そしてヴェネツィアで買ったものは?

本日のバンクーバーは1月だというのにあまり寒くなく、夜8時の時点で気温14℃。
暖冬です。

d0129786_139387.jpg

たった2週間、ヴェネツィアで車の一切無い状態で過ごしただけなのに、
バンクーバーへ帰ってきて ほんの少しですが 車のスピード感がこわい気がします。
それでもランチで飲茶を食べるとホッとするのもバンクーバーならではです。

さてヴェネツィアで買って帰ったものですがーー

まず、ヴェネツィアみやげとして作られているこの小さな印刷絵。

d0129786_13294238.jpg

サイズはほんとに小さくて約8センチ×11センチ、一枚20ユーロでした。

そしてこれを買ったお店はこちらーー

d0129786_13422243.jpg

S.Marco地区にある印刷物のお店。主にヴェネツィアに関するものです。

今までヴェネツィアに来る度に気になっていたお店のひとつでしたが、
お昼休みの閉店時間が長いのでなかなかタイミングが合いませんでした。
それが今回夕方通りかかってみると嬉しい事に開いていたので早速入ってみました。
年配の女性がいらっしゃったので「見てもいいですか?」と伺うと店内の見方の
説明をしてくださいました。
入り口を背にして店の奥に向かって左側の棚には現在印刷されている物。
手頃な価格のものが置いてあります。(おみやげやインテリア用でしょうか)
そして真ん中の陳列台を挟んで右側には本物の年代ものの印刷物です。

ちょっと眺めているとその女性が気が向いたのか片付けをしていた引き出しの
本物の印刷物の中から幾つか見せてくださいました。
古いベネツィアの地図は年代物。
それを見て驚いていると「うちの店で一番古いのはこれよ。」と引き出しから
大事そうに取り出して見せてくれたものは文字が沢山書かれた一枚の小さな印刷物。
たぶん15世紀のものだったと思うのですが・・
ちらっと見えた価格は28000ユーロぐらいだったと思います。年代も価格もどちらも驚き
「わ~ぉ!」としか云えなかったカバン持ち。
何か気の利いた質問がしたかったのですがそんな知識もありません

d0129786_13522765.jpg

地味なお店ですが地図や風景画など飾ってあるものを見るだけでも楽しめます。
通りかかって開いていたら一見の価値ありです。

Venezia, le Stampe
Calle Teatro Goldoni o della Commedia, S.Marco 4606/B
Tel./ 041 5234318

ヴェネツィアは印刷分野でも歴史が古く、その政治的背景から出版業が繁栄したそう。
塩野七生の本によるとイタリック書体はヴェネツィアの出版業者によって生み出されたそうです。
上の写真の文字がそのイタリック体です。


それからこれはーー

d0129786_14515179.jpg

ポプリの匂い袋。 中にラベンダーのポプリが入っています。 一個4ユーロ
袋生地はmade in chinaの可能性大ですが、この価格だったらOKです。

このお店はランチでよく行く「 OSTERIA AI QUATRO FERI 」の近くです。

d0129786_1504631.jpg

この「QUATRO FERI」、ランチでお店が開くのが12時半。
なので早めに着いた時にこの通りの先数メートル左手にあるリネンショップを
覗いてみます。
お店の奥にはミシンや刺繍用具が置いてあり女店主が手作りするそう。
ここもちょっと地味なお店ですが店主と話しているとなかなか味わいのあるお店。
あ、そうそうこのポプリの匂い袋と一緒に自分用にリネンのタオルも買いました。
リネン100%や綿麻混紡など種類も織り柄も色々ありましたが、その中から
飾りの無いシンプルなものを選びました。生地がしっかりしていて気に入りました。

ちなみにその女店主は去年カナダ旅行をしたそう。
とても楽しかったそうで来年にはアラスカに行きたいと言っていました。
そう云えばサンタマリア・ノヴェッラのMonica はグランドキャニオンに行って
感激したそう。
皆さん自分が住んでいる処の環境と真逆なものに憧れるのですね。
ウチのダンナ様のカナダ在住ヴェネツィア好きの逆バージョン 苦笑

あとこんな物も買って来ましたーー

d0129786_15365018.jpg

カーテン生地屋さんで売っていたカーテン留めの房です。一個10ユーロ
2個買ってきてクローゼットのドアノブに掛けてみました。
ヴェネツィアの街中を散策していると必ず見かけるカーテン生地やクッションを
扱っているお店。そんなお店で売ってます。
なるべく地元の人が行きそうなお店のほうが価格が手頃な気がしました。

折角ヴェネツィアに行ったならヴェネツィアらしい物を買って帰りたいですよね。
それも値が張らずに雰囲気のある物・・で、今回は以上のようなものを買いました。
他にもちょこちょこ買ったのでまたご紹介します。
これからヴェネツィア方面へ旅行される方の参考になれば幸いです。^^

                       バンクーバー不動産やのカバン持ち

人気ブログランキングへ
↑↑こちらに参加しています。
クリックして投票頂けると励みになります。



by stessa2 | 2010-01-20 16:26 | イタリア、ヴェネツィア滞在記 | Comments(10)
Commented by ななまりん at 2010-01-20 20:48 x
こんにちは。 こちらも今日は気温15度近くあり汗をかくほどでした。
週末から寒くなる、ってTVで言ってたんですが信じられません・・・

28000ユーロ! 思わず0の数を何度も確認してしまいました。 美術品は値段以上の価値、があるんでしょうね。 
Commented by chi_cor at 2010-01-21 01:03
お帰りなさい!昨日の夜は暖かかったですよね~、ジャケット脱ぎたいくらいでした。
「旅のいいところは、自分の故郷の良いところが改めて見えてくる」って学生の頃教わったことがあります。いい意味でのカルチャーショックってところでしょうか。

イタリック書体ってそんななれそめがあったんですね~、興味深い♪
いいヴェネツィア情報が沢山なので、ますます行きたくなってきました!!
Commented by masamin0811 at 2010-01-21 08:43
こんにちは。
コメントするのは2回目です。
いつも綺麗な写真と文書で楽しみに読んでいます。

ヴェネツィア・・・10年ほど前に行く直前で旅行自体がキャンセルになり、いまでも一番行きたい街のひとつです。
旅行記、行きたかった思いあり、楽しく嬉しく拝見しました。

新潮社から昨日発売になった旅3月号はバンクーバー特集だそうです。
お題は
「世界いち住みやすい街 今度は、バンクーバーへ行こう。」

世界一住みやすいですか?笑
Commented by yasuby at 2010-01-21 09:27 x
かばん持ちさん おはようございます。
相変わらずバンクーバーは暖かいんですねぇ~
東京も昨日から最高気温18度で今朝近くの駅の紅梅の花が満開になっていたのに驚きました。
そして今日は午後から一気に気温が下がって明日の朝は3度だそうです。
帰りのことを思って中は薄着で厚手のコートを着てきましたが、汗だくでした。
カーテン止めの房、私の友達も小さめのを携帯のストラップにつけています。
見るからに重そうですが・・・
Commented by Snoopy at 2010-01-21 10:15 x
カバン持ちさん、おかえりなさい。(すみません、ちょっと遅れてしまいました。)
旅行中は風邪をひかれていたご様子でしたが、無事バンクーバーに戻られたようでなによりです。
バンクーバーは14℃ですか。暖かいですね。こちらは気温が2℃くらいになると、今日は寒くないなあなんて思うくらいで、14℃なんて暑いって感じるかもしれません。笑
おみやげの印刷絵、すてきですね。額にいれて飾ったらとってもいい感じ、なんて想像してしまいました。
Commented by stessa2 at 2010-01-21 11:13
*ななまりんさんへ
こんにちは^^
そちらもも暖かいのですね。
ヴェネツィアでの寒さから帰ってきてバンクーバーってこんなに暖かかったっけ?
って首をひねっています。
美術品はその分野が好きな方には金額ではないですものね。
それにこの時代の印刷物はもともと刷られたものも少ないし、現在残っているものも
少ないので希少価値が高いですよね。^^
Commented by stessa2 at 2010-01-21 11:33
*chi_corさんへ
帰りました!そして今日も暖かいですね。
「旅のいいところは、自分の故郷の良いところが改めて見えてくる」
そのとおりですね。
自分の住んでいる所の良い部分も見えてくるし、また他所から学ぶ部分も
見る事が出来て、色々考えさせられます。
世界は広いなって感じます^^
イタリック書体はヴェネツィアの出版業者によって生み出されたそうですが、
では何故かというと、それまでの本はとっても大きかったのだそうです。
それをヴェネツィアの出版者アルド・マヌッツィォが持ち運びが出来るサイズの本を
作り、それに印刷するために小さな読みやすい文字が必要となり、
イタリックを作ったとあります。この本の小型化によって価格も下げる事に成功し、
その時期ヨーロッパ一の出版社となったそうです。(塩野七生著作本より)
今から500年以上前の話だそうです。凄いですよね。
Commented by stessa2 at 2010-01-21 11:45
*masamin0811さんへ
こんにちは^^
コメントありがとうございます。
そうですか・・ヴェネツィア旅行がキャンセルになった事がおありなのですね・・
せめてこんな旅行記ですが楽しんで頂けてよかったです。
「世界一住みやすい街 今度は、バンクーバーへ行こう。」ですか!
日本以外の国に住んだ事が無いので一概に比較出来ませんが
確かに自然が豊富で環境に恵まれていてのんびりしていて・・
そういった意味では住みやすい環境だと思います。
只、十年ぐらい前の方が物価が安かったのでもっと住み易かったです。^^
Commented by stessa2 at 2010-01-21 12:32
*yasubyさんへ
おはようございます!
東京もずい分暖かいのですね、紅梅が満開には驚きです。
そして明朝は3℃ですか?凄い温度差に風邪などひかれないように・・
確か日本の2月ってすごく寒かったのを思い出します。
日本では携帯ストラップが色々ありますよね。
江戸時代の根付の文化に似ているような?^^
Commented by stessa2 at 2010-01-21 12:42
*Snoopyさんへ
はい、おかげさまで無事に帰りました^^
風邪があの程度で済んだのは予防接種のおかげだと思います。
やはりヴェネツィアは観光地なので世界中の人が集まっていて
風邪も流行りやすいのかな?って感じました。セキをしている人が多かったです。
それにEUは寒波の影響で今年は特に寒いようです。
そちらもやはり寒いですか?


バンクーバー在住者の四季折々の備忘録。夫は現地で不動産業者をしております。リンクされる場合にはメールにてお知らせください。不動産のお問い合わせも受け付けております。stessa@hotmail.co.jp


by stessa2

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

食べたもの最近情報
バンクーバーでうろうろ
バンクーバーの四季折々
バンクーバー発信素敵なもの
バンクーバーでイベントに行く
鳥や犬など生き物話
小さな庭の園芸話
カバン持ちの台所
カバン持ちの好きな物
はばたけ素敵なでしこ達
バンクーバーでお宅拝見
バンクーバーから日帰り旅行
バンクーバーで動画
海を渡ったお菓子いろいろ
懐かしの日本滞在記
イタリア、ヴェネツィア滞在記
バンクーバー旅行豆情報
季節の着物・茶道・お習字
BC州観光局現地レポート記事

タグ

(187)
(123)
(85)
(68)
(67)
(66)
(65)
(65)
(47)
(40)
(40)
(36)
(34)
(25)
(23)
(20)
(19)
(16)
(15)
(12)

最新の記事

日本の皮膚科へ行きました
at 2017-12-14 06:41
バンクーバーの冬景色
at 2017-12-13 18:22
忘年会@Robba da M..
at 2017-12-10 16:30

バンクーバー不動産について
ブログ筆者stessa2の夫はバンクーバーの不動産取扱い業者で、主に住宅用物件の売買及び投資物件、店舗・オフィスなど商業物件も扱っております。不動産に関する仔細はホームページをご覧になるか下記のメールアドレスから気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちらから

メールアドレス
jmurakami@telus.net



カバン持ちへのメールは下記アドレスからお願いいたします。
stessa@hotmail.co.jp




お気に入りブログ
NeverSeconds
フィレンツェ田舎生活便り2
グンジ家の食卓
ヴェネツィアときどき..
エミリアからの便り
イタリア料理ほんやく三昧
ヴェネツィア冬紀行
森まどかのメロメロ..
Rotonda BLOG
じーさんがばあーさんに作る
Art & Bell by Tora
qoo's life
気配の写真家niなりたい
神田の家 * スタッフ日誌
淡路屋ブログ
moge
happy to meet
the RT BESTIARY
チョコラブYUMの毎日
どうなんかね国際結婚
岡山GoGoグルメ隊
凛の冒険記
百花ミナオの裏ジャパン..
++mariko+news++
Zappin' in my life.
Vancouver de BigBoss
外から見る日本見られる..
金魚さんのブログ
Judy子のブログ
橙葉What's for Dinner?
Good Day Vancouver 
ぱんだこのバンクーバーLife
バンクーバー日々是々
Reikocakes
風のたよりfromバンクーバー
バンクーバー新報
ふれいざー
Life Vancouver
タウンページ
Oops!
桜楓会
Blue Works
JP Rail.com
Travel Box
NAVITOUR
JTB CANADA
H.I.S.カナダ
メインランドクリニック
Kaori Otake
週間NY生活
Nature Fine Art Photo
Sea Island Clinic
il sospiro del mare

リタイア移民の会
桜楓会のHP





  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。