなくなりそうで、それもあってますますバタバタしています。でも体力だけはつけておこうと運動嫌いの私なりの”なんちゃって運動”してる今日この頃。スポーツは勿論、エクササイズなど全くといっていい程やっていない人間がちょっぴり運動しただけでその効果を感じられる、それは分母が致命的に小さいせい?

**

包丁ホルダーが欲しくて仕方なかったのですが、自分の包丁のサイズにピッタリ合うものがなかなか見つからなくて、結局自分でお菓子の箱をカットして作ってみました。
d0129786_15585876.jpg
ところがどっこいこれがかなり良い具合♪ 
しばらく試用期間をおいて、このまま使い勝手が良ければ、今度は木材を買ってきて作ってみようと思います。

バンクーバー不動産やのカバン持ち

おまけ:昨日のビーチの写真です↓今にも雨が降りそうな曇天でした。
d0129786_1651323.jpg

by stessa2 | 2017-06-04 16:00 | カバン持ちの台所

橙葉さんと蜂蜜のパウンド焼いてみた

本日のバンクーバーは雨のち曇り、気温は14℃とまたまた肌寒い日が続きそう。天気予報を見るとこの週末は12℃前後が続くようでせっかく準備したサンダルは当分履けそうもありません(T_T)

***

昨日は橙葉さんのお宅でベーキング♪
先月帰国の折にスーリー・ラ・セーヌで習った蜂蜜のパウンドケーキを一緒に焼いてみました。
d0129786_1343373.jpg
ひと手間掛かるバーズキャラメルは橙葉さんが前もって作っておいてくれました。
まずランチに麒麟レストランで飲茶を食べてからベーキング開始。2人でお喋りしながら和気あいあいとお菓子を作るのは私にとって大切な時間です。焼いている途中から部屋いっぱいに美味しい蜂蜜のパウンドケーキの香りが漂って、焼き上がりまで2人でコーヒー飲みながらのひととき。焼きあがったらたっぷりのコニャックを表面にポンシェしてラップでくるんで数日間寝かせます。
最後に次回は何を作ろうかと2人で相談するのも楽しいもの。ベーキングを通して時間を共有できる人がいるってこんなに素敵なものだとは思ってもみませんでした。いつか一緒に日本でスーリーのクラスに参加したいものです。

ってことで昨日焼いたパウンドは食べ頃が早くても3日後からなのでまだ味見できていません。スーリーと同じように美味しく焼けたかな〜〜ちなみにこのパウンドケーキは冷蔵庫で2週間保存できます。←でもあっという間に食べちゃうから2週間保ったためしがありませーん。

バンクーバー不動産やのカバン持ち
by stessa2 | 2017-05-12 14:16 | カバン持ちの台所

コウさんの棒ぎょうざ作ってみたら美味でした

日に日に開くお隣の桜の木ーー
d0129786_15272856.jpg
今日は曇り空で、夕方からは通り雨と強い風が吹きましたが、こんな空模様の桜もまた乙なもの。

そうそう、昨日NHKのきょうの料理でコウケンテツさんが紹介していた棒ぎょうざなるものが手軽そうで興味深かったので作ってみたら、これがなんと大正解。主人と2人でご飯片手にぱくぱくとあっという間に食べてしまいました。餃子の皮を3枚つなぎ合わせて棒状にして焼く棒ぎょうざ。片面をぱりぱりに焼き上げるので、食感がじつに美味。薄い焼き上がりが韓国のおやきっぽくって食欲をそそります。普通の餃子よりも包む手間も簡単、薄いので焼き時間も短く、主婦には嬉しい一品。あんまり美味しかったので作り方のリンクを貼っておきますね。
棒餃子のレシピ私は中身の具材を混ぜる時にちょっぴりお砂糖とオイスターソースも加えました。←周富徳さんのレシピから。

バンクーバー不動産やのカバン持ち





バンクーバー不動産やのカバン持ち
by stessa2 | 2017-04-05 15:48 | カバン持ちの台所

オレンジのパウンドケーキのレッスン

本日のバンクーバーは晴れ、気温は12℃。日差しはぽかぽか暖かかったのですが、それでもまだまだ肌寒く、春本番まであと少しという感じ。

昨日は橙葉さん宅でケーキ教室。前回日本へ帰ったときに、母にドライフルーツとナッツの入ったパウンドケーキの作り方を教えたらとても喜んでいたので、次回の帰国時にはオレンジのパウンドを一緒に焼こうと計画。
一応オレンジのパウンドケーキのレシピは持っているのですが、ベーシックな焼き菓子だけに、どうも自分としては不満足。ここでもう一度パウンドの美味しい焼き方をブラッシュアップしいなと思っていました。
そんなこんなでお菓子を作らせればバンクーバーNo.1の橙葉さんに80歳を過ぎた母でも失敗なく美味しいパウンドが焼けるように共立てのレシピを作って頂きました。そしてそれを昨日習いに行き、マンツーマンでお稽古。いろいろとコツを教えて貰いながら2人で焼いたパウンドはその分気持ちもこもってて大満足な焼き上がり。食感もお味もとても良い感じに焼けました。
d0129786_14203862.jpg
テーブルセッティングもお菓子の材料や道具の準備も完璧にセットアップしてくださっていて心地よくお稽古できました。橙葉さんありがとうございました。そしてまた次回もよろしくお願いいたします。

P.S.持って帰ったパウンドを一晩寝かせて今日はちょっぴり切り分けて主人が味見。すごく美味しいと喜んでおりました。日本の母もこれが焼ければ鼻高々なことでしょう♪

バンクーバー不動産やのカバン持ち
by stessa2 | 2017-03-31 14:29 | カバン持ちの台所

岡山の祭り寿司

友人宅にお招き頂いたので、岡山の郷土料理の「祭り寿司」を作ってお持ちしました。
d0129786_1622025.jpg

子供の頃から母が作っているのを見ていたので、なんとなく具材も察しがつき、無事に完成する事ができました♪

ちょっと興味深いこの祭り寿司のいわれをウィキペディアより抜粋しました↓

●岡山のばら寿司(別名:祭り寿司)

大阪などの関西でも同様の名称のばら寿司があるが、それよりも具材の品目数・大きさ・量が圧倒的に多いのが特徴である。この寿司の発祥は、江戸時代の岡山城下とされる。
地域や季節によって内容が変わるものの、基本的に椎茸・干瓢の煮しめなどの少量の切った具を混ぜ込んだ酢飯を作り、その上に錦糸玉子を敷き、さらにその上に茹でニンジン、酢蓮根、エンドウ、竹輪、蒲鉾、田麩、味を付けた高野豆腐、茹でた蛸、殻付の海老、焼穴子、烏賊、蛸、藻貝、鰆、ママカリなどの具材を大きめに切断して(藻貝やエビ、エンドウなどは切らない)敷き詰める。また生ものはあまり使用されない。また味付けも他地域とは異なっており、ちらし寿司とは似て非なるものであるが、これには由来がある。
質素倹約を奨励し、庶民の奢侈をたびたび禁じた備前岡山藩藩主の池田光政が、汁物以外に副食を一品に制限する「一汁一菜令」を布告したことが、岡山名物のばらずしが生まれた背景となっていると説明している。 すなわち倹約の趣旨で出された「一汁一菜令」をかいくぐる脱法行為として発展したと言うものである。
この説よると、寿司の製作過程が特徴的である。つまり現在ではまず目につく大きめの具であるが、当時はこれらをまず器(寿司桶)の底に敷き、それらを覆うように細かい具の入った酢飯で覆ったのである。そして食事の直前に器をひっくり返し、ハレの日の食事に用いたとされている。これで役人の目をごまかせたかどうか、或いは暗黙の了解があったのかそれは定かではないが、これがその説の概要である。

<以上、ウィキペディアより一部抜粋転写>

今回、は穴子、海老、絹さや、蓮根、にんじん、干し椎茸、たけのこ、ちくわ、高野豆腐をそれぞれ別々に味付け調理し、それを程よい加減に細かく刻み、ちりめんじゃこ、胡麻と一緒に酢飯に混ぜ込みました。トッピングは錦糸玉子、海老、たこ、イカ、椎茸、絹さや、高野豆腐などなど。
もともとこの祭り寿司は下ごしらえの作業工程が思いのほか多く、そこから察するにその昔の日本は親子同居の大家族だったので、お姑さん、お嫁さん、娘さんなど家中の女性が全員で分業して作っていたものだと思われます。なので核家族化が進んだ昨今は、ひとりで作るには、シンプルなレシピの割りには、なかなか手間の掛かるお料理だと思います。
それでもやはり、桜の花びらが散る今の時期になると、この祭り寿司が無性に食べたくなるのです。そんな時、私は岡山っ子だと改めて遠い郷里を思い出します。

                   バンクーバー不動産やのカバン持ち

■不動産のHPはこちらから

by stessa2 | 2016-04-05 14:00 | カバン持ちの台所

シルバーのアクセサリーを一瞬で磨く方法

本日のバンクーバーは気持ちのよい晴天、気温も17℃と爽やかな一日です♪

さてさて、今日はちょっと便利な小技のお話をしたいと思います。ご存知の方も多いかもしれませんが、銀製品の簡単なクリーンアップの方法です。
皆さん銀製品のアクセサリーや銀器の磨きに苦慮なさっていませんか?
じつは私も一年前まではそうでした。ところが、、
とあるきっかけからとても簡単で便利な方法があることを知って、目から鱗の体験をしました。
まず準備するものはーー
d0129786_6274522.jpg
どのようなものでも良いのですが、熱湯を入れても大丈夫な器。それからアルミホイル、そしてベーキングソーダ、無い場合はあら塩でも大丈夫です。

<続き..>

さて、上の写真のものを用意したら、器の中にちょっとくしゃくしゃにしたアルミホイルを敷きます↓
d0129786_14574794.jpg

そして..
d0129786_1503134.jpg
そこに重曹、重曹が無い場合には、アラ塩をこのぐらい(スプーン一杯ぐらいを適当に)入れてください。

d0129786_1504529.jpg
その上から熱湯を注ぎます。ちなみに重曹を入れてる場合はシュワシュワ~~っと泡が発生します。
で、
注いだらすぐにーー
d0129786_151272.jpg
その熱湯の中にシルバーのアクセサリーを投入。

ものの数秒後にはみるみるうちにシルバーの黒ずんだくすみが取れてきて、綺麗なホワイトシルバーに戻ります。
そうしたら(器の中は熱湯で熱いので..) お箸かフォークを使ってアクセサリーをすくい上げ、お水で冷やします。(この時に流水を使って、うっかり流し口に大切なアクセサリーを流してしまわないように注意してくださいね。)

で、冷やしたら、さらにペーパータオルなどで水分を拭き取り、ついでにしっかりとこすったら、さらに光沢が出てピカピカになります。
こんな具合に↓
d0129786_1511863.jpg
こちら、何年も使っているシルバーのアクセサリーですが、全然黒ずみもなく使っています。
もしこの方法をご存じない、もしくはやった事が無い方、ぜひ一度お試しください。引き出しの奥に黒ずんで磨くのが面倒になったまま放置してあるシルバーのアクセサリーなどありませんか?あと出掛ける前に、ふと思いついて手に取ったシルバーのアクセが黒ずんでて、結局他のものを着けて行く事になっちゃったとか..そんな時、出掛ける直前でもこの方法ならものの5分で綺麗にできちゃいます♡

さらになんといっても良い点は、磨くために使うものが全て口に入れても大丈夫なこと。心配になるような化学薬品を使わずに綺麗に出来るところが、直接身に着ける指輪やペンダント、口にするカトラリーなどには絶対安心ですよね。

但し、シルバーではない部分のあるものや、あと石が付いたものはその部分が変質する場合があるかもしれないので、なさらないほうが無難だと思われます。
ではでは~~♪
                  バンクーバー不動産やのカバン持ち

■不動産のHPはこちらから



by stessa2 | 2016-03-31 06:30 | カバン持ちの台所

ポメリーのマスタードの瓶の開け方

本日のバンクーバーは折角の日曜日だというのに曇りのち雨。最高気温は15℃と、いよいよ暖房の季節となりました。ちなみに最低気温は11℃。

**

キッチンの隅にずっと放り投げていたポメリーのマスタード(Pommery:Moutard de Meaux)。
今使っているのが殆ど無くなっても今日までなかなか開ける気になりませんでした。そう、ご存知の方も多いと思いますが、ポメリーのマスタード瓶は口が蝋で塞がれていて、開けるのがひと苦労。でもね、以前のプラスティック製の摩訶不思議なキャップはもっと厄介で使いにくかったので、それと比べると開ける時は大変だけど、一度開けてしまったらそのあとはこのコルクのほうがずっと使い易いです。
ってことでgoogle検索して蝋で密閉された蓋の開け方をチェック。やっぱり瓶をさかさまにして蓋の部分を熱湯に浸けるのが一番のようですね。
こんな感じーー
d0129786_10301846.jpg
瓶をひっくり返すと同時に中身のマスタードもごろっとひっくり返ったのが感じられてちょっと不安。で、とりあえず4分程浸してから安物のカトラリーナイフで蝋の部分を端っこから持ち上げるようにして取り除き、細かく残って瓶の淵に付いている蝋も、そのあと少し冷えた時にペーパータオルでこすったら難なく取り除けました。 あとは蓋と瓶の間にぺティナイフをそ~っと少しだけ差し込んで淵を持ち上げたら、すぐにマスタードのよい香り♪ここまできたらコルクの蓋も簡単に外せました。
d0129786_14411419.jpg
はい、ご覧の通り。一気に広がるマスタードの香りに食欲が刺激されます。
このポメリーのマスタード、パン・ド・カンパーニュなどを使ったサンドイッチに欠かせないのはもとより、ステーキやハンバーグを焼いたあとのフライパンで作るソースにも絶対に忘れてならない調味料の一つです。
ってことでついでに私がよく作る簡単なハンバーグやステーキのソースをざっとご紹介。

まずハンバーグを焼き上げて取り出したあとのフライパンに赤ワイン(飲み残しや劣化したもので十分)をどばっと入れます(例えば100ccぐらい)、それを沸騰させてまんべんなくフライパンに残った油やおこげ、肉汁をこそげて混ぜます。そこにお醤油を加減を見ながらわりとしっかりと加えて、それにポメリーのマスタードを好みでティースプーン一杯分ぐらい、それからちょっぴりお砂糖、で、ソースなので味をはっきりさせるために好みでほんの少しお塩を加え、これをフライパンをゆすりながら煮立てて量が半分になるぐらい煮詰めます。最後にバターを加えてとろみを出して、ハンバーグやステーキにかければ出来上がり♪

自分で考えたお手軽ソースなのでおいしくなかったらごめんなさい。でも簡単に出来るので私はいつもこのスタイルで作っています。ちなみにステーキの場合にはガーリックをたっぷり使うので、それを活かしてお醤油味を強くして、時にはワインではなくてお水&日本酒で作る事もあります。その場合には最初に茸をソテーして加えたり、あとお砂糖ではなくて味醂を使ったり、和からしを使う場合もあります。要は手元にあるものを使って適当に♪
                
                   バンクーバー不動産やのカバン持ち
by stessa2 | 2015-10-19 15:14 | カバン持ちの台所


バンクーバー在住者の四季折々の備忘録。夫は現地で不動産業者をしております。リンクされる場合にはメールにてお知らせください。不動産のお問い合わせも受け付けております。stessa@hotmail.co.jp


by stessa2

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

食べたもの最近情報
バンクーバーでうろうろ
バンクーバーの四季折々
バンクーバー発信素敵なもの
バンクーバーでイベントに行く
鳥や犬など生き物話
小さな庭の園芸話
カバン持ちの台所
カバン持ちの好きな物
はばたけ素敵なでしこ達
バンクーバーでお宅拝見
バンクーバーから日帰り旅行
バンクーバーで動画
海を渡ったお菓子いろいろ
懐かしの日本滞在記
イタリア、ヴェネツィア滞在記
バンクーバー旅行豆情報
季節の着物・茶道・お習字
BC州観光局現地レポート記事

タグ

(187)
(123)
(85)
(67)
(67)
(65)
(65)
(65)
(47)
(40)
(40)
(36)
(34)
(25)
(23)
(19)
(19)
(16)
(15)
(12)

最新の記事

久々のVij's Rango..
at 2017-11-21 23:31
バランスボールを使ったバレエ..
at 2017-11-08 08:11
お習字のお稽古の帰り道
at 2017-11-01 16:37

バンクーバー不動産について
ブログ筆者stessa2の夫はバンクーバーの不動産取扱い業者で、主に住宅用物件の売買及び投資物件、店舗・オフィスなど商業物件も扱っております。不動産に関する仔細はホームページをご覧になるか下記のメールアドレスから気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちらから

メールアドレス
jmurakami@telus.net



カバン持ちへのメールは下記アドレスからお願いいたします。
stessa@hotmail.co.jp




お気に入りブログ
NeverSeconds
フィレンツェ田舎生活便り2
グンジ家の食卓
ヴェネツィアときどき..
エミリアからの便り
イタリア料理ほんやく三昧
ヴェネツィア冬紀行
森まどかのメロメロ..
Rotonda BLOG
じーさんがばあーさんに作る
Art & Bell by Tora
qoo's life
気配の写真家niなりたい
神田の家 * スタッフ日誌
淡路屋ブログ
moge
happy to meet
the RT BESTIARY
チョコラブYUMの毎日
どうなんかね国際結婚
岡山GoGoグルメ隊
凛の冒険記
百花ミナオの裏ジャパン..
++mariko+news++
Zappin' in my life.
Vancouver de BigBoss
外から見る日本見られる..
金魚さんのブログ
Judy子のブログ
橙葉What's for Dinner?
Good Day Vancouver 
ぱんだこのバンクーバーLife
バンクーバー日々是々
Reikocakes
風のたよりfromバンクーバー
バンクーバー新報
ふれいざー
Life Vancouver
タウンページ
Oops!
桜楓会
Blue Works
JP Rail.com
Travel Box
NAVITOUR
JTB CANADA
H.I.S.カナダ
メインランドクリニック
Kaori Otake
週間NY生活
Nature Fine Art Photo
Sea Island Clinic
il sospiro del mare

リタイア移民の会
桜楓会のHP





  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。