カテゴリ:懐かしの日本滞在記( 119 )

岡山で先輩と「鮨 山もと」

本日のバンクーバーは11℃と冷蔵庫のようなひんやりした空気でしたが、それでも日中はお天気も良く、過ごし易い一日となりました。
時差ボケと戦いながらも今のところ順調に過ごしています。

**

さてさて、この度の日本滞在中、幸いにも友人知人に美味しいところへ色々とご案内頂き、短い滞在期間であるにもかかわらず岡山の味覚を十分堪能することが出来ました♪
今日はその中から、私の高校時代の先輩が連れて行ってくださったお寿司屋さんのお話。
私が20代の頃には日本一との誉れも高かったお寿司屋さんの系列のお店です。
なので、それはそれは楽しみに時間早めにお店の前でタクシーを降りて、お店の前景をカメラに収めようと思ったら..な、な、なんとメモリーカード忘れた!!!
思わず乗って来たタクシーを呼び止めて、一旦家まで帰ろうかと思ったほど残念無念(/_;)

しょうがないので、撮影は諦めて店内へ。
お店へ入ると、そこはゆったりと贅沢な空間に、清楚な印象の檜の大きなカウンター、そんなカウンターには10席程の椅子の数。その凛とした雰囲気に、これはシャッター音が差し支えるから撮影できない、って思ったほど。
どちらにしても久しぶりにお目に掛かる先輩を待つ緊張感とあいまって、高ぶる気持ちを落ち着かせる為に、こっそりと腹式呼吸をする私(笑)
ほどなく先輩もお見えになって、ん十年ぶりの再会となりました♪
寡黙なご主人が握るお寿司はどれも素晴らしく、私のような素人のコメントなどおこがましく思います。

d0129786_15204189.jpg

カメラのメモリーカードを忘れた私の代わりに先輩がipad-miniで撮影してくれました^^)v

d0129786_15472624.jpg

★鮨 山もと
岡山市北区弓之町12−6 レジデンス弓之町 1F‎
Phone:086-232-3900
2011年 岡山アワード 日本食部門受賞

こちらのお店、いろいろ検索しているとどうもお昼も営業しているようです♪
メニューはおまかせのみのよう。絶品でした。

お食事のあと先輩のお知り合いのお店でコーヒーを頂きました。
Aさんご馳走さまでした。そして楽しいひとときをありがとうございました。変わらず見目麗しく、そして高校時代憧れのままのAさんでした。お会いできて本当に嬉しかった。
では来年バンクーバーで首を長くしてお待ちしております。
美味しいものいっぱい食べに行きましょう♡ お寿司のお礼は倍返しですよ(笑)

追記:この「山もと」さんが流れを汲むお寿司の名店「魚正」は、先代の頃には日本でも有数のお寿司屋さんと聞きました。政財界、また梨園の方々が新幹線に乗ってでも食べに来られていたとか。そんな噂を東京で聞いて、改めてその知名度の高さに驚いたのはもう数十年も前。当時そんな噂には事欠かない知る人ぞ知る有名なお店でした。そして現在、岡山でこの「鮨 山もと」と比較されるのが「鮨 縁」でしょうか?
岡山凄いぞ♪

★その「縁」の3年前の記事はこちらから→「鮨 縁」再訪。
2012年 岡山アワード 日本食部門受賞

                                バンクーバー不動産やのカバン持ち


d0129786_16291742.gif←クリック・プリーズ001.gif

___________________________________________________________

※お仕事のHPはこちらから→バンクーバーの不動産エージェント jmurakami.com
by stessa2 | 2013-11-09 17:18 | 懐かしの日本滞在記

エア・カナダビジネスクラス機内食 成田→バンクーバー

本日のバンクーバーは曇り時々☂ 気温も12℃と今一歩夏になり切らないぐずついたお天気でした。

***

じつはもう、かなり古いお話なのですが、、日本からバンクーバーへの帰国時の機内食を
記録の意味も含めてアップしておきたいと思います。
まず最初はーー

d0129786_14203524.jpg

 
海老重ね寄せ、蓬麩田楽、牛肉いんげん巻き、海鮮ムース、柿ゆべし、ばい貝串打ち
それに海鮮酢の物小鉢と炊き合わせ小鉢、それに茶蕎麦、、

じつは搭乗直前までANAラウンジでサンドイッチやお寿司を美味しく頂いていたのでかなり満腹。
あとはスムーズに眠りたかったので少しだけ赤ワインを頂いて、、

d0129786_12533696.jpg

で、ふと陶器の箸置きを見ると、なんとAir Canadaのロゴマーク入り♪ 可愛いではありませんか♡
これ、機内販売したら売れるのに、、などと思いながらーー

d0129786_1315063.jpg

映画「メリー・ポピンズ」を観ながらご飯を頂き、お腹一杯になったと思ったら、、

d0129786_1321222.jpg

なんと、まだ続きがありました。
内容は、牛肉すき焼き、白滝、焼き豆腐、葱、椎茸、麩、お味噌汁、ご飯と香の物。

あ、そうそう、この時たまたまメリー・ポピンズを観たのですが、7月にバンクーバーのQueen Elizabeth Theatre で
メリー・ポピンズのミュージカルがありまーす♪  はい、チケット取りました、楽しみです♪


d0129786_1373223.jpg

さらにデザートでアイスクリーム チーズと果物は食べれそうもなかったので残念ながらパスしました
そしてうとうとしながらもなぜか寝付かれず、結局、映画を3本観てしまいました。

シートは最高なのにゆっくりと寝る事が出来ず、気が付けば到着前の朝ごはん↓
d0129786_1312412.jpg

ヨーグルト、季節の果物のスライス、フレッシュオレンジジュースも頂いて、、

d0129786_1323897.jpg

ザーサイのお粥の和朝食を頂きました。レンゲの裏のエア・カナダのロゴも可愛い♪ 欲しい♪

でもね、いつも思うのですが、飛行機の機内で食べる食事って、今一歩味が判りにくいような
気がします。やはり気圧のせいでしょうか?それとも疲れでしょうか?
機内にも拘らずこんな贅沢なお料理出されても何だか食欲が刺激されなくて、、
映画を観ながらただ黙々と食べるのは私だけでしょうか。ふ~む
同じ物を陸上で食べたら、きっともっとおいしいと思います。
こんな状況下でおいしいと思わせる機内食をアレンジするのって本当に難しいお仕事ですね。

***

今日は朝からうちの庭の楓の木で小さな野鳥がず~~っとピィピィと鳴きっぱなし。
何事か心配で何度か庭に出てみたのですが、取り立てて変わった事もなく、、
日没近くまで声もかすれるほど鳴いておりました。

d0129786_13534368.jpg

明日もそ~っと様子見です。 それにしても気になるなぁ~、心配

                                  バンクーバー不動産やのカバン持ち


d0129786_21355274.gif
←応援もクリックも宜しくお願いいたします♪


by stessa2 | 2012-06-05 15:21 | 懐かしの日本滞在記 | Comments(4)

成田空港国際線ANAラウンジで食べた物

今日のバンクーバーは朝から晴天だったのですが、少し風があって、、
さらにお昼頃は気温が11℃と肌寒く、日差しは初夏、気温は春の初めに逆戻り?みたいな
花粉もめいっぱい飛んでいるような、、ちょっと不思議なお天気でした。

***

さて、昨日の続きで岡山→羽田→成田→バンクーバーの帰路の途中、今日は楽しみにしていた
成田空港内国際線のANAのラウンジの模様をお届けします。

成田空港のエアカナダのカウンターで早々にチェックインした後、手荷物検査を受けて、、
キャリーを引っ張りながらそそくさと駆けつけたのがこちらーー

d0129786_11215951.jpg

成田空港のANAラウンジです♪
ANAとAir Canadaは同じAeroplan提携航空会社スターアライアンスのメンバーなので、
エアカナダだとこうしてANAのラウンジが使えます。
今回は今までずっと貯まっていたAeroplanのポイントを変換してのビジネスクラスだったので、
初めて成田空港のANA国際線ラウンジが使える次第となりました。

早速入り口でボーディングパスを提示して中に入ります↓

d0129786_114265.jpg

入ってます驚いたのはその広さ。
さすが成田空港の、さすがANAのラウンジだけあってその広いこと!
バンクーバーのラウンジの何倍の大きさがあるでしょう? ちなみにHPによると席数は400席

d0129786_11425178.jpg

こちらは上の写真の右奥のお酒のカウンター。
ここで日本酒が楽しめるようになっています。お昼なので日本酒を飲む人は誰もいませんでしたが、、


わくわく気分の私は軽食のコーナーに一番近くて、そして坐り心地良さそうなスペースに席を確保。
ここなら柱時計もよく見えて、時間もばっちり判ります。

d0129786_11433149.jpg

荷物を置いて上着も脱いで、いざ、食べ物を取りにカウンターへ出陣♪

まずおもむろに食べ物全体をチェックします。

d0129786_1144187.jpg

クッキーやパンが並ぶカウンターには巻き寿司や稲荷寿司、さらにおにぎりもありました。

お隣りのカウンターには、、

d0129786_11442269.jpg

向こう側からサンドイッチ、フルーツゼリー、十勝チーズ、フルーツカクテル、、
一番手前のからっぽの所はじつはホワイトチョコ。 心配無用!この後すぐに補充されました

ではでは、まず手始めにサンドイッチと巻き寿司から♪

d0129786_11451189.jpg

う~ん、これがなかなかどうして美味しかったのです。
特にこのひと口サンドの美味しかったこと!
確かカウンターに並んでいたのはツナサンドと玉子サンド、それからトマトとレタスのサンドなど、、

日本だと当たり前かもしれませんが、このサンドイッチ用の薄切りパンの柔らかくて懐かしい風味。
また中に挟んである具の日本っぽいこと♡ やさしいお味にイチコロです
さらにサンドイッチが乾かないようにと丁寧に一つずつ包んであるのも嬉しいし、、
海苔巻きのほうも巻いてあるお海苔の風味がバッチリで、寿司飯も上品で美味しかったです。


お次は野菜コンソメスープ、

d0129786_11453551.jpg

これは普段バンクーバーで作って飲むのとあまり変わらず一般的な味でしたが、見ていると、、
外国からの旅行客はこのスープをよく飲んでおりました。

さらにーー

d0129786_11471341.jpg

サンドイッチがあんまり美味しかったので、追加でこの後2度取りに行き、稲荷寿司も一つ味見。
お稲荷さんも良いお味でしたが、私はバンクーバーのゼロワンさんのお稲荷さんのほうが好き♪

本当はこの右手奥に麺類のコーナーもあって、そちらではお蕎麦やおうどんが食べられたのですが、
もうお腹がいっぱい。 じつはラウンジに来る前に我慢できなくて稲庭うどん一人前食べちゃってました~ 汗

いくらなんでももうこれ以上食べられない、と思ったのでここでちょこっとデザートです。

d0129786_11512690.jpg

フルーツカクテル これも普通
でもね、チェックポイントはこのお皿の手前にコロッと転がっているなにやら黄色いかたまり。
これが先程、カウンターで空っぽになっていたひと口チョコなのです。
見た目はちょっと、、なのですが、これがまた美味しかったこと!口に入れた瞬間、自分の顔が
おいしさで驚き顔になったのを今でも思えています^^;

これはひと口大のセミドライのパイナップルにホワイトチョコをコーティングしたもので、
ディスプレイしてあった説明パネルによると、このチョコはLAはコンパーテスの「Love Fruits」、
ハリウッドセレブに大人気のチョコレートブランドだそう。

あんまり美味しかったので、、

d0129786_11515354.jpg

再度チョコを取りに行ったら、もう残りわずか。 いつもこちらを利用なさる皆さんよくご存知で..

で、このあと機内食も食べれるかなぁ、、と少々心配になりました。苦笑

**
そんなこんなでラウンジ内をウロウロしていたらちょうど搭乗開始時間となりました。 もっとここに居たかった~
きっともうANAのこの成田のラウンジを使える事は無いでしょう。心地良かったです、さようなら~♪

                                     バンクーバー不動産やのカバン持ち

d0129786_21355274.gif
←応援もクリックも宜しくお願いいたします♪


by stessa2 | 2012-05-11 15:08 | 懐かしの日本滞在記 | Comments(4)

岡山→羽田→成田

いやー、本当にすっかり書くのが遅くなってしまいましたが..
今更ながら、岡山からバンクーバーへの帰路の状況をアップします。

今回の岡山⇔バンクーバー往復はAeroplanに勤めている友人のhelpで大助かり。
彼女の努力の賜物でポイント交換チケット確保。往復違う方法でちょっと変則的な路線となりました。

まず岡山空港から羽田までひとっ飛び↓

d0129786_14203365.jpg

富士山がこんなに綺麗に見えて、青い海に船の通った後の白い航跡が旅情を誘います。きれい~

**

そして羽田空港から成田までリムジンバス。
今まで大阪経由で往復していたので(至って一般的な)この路線はほんとに初めて。
その友人が「大丈夫、いつも私も使ってるから、まっすぐ行けばそのままチケット売り場だから」
と電話で事細かに教えておいてくれたので、何とかおたおた迷わずに無事チケット売り場へ。
売り場で3分後にバスが出ると聞き、慌てて乗り場を聞いたら「この真裏です」と教えて貰いダッシュ!

d0129786_1420043.jpg

はい、バスに乗ってみれば乗客は私を含めてたったの4人。ほぼ貸切り状態で快適です。

車窓からのモノレールの風景を「懐かしい~♪」とかぶりつかんばかりに楽しんでいたらーー

d0129786_14372033.jpg

遠くにぼんやりと見えるのは東京スカイツリー!ラッキー

今回の帰路には富士山も見え、東京スカイツリーも見えて観光気分が大盛り上がり♪
そんな楽しいバスの旅もあっという間に終わって成田空港に到着しました。
その成田空港も、その昔、東京在住だった頃以来かな?の利用で全然分からなかったのですが、
案ずるより生むが易しのことわざどおり、2日前に岡山の実家から空港へ送っておいたスーツケースも
難無くピックアップ。
携帯電話も(今度こそ)空港内カウンターで忘れずに返却してホッとひと息。
コレ忘れたらバンクーバーから延滞金含めて航空便での返却となります。大汗

あとはさっさとチェックインしてお楽しみのANAのラウンジへ♪と向かいます。
あ、その前に初めてのモールをぐるっと一周して見つけたのはこちらーー

d0129786_1501016.jpg

B 印 YOSHIDA
吉田カバンの名前に惹かれて店内へ入ってみると、なんとこれはBEAMSとのコラボショップなのですね♪
若かりし頃、雑誌ブルータス常連ブランドだった懐かしい2つのブランドのコラボと知って、どーしても、
どーしても何かが買いたくて、、、、結局目覚まし一つ買いました。苦笑

d0129786_1583230.jpg

嬉しくて空港でチェックインする前に記念撮影♪

で、その買った目覚まし時計がこちら↓

d0129786_15452084.jpg

じつは私、目覚まし時計にうるさくて、こちらに移り住んでから未だ気に入った目覚ましに出会えて
おりません。
日本から持って来た目覚ましは15年の歳月のうちにそれぞれ不調となりお蔵入り。
だからと云って高級目覚ましが欲しいわけでもなく、只、単に自分の好みの物が見つからないだけです。

希望としましては今回のこの白い目覚まし時計と同型のものが好みなのですが、文字盤のデザインは
なるべくオーソドックスでクラシックでグッドデザインなもの、そして(ここがポイント)シグナル音が大きい事!
それから裏面のスイッチが廻し易いこと。
その点今回の目覚ましの外観は99点と高ポイントを付けたのですが、、、が、、、
残念ながら目覚まし音が小さいのです!  ほとんど絶望的にガックリ
..というのも私、寝るときに爆睡するために耳栓をして寝ます。苦笑
耳栓をして誰にも妨害される事なく、睡眠をむさぼります。
なので耳栓をしていてもちゃんと聞こえる音量が必要という誠に勝手な理由です。
その点、カナダの目覚まし音は大きいのです。が、繊細な日本の目覚ましは音も 小さいのです。 
う~ん、残念。
でもデザインはさすが「B 印 YOSHIDA」♪ ←コレ、間違い
Braun(ブラウン)社によるこのアラームクロックは、1987年のグッドデザイン賞ほか数々の賞を受賞し、またMoMAの永久保存にもなった「AB1」を、さらにコンパクトにした製品だ。(デザイン:デートリッヒ ルブス)<Amazonより引用>


あれれ、話がかなり横道に外れてしまいましたが、この後はいよいよANAラウンジ♪
ごめんなさい、明日に続きま~す。

                                  バンクーバー不動産やのカバン持ち


d0129786_21355274.gif
←応援もクリックも宜しくお願いいたします♪


by stessa2 | 2012-05-10 16:45 | 懐かしの日本滞在記 | Comments(4)

岡山で食べたもの♪

岡山帰国時、仕事で忙しい友人の唯一のお休みを狙ってランチの約束♪
着物姿の彼女が勇ましく車を運転して連れて行ってくれたのがこちらーー

d0129786_1364915.jpg

岡山市中区藤崎にある「たのたの庵

古い農家をお店に作り変えたのだそうで、野菜は自家製、さらになんとビールも自家製のお店だそう。
ランチタイムなのもあり、残念ながらビールは飲まなかったのでそのお味は分かりませんが、
きっと美味しいビールを出されるのでしょうね♪

敷地の入り口からビールを造るための小さな作業所の横を通りぬけ、この大広間の玄関先で
靴を脱ぎ、縁側に近いところに席を占めて店内をパチリ↓

d0129786_137931.jpg

広々とした室内には白いお座布団が敷き詰められ、これから宴会か法事が始まるように思ったのは
日本を離れて久しい私の印象。

この日は友人おススメのドリンクとデザートが付いた日替わりランチ(1200円)を頼みました。

d0129786_137272.jpg

もうかなり時間が経ったのであまり覚えていないのですが、確かメインが選べたような、、
ん?違ったかもしれません。
お味のほうはとても家庭的でほんわかした味付けで、お野菜も美味しかったのをちゃんと覚えています♪


友人との久しぶりのひとときを四方山話で楽しく過ごし、最近友人が月に一回は行くという京都旅行の
話も楽しく聞きながら見せて貰ったのがこちら↓

d0129786_1374513.jpg

この美しい文字は御朱印というものだそう。神社仏閣を巡った折に一筆頂くのだそうです。
子供の頃に祖母がお寺にお参りして貰って来ていたお札に書かれていた文字がこんな感じでした。
そういえば祖母は四国八十八ヶ所を何年に一度か廻りに行っておりました。
廻っている間は祖母に会えず、おばあちゃんっ子だった私は寂しく思ったものでした。
そんな事を思い出しながらも万博のスタンプ集めも思い出し、クスッと一人笑ってしまいました。
これだけ御朱印集めたらきっとご利益ありますよね^^

そういえばうちのダンナ様もヴェネツィアで教会を廻って聖遺物を拝んでは、
「これで免罪20年!」とか言っては一人で嬉しそうにしています。それとはちょっとちがう..かな?


***

表町方面へ行った時、お昼を軽く済まそうと、久しぶりに訪ねたのがこちらーー

d0129786_138919.jpg

NTTクレドビルからほど近いお蕎麦の「峠」

d0129786_1382823.jpg

天せいろにしようか、それとも山かけ蕎麦か、おろし蕎麦にしようかとずい分悩んだ挙句、
壁の貼り紙に書いてあった15食限定のミニ天丼(500円)が目に入り、とりあえずせいろ一枚と
そのミニ天丼を食べてみる事にしました。

d0129786_1385299.jpg

せいろ一枚+ミニ天丼を食べて丁度良い腹八分目♪
でも折角だったから天せいろ+せいろのほうが2枚食べれて良かったかも?
いやいやせいろ+ミニ天丼のほがずい分経済的。合計で千円以上も差が出ます。

さて、友人とのランチも楽しめたし、お蕎麦も食べれたし、あと帰国時にどうしても食べたかったもの
大したものではないのですが、それも制覇できました♪ それはまた後日^^

***

こちらは日本に帰国中、福岡の従姉が送ってくれたお菓子です。

d0129786_15161439.jpg

私がダックワーズ好きだと知って、この福岡の「16区」のものをわざわざ送ってくれました。
こちらのお店のオーナーパティシエが1979年パリ16区の菓子店「ARTHUR」のシェフを務めていた
時にダックワーズを考案したそうです。
それを知った従姉が是非食べさせたいと送ってくれたダックワーズは心に残る美味しい味がしました。
子供の頃に仕事の出張でよく私の実家に泊まっていた従姉ももう立派な娘さん達のお母さん。
あの頃は学校から帰ってきた私を本屋さんに(私が母から禁止されていた)タレント雑誌を買いに
こっそり連れて行ってくれたものでした。懐かしい♪
それから鏡の前に2人で並んで背比べしたり、踊りながら歌を歌ったり、、
当時アナウンサーをしていた従姉はとても華やかな人で、子供心に美人だなぁ~と思っておりました。
美人なのにずい分可笑しな事をやってくれる人だなぁ~と。 ←これ、読むかな?笑

                                      バンクーバー不動産やのカバン持ち



d0129786_21355274.gif
←応援もクリックも宜しくお願いいたします。


東北地方太平洋沖地震 被災地支援チーム「SAVE IWATE」
福島原発の廃炉を求める有志の会


by stessa2 | 2012-05-05 15:47 | 懐かしの日本滞在記 | Comments(9)

茶懐石「昇一楼」@天神町 岡山

バンクーバーへと帰る前日、スーツケースもクロネコさんに来て貰って成田空港へ送ったあと、
母と一緒に岡山滞在最終日のお昼を食べに行こうと思い、いろいろ候補を挙げてみたものの、
何処も行きたいところばかりでなかなか決まらず、、、
二転三転しながらも選んだのはこちらーー

d0129786_15425130.jpg

城下の岡山シンフォニーホールからすぐのところにある茶懐石料理の「昇一楼」
こちらも店主がお料理されるオーナーシェフのお店。奥様もご一緒にお店に立たれています^^

お昼はいつもカウンターで頂きますが、そのカウンターのお部屋もお店の入り口を入ってから
たたきを進み、廊下から左手の昔ながらの曇りガラスの引き戸を引くとそこがカウンター席と
なっていて全部で5~6席ぐらいのしっとり落ち着いた空間となっています。
さらにそこには店主がいつでもお茶を点てられるよう茶釜も配置してあります。

d0129786_1644485.jpg

昇一楼
岡山県岡山市北区天神町2−10
電話/ 086-212-1022
営業時間/ 昼11:30~13:30 夜17:30~21:00
定休日/ 日曜日

そのカウンターに坐ってお昼の点心(2500円)を頂きました♪

d0129786_15434132.jpg
まずさわらのお造り♪
一番手前の薄黄みどり色のものは白ねぎではありません、なんと薄くかつら剥きにしたキュウリです。
黄ニラが添えられていてそれをお刺身と一緒に口に運ぶと、思ってもいなかった風味の相乗効果です。


d0129786_15441078.jpg
とても上品で美味しいしんじょの椀物
丁寧な仕事から生まれてくる本物の日本の味は、この国で生まれ育った私の根っこを再認識させてくれます。


d0129786_15444980.jpg



ここで、点心(てんしん) とはーー
大寄せの茶会などで、懐石を簡略化した料理や弁当をいう。本来は、定められた食事と食事との間の一時の空腹をいやすための少量の食物のことという。禅家では、昼食の意に用いる。少食を空心(空き腹)に点ずる意とする。間食、軽食、転じて菓子の類も点心と呼ばれる。<茶の湯の楽しみ・茶道用語より引用>

d0129786_154548.jpg

季節を感じる筍のご飯、女将さんにお替りもすすめられましたがお腹がいっぱいでとても無理でした。

そしてーー

折角なのでこのあと店主にお茶を一服点てて頂きました♪ 

d0129786_15452616.jpg

お茶碗の桜がこのときの時候にぴったりで、翌日日本を離れる私にはこの目の前の景色が
より一層美しく、名残惜しく思えました。

お茶菓子もこちらの自家製だそうで、中は小豆餡、薄皮は小麦粉だけで焼いたシンプルだけど
丁寧な美味しいお菓子でした。
最近忙しさにかまけてとんとご無沙汰していたお抹茶が、こうしてゆったり頂くととても新鮮で、
面倒くさがらずに我が家でもまめに点てようと心も新たに。

デザートはーー

d0129786_16512943.jpg

はっさくのゼリーに何のアイスだったっけ?忘れてしまいました

目にも口にも美味しくて岡山滞在期間の外食を締めくくるにはぴったりの昇一楼さんのランチでした♪

**

じつはこうして母と一緒に食事する費用はバンクーバーを離れる時にうちのダンナ様から頂きました。
毎回私が日本へ帰る折にはバンクーバー国際空港の両替所でいくらか両替してくれて、その場で、
「これでお母さんと美味しい物でも食べて。」と云って手渡してくれます。
そんな大金ではないけれど、こうしてその都度気を遣ってくれるとやはり嬉しいものですね。

                                     バンクーバー不動産やのカバン持ち
by stessa2 | 2012-05-02 18:11 | 懐かしの日本滞在記

スーリィ・ラ・セーヌ@岡山 内山下

日本へ行くお楽しみの一つがスーリィ・ラ・セーヌでお菓子を食べる事♪

d0129786_13362873.jpg

この日は長年の友人と会う約束をこのお店のカフェにして貰い、そして約束の時間より少し早めに
お店のほうへ行きました。なぜかというと、、

友人が来るまでにケーキを一個食べてしまおうという魂胆。
さらに前もってカナダへ持ち帰る焼き菓子を選んでおくためでもありました。←いいわけ

で、選んだケーキはやっぱりこれーー

d0129786_1341819.jpg

ガトー・フランボワーズ(税込み546円)
このレイヤーになったチョコレートとスポンジ、生クリームをベースにしたクリームとフランボワーズの
ハーモニーが、えもいわれぬ至福のひとときを口の中に作り出してくれます。
フォークで上から下までさっくり切ってレイヤーが壊れぬように口に運び、そしてその絶妙なハーモニーを
ゆっくりと味わいます♪


さらに友人が来てひとしきり楽しくお喋りした後、もう一つケーキを食べることにして選んだのは
帰国前から心に決めていたこちら↓

d0129786_1534999.jpg

サバラン・フレーズ(税込み546円) 苺のサバラン
キルシュのしっかりと効いた大人のためのほんもののサバランです♪
このサバランに似たお菓子としてイタリアナポリのババがあり、うちのダンナ様はそのババが大好きで
毎年一月にヴェネツィアへ行く度に、かの地の菓子店を巡りそのババに舌鼓を打っております。

d0129786_15342141.jpg

半分に切った状態もダンナ様に見せびらかすためにアップしました^^;
でもこうして写真を見直していると、逆に私のほうが食べたくなってしまい、やばいやばい。

で、、

d0129786_15343939.jpg

こちらが箱に詰め合わせて貰ってそれを空気スポンジで幾重にも厳重にくるんでスーツケースに入れ、
そして家族のために持ち帰ったスーリー・ラ・セーヌの焼き菓子いろいろ。

まず、あのサクッとしたパイがカナダには無いと常々嘆いているパイ好きなダンナ様のためにリーフパイを。
キャスナードというフランスの赤砂糖を使ったリーフパイはサクッと歯が触った瞬間カサカサと薄いパイの
層が崩れ、風味豊かなバターの香りが口いっぱいに広がります。
それから濃く焦がした酸酵バターの香りとこだわりのスペイン・マルコナ産アーモンドの風味もたっぷりと
スーリー・ラ・セーヌの焼き菓子の代表選手フィナンシェ。
こちらのお菓子教室で習ったけど未だに私が焼くとどうも味が違うので、時々本物を買い求め、味の再確認です

写真手前は私の大好きなお菓子クレオルです。薄く焼いたおいものサブレの中に栗とさつまいもを
たっぷりと入れたアーモンドクリームが閉じ込めてある、見た目は地味ですがお味は豪華なお菓子です♪
あとサブレ・オランジュやシナモンたっぷりのラング・ド・ブッフ、それから写真右手はケーク・アプリコ。
スライスされたアプリコットのパウンドケーキ、これはイル・プルー・シェル・ラ・セーヌの焼き菓子本の
味を同じ流れを汲むこちらのお店のもので勉強、そして自分が焼いたものとの違いを認識するために。 
で、結局、粉の質が違うのが一番大きな味の違いだと感じました、、

持ち帰ったお菓子は大事に大事に食べてます。そして確実に残りわずか。
こうなってくると毎回「あ~、もっと店内で食べておけばよかった、、」と後悔しきり。
でも実際はケーキ2個が妥当な線ですよねー。苦笑 でも頑張れば3個頂けたかも?

                                     バンクーバー不動産やのカバン持ち

d0129786_16551195.jpg

スーリィ・ラ・セーヌ(Souris, la Seine)
岡山市内山下1-2-15
電話/ 086-224-3876
営業時間/ 10:00から20:00(カフェ19:30まで)

                                 

d0129786_21355274.gif
←応援もクリックも宜しくお願いいたします。


東北地方太平洋沖地震 被災地支援チーム「SAVE IWATE」
福島原発の廃炉を求める有志の会


by stessa2 | 2012-05-01 17:11 | 懐かしの日本滞在記 | Comments(10)

和楽@岡山 表町商店街

日本滞在中、岡山の表町商店街傍にある日本料理の「和楽」でランチ♪

d0129786_1404263.jpg

この日は風の強い日で、母と一緒にこちらでお昼を食べた後、私は天満屋デパートや周辺のお店で
バンクーバーへ買って帰るものの買出しに走りました。

d0129786_1592783.jpg

日本料理「和楽」
岡山市表町2-5-5
電話番号/ 086-223-7500
昼/ 11時30分から14時 夜/ 7時から22時 
定休日/ 日曜日


この日お願いしたのは確か昼膳だったかな?時間が経ってしまって記憶が定かではないのが残念。
価格も2000円ほどだったと思います。後日確認できたらまた修正します

まず最初にーー

d0129786_141915.jpg

わけぎのぬた♪ 私の好物の一つです。
子供の頃ぬたは父の好物で我が家ではよく作っておりました。が、子供にはちょっととっつきにくい味
なので、何故大人達がこれを好きなのか不思議に思っておりました。
それが歳月は流れ流れて、、今では私の好物の一つとなりました。

ぬた(饅)もしくはぬたなます(饅膾)は、膾(なます)の一種で、一般的に酢と味噌の合わせ調味料で和えた料理。日本の伝統料理、郷土料理の一つ。ネギ、ワケギなどの野菜類、マグロ、イカなどの魚類、青柳などの貝類、ワカメなどの海藻類を、酢味噌やからし酢味噌で和えた料理。味噌のどろりとした見た目が沼田を連想させることからこの名がついた。室町時代末期までに料理として成立していた。<ウィキペディアより抜粋>

それからーー

d0129786_1415929.jpg

鯛と鰆のお刺身♪ 海草の煮こごりが添えられて

d0129786_1413456.jpg

ほんの数口の茶蕎麦で小腹を落ち着かせ、、
目にも楽しい三段重ねのお弁当箱が運ばれてきました。

d0129786_1423787.jpg

一番上の段には和え物、焼き物、酢の物、田楽などがひと口サイズで美しく盛り込まれておりました。

お膳の上に段を全部下ろしてみるとこんな感じですーー

d0129786_1443495.jpg

煮物椀の段にはしんじょ、筍、南瓜、茄子、絹さやにわらびが美味しく炊き合わせてありました。
奥側の一番下の段にはほんとにひと口大のクリームコロッケ♪ その優しいお味にほっこり気分
桜のご飯と赤味噌のお味噌汁、それにお料理の最後に氷菓子としてヨモギのひと口シャーベットが
付いておりました。

d0129786_14263284.jpg

この和楽さんで美味しい日本料理のランチして、それから天満屋デパートでウィンドウショッピング♪
バンクーバーのデパートにはデパ地下もなければ、日本のような丁寧な接客も望めません。
また一階の化粧品売り場の充実度合いや5階の食器売り場も楽しくて半日うろうろしていたいほど。
思い出しただけでも楽しい日本滞在でした♫
..って気付くとすっかりおのぼりさん外国人と化してしまっていた私です。

                                    バンクーバー不動産やのカバン持ち



d0129786_21355274.gif
←応援もクリックも宜しくお願いいたします。


東北地方太平洋沖地震 被災地支援チーム「SAVE IWATE」
福島原発の廃炉を求める有志の会


by stessa2 | 2012-04-30 17:22 | 懐かしの日本滞在記 | Comments(4)

なんちゃって同窓会@BaqueRatta

4月13日から10日間の日本滞在中、FBが繋いでくれた縁で懐かしい友人達と会いました。
それぞれ連絡を取り合って集まったのはこちらーー

d0129786_13202983.jpg

d0129786_13444932.jpg

BaqueRatta バケラッタ
岡山県岡山市北区京橋町6-19-2
電話番号 / 086-225-8899
営業時間 / 17:00-23:00
定休日 / 月曜日

木製の塀と塀との間を通り抜けるように道路に面した入り口から数段のステップを上がって
入っていくと、、

d0129786_1320584.jpg

目の前に広がるデッキの向こうに、、こんな風に開放的な店内が広がります。
この日はまだまだ花冷えで、おまけに小雨がぱらつく夜だったのですが、お天気が良い日には
この素敵なデッキ部分にテーブルが並ぶそうです。
そしてきっと夏になったらコージーなビヤガーデンに♪

d0129786_13231815.jpg

店内を縦に伸びるカウンター越しにお料理するところも見れて、まるで誰かのお宅にお邪魔したような
そんな心地良い隠れ家的空間です。メニューは棚の一番上の黒板に手書きで書かれていて日替わりも有りのよう

ご一緒したk子さんは仕事場と自宅の丁度中間にこのお店が位置するそうで、帰宅途中思わず知らず、
フラフラッと立ち寄ってしまうんです、と笑いながら仰っておりました^^なるほどこの雰囲気なら分かります

d0129786_13255237.jpg

とりあえず友人達の仕事が終わるまで、早めに来て下さったHAIR CRAFT NEOの岡本さんと
ノンアルコールビールで乾杯♪ おつまみには↑前菜3種の盛り合わせ おいしかった♬
このあとも色々食べました、が、お喋りに夢中で何食べたかあんまり覚えていません。汗
あ、そうそうレタスの熱々オイル掛けとかソーセージとか、大きな声では云えませんが持ち込みの焼き鳥とか..

ところで、、
そのノンアルコールビールのKIRINフリーなるもの、今回初めて飲んだのですがそのおいしいこと!
遠い昔、たった一度だけ飲んだ事のあるノンアルコールビールはとてもまずくて、これはいけない、と、
思ったあの経験から十数年が経過して、ここまでおいしくなっているとは!本当に驚いてしまいました。
真剣にバンクーバーへお土産として持って帰ろうかと思ったぐらい 苦笑

知らない間に日本のノンアルコールビールがこんなに進化していたなんて!
甘くない炭酸飲料として常に一本冷蔵庫に冷やしておきたい、そんなふうに思うぐらい浦島太郎子と
化してしまった私には衝撃の飲み易さでした。

さてさて、三々五々と集まってきた友人達♪ みんな笑顔で大騒ぎ!十数年ぶり、いえそれ以上の笑顔もちらほら

カナダへの帰国前のばたばたしたほんの短い時間でしたが本当に楽しかった。
今度は是非是非バンクーバーへ遊びにいらしてくださいね♪ ね、Aちゃん
それにしてもFacebookの繋がりってすごいです!

あ、そういえば***
一つ驚いたのはカウンターに座る前に籠を差し出され、「こちらにお荷物をお入れになって下さい」と
言われてびっくり仰天、一瞬その意味が判らず固まってしまった私。
で、恐る恐るそこにバッグとレインコートを入れると、その籠をカウンターの後ろの壁のほうにある
小さなテーブルへと持って行かれたのです。汗
海外では自分の体からバッグを離して置く、もしくは視野から外れた所に置くなんて、もってのほか。
そんな生活にすっかり慣れている私には、この治安の良い日本ならではの”バッグを離れた所に置く”
という行為がとてもとても不安でした。
この感覚に慣れている日本の方が海外でうっかりバッグや荷物を取られてしまうのも無理はないかも?と、
ちょっと感じた出来事でした。

                                     バンクーバー不動産やのカバン持ち


d0129786_21355274.gif
←応援もクリックも宜しくお願いいたします。


東北地方太平洋沖地震 被災地支援チーム「SAVE IWATE」
福島原発の廃炉を求める有志の会


by stessa2 | 2012-04-29 15:33 | 懐かしの日本滞在記 | Comments(6)

旬味 樋口@岡山駅前本町

今回の短い岡山滞在中、駆け抜けるように何軒かの日本料理店へ母と昼食に出掛けましたが、
その中でも印象に残っているのがこちらの「旬味 樋口」さん。
と云うのも私はこちらのお店に伺ったのは初めてで、数年前までは表町近辺にあったお店だそう。
不思議な事になぜか縁無く行く機会に恵まれず、今回もたまたま私が駅前のビックカメラへ行きたいと
母に云ったところ、では駅前だったら樋口でお昼を食べましょうという話になった次第。

d0129786_15242726.jpg
 
「入り口がちょっと分かりにくい場所にあるのよ」と母。
私はもうビックカメラへ行く事で頭がいっぱいだったので気もそぞろ。

d0129786_15454893.jpg

旬味 樋口
岡山県岡山市北区本町4-18 コア本町 1F
電話番号:086-222-6607
営業時間
昼/11時30分-14時
夜/17時-22時30分
定休日:日曜日

※ほんのちょっと距離はあるけれど岡山駅から数分で歩いて行けます。

d0129786_15461678.jpg

この日は母と2人、点心弁当(1.600円)を頂く事にしました。

d0129786_1546463.jpg

カウンター9席でほぼ一杯のこちらのお店、そのカウンターに座って目の前で店主樋口さんが
お弁当を詰めてくださるのを眺めながら、まるでよそ様のお宅に伺ったような程好い緊張感の中、
ぽつぽつと言葉を交わすのも、こういった板前さんが店主のお店ならではですよね♪
日本の地方都市の割烹らしいそんな親密な空気感を味わうと「ああ、岡山へ帰ってきた」と強く感じます。

その点心弁当の中身はーー

d0129786_15472064.jpg

鰹のたたき、生湯葉、もずく、サヨリの一夜干し、れんこん、牛蒡、南瓜、飛竜頭の炊き合わせ、
だし巻き卵、お漬物に筍ごはん♪ お味噌汁は赤味噌仕立てで魚のアラでお出汁を取っていた
ように記憶しています。美味しかった..

こちらの店主はずっと昔、岡山でも有名な割烹にいらっしゃった方。お顔に覚えがありました。
きっとそのお店のお料理教室でお目に掛かっていたのでは?とお互いに遠い記憶の手繰り寄せ^^

**

d0129786_15491015.jpg

デザートには抹茶のソルベ、小豆のアイスが載ってます。

簡単なお昼時の点心弁当ではありますが、そのお料理の一つ一つにしっかりとした上品な味わいが
感じられ、ひと口食べてはすっかり忘れていた日本料理の味覚を探知するスイッチを呼び起こされました。
安定感のある男らしくも繊細な味わいに大満足な点心弁当でした。
出来る事なら帰る前にもう一度こちらに伺いたかった.. 
※コストパフォーマンスも申し訳ないぐらい良心的。これなら安心して夜もトライできますよね~

ところでーー

d0129786_16465075.jpg

この看板「樋口」って読めますか?
じつは私にはまったく読めません。お店の表の看板表示はすべてこの文字のみなので、
店名を聞いてこちらに来られても場所もちょっと分かりづらいのも手伝って、お店を見つけられない方も
少なくないとか.. 
無粋ではありますが、読み仮名ふってほしいかも。
見つけられなくて帰っちゃうには勿体なさすぎるお店でーす♪

                                   バンクーバー不動産やのカバン持ち



d0129786_21355274.gif
←応援もクリックも宜しくお願いいたします。


東北地方太平洋沖地震 被災地支援チーム「SAVE IWATE」
福島原発の廃炉を求める有志の会


by stessa2 | 2012-04-27 17:30 | 懐かしの日本滞在記 | Comments(4)


バンクーバー在住者の四季折々の備忘録。夫は現地で不動産業者をしております。リンクされる場合にはメールにてお知らせください。不動産のお問い合わせも受け付けております。stessa@hotmail.co.jp


by stessa2

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

食べたもの最近情報
バンクーバーでうろうろ
バンクーバーの四季折々
バンクーバー発信素敵なもの
バンクーバーでイベントに行く
鳥や犬など生き物話
小さな庭の園芸話
カバン持ちの台所
カバン持ちの好きな物
はばたけ素敵なでしこ達
バンクーバーでお宅拝見
バンクーバーから日帰り旅行
バンクーバーで動画
海を渡ったお菓子いろいろ
懐かしの日本滞在記
イタリア、ヴェネツィア滞在記
バンクーバー旅行豆情報
季節の着物・茶道
BC州観光局現地レポート記事

タグ

(187)
(121)
(85)
(67)
(66)
(65)
(65)
(65)
(46)
(40)
(37)
(35)
(34)
(25)
(19)
(19)
(19)
(16)
(15)
(12)

最新の記事

花がら摘みでバラがいっぱい
at 2017-06-25 15:03
またまた棒餃子のお話
at 2017-06-17 14:32
GYO・PARA@ウェストブ..
at 2017-06-14 16:23

バンクーバー不動産について
ブログ筆者stessa2の夫はバンクーバーの不動産取扱い業者で、主に住宅用物件の売買及び投資物件、店舗・オフィスなど商業物件も扱っております。不動産に関する仔細はホームページをご覧になるか下記のメールアドレスから気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちらから

メールアドレス
jmurakami@telus.net



カバン持ちへのメールは下記アドレスからお願いいたします。
stessa@hotmail.co.jp



お気に入りブログ
NeverSeconds
フィレンツェ田舎生活便り2
グンジ家の食卓
ヴェネツィアときどき..
エミリアからの便り
イタリア料理ほんやく三昧
ヴェネツィア冬紀行
森まどかのメロメロ..
Rotonda BLOG
じーさんがばあーさんに作る
Art & Bell by Tora
qoo's life
気配の写真家niなりたい
神田の家 * スタッフ日誌
淡路屋ブログ
moge
happy to meet
the RT BESTIARY
チョコラブYUMの毎日
どうなんかね国際結婚
岡山GoGoグルメ隊
凛の冒険記
百花ミナオの裏ジャパン..
++mariko+news++
Zappin' in my life.
Vancouver de BigBoss
外から見る日本見られる..
金魚さんのブログ
Judy子のブログ
橙葉What's for Dinner?
Good Day Vancouver 
ぱんだこのバンクーバーLife
バンクーバー日々是々
Reikocakes
風のたよりfromバンクーバー
バンクーバー新報
ふれいざー
Life Vancouver
タウンページ
Oops!
桜楓会
Blue Works
JP Rail.com
Travel Box
NAVITOUR
JTB CANADA
H.I.S.カナダ
メインランドクリニック
Kaori Otake
週間NY生活
Nature Fine Art Photo
Sea Island Clinic
il sospiro del mare







  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。