無駄使い大王様、IKEAへ行くの巻。

本日は雨の中、ダンナ様のお仕事のカバン持ちで午前中にリッチモンドへ。
で、折角リッチモンドに来たのでついでに「IKEA」に立ち寄って無駄使い。ええ~っ!

d0129786_1321987.jpg

生憎の雨模様の寒いお天気、建物まで一気に走ります。
「チェストが必要なのは分かるけど、他に何か買うの?」とダンナ様。
「え~っと、あれとあれと・・」と思わず口ぱくぱくのカバン持ち。
兎に角、行きたかったのです。  そういう気分なのよね、春って!

ふう~、店内は暖かい♪

d0129786_138213.jpg

そしてお目当てのチェストを探して売り場をウロウロ。まるで大人のアミューズメントパークですね
で、商品を決めて番号を控えたら順路どおりに歩いて、その後はコチラーー

d0129786_1322225.jpg

あまり時間が無いので早めの昼食となりました。 また食べる?
今は春休みなのでコチラで大人がランチを注文すると子供のランチセットが無料。
・・と聞いたのですが、さて? 早い時間なのに子供連れの人が多いのはそれかなぁ

そんなこんなでランチが終わったら倉庫に行って自分が欲しい商品をピックアップ。

d0129786_13454647.jpg

そう云えば、13年前にひょんな弾みでバンクーバーで暮らす事になった時、
地元の人から教えて貰って、このIKEAに最低必要な家具や生活用品を買いに
娘さんとタクシーに乗って来たっけ。当時はバスの路線も知らなかったのです

さらにIKEAのシステムも知らず、英語も殆ど喋れずで、この倉庫から自分が買う商品の
キットを運び出さなければならないと気付いて、途方に暮れて思わず涙がにじんだ覚えが。
だってその頃、こんなスタイルのIKEAなんて日本に無かったし、日本で家具を買うのなら
お店で選んで配達をお願いするだけだったのでワタシはヒールを履いて来たのです。
そして配達カウンターの存在も、そこで押し問答する英語力もありませんでした。とほほ

そんな事も今では笑い話ですが、当時は本当につらくて、この倉庫の床にへなへなと
座り込んでしまいました。 バンクーバーに来て2日目の出来事でした。
この倉庫に入る度に、今でもその時の気持ちが甦って・・キュンとします。

さてさて、本日の無駄使い大王様の戦利品ーー

d0129786_151444.jpg

チェストとあとはごちょごちょ。

皆さん、雨の中で頑張ってーー

d0129786_1516273.jpg

やっぱりIKEAに来る時はこういった格好じゃないと駄目ですよね。^^

チェストの他にこんな物も買いましたーー

d0129786_15255578.jpg

ん?

d0129786_15264472.jpg

はい、広げればこんなに可愛い小物入れ♪
この他、ウチの娘さんが使うお犬様達専用のまな板。 生肉をお召し上がりになるので・・
あと、引き出しの間仕切りやラグなどゴチョゴチョと購入です。
さすが無駄使い大王様、ただでは店内から出られませんっ。

それにしてもーー
以前、コンドミニアムに住んでいた頃、ちょっとお高めのコンテンポラリーモダンな
家具で揃えたら、その後、ヒョンな弾みで小さな小さな一軒家に引っ越してしまい、
家の雰囲気と家具が全く不釣合い、おまけにサイズも大き過ぎ。
で、結局バンクーバーへ来た当初にIKEAで購入した家具のサイズがぴったり。

人それぞれ、人生の流れってありますが・・
どうも「カバン持ち」の人生の場合は「流浪の民」型? 
だって進学の為に18歳で東京へ引っ越してから大きな引越し回数は約7回。
その都度、家具が増えたり減ったりの繰り返し。別に転勤族ではありませんヨ
今度こそはこれで揃えよう!と一大決心をしてお高めの家具に手を出すと、
数年後には必ず引越しで新居に家具が合わずどっと後悔。 ああ、これって運命なのね

こういう流浪の民型の人間にはIKEAがぴったり!と最近しみじみ感じます。
だって、一生モノと思って買っても結局無駄なだけ。 大体インテリアって飽きちゃうしねぇ
なので、もし「カバン持ち」がお高めの家具を買ってたら・・誰か、止めてぇ~!

                             バンクーバー不動産やのカバン持ち



d0129786_15525732.jpg
IKEA Richimond
3200 Sweden Way
Richmond

Phone:604-273-2051



それにしてもーー

d0129786_1642015.jpg

このIKEAの返品ポリシー
「100%満足ですか?45日以内なら箱とレシートをお持ちくだされば交換・返品
受け付けます。」
これってお客様にとっては凄いサービスですよね!北米では一般的ですが
そして日本のIKEAも同じサービスを実施しています。 ビックリ!
日本はさらに90日とカナダの倍の期間です。 ただし未使用、未組み立ての物のみ
カナディアンなら組み立てて使用してても返品すると思うなぁ。 いやはや 汗

↓よろしかったらクリック応援してください。
人気ブログランキングへ
by stessa2 | 2009-03-21 16:46 | バンクーバーでうろうろ | Comments(10)
Commented by ひろ at 2009-03-22 10:18 x
かばん持ちさん、

そう、僕もありましたよ。知り合いのカナダ人にだまされて、「バンクーバーならIKEAだぜ」って。僕は土曜日の昼にIKEAのトラックから新居のアパートに運び込まれた家具の数々が山済みにされたところで、「ここにサインしてください。」というドライバーの一言に衝撃パンチを食らってしまいました。えっ、組み立ててくれない!「僕は工具を持っていないし、今夜寝るベッドとご飯を食べるダイニングが…」という感じでした。僕も泣きそうでしたよ。ちなみにベッドだけ組み立ててダイニングは次の日にやりました。

似たような話でした。
ブログ、頑張ってくださいね。
Commented by stessa2 at 2009-03-22 11:32
ひろさんへ、
コメント有難うございます。^^
ひろさんも同じような経験がお有りだとは・・驚きです!
ワタシも同じように工具を持っていなかったので慌てて買いに走りました。笑
で、ベッドだけ組み立ててダイニングは翌日・・全く同じです。
これって、日本から来たばかりの人が必ず受けるカルチャーショック第一弾かも
知れませんね。
それから遅ればせながらおめでとうございます♪
Commented by 母ちゃん at 2009-03-22 19:05 x
こんにちは。
イケアは、はまりますよね~。
プラスティックというのが、ビニール袋のことだとも知らなかった「外国初めて」のあの日から、
今では写真同様、ひとりでもエイヤっと車に詰め込み、テーブルも自分で組み立てられるようになりました~。(時々、ぎっくり腰になりかけますが。笑)
私も「流浪方の民」のお仲間です(笑)。
Commented by LOVE KITS at 2009-03-22 22:25 x
IKEAか~・・・
私も、友達と一緒に住み始めた頃、バスを乗り継いで
行きました!結構な道のりで、本当にこれで行き着くの
だろうかと心配になったりしながら。思い出します!

そのころ、日本にはIKEAのようなお店は無く、かなりの
カルチャーショックを受けました。

「テーブルって、天板と足と別々に買うんだ~!!!」などなど

Commented by miyanao117 at 2009-03-23 04:35
かばん持ちさん、わたしも、実は今週末IKEAにいきましたよ。はははあ。無駄使い大魔王、わたしのことです。わたしも、引越しを重ねて、アメリカでも買ってたし、IKEAにお世話になりました。。こまごましたものが多いんですけど、無理に必要なものを探し出して、買うのが楽しみなのよね。(DAISOにいく感覚と似ています。。)

わたしも一人でいるときは、助けも得られず。。本棚を買ったはいいけど。。それが車に乗らず。。ぎっくり腰になりそうな感じでした。通りがかりのおじさんが助けてくれて、そのとき、ありがた涙を流した覚えたあります。。
Commented by stessa2 at 2009-03-23 10:01
母ちゃんさんへ、
こんにちは!
母ちゃんさんも「流浪の民」の一員ですか!
流浪の民は必ずIKEAで涙するかぎっくり腰をやるかどちらかですね。笑
そんなIKEAでの苦労も今では笑い話になりました。^^
Commented by stessa2 at 2009-03-23 10:18
LOVE KITSさんへ、
ワタシもあの頃何回かバスを乗り継いで行きましたヨ!ESLの友人達と。
あの乗り継ぎは心配になりますよね。笑 今思うととっても不便でしたね。
同じ頃に同じような思いをしながらIKEAに行ってたなんて・・感無量です!
Commented by stessa2 at 2009-03-23 10:29
miyanao117さんへ、
おお、モナさんも週末はIKEAでしたか!
やっぱりIKEAでは一度は泣かされますよね。
女性が家具を買った場合はサポートするスタッフが必要だと思います。
しかしIKEAに行って手ぶらで出るのは至難の業です。
IKEAのオーナーって世界の長者番付のトップクラスですよね、確か。
それってワタシ達のおかげ?笑
Commented by ちびさげ at 2009-03-23 12:43 x
私は日本のIKEAしか行ったことがないのですが、あれを一人で組み立てるのは大変そうだなぁと思いました。でも、お値段やお気に入りが見つかれば、きっと彼に頑張ってもらえるはず。(自分でやる自信はやっぱりないです)
Commented by stessa2 at 2009-03-23 18:37
ちびさげさんへ、
アハハ・・そうですよね、余程好きじゃないと女性が自分で組み立てませんよね。
でもバンクーバーに来た当初は好むと好まざるに関わらずやらねばなりませんでした。
・・と云いながら、じつは結構好きだったりして。^^


バンクーバー在住者の四季折々の備忘録。夫は現地で不動産業者をしております。リンクされる場合にはメールにてお知らせください。不動産のお問い合わせも受け付けております。stessa@hotmail.co.jp


by stessa2

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

食べたもの最近情報
バンクーバーでうろうろ
バンクーバーの四季折々
バンクーバー発信素敵なもの
バンクーバーでイベントに行く
鳥や犬など生き物話
小さな庭の園芸話
カバン持ちの台所
カバン持ちの好きな物
はばたけ素敵なでしこ達
バンクーバーでお宅拝見
バンクーバーから日帰り旅行
バンクーバーで動画
海を渡ったお菓子いろいろ
懐かしの日本滞在記
イタリア、ヴェネツィア滞在記
バンクーバー旅行豆情報
季節の着物・茶道・お習字
BC州観光局現地レポート記事

タグ

(187)
(123)
(85)
(67)
(67)
(65)
(65)
(65)
(47)
(40)
(40)
(36)
(34)
(25)
(23)
(19)
(19)
(16)
(15)
(12)

最新の記事

久々のVij's Rango..
at 2017-11-21 23:31
バランスボールを使ったバレエ..
at 2017-11-08 08:11
お習字のお稽古の帰り道
at 2017-11-01 16:37

バンクーバー不動産について
ブログ筆者stessa2の夫はバンクーバーの不動産取扱い業者で、主に住宅用物件の売買及び投資物件、店舗・オフィスなど商業物件も扱っております。不動産に関する仔細はホームページをご覧になるか下記のメールアドレスから気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちらから

メールアドレス
jmurakami@telus.net



カバン持ちへのメールは下記アドレスからお願いいたします。
stessa@hotmail.co.jp




お気に入りブログ
NeverSeconds
フィレンツェ田舎生活便り2
グンジ家の食卓
ヴェネツィアときどき..
エミリアからの便り
イタリア料理ほんやく三昧
ヴェネツィア冬紀行
森まどかのメロメロ..
Rotonda BLOG
じーさんがばあーさんに作る
Art & Bell by Tora
qoo's life
気配の写真家niなりたい
神田の家 * スタッフ日誌
淡路屋ブログ
moge
happy to meet
the RT BESTIARY
チョコラブYUMの毎日
どうなんかね国際結婚
岡山GoGoグルメ隊
凛の冒険記
百花ミナオの裏ジャパン..
++mariko+news++
Zappin' in my life.
Vancouver de BigBoss
外から見る日本見られる..
金魚さんのブログ
Judy子のブログ
橙葉What's for Dinner?
Good Day Vancouver 
ぱんだこのバンクーバーLife
バンクーバー日々是々
Reikocakes
風のたよりfromバンクーバー
バンクーバー新報
ふれいざー
Life Vancouver
タウンページ
Oops!
桜楓会
Blue Works
JP Rail.com
Travel Box
NAVITOUR
JTB CANADA
H.I.S.カナダ
メインランドクリニック
Kaori Otake
週間NY生活
Nature Fine Art Photo
Sea Island Clinic
il sospiro del mare

リタイア移民の会
桜楓会のHP





  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。