カテゴリ:バンクーバーでお宅拝見( 45 )

リッチモンド オリンピック オーバルの周辺その後。

今日のバンクーバーはまるで冬に戻ったかのような氷雨。
気温もお昼頃は3℃ほど、その後夕方にかけて少し上がったものの、それでも5~6℃と、
出掛ける時に慌ててクローゼットからセーターを出して、それを着込んで行きました。

さて、昨日の事ですが、お仕事でお世話になった方とのランチを済ませ、その後自宅に戻って
ショールームを見学にリッチモンドまで行くというダンナ様に同行。どういうわけかチョコちゃんも一緒

で、向かった先がこちらーー

d0129786_13344599.jpg

オリンピックの折にスピードスケート競技が行なわれたRichmond Olympic Oval
(リッチモンド オリンピック オーバル)

今回のモデルルームはそのオリンピック競技場周辺の大規模なコンドミニアム開発物件です。
展示場はそのオーバルのお隣の建物の3階。

d0129786_1335287.jpg

そこを開発業者の方の説明を受けながら見て廻るダンナ様のあとを付いてまわりました。

こういったーー

d0129786_13411352.jpg

内装サンプルや、

d0129786_13414027.jpg

こんなおしゃれなキッチンや、

d0129786_13442777.jpg

こんな模型を眺めては「ほう~♪」 説明を聞いては「ほう~!」と感心するばかり。
川沿いの物件なのにさらに開発地域に建つコンドミニアムの間を人工の小川が流れるのは
どんなものかと思いましたが、よく考えてみると、ダウンタウンのコールハーバーにあるベイショアも
海のすぐ傍にも拘らず人工の水面がありますね。
ちなみにこの開発を行なっているのはそのベイショアの傍のコンドミニアムを建てた会社のよう。
だから印象が似ているのかも?

**

そしてこちらはーー

d0129786_13424174.jpg

一般のユニット用のモデルルーム。上のキッチンは一番高い価格帯のものだそう。

d0129786_13471644.jpg

上下の写真は素材違い&間取り違いのバスルームのサンプルです。どちらも素敵♪

d0129786_13455379.jpg

さらにーー

d0129786_13473796.jpg

ベッドルームには小さいながらもウォークインクローゼットがありました。

d0129786_13481764.jpg

購入の如何にかかわらず、こういったモデルルーム見学は、今どきのキッチンのデザインや
インテリアデザインの流れなどを知る事ができて、なかなか楽しいものですね。
ちなみにこちらのコンドミニアムは地下に専用駐車場が出来るそうです。
そうそう、共有部分のファシリティーもかなり充実していました。例えばプール、ジャグジー、
あとバーチャルゴルフとか.. 詳しくはこちらから。

見学が終わったあと、チョコちゃんを連れて少しだけお散歩。

d0129786_16332339.jpg

河原の水辺にはこんな↑立て看板がありました。
この先の一段低い水辺の周辺の野生植物を守るため立ち入らないでくださいという看板です。
人目を引くために景観を壊すような派手な看板にしなくても、こんなてんとう虫のイラストが
描いてあるだけで「ん?何かな?」と、自然と目を引くものですね^^

d0129786_13491893.jpg

リッチモンドからの帰り道、寒風に雲が飛ばされたせいでしょうか、一瞬青空がこんなにきれいに見えて、
思わずシャッターを切りました。
早く春が来ればいいのですが.. ぶるっ

                                  バンクーバー不動産やのカバン持ち


d0129786_21355274.gif
←応援クリックお願いします。



東北地方太平洋沖地震 被災地支援チーム「SAVE IWATE」
福島原発の廃炉を求める有志の会


by stessa2 | 2012-03-15 16:53 | バンクーバーでお宅拝見 | Comments(4)

こんなステューディオを見学しました。

昨日は知人の不動産物件見学のためカバン持ちさんはちゃんと”カバン持ち”として同行しました。
普段ファミリーの方の物件見学や見学人数が2人以上の場合など、同行する事によって
お邪魔になると判断される場合はご一緒させて頂いておりませんが、今回は知り合いでもあり
さらにお一人での見学ということで邪魔にならないようにご一緒させて頂きました。

ダウンタウンへ向かう途中で通りかかったBurrard St.

d0129786_14113354.jpg

いつもの紅葉が今が盛りと色付いて、それに思わず見とれて慌てて写真を撮りました。
普通に通り抜ける道路の街路樹がこんなに美しく紅葉して、通りかかった人々の心を和ませ、
そして気持ちを浮き立たせてくれる、、自然の恵みに感謝です。

こちらはGranville St.

d0129786_14242438.jpg

先日のハロウィンの夜はこの通りもとても賑やかだったとか、、
その時に仕事の帰りでたまたま通りかかったダンナ様が帰宅してそう話しておりました。

さて、
ダウンタウンから一旦離れ、お客様がご覧になる物件の地域に行きました。
Main St.の周辺でというリクエストに基づいて幾つかの物件を見て廻りました。

d0129786_14282519.jpg

その中のひとつ、こちらの建物がちょっと気に入ったのでアップしてみます。
こちらがーー

d0129786_1428552.jpg

エントランスホールです。

d0129786_14284284.jpg

この部屋はステューディオ(Studio)タイプ、つまりワンルームです。
確かに面積は422sqf.=39.42㎡という狭さ、でも天井高が9'2ft.=2.8mととても高く、
なので狭さから来る圧迫感が感じられません。
決して豪華な内装ではないけれど、ローコストっぽい雰囲気ながらもコンテンポラリーなデザインで
もし私が20代だったらば是非住みたい♪と思わせる楽しい+αがありました。

さらにバスルームのバスタブも、

d0129786_1429092.jpg

大きくてそして深いですし、バスルーム内も思った以上にスペースがあり、素材も好みだったので
それも気に入った理由の一つです。

こちらはーー

d0129786_14292293.jpg

エントランス横の多目的ルーム、キッチンも備わっているのでここでパーティーも開けます。

さらに私がここが気に入った一番大きな理由はーー

d0129786_14293729.jpg

この住人がいつでも利用できるWork shop(工作室)がある事です。
コンドミニアムに住んでると、確かにこういった作業をする場所が無いのが難点です。例えば、、
古道具屋さんで見つけた小さなテーブルにペンキを塗りたいとか、壊れたイスを直したいとか、、
そんな時にこんな広~い工作室があればどんなに作業が楽でしょう♪
写真ではよく判りませんが、ここには只今作業中と思わしき物が幾つか置いてあって、
きっと週末などに工作好きが三々五々集まっては何やらごそごそしているのでしょう^^
私も参加したいっ♪

こちらはーー

d0129786_14295322.jpg

私があまり参加したくない部門(笑)、エクササイズルームです。
こちらも地下にありながら側面のガラスから日の光がしっかりと差し込んで、閉塞感はありません。

ダンナ様の仕事上、沢山の物件を見る機会がありますが、なぜかここが妙に気に入ってしまった
カバン持ちさんでありました。
やっぱ作業室と天井高のポイントが高かったなぁ~。
いやいやここを設計した人の、住む人が快適に楽しく住めるような、そんな若々しいコンセプトが
魅力的だったのでしょうね。

                                 バンクーバー不動産やのカバン持ち

追記:このブログに掲載した写真のお部屋は不動産の売買物件となっております。
ですので詳しい内容をお知りになりたい方は恐れ入りますが主人のほうへお問い合わせください。


d0129786_16291742.gif
←よかったら応援クリックもお願いします。



東北地方太平洋沖地震 被災地支援チーム「SAVE IWATE」
福島原発の廃炉を求める有志の会


by stessa2 | 2011-11-04 17:19 | バンクーバーでお宅拝見 | Comments(6)

オープンハウスに行きました。

先日ウチのダンナ様がキャラクターの残った素敵な家がオープンハウスしているけど
見に行く?と聞いたので「も、もちろん!」と、とるものもとりあえず出かけました。

d0129786_1392159.jpg

広々した玄関ポーチのあるこの家です。

この家の中をご覧になる方はこちらから、、
by stessa2 | 2011-04-27 15:44 | バンクーバーでお宅拝見 | Comments(19)

ウエスト・バンクーバーへ

昨日のランチの後、ウチのダンナ様のお仕事に同行してW.Vancouverへと
向かいました。

d0129786_13471715.jpg

まるで絵はがきのように晴れわたったお天気でルンルン♪といきたいところですが、
日中でも気温は限りなく0℃に近く、さ、寒かったです。ぶるっ

向かった先はこちらのコンドミニアムーー

d0129786_13553255.jpg
         
ライオンズゲイト・ブリッジのすぐ近く、なのでパークロイヤルショッピングセンターも
とても近いです。

ではロビーへ

d0129786_1551950.jpg
    
エントランスからエレベーター内のデザインまで、NYのアッパーイーストを彷彿とさせる
上品な内装で素敵です。
そしてお部屋は2ベッドルームで玄関ドアも高く作られていて高級感が漂います。

d0129786_1529529.jpg

とても居心地の良さそうなリビングには勿論、壁式暖炉ストーブもありました。

d0129786_15311175.jpg
 
キッチンも写真の向かって左手には床から天井までの大きな収納棚がついていて、
シンクも最新デザインのカクッと真四角な切込みで「見せるキッチン♪」という言葉が
ぴったり似合いそうなカッコよさです。

d0129786_15355724.jpg

ベッドルーム、決して広くはありませんがお部屋の2面が全面大きなガラス窓なので
とても明るくて気持ちいい開放的な室内です。

d0129786_15363728.jpg

そしてこちらがバスルームです♪

d0129786_15382885.jpg

シャワーブースの横のバスタブです。
勿論、このバスタブにもシャワーは付いてます。
蛇口の右の銀色の棒がシャワーヘッドで、引っ張り出せばビューッとホースが伸びます。
ヴェネツィアの滞在先のバスタブにも同じシャワーが付いていますが、これが見た目よりも
かなり水力があって、水がきちんと拡散して使いやすかったです^^

d0129786_15411918.jpg
         
リビングの一角にはこんなディスプレイもされていてまるで映画のようにロマンティック♪
毎日バタバタと日々の生活に追われている身には心に沁みるキャンドルの灯りでしたー。


この後、他にも同行して、それからライオンズゲイトブリッジを渡りダウンタウンへ。

d0129786_16533928.jpg

この建物、懐かしく思われる方がいらっしゃるのでは?と思って、その方に見せたくて
信号で止まっているうちに慌ててカメラを出してパチリ!
喜んでもらえるといいな..^^           
                         バンクーバー不動産やのカバン持ち

人気ブログランキングへ
↑クリックして投票頂けると励みになります。


★HP更新しました→ 「バンクーバーの不動産


by stessa2 | 2011-02-26 17:10 | バンクーバーでお宅拝見 | Comments(6)

コンドミニアムのモデルルーム見学です。

先日の日曜日、ウチのダンナ様が急にモデルルームに立ち寄ると仰って..
それはこちらーー

d0129786_1301545.jpg


ちょっと面白そうなのでついて行きました^^

d0129786_1315637.jpg

完成予想模型は↑こんな感じ。
2年半後に完成予定だそう。
なのでインテリアの素材も..

d0129786_1344528.jpg

部屋の広さ別、さらにタイプ別に選べます。

面白いなーって思ったのは同じ広さ、同じ価格で部屋のデザインが2タイプあって、
好みのほうを選べる事。

その2つのタイプの部屋がモデルルームとして公開されていました。

d0129786_13592584.jpg


d0129786_13594771.jpg


d0129786_140512.jpg


もう一つのタイプはーー

d0129786_142279.jpg


d0129786_1424752.jpg


d0129786_14392.jpg


この2つのタイプの大きな違いはベッドルームです。
ベッドルームが個室になっているか、カーテンで仕切るようになっているか..
どちらにしてもシングルもしくは若いカップル向けの心地良い空間を演出していました。
このモデルルーム、何よりもいいなって思ったのは内装をわざとゴージャスに演出したり、
モデルルームとしてのみのディスプレイ用のクローゼットなどを使わず、ちゃんと
部屋についているものを見せていたので、実際に住んだ時のイメージが湧き易いな、
と納得。 まるで友人か誰かが住んでいるような心地良い雰囲気が出ています

ーーちょっと立ち寄ってこんな物を見学したのでUPしてみました。
ではまた♪

                  バンクーバー不動産やのカバン持ち


人気ブログランキングへ
↑↑クリックして只今のランキングチェック♪


by stessa2 | 2010-05-26 14:44 | バンクーバーでお宅拝見 | Comments(18)

秋空のバンクーバー、10月の風景から。

本日午後、ダウンタウンでの用事を済ませお客様の物件へーー

d0129786_1363932.jpg

ダンナ様のカバン持ちとして同行しました。
午前中はどんよりと曇り空、雨が降るかと傘を持ってでたのに・・
午後になっていつの間にかこんなに澄んだ青空になりました。

さて、お客様のお部屋はバーチュラースィート。←これはワンルームの事ですね

d0129786_138148.jpg

窓からの景色が気持ち良く、対岸のノースバンクーバーまで見えますね。
ダウンタウンの高層ビル群に居ながらにしてこんな美しい山や海が望めるのも
バンクーバーならではの特色です。
たとえお部屋からは見えなくても屋上に上がれば必ず約束されてる景色です。
たとえ屋上が無くても水際までお散歩がてらに歩いて行けばバッチリです♪
バンクーバーに住んでいると、ともすればすっかり見慣れてしまって
この恵まれた環境が当たり前になる贅沢さ。ばちが当たってしまいます

あ、折角なのでお部屋の中もお見せしますね。

d0129786_131024.jpg

フローリングなので清潔で広めなお部屋です。^^

さてさて、ロビーまで降りて来たらーー

d0129786_1312982.jpg

ウチのダンナ様が「面白いもの見せてあげる」と仰るのでおもむろに付いていくと、
↓このような物体が・・?

d0129786_13111733.jpg

んん?これはナニ?と聞くと、ダンナ様は 自分のものでもないのに 自慢げに、
「これで天気予報やグーグルマップ、あと為替も分かるんだよ。」
と、私に向かって鼻た~かだか。
「さらに凄いのはね、レストランを検索するとジャンル別になっていてその中から
選ぶと割引クーポンがあるお店もあるんだよ!」と嬉しそう。 ほほう
でも検索したら割引クーポン該当店は少なかった・・。世の中そう上手くはいかないね

d0129786_14245053.jpg

さて確認も終わり、この他の用事も済んだので帰り道にスーパーに寄って、

そして車窓からの景色がとても気持ち良さそうだったので・・車を停めて、
ちょっこらこちらの小さな公園に降りてみました。

d0129786_13225994.jpg

対岸の緑はスタンレーパークです。
もっと水辺に寄ってみましょうね。

d0129786_13262498.jpg

ダウンタウンのビル群が磯の香りと共にまるで蜃気楼のように見えていて、
不思議な・・そして癒される静かな夕方の時間です。

d0129786_13282458.jpg

毎年の事ですが・・この時期から来年の春頃までバタバタと忙しいシーズンです。
仕事ではなくて生活が、ですよ。笑
そんな時期が迫っているからでしょうか?余計にのどかな景色に愛着を感じてしまい
いつまでもこのまま眺めていたくなるのです。

                      バンクーバー不動産やのカバン持ち


↓クリック投票もヨロシクお願いします。

by stessa2 | 2009-10-09 15:43 | バンクーバーでお宅拝見 | Comments(6)

オープンハウスをはしごしてみると・・その後編。

昨日の続きでオープンハウス巡りのお話です。
ご自宅の買い替えをお考えのお客様、何かの参考になれば・・と、
オープンハウスをご案内しての3軒目。
その3軒目なのですが・・
ちょっと好き嫌いのはっきりしている物件をダンナ様がリストからピックアップ。
物件へと向かっている間中、お客様に必死で説明するダンナ様、
「これはお薦めする物件ではないですよ、あくまでもちょっと面白いかなっと思って」

それがコチラの物件ですーー

d0129786_12563019.jpg

スパニッシュアリゾナ・スタイル、ごく稀にバンクーバーで見かける建築様式です。
周りの景観には全く溶け込んでいません。 クスッ
これまでに見た2軒とはあまりにも違う印象なので建物の前で皆、正直びっくり。
では・・入ってみましょう。

玄関を入ってリビングを抜けーー

d0129786_1372649.jpg

ダイニングキッチンへ。
え~、好みは別として・・豪華な雰囲気が漂うインテリアですね。
キッチンキャビネットもとっても重厚、左のガラスの向こうはパティオ。
水槽のように見えるのはガス式暖炉です。

2階へと続く螺旋階段を登ってーー

d0129786_1317419.jpg

リビングルームを見下ろしたところ。
で、

d0129786_13223369.jpg

目線の先にはバルコニーへの階段、右手には仕事部屋。
ご一緒したお客様は「これ、やばい方のお宅でしょうか?」と心配顔。^^

d0129786_13381287.jpg

述べ床面積が1.826sqf.という事は1・2階合わせて約170㎡、51坪です。
それだけの広さを最大限に有効活用してリビングやダイニングは勿論、仕事部屋、
ベッドルームが3室、バスルームが2つ、洗面室が1つ、さらにファミリールームまで。
とても興味深い物件でした。
ちなみにウチのダンナ様、ほんとは自分が見たかったらしい・・やれやれ
ま、お客様もとても楽しまれた様子でホッとひと安心。
じつはこのお宅、子供部屋のベッドが紫色のお城の形、子供服は豹柄がいっぱいでした。

それでは4軒目へ。

d0129786_1445990.jpg

この住宅は築2年。 先程のゴージャス叶姉妹系住宅も築2年でした
こちらはいたって一般的な建売り住宅です。
ベッドルームは全部で5部屋、1階のベッドルームには部屋貸しのテナントさんも
入居されていました。

d0129786_1436117.jpg

バスルームが3つ、洗面室が1つ、キッチンも2ヶ所。

d0129786_143752.jpg

1,2階併せての延べ床面積は1.948sqf.=約180㎡=約55坪
でもね、先程の住宅のインパクトがあまりにも強すぎて・・ふ~んって感じ。
どうも毒気?にやられたみたい。笑

・・で、5軒目は写真も撮らなかったので・・省略して・・っと、

d0129786_15514360.jpg

あ、家の写真は撮らなかったのですが、裏庭にいたロビンの姿は撮りました。^^
餌をくわえていましたヨ。このまま飛ぶと巣の位置がワタシに判ってしまうから?
じっとワタシが他所へ行くのを待っていました。 やっぱり可愛い♪

さて、最後、6軒目の物件ですーー

d0129786_14431780.jpg

築67年の庶民的で可愛らしい家ですね。^^

d0129786_14474846.jpg

リビングルームです。
ウチもそうですが、築年数が古い家になるとどうしても窓が小さくなってしまいます。
なので各部屋がちょっと暗め。 暗めが好きなカバン持ちにはピッタリですが・・笑
一般的にはやっぱり明るいほうが好まれます。
でも、壁の色を白っぽくしたり床を明るめにしたり・・工夫次第で解決可能。
さらにーー

d0129786_150263.jpg

このキッチンがまた可愛い♪
狭いスペースを上手く使って可愛い雰囲気作りに成功してますね。^^
レンガの部分は暖炉の裏側、このレンガは煙突まで続いています。
古い家の暖炉は全て本物のレンガで作られています。味わいがあって素敵

d0129786_1521434.jpg

バックヤード(裏庭)から見た住宅です。
サンデッキに取り付けられたストライプの引き出し式テントがポイントになっていて、
とっても可愛いですよね。 カバン持ち・・好きです、こんなテント

さて、今回のオープンハウス・ツアーはこれでお終いです。
如何でしたか?楽しんで頂けましたか?
今回の物件は全てバンクーバーのウエストサイドではありません。
なので物件価格も目が飛び出すようなものでは無いのが特長・・かな?
それも手伝って最近人気の地域です。

ちなみにウチのダンナ様、一番気に入ったのは叶姉妹風の家。驚き~
なんであの家が気に入ったの?って聞いてみるとーー
「だって部屋も階段も、全ての空間がドラマチックでしょ?」だって!
ふ~む、我らの好みは一生平行線だな。

                     バンクーバー不動産やのカバン持ち

↓よろしかったらクリック応援してください。
人気ブログランキングへ
by stessa2 | 2009-06-22 15:57 | バンクーバーでお宅拝見 | Comments(6)

オープンハウスをはしごしてみると・・その前編。

本日のカバン持ち、午後からウチのダンナ様に同行です。
不動産の購入をお考えになっているお客様、参考になれば・・と、
オープンハウスの中から幾つかピックアップしてご案内しました。
そのお客様がお考えなのは持ち家の買い替えです。
でもまだ地域や予算、家の大きさなどが漠然としか決まっていないので
ダンナ様がご質問にお答えしながらオープンハウスを一緒に見て廻る事を
提案させて頂きました。

そしてこれはーー

d0129786_1333432.jpg

本日、お客様をご案内する物件の資料です。
一つ一つの物件のインフォメーションが全て載っています。
部屋数、築年数、広さ、構造、税金、価格、リストされ経過した時間などなど・・。

ダンナ様が今日のお客様のために選んだ物件は全部で6軒。
ざっと物件の立地も確認して頂くために場所に印を付けた地図のコピーも準備。

さあ、それではお客様との待ち合わせ場所に向かいます。
お天気はあいにくの雨上がりの曇り空、気温も最高19℃と肌寒ささえ感じます。

d0129786_13455229.jpg

お客様はご夫婦で上のお嬢様もご一緒にいらっしゃいました。^^


では早速一軒目に向かいます。

d0129786_134916100.jpg

今日は土曜日、おまけにお天気も悪いせいでしょうか?
オープンハウスの物件には沢山の人が来ています。金利が低いのも理由だけどね
建物の中は人でいっぱい。
なので写真は撮れませんでした。 撮る余地もない程の人だかり 驚き!

今年の3月頃まではあんなに静かな不動産市場だったのに・・
この急激な変化には不動産やさんも?ビックリです。

そして2軒目ーー

d0129786_14115255.jpg

建物の前にはすでに黒山の人だかり。 す、すごい
道路に停めた車のボンネットを利用してオファーを書いている人も・・

こちらは1903年に建てられた築106年の住宅です。

で、玄関を入るとーー

d0129786_142104.jpg

この近辺にしてはちょっとお手頃価格だからでしょうか?
まるでイベント会場のパビリオンのように混雑しています。

中は完全にリノベーションがされていて、とても100年以上も経ってるなんて思えません。
ベースメントはテナントさんが住めるようになっているので家賃収入も見込めます。
今日の物件は全てベースメントはテナントさんが入居出来るように改装されてます。

さらに、この物件はパンフレットまで作ってありました。 

d0129786_14281587.jpg

残念ながら最近は室内の撮影を拒否する物件が増えてます。
特にオープンハウスの場合、誰でも見れるので防犯の為にもそうするのでしょうね。^^

同じくパンフレットからーー

d0129786_14411724.jpg

これはバックヤード(裏庭)です。
緑が生き生きと茂った素敵な裏庭ですね。柳の木が雰囲気を作ってていいなぁ
日本にいた頃はさほど良いとは思わなかった柳の木。
でもコチラに住むと・・イングリッシュガーデンに柳の木は庭に陰影が出てとても素敵。
柳の木=幽霊と想像するのはウチのダンナ様だけで充分です。

さて、3軒目以降は明日ご紹介させて頂く事にしてーー

物件のご案内が終わったらもう4時です。
お客様をお送りしてからカバン持ちは家に帰って晩御飯の支度。
今日は大蒜たっぷりの豚キムチ韮炒めとすき焼きで残ったお汁でじゃがいもの煮付け・・簡単手早い料理
それからデザート代わり?に冷凍しておいた酒粕で甘酒もたくさん作って冷やします。^^


で、料理の合間に庭の見回り。
こんな気温が不安定な時期はちょっとでも目を離すと害虫が付いたり、病気になったり、
なので庭の見回りをしながらその兆候を探します。
つつじがひとつ、ちょっとやばかったけど早期発見、早期対策。^^

それからバラの花もつぼみが咲きやすいように開花したものは摘み取ります。
でーー

d0129786_15311952.jpg

1リットルカップにぎゅうぎゅう詰めのバラの花。
完全に開いているので摘みました。 次から次へと咲くので嬉しいやら飽きるやら

そしてこれはーー

d0129786_15355752.jpg

開花した「Glamis Castle」を摘み取ると、茎のまわりがこんな風に外れて、
花びらの多さに改めてビックリ。
先日、数えたのは「Teasing Georgia」。
が、この「Glamis Castle」は数えるなんて到底無理。

d0129786_1542063.jpg

これが「Glamis Castle」 一応、正面からの図も見ないと・・ね!

そして、ついに!

d0129786_1546916.jpg

カバン持ちとの付き合いが一番長い「Whisper」が今年も咲き始めました。^^
え~っと、確か、今年で5年目? 生まれて初めて植えたバラです。
このバラを通して庭いじりの基本を学んだカバン持ち。
そんな事を云いながら、やっぱり手入れがずぼらなせい?ちょっと病気気味な花びらです
そんなこんなもご愛嬌。何年経っても「ガーデニング初心者」のまま足踏み状態。
そんなの自慢にもならないねっ。 とほ

                       バンクーバー不動産やのカバン持ち

↓よろしかったらクリック応援してください。
人気ブログランキングへ
by stessa2 | 2009-06-21 16:37 | バンクーバーでお宅拝見 | Comments(10)

玄関ポーチのステップ塗り替え計画。

昨日自宅への帰り道、お天気も良くーー
カバン持ちはそろそろやらないといけない計画を思い出しました。それは・・
自宅の玄関ポーチのステップの「ペンキ塗り替え計画」 これ、カバン持ちが自分でします。
で、その足で近所のペンキ屋さんに立ち寄ってサンプルを選んでみました。

d0129786_14183954.jpg


そして、これはーー

d0129786_1422873.jpg

お店の人から手渡されたペンキの素材を判別するための溶解液キット。
これでペンキが塗られている場所の一部をこすってみると今塗られているものが
オイルペイントなのかラテックスなのかが判ります。
それで次に買うペンキのタイプが決まりますよね。もし間違ったら色が載らないんですよね

それから確かステップの塗り替えは気温が17度以上でしたっけ?
兎に角、気温が低い時期に塗り替えてはいけないそうです。
じつは数年前、そんな事もつゆ知らず、ステップ塗り替え用のペンキを買いに行ったら、
今は気温が低く過ぎるので春になって平均17度以上になったら買いに来てください。
・・と言われて売って貰えませんでした。
その時は「ええ~っ」って思ったカバン持ち。でものちのち・・
もしその時塗ってたら表面がちゃんと乾かずコンディションが悪くなったと思うよ、
と、大工さんに教わって・・流石、プロの話は素直に聞くもんだと反省しきり。汗

さてーー
家に引っ越してきた5年前、、キッチンなど水周りのリノベーションを行いましたが、
と同時にペンキ屋さんも頼んで内壁外壁全てを好みの色に塗り替えて貰いました。
が、その時塗り替えて貰った玄関ステップの色がイメージと違ったので、
結局自分でまた塗り替え。
一応ちゃんと出来たので今回もまた挑戦します。
あ、それから家の外壁のペンキは7~8年に一回塗り替えが、そして、
木の外壁は5~6年に一回の塗り替えが理想的だそうです。 ミニ情報でした♪

こちらはーー

d0129786_14422226.jpg

ウチの内壁を塗るときに各部屋に選んだカラーです。以前にもお見せしましたね^^

これはリビングの色ーー

d0129786_14441038.jpg

勿論サンプルどおりです。^^

このペンキは「FARROW&BALL」という会社の製品です。
イギリスのナショナルトラストが保存建築物にこの会社のペンキを使っています。
勿論、天然顔料です。
天然顔料なので光の当たり具合で色の表情がすごく変わって独特です。
この会社のペンキは色の種類がとっても少なく選択肢があまりありません。
まるで色をデザインして売っている・・そんなちょっと特殊なペンキメーカーです。
で、ここの色は全て抑えめカラー。それでは部屋が暗くなるのでは?と思いますが、
壁に額を掛けたりカーテンやブラインドなど窓周辺のインテリア、家具や床材などで
部屋の雰囲気はがらっ変わりますから大丈夫。^^

それよりも一度塗ったらまた違う色に塗り替えるのは大変な作業です。
なので小さな部分だけ塗ってみるとかプロの方に相談するとか・・
熟考して決めたほうが安心ですよね。^^
あと、昼の自然光の中と夜の証明の中では色は表情を変えます。
だからその2点も要チェック。


さて、話は戻ってーー

d0129786_1457639.jpg

結局、ステップの色をどうしたらよいのか?例えば、家の外壁の色に対して
カナディアンスタンダードな色はどういったトーンなのか?
今一歩不安なので、色サンプルを持って再度お店に行きデザイナーさんに
相談する事にしました。


d0129786_1532752.jpg

現在は濃い色も使っているので一度ベースも塗り直さなくてはならないし、さあてどうなる事やら? 
塗ってる途中でギブアップしても誰も助けてくれないね、きっと。笑


                              バンクーバー不動産やのカバン持ち




↑一日一回クリック投票して頂けると嬉しいです。
by stessa2 | 2009-06-16 16:26 | バンクーバーでお宅拝見 | Comments(6)

キツラノ地域のB&Bを拝見♪

今日のブログは、昨日見たちょっと面白い物件をご案内しますね。
昨日は生憎のお天気でしたがーー

d0129786_14115641.jpg

場所はキツラノの住宅地。 
入り口を入るとーー

d0129786_14161667.jpg

前庭はこんな感じです。 今のところいたって普通な感じですよね

それでは玄関を入りますーー

d0129786_14184534.jpg

エントランスホールから右手を見るとリビングルーム。 これも普通です

では、この物件が何故面白いかと云うと・・
じつはここは「B&B」として売りに出ている物件なんです。^^

で、Wikipeiaで検索するとーー
B&B ベッド・アンド・ブレックファスト(Bed and Breakfast)とは、イギリスや北米、
アイルランド、ニュージーランド、オーストラリアなど、主に英語圏各国における
(多くの場合小規模な)宿泊施設で、宿泊と朝食の提供を料金に含み、
比較的低価格で利用できるもののこと。 _ウィキペディアより抜粋
ーーとなっています。^^

それでは続けてご案内しますね。

d0129786_14214566.jpg

こちらはダイニングルームです。
B&Bでは宿泊客にフル・ブレックファーストの朝食を出すのが一般的。
フル・ブレックファースト(別名:イングリッシュ・ブレックファースト)
パンやシリアルに紅茶、コーヒーとジュースや果物、そして卵料理とベーコンやハムなどの付いた形式の朝食。

評判の良いB&Bはその朝食の質の良さが人気の秘密だったりする場合も。
なので、宿泊客が朝食を摂るダイニングルームは雰囲気も大切ですよね。

では客室として使っているベッドルームを見てみましょう。

d0129786_1522988.jpg

ベースメントのベッドルームです。

d0129786_1574331.jpg

こちらは2階のベッドルーム。
1階、2階と合わせて6部屋のベッドルーム(客室)があります。
さらにベースメントにはオーナー用のベッドルームもありました。

ではこの他、2階の客室を見てみましょう。

d0129786_15164134.jpg

マスターベッドルーム

d0129786_1518561.jpg

その他の客室です。

d0129786_15175455.jpg

以上の4室が2階にあるベッドルーム(客室)です。

この他、バスルームが7室、キッチン、ランドリールーム、レクレーションルームなど・・
全部で14室の建物です。
このまま引き継げば何の準備も必要無く、B&Bが営業できる状態です。
一般的に、B&Bの認可は2ベッドルームまでなら簡単なのですが、
このような部屋数が多い場合は周辺の家への通告など認可が下りるまでの
手続きや時間が(お役所仕事なので?)掛かってしまってなかなか大変みたいです。
なので、もう認可が下りて営業している物件を購入すればそういった手間も掛からず
即、営業開始できますよね。
が、実際、営業中のB&Bが常時売買物件として市場に出ている訳ではありません。
まして、今回のようなキツラノ地域は、「カバン持ち」も初めて見ました。
これって、なかなか興味深いですよね♪

さて、こちらはーー

d0129786_16401743.jpg

本日のお隣さん、いよいよ桜が散りはじめ、脇道には桜の花吹雪♪
春爛漫、桜色の季節です。

                         バンクーバー不動産やのカバン持ち



d0129786_15411534.jpg
もし、ワタシがB&Bを経営したかったら今回見たこちらの家は◎
立地もキツラノ地域だし♪
あとは自分で予算に応じて外装や内装をもっと英国風にするとか。
この物件、磨けば光る玉だと思うけどなぁ~  勝手な思い込み 笑


↓よろしかったらクリック応援してください。
人気ブログランキングへ
by stessa2 | 2009-04-22 16:47 | バンクーバーでお宅拝見 | Comments(4)


バンクーバー在住者の四季折々の備忘録。夫は現地で不動産業者をしております。リンクされる場合にはメールにてお知らせください。不動産のお問い合わせも受け付けております。stessa@hotmail.co.jp


by stessa2

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

食べたもの最近情報
バンクーバーでうろうろ
バンクーバーの四季折々
バンクーバー発信素敵なもの
バンクーバーでイベントに行く
鳥や犬など生き物話
小さな庭の園芸話
カバン持ちの台所
カバン持ちの好きな物
はばたけ素敵なでしこ達
バンクーバーでお宅拝見
バンクーバーから日帰り旅行
バンクーバーで動画
海を渡ったお菓子いろいろ
懐かしの日本滞在記
イタリア、ヴェネツィア滞在記
バンクーバー旅行豆情報
季節の着物・茶道・お習字
BC州観光局現地レポート記事

タグ

(187)
(123)
(85)
(67)
(67)
(65)
(65)
(65)
(47)
(40)
(40)
(36)
(34)
(25)
(23)
(19)
(19)
(16)
(15)
(12)

最新の記事

久々のVij's Rango..
at 2017-11-21 23:31
バランスボールを使ったバレエ..
at 2017-11-08 08:11
お習字のお稽古の帰り道
at 2017-11-01 16:37

バンクーバー不動産について
ブログ筆者stessa2の夫はバンクーバーの不動産取扱い業者で、主に住宅用物件の売買及び投資物件、店舗・オフィスなど商業物件も扱っております。不動産に関する仔細はホームページをご覧になるか下記のメールアドレスから気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちらから

メールアドレス
jmurakami@telus.net



カバン持ちへのメールは下記アドレスからお願いいたします。
stessa@hotmail.co.jp




お気に入りブログ
NeverSeconds
フィレンツェ田舎生活便り2
グンジ家の食卓
ヴェネツィアときどき..
エミリアからの便り
イタリア料理ほんやく三昧
ヴェネツィア冬紀行
森まどかのメロメロ..
Rotonda BLOG
じーさんがばあーさんに作る
Art & Bell by Tora
qoo's life
気配の写真家niなりたい
神田の家 * スタッフ日誌
淡路屋ブログ
moge
happy to meet
the RT BESTIARY
チョコラブYUMの毎日
どうなんかね国際結婚
岡山GoGoグルメ隊
凛の冒険記
百花ミナオの裏ジャパン..
++mariko+news++
Zappin' in my life.
Vancouver de BigBoss
外から見る日本見られる..
金魚さんのブログ
Judy子のブログ
橙葉What's for Dinner?
Good Day Vancouver 
ぱんだこのバンクーバーLife
バンクーバー日々是々
Reikocakes
風のたよりfromバンクーバー
バンクーバー新報
ふれいざー
Life Vancouver
タウンページ
Oops!
桜楓会
Blue Works
JP Rail.com
Travel Box
NAVITOUR
JTB CANADA
H.I.S.カナダ
メインランドクリニック
Kaori Otake
週間NY生活
Nature Fine Art Photo
Sea Island Clinic
il sospiro del mare

リタイア移民の会
桜楓会のHP





  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。