おせち料理の覚え書き

本日のバンクーバーは晴れ。最高気温は6℃でしたが体感温度はずいぶん低く、夜になってからどんどん下がり、この調子ではマイナスまで行く模様(>_<。)

**

さてさて、昨年末は例年のごとくおせち料理の準備でバタバタ。などと云いながらじつは作る品目をかなり減らしてずいぶんラクをしてしまいました。そんな手抜きおせちでしたが、一年後のおせち作りの時に「ああ、そうだった♪」と思い出すために備忘録を残しておこうと思います。

d0129786_765132.jpg

まずは全員が好きなブリの照り焼き 
ひと塩して置いたあと、今回は焼く前に軽く小麦粉をはたいたら、思いのほかタレとの絡みも良く、照りも出て、中はしっとりと良い感じに焼き上がりました。

d0129786_791851.jpg

干し椎茸は水に入れてひと晩冷蔵庫で戻し、それを甘からく煮付けて、半分にそぎ切りにしてお雑煮の具に。
甘から煮はちょっと多めに作っておいて、お雑煮以外のは適当に薄切りにしてジップロックにペタッと並べ入れてそのまま冷凍庫へ。後日五目寿司の具材として、また煮物の具として、その都度戻して煮付けるのは面倒なので、この際なので多めに作って冷凍しておきます。と思ったらうちの旦那様が「おいしい、おいしい^^」とペロペロと食べてしまい、冷凍するほど残りませんでした(汗)

d0129786_7332140.jpg

黒豆は1999年12月NHKきょうの料理の松本忠子さんのレシピをずっと参考にしています。
前日にさび釘と砂糖醤油など入れてひと煮立ちさせ冷ました煮汁に、洗ってざるにあげた黒豆を入れてひと晩置き、翌日から約10時間ことことと弱火で煮ます。私は途中タイマーで一時間おきに火からおろしては蓋をしたまま保温、一時間経ったらまた火にかける..これを2日にかけて行います。こうすることによって皺の無いツルツルピカピカで柔らかい黒豆が出来ると、ずっと以前にためしてガッテンで取り上げていました^^ちなみに途中で火から降ろして、そのままお買い物に行って、帰ってきてまた火にかける、といったまったりペースで大丈夫です。

そしてとても簡単で美味しく作れるのが伊達巻♪

d0129786_743312.jpg

今回はたまご2個にはんぺん半分、それに砂糖大匙1、みりん少々、塩ほんの少々
以上の分量で卵焼きフライパンで一本作れます。(2本焼きたい場合は調味料は倍量です)
上記の量を写真のような容器に入れてグラインダーかけるだけ♪
小口切りにしたはんぺんが完全に見えなくなったら、もう出来上がり。
これを熱した玉子焼きフライパンに流し込んで、アルミホイルで蓋代わりに覆うだけ。あとは弱火と中火の中間ぐらいでじっくりと焼きあげます。
ではいつ焼けたと判断するのかと申しますと、これがいたって簡単、フライパンのふちから卵焼きが勝手にはずれます。はずれた部分が薄茶色になっていればOK♪出来上がりです。このときに火力が強すぎるとフライパン中央部分の卵焼きがこげてしまいますので、火加減には十分注意が必要です。大体この時点で卵焼きの表面は一旦膨れて、それが少し沈み込んで、表面が乾いた状態となっています。

そんな状態に焼きあがったら大きめのおなべの蓋、もしくは大きなお皿などでフタをするような感じでかぶせてそのままひっくり返し、それをまた巻き簾を広げた上にひっくり返して乗せればフライ返しで苦労する事もありません。

d0129786_17402515.jpg

で、焼け目を下にして巻き簾に乗せて、太く巻きたい場合は縦に、私のように細く巻きたい場合は横にして巻きます。巻く前に上に青海苔をパラパラとまいて、それで準備OK。
固く巻いたらその両サイドを輪ゴムで軽く留めておきます。
荒熱が取れたら、巻き簾のまま全体を軽くラップでくるみーー

d0129786_17562587.jpg

それを数時間冷蔵庫で寝かせて、あとは1.5センチぐらいに切れば↑のようになります。


ごまめはちょっと炒り過ぎてしまい、えらく硬くなってしまってちょっと反省。
絡めるタレももう少し薄い感じに仕上げたいところ。これ、次回の課題です。

数の子は上手く程よい感じで塩抜きできて嬉しいかぎり。こちらも残ったら冷凍しておこうと思ったら売れ行き良くて残らずじまい。

にんじんは皮のまま輪切りにして茹で上げーー
d0129786_15522331.jpg

いつものように型で抜きました。

なんだかんだと作ってみればーー
d0129786_15502532.jpg

それはそれで楽しいのがこのおせち作り。年に一回の事なのでこうしてレシピと反省文を書き留めておきながら、年々進歩していくものだと思います。←年々手抜きの方法ばかりが進歩しているような気も^^;

★今回気が付いたこと:おせちやお雑煮に海老を使いたかったのでブラックタイガーを探したのですがなかなか見かけず、グランビルアイランド、Whole Foods、そしてキツラノの魚屋さんと、どこに行っても見かけるのはWhite Prawnばかり。ついに諦めてそのWhite Prawn(←値段が高い)を100グラムだけ買うことに。で、ついでに魚屋さんに「ブラックタイガーは無いんですか?」って聞いたら、「ブラックタイガーはOcean Wiseじゃないからうちは置いてなんだよ。」とのお返事。Ocean Wiseがこんなに浸透しているとは思わなかったです。
Ocean Wiseに関してはこちらをご覧ください。
ちなみにオーシャンワイズを立ち上げたのはバンクーバー水族館です<(`^´)>エッヘン
ついでに私が書いたBC州観光局の記事も↓
バンクーバー水族館のオーシャンワイズってご存知ですか?

                              バンクーバー不動産やのカバン持ち


___________________________________________________________

※お仕事のHPはこちらから→バンクーバーの不動産なら jmurakami.com

____________________________________________________________
by stessa2 | 2014-01-05 18:20 | カバン持ちの台所


バンクーバー在住者の四季折々の備忘録。夫は現地で不動産業者をしております。リンクされる場合にはメールにてお知らせください。不動産のお問い合わせも受け付けております。stessa@hotmail.co.jp


by stessa2

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

食べたもの最近情報
バンクーバーでうろうろ
バンクーバーの四季折々
バンクーバー発信素敵なもの
バンクーバーでイベントに行く
鳥や犬など生き物話
小さな庭の園芸話
カバン持ちの台所
カバン持ちの好きな物
はばたけ素敵なでしこ達
バンクーバーでお宅拝見
バンクーバーから日帰り旅行
バンクーバーで動画
海を渡ったお菓子いろいろ
懐かしの日本滞在記
イタリア、ヴェネツィア滞在記
バンクーバー旅行豆情報
季節のお着物
BC州観光局現地レポート記事

タグ

(187)
(120)
(84)
(67)
(66)
(65)
(65)
(65)
(46)
(40)
(35)
(34)
(34)
(25)
(19)
(19)
(19)
(16)
(15)
(12)

最新の記事

日本から買ってきて良かったも..
at 2017-04-27 17:32
帰国、そして4月下旬の庭便り
at 2017-04-26 16:19
Beigeアラン・デュカス東..
at 2017-04-13 16:37

バンクーバー不動産について
ブログ筆者stessa2の夫はバンクーバーの不動産取扱い業者で、主に住宅用物件の売買及び投資物件、店舗・オフィスなど商業物件も扱っております。不動産に関する仔細はホームページをご覧になるか下記のメールアドレスから気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちらから

メールアドレス
jmurakami@telus.net



カバン持ちへのメールは下記アドレスからお願いいたします。
stessa@hotmail.co.jp



お気に入りブログ
NeverSeconds
フィレンツェ田舎生活便り2
グンジ家の食卓
ヴェネツィアときどき..
エミリアからの便り
イタリア料理ほんやく三昧
ヴェネツィア冬紀行
森まどかのメロメロ..
Rotonda BLOG
じーさんがばあーさんに作る
Art & Bell by Tora
qoo's life
気配の写真家niなりたい
神田の家 * スタッフ日誌
淡路屋ブログ
moge
happy to meet
the RT BESTIARY
チョコラブYUMの毎日
どうなんかね国際結婚
岡山GoGoグルメ隊
凛の冒険記
百花ミナオの裏ジャパン..
++mariko+news++
Zappin' in my life.
Vancouver de BigBoss
外から見る日本見られる..
金魚さんのブログ
Judy子のブログ
橙葉What's for Dinner?
Good Day Vancouver 
ぱんだこのバンクーバーLife
バンクーバー日々是々
Reikocakes
風のたよりfromバンクーバー
バンクーバー新報
ふれいざー
Life Vancouver
タウンページ
Oops!
桜楓会
Blue Works
JP Rail.com
Travel Box
NAVITOUR
JTB CANADA
H.I.S.カナダ
メインランドクリニック
Kaori Otake
週間NY生活
Nature Fine Art Photo
Sea Island Clinic
il sospiro del mare







  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。